So-net無料ブログ作成
東京近県の旅 ブログトップ
前の10件 | -

老人会バス旅行(1)<高倉観音 初詣> [東京近県の旅]

老人会バス旅行(1)

<高倉観音 初詣>

毎年1月に実施している、砂川東部地区(立川市老人クラブ連合会の支部)の初詣

地元12の老人クラブから82名が参加し、南房総への日帰りバス旅行です

初詣に加えイチゴ狩りとポピー摘みをセット、私は全体と1号車の責任者です

先ずは、独特の高床式構造の本堂を持つ高蔵寺(高倉観音)に参拝です

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:1月28日>

<南房総へ>

朝7時過ぎに立川を出発し、国立府中ICから中央高速、そして首都高速4号線

山手トンネル、湾岸道路を通りアクアラインへ、調布IC辺りから渋滞

西新宿JCTは池袋方面との合流地点、初台を過ぎようやく渋滞を解消した

A11-111  .jpg

アクアライン入口

A11-114  .jpg

海ほたる

責任者の私はドライバーの後ろの席、移り変わる景色にカメラを向け撮影

海ほたるへは約30分遅れで到着、立川を出て最初の休憩です

A11-123  .jpg

アクアライン・木更津へ

A11-126  .jpg

<高蔵寺(高倉観音)>

寺号:平野山高蔵寺  宗派:真言宗豊山派  本尊:聖観音菩薩

坂東第三十番霊場、  山門(仁王門)の前に駐車場、境内には見どころが多い

A21-111  .jpg

高蔵寺本堂

初詣旅行に参加した人たち全員が揃ったところで、係員から高蔵寺の説明

本尊に参拝したあと床下の観音浄土巡り、参加者が多いので順々に巡ることにした

A21-117  .jpg

本尊に参拝

皆さん一人一人が鐘を鳴らし、本尊に手を合わすのが参拝手順

本尊の上半身は、丑年と午年の限られた日に公開され拝観することができる

A21-119  .jpg

A21-137  .jpg

参拝を終え次へ

A21-122  .jpg

高床式建築の本堂

本堂の床下に、観音浄土巡りに関わる仏像、置物、絵画などを多数配置

床の高さは2.45m、床下を立って歩くことができる、床柱の総数は88本です

A21-125  .jpg

写真撮影について

カメラ撮影の可否を問うと、一応禁止ですが撮影してもOKとの回答があった

A21-127  .jpg

観音浄土界

地獄界、極楽界、浄土界、そして観音浄土巡りの間に別れている

A21-129  .jpg

本尊・聖観音菩薩(秘仏)

蓮の花の台座に本尊、幕の内側に隠れているが床下から拝観できる

A21-131  .jpg

足元から本尊を拝観

本尊は楠の一本彫りで像高は3.6m、全国の札所では最大級と言う

A21-134  .jpg

観音浄土巡り

主人公の狸と河童が地獄に堕ちようとしていたところを、観音巡礼により観音様に導かれ、極楽浄土に無事にたどり着くという物語を28枚の絵で現している

A21-140  .jpg

観音浄土界・地獄極楽絵図

28枚の絵の前には置物や額が掛けられ、見にくいのは残念

A21-142  .jpg

A21-145  .jpg

美しい観音菩薩

A21-149  .jpg

六地蔵尊

左から、餓鬼道、人間道、修羅道、地獄道、畜生道、天上道です

A21-151  .jpg

胎内くぐり

招福の鐘を鳴らし福は内と記した輪をくぐると、諸願が達成されると言う

同じ老人会の女性数人が順に輪をくぐっていた

A21-155  .jpg

---------------------------------------------------------------------------------

新型観光バス

高い座席から景色を眺めるには良いが、乗り降りに不自由な高齢者が多い

A22-117  .jpg

舟盛り膳

昼食は、館山市内の海鮮料理店、刺身の舟盛りに貝の鍋、吸い物など

早速、ビールを注文し仲間たちと乾杯です

A22-114  .jpg

次回は、老人会バス旅行(2)<早春の南房総>を紹介します

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(69)  コメント(11) 
共通テーマ:旅行

富士山麓の旅(8)<山中湖を巡る> [東京近県の旅]

富士山麓一周旅行(8)

<山中湖を巡る>

静岡県の三保の松原から出発し、2泊3日で巡った今回の富士山麓旅行

梅雨時のため、旅行当日の天気を心配したが、幸い雨に降られることもなく

また2日の午後からは、雄大な富士山を目の当たりに展望でき、添乗員として

責任を果たすことができた、この記事で終章ですが次回の旅行先は未定です

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:7月7日>

<忍野八海>

富士山の雪解け水が約20年の歳月を経て、地下の溶岩の間で濾過された湧水の池

富士山の構成資産の一つとして世界文化遺産に登録されている、ドライバーに

忍野八海大橋を下車する場所に指定し、新名庄川を歩き湧水池に向かった

A07-07-41 111.jpg

銚子池

A07-07-41 114.jpg

池本水車小屋

観光客の大半は中国系の人たちでした

A07-07-41 119.jpg

富士山の雪解け水

修学旅行か遠足なのか、小学生たちがはしゃいでいた

A07-07-41 122.jpg

湧 池

湧水の池の水源の一つ、水は澄んで美しい

 A07-07-41 125.jpg

中 池

忍野八海の撮影スポット、前方の富士山は雲に隠れ見ることができない

 A07-07-41 131.jpg

中池の主(河童?)

A07-07-41 128.jpg

中池の中央の池

以前は池本茶屋から行けたが、今は売店を通り抜けないと中央の池に行けない

日本人は時計回りに歩く習慣があるが、中国人は関係なくすれ違うのに危険を感じる

A07-07-41 135.jpg

湧水池の深さは8mです

A07-07-41 142.jpg

湧水をくむ中国人女性

日本の水の豊かさと美味しさを、さぞ実感したことでしょう

A07-07-41 145.jpg

<花の都公園>

富士山麓の山中湖村にある広大な花の公園、ネットで季節の花を調べると

カスミソウ、カリフォルニアポピーが咲いていると知り、旅行コースに追加

花のコラボレーションは美しいが、カスミソウは少し見ごろを過ぎていた

A07-07-51 107.jpg

カリフォルニアポピー

前方に富士山が見えるはずだが、ここでも姿を隠していた

A07-07-51 114.jpg

A07-07-51 120.jpg

カスミソウ

A07-07-51 131.jpg

シャレ―ポピー

A07-07-51 135.jpg

<山中湖の湖岸>

今回の富士山麓旅行、最後に立ち寄った場所は山中湖

この山中湖で富士五湖のすべてを観光し、姉妹たちは足跡を残したことになる

A07-07-61 111.jpg

鯉の群れ(鴨が追われている)

公園の池のように鯉が群れているのに驚いた、エサも売っていた

A07-07-61 114.jpg

水陸両用車

観光船だと思い込み、陸に上がった船の写真が撮れなかった

山中湖から新幹線三島駅に向かい、姉たち二人は新大阪駅へ、旅行を終了です

A07-07-61 118.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------

旅行の後は、記念写真80枚(2L版)をコピーし姉妹たちに送付し

ようやく添乗員の役割りが終了です、ご覧いただき有難うございました

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(76)  コメント(15) 
共通テーマ:旅行

富士山麓周遊(7)<河口湖畔の見どころ> [東京近県の旅]

富士山麓周遊記(7)

<河口湖を巡る>

富士山麓周遊記の途中に「地元の夏祭り」を2記事挟んだが、周遊記を再開します

とは言え、この記事と次回の「山中湖を巡る」で終章です、今回の添乗員旅行は

富士山とラベンダーが目的、この日も秀峰閣湖月から富士山を満喫し目的を達成

忍野八海、山中湖を経て富士山麓旅行の終着地、新幹線の三島駅へ向かいます

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:7月7日>

<朝の富士山>

用足しに起きたときに窓の外を見ると、雄大な富士山が裾野まで広がっていた

時間は早朝の5時過ぎ、この写真を撮ってもう一度ひと眠りをしようと思ったが

朝湯に行くことにし、露天風呂からも富士山を展望、贅沢な時間です

A07-07-11 105.jpg

少し赤富士です

下の姉は富士山を近くから見たのは初めて、4時過ぎから眺めていたという

A07-07-11 114.jpg

朝7時の富士山

朝食会場に行く前に部屋のテラスから撮影、ボートが練習を始めていた

A07-07-11 136.jpg

出発前の富士山(朝8時40分)

秀峰閣湖月を出発する前に全員の記念写真を含め撮影をした

A07-07-11 129.jpg

<河口湖オルゴールの森>

庭園から富士山を見たの初めて、いつも行く時間が遅いので雲に覆われてる

この日も雲が出始め、午後になると姿を隠すと姉妹たちに言ったが事実になった

A07-07-21 111.jpg

噴水ショー

10時になれば、からくり人形と噴水のショーを見れたが断念し次へ

A07-07-21 114.jpg

ミュージアムショップ

姉と妹は帽子を購入し早速着用、オルゴールなどに興味が薄い世代です

A07-07-21 125.jpg

 入場者はどこに?

ショップから庭園にでると中国人の姿が見えない?、 それは次です ⇓⇓

A07-07-21 117.jpg

ダンスオルガン

聞いているのはほぼ全員が中国人、背後に英語、中国語、ハングルの案内が出る

A07-07-21 121.jpg

<河口湖ハーブ館>

館内を素通りし、建物裏の庭園を歩いたが花の少ない時期でした

A07-07-21 151.jpg

<八木崎公園>

河口湖ハーブフェスティバルのメイン会場、早咲きのラベンダーが多く

見ごろ過ぎ、メイン通りを少し歩いたが、ここでも中国人が多い

A07-07-31 111.jpg

大自然IZANAGI 愛のコンサート

登山愛好家であった上の姉は、槍ヶ岳山頂での演奏写真に関心、寄付をした

A07-07-31 117.jpg

アジサイロード

水色のアジサイばかりを集めたアジサイの道

ラベンダー畑と富士山を背後に入れて撮影をした

A07-07-31 121.jpg

アジサイと河口湖

A07-07-31 125.jpg

A07-07-31 133.jpg

八木崎公園ではラベンダーよりアジサイの撮影が多い

A07-07-31 127.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、富士山麓周遊記(8)<山中湖の周辺を巡る>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(64)  コメント(15) 
共通テーマ:旅行

富士山麓周遊記(6)<河口湖畔の宿> [東京近県の旅]

富士山麓周遊記(6)

<河口湖畔の宿>

旅行初日は富士宮駅前の富士急ホテルに宿泊したが、ビジネスホテルで

館内にレストランが無く夕食は近くの小料理屋へ、2泊目は少し贅沢でしたが

富士山の展望に優れた湖畔の宿を選択した、梅雨時のため天気を心配したが

晴れ間が広がる好天気に恵まれ、添乗員県兼ガイド役の私は大いに面目を施した

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:7月6日>

<秀峰閣湖月>

河口湖の東側には、湖山亭うぶやなど温泉旅館が並んでいるが

姉妹たちを案内するには、ロケーションの良いホテルと早くから決めていたので

秀峰閣湖月を予約し、早い時間にチェックイン、ゆっくり過ごす事ができた

A07-06-71 111.jpg

ロビーにて

予想をしていたが、宿泊客の2/3は中国系の観光客でしたが

到着した時間が早く、入湯は夕方5時前に済ませたので静かでした

A07-06-71 117.jpg

A07-06-71 114.jpg

部屋にて

富士山の眺めがよいテラス付きの部屋です

A07-06-71 120.jpg

テラスからの眺め

A07-06-71 128.jpg

A07-06-71 134.jpg

A07-06-71 136.jpg

妻をモデルに

A07-06-71 138.jpg

テラスの足湯

富士を眺めながら足湯、気温の低い季節は最適でしょう(一晩中温度調節)

A07-06-71 141.jpg

露天風呂にて

早い時間のため入浴者は日本人が一人、気を遣わず撮影した

A07-06-71 146.jpg

湯上り散歩の姉妹たち

A07-06-71 151.jpg

湖岸にて

湖月のプライベートビーチのようです

CIMG3057 (538x404).jpg

中国人の家族

A07-06-71 154.jpg

歓迎看板

矢印黄色とローマ字は中国系の宿泊客、日本人は矢印赤の私たちと12家族です

中国系の団体は受け付けないが、旅行会社が個人客に割り振るようです

CIMG3093 (538x405).jpg

夜の富士山

灯りは登山者の列です(ご来光が目的)、明るい灯りは山荘でしょう

A07-06-71 161xxx.jpg

夕食は個室(椅子席を指定)、料理が多く食べきれない(写真は撮らず)

昼食はバイキング、中国人より早い時間に済ませたので想像したより静かでした

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、地元の夏祭り(1)を紹介します

今夜は昭和記念公園の花火大会です、立川駅周辺(午後3時過ぎ)では浴衣姿の

若い男女を多く見かけましたが、私たちは自宅で花火の音を聞きながら過ごします

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(70)  コメント(16) 
共通テーマ:旅行

富士山麓周遊記(5)<河口湖ラベンダー> [東京近県の旅]

富士山麓周遊記(5)

<河口湖ラベンダー>

今回の富士山麓旅行で、あえて梅雨時を選んだのはベンダーが目的の一つです

当初は北海道旅行を計画し、美瑛の丘、富良野のラベンダーを案内する予定でしたが

飛行機を嫌う姉がいて、その代案として富士山麓と河口湖のラベンダーに変更をした

私たち夫婦は昨年に続いて3回目ですが、姉妹たちは初めてで結果オーライです

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:7月6日>

<大石公園>

河口湖畔の八木崎公園と大石公園の2か所でハーブフェスティバルが行われている

宿に向かう前に、第2会場の大石公園に立ち寄ったが、今まさに見ごろ

富士山と河口湖を借景にしたラベンダー畑に姉妹たちは大喜びでした

A07-06-61 107.jpg

ラベンダーの数は2万5千株です

A07-06-61 111.jpg

A07-06-61 123.jpg

仲良く観賞する姉妹たち

A07-06-61 126.jpg

河口湖自然生活館

静岡空港に近いためか、河口湖には中国系の観光客が多い

A07-06-61 117.jpg

A07-06-61 128.jpg

午前中の雲はどこへ行ったのか

A07-06-61 120.jpg

撮影スポットで記念撮影

A07-06-61 131.jpg

皆さんにサービス、添乗員は忙しい

A07-06-61 136.jpg

コキアと花小富士

A07-06-61 141.jpg

A07-06-61 144.jpg

花街道(赤い屋根の家は貸別荘です)

A07-06-61 147.jpg

花のナイアガラ

A07-06-61 151.jpg

スナップ写真(姉妹たちが休憩したベンチ)

A07-06-61 138.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、富士山麓周遊記(6)<河口湖畔の宿>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(73)  コメント(13) 
共通テーマ:旅行

富士山麓周遊記(4)<富士三湖&青木ヶ原> [東京近県の旅]

富士山麓周遊記(4)

<富士三湖&青木ヶ原>

朝霧高原を過ぎると静岡県から山梨県、広大な樹海や森林を繋ぐように湖が続く

濃い霧に包まれた景色も徐々に明るさを取り戻し、遠くまで見通せるようになった

今回の旅では富士五湖を外すことはできない、河口湖の宿に向かう前に

本栖湖、本栖湖、西湖の順に巡ったが、富士山は雄姿は記事の後半です

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:7月6日>

<本栖湖>

 タクシードライバーに、それぞれの湖の展望スポットへ案内を頼んだが

富士五湖のスポットと言えば、当然、雄大な富士山が見える場所でしょう

展望台の奥にうっすら見えるのは富士山、本栖湖から離れる時の撮影です

A07-06-51 111.jpg

展望台にて(11時30分)

富士山はどの方向に見えるのか、展望台に着いたときは雲に覆われ見えない

4姉妹が見つめているのは、次の写真の方向ですが角度が違うようです

A07-06-51 114.jpg

A07-06-51 117.jpg

しばらくすると雲が切れはじめ・・富士山が見えだした

千円札の裏側の写真は、背後の山へ少し上るとドライバーが言っていた

A07-06-51 121.jpg

車窓から撮った本栖湖と富士山

A07-06-51 125.jpg

<精進湖>

精進湖の展望スポットの湖畔へ、急速に青空が広がりだした

水辺まで少し散策、と言っても直ぐ近くまでタクシーを乗り付けてくれた

A07-06-51 131.jpg

精進湖は富士五湖で最も小さい湖です

番号を書いた浮き台は、ボート競技のゴールでしょうか?

A07-06-51 138.jpg

山頂から稜線まで見えだした富士山・・皆さんは大喜び

水辺に手を浸けて温かいというが、陽が当たりだした浅瀬では当然温かい

A07-06-51 142.jpg

横に倒したボートを入れて撮影(11時50分)

A07-06-51 135.jpg

<西 湖>

西湖の湖畔でランチタイムにしたいと、ドライバーに依頼していたが

案内されたのは西湖レストハウス、富士山を取り囲んでいた雲はどこへ行ったのか

そして色とりどりの花を植えた花壇、絶好のロケーションに姉妹たちは大満足です

A07-06-51 151.jpg

A07-06-51 162.jpg

妻も撮影に熱中です

A07-06-51 168.jpg

姉妹たちが記念撮影(12時10分)

左から、下の姉(80歳)、上の姉(83歳)、妹(73歳)、妻(7?歳)

添乗員の私はあと6か月で傘寿、老々引率旅行です

A07-06-51 165.jpg

<青木ヶ原>

富士の樹海には風穴が多いが、その中で知られているのは鳴沢風穴と富岳風穴

鳴沢風穴は20mほどの高低差が有るので、高齢の姉妹たちには難しい

そこで富岳風穴の入口まで行ったが、急な階段が65段も有ると聞き中止です

A07-06-51 171.jpg

富岳風穴を諦め近くの樹海を少し歩いた

A07-06-51 174.jpg

樹海には、名も知らない白く可愛い花がたくさん咲いていた

A07-06-51 177.jpg

アップで撮った花です

A07-06-51 181.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------

設置工事、祭り本番、撤収、夏祭りが終わりました、その記事は後日アップします

次回は、富士山麓周遊記(5)<大石公園ラベンダー>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(66)  コメント(16) 
共通テーマ:旅行

富士山麓周遊記(3)<富士花鳥園> [東京近県の旅]

富士山麓周遊記(3)

<富士花鳥園>

白糸の滝から国道139号線を一路、本栖湖、精進湖、西湖、河口湖、青木ヶ原へ

途中、すそ野まで富士山を見渡せる、高朝霧原を延々と走り続けたが

朝霧に覆われ雄大な富士山は残念ながら姿を隠していた、次の目的地は

花と鳥の楽園「富士花鳥園」、全天候型の明るい園内でバードショーも見物した

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:7月6日>

<花鳥園の花と鳥>

霧の国道・139号線

A07-06-31 141.jpg

花鳥園入口

正面には富士山を模したベゴニアの花壇が迎えてくれます

40年ほど前に入園しているが、花を愛でる機会が増えたためか最初の感動はない

A07-06-41 114.jpg

入口から園内へ

富士花鳥園には、1200株のベゴニア、約300品種のフクシア

姉妹園の加茂荘花鳥園育成のオリジナルアジサイ「加茂セレクション」など

色とりどりの花が咲き誇っている・・富士花鳥園HPより

A07-06-41 117.jpg

天井からも花々

一つ一つ確認したわけではないが、ベゴニアでしょう

A07-06-41 120.jpg

藤のように垂れ下がった花は?

A07-06-41 124.jpg

大輪のベゴニア

バラのように大きな花、その色も形も様々です

A07-06-41 127.jpg

A07-06-41 130.jpg

水に浮かぶベゴニア

A07-06-41 134.jpg

美しいベゴニア

A07-06-41 141.jpg

フクシア

園内にはフクシアの花も多いが、撮った写真は少ない

A07-06-41 153.jpg

一見シュウカイドウ(秋海棠)のようです

A07-06-41 156.jpg

アジサイ

品種改良された加茂コレクション、昭和記念公園にも展示していた

A07-06-41 159.jpg

バードショー(フクロウ)

フクロウは夜行性で動くことは少ないが、花鳥園では雛が誕生したときから

飼育しているので、バードショーが出来るようです

A07-06-41 171.jpg

バードショー(タカ)

若い女性が猛禽のタカを担当、肉のエサを貰うので言うことを聞くようです

 A07-06-41 179.jpg

タカを見る姉妹たち

4姉妹の前でタカと女性のパフォーマンス  妻が撮った写真は・⇓⇓ です

A07-06-41 174.jpg

妻が撮った写真です

 A07-06-41 177.jpg

朝霧が消えない

花鳥園を出て次へ、朝11時の時点でも濃い霧に覆われています

A07-06-41 111.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------

昨夕、白馬旅行から帰ってきました、明日から2日間は夏祭りです

今日8時半から、やぐら組み立て、電気工事、仮設トイレの設置などに立ち合います

次回は、富士山麓周遊記(4)<富士三湖&青木ヶ原>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(76)  コメント(11) 
共通テーマ:旅行

富士山麓周遊記(2)<富士浅間大社> [東京近県の旅]

富士山麓周遊記(2)

<富士浅間大社>

前夜は富士宮駅前の富士急ホテルに宿泊、旅行2日目の工程は、富士浅間大社

白糸の滝を経て、富士五湖の本栖湖、精進湖、西湖、河口湖までのドライブです

出発直前まで降っていた雨も上がり、天気の回復を願いながら8時30分に出発

最初に向かったのは、世界遺産富士山の構成資産の一つ富士浅間大社です

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:7月6日>

<富士山本宮浅間大社>

石鳥居から楼門

富士浅間大社は、全国に1,300社ある浅間神社の総本宮、富士山をご神体とし

富士山の山頂に奥の院がある、8合目以上は富士浅間大社の社地と言う

A07-06-11 114.jpg

楼 門

祭神は、木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメ)

A07-06-11 117.jpg

楼門の扁額

A07-06-11 120.jpg

楼門から境内

A07-06-11 127.jpg

拝殿・信玄桜

境内を清掃していた男性に、枝垂桜が満開になると美しいでしょうと聞くと

武田信玄の手植えの桜だが、2代目ですよと教えて貰った

A07-06-11 137.jpg

巫女さん

埃が目に入ったのでしょうか、拝殿前で記念写真のシャッターを押してもらった

A07-06-11 133.jpg

社殿(重要文化財)

二重の楼閣造りになっている珍しい社殿、ぶらタモリで紹介していた

A07-06-11 145.jpg

湧玉池(天然記念物)

富士山の雪解け水が長い年月を経て、溶岩の隙間から湧き出るもので

濾過された湧水は一年を通して13度、1秒間に 3.6kリットルも湧き出るという

A07-06-21 111.jpg

A07-06-21 114.jpg

水屋神社

湧玉池に映る水屋神社、美しさに惹かれシャッターを押した

A07-06-21 117.jpg

湧玉池とアジサイ

A07-06-21 120.jpg

カルガモの母子

毎朝、子カモ6羽の無事を確認しに来る婦人がいた、近くのカラスが不気味

成長の無事を願いたい、忍野八海では母カモの後にいた子ガモは1羽のみでした

A07-06-21 123.jpg

神田川の水量

湧玉池の湧水量、その多さをこの流れを見れば分かります

A07-06-21 125.jpg

橋の上から下流

A07-06-21 128.jpg

<白糸の滝>

白糸の滝には、子供たちが幼かったころなので、約40年ぶりでしょうか

滝つぼの辺りから朝霧が立ち込めて見通しが良くない

A07-06-31 107.jpg

幅150mの溶岩壁から流れ落ちる、滝の水量は毎秒1,5トン、水温は12度です

左端は川から落ちる本滝ですが、右側は富士山の伏流水です

A07-06-31 111.jpg

滝の流れ

軽井沢にも白糸の滝があるが、どちらが白糸らしいか?

A07-06-31 114.jpg

A07-06-31 117.jpg

橋の上の三姉妹

滝の近くに行かず橋の上から展望、妹と私が下まで下りた

CIMG0999 (538x404).jpg

音止めの滝

台風による崖崩れでフェンスまで近寄れないので、踏み台を設けてあった

A07-06-31 122.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

私が主催する地元の夏祭り、設営(22日)、本番(23日~24日)、撤収(25日~)

すべての準備を終えたので、7月20日~21日に白馬・栂池方面へ旅行をします

次回は、富士山麓周遊記(3)<富士花鳥園>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(46)  コメント(11) 
共通テーマ:旅行

富士山麓周遊記(1)<三保の松原など> [東京近県の旅]

富士山麓周遊記(1)

<三保の松原>

毎年恒例の添乗員旅行、西宮の姉から富士山を巡りたいとリクエストがあり

例年なら5月の大型連休後に実施しているが、今年は添乗員の私が多忙で難しい

そこで河口湖のラベンダーに合わそうと計画し、梅雨空のなか静岡駅からスタート

世界遺産に登録された富士山麓の名所を3日間で一周し、ゴールは三島駅です

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:7月5日>

<清水港観光船>

新幹線静岡駅

西宮、大阪の姉二人は新大阪駅、妹と私たちは東京駅から新幹線に乗車し

静岡駅で待ち合わせ、ひと足早く着いた私たちが新幹線上りホームで出迎えです

 A07-05-11 111.jpg

清水港クルージング

静岡駅で東海道線に乗り換え清水駅へ、最初の観光は清水港のクルージング

11時30分に出航する観光船に乗船し、清水港内を約40分の航行です

A07-05-11 114.jpg

観光船の船内

静岡駅で購入した弁当でランチタイム、乗船客の大半(約30名)は中国人でした

A07-05-11 117.jpg

富士山は雲の中

富士山が前方に見えるはずですが、ご覧のように雲に隠れています

穀物倉庫や運搬船が停泊する港内、富士山が見えないとクルージングの価値はない

A07-05-11 123.jpg

<三保の松原>

A07-05-21 111.jpg

羽衣伝説

「天女に会える、そんな気がする」と書いてあるが、この天気では

天女も降りてくる場所が分からず困るで事しょう?、勿論会えません

A07-05-21 117.jpg

三代目「羽衣の松」

初代の松は、宝永4年(1707)の富士山噴火により海中に没したと言う

A07-05-21 120.jpg

二代目「羽衣の松」と「二世の松」

二代目の松は樹齢650年を越え衰弱が激しく、ご覧のような状態です

右隣りには二世の松を植栽中、やがて四代目の羽衣の松になるのでしょう

A07-05-21 125xxx.jpg

二世の松の案内板

A07-05-21 128.jpg

羽車神社

羽車に乗って三保の松原に降臨した神を祭る御穂神社の離宮です

御穂神社に立ち寄りたかったが、姉たちの足を配慮し残念ですが諦めた

A07-05-21 131.jpg

石に願いを

皆で願いを書こうと思ったが、マジックペンがなく諦めました

A07-05-21 134.jpg

砂浜に続く石の海岸

太平洋の荒波に洗われたのか、どの石も円形で平らでした

富士山が見えるのは反対側、代わりに石拾いをし土産に一つ頂戴する

A07-05-21 137.jpg

松林から太平洋

A07-05-21 143.jpg

<日本平>

茶畑から富士山と駿河湾を撮りたかったが、この天気では難しい

タクシードライバーが、茶摘み体験ができる場所へ案内してくれた

A07-05-31 111.jpg

姉妹たちは茶摘み

茶を焙煎するには量も少なく技術もない、摘んだ葉は天麩羅がお勧めでした

帰宅後、妻が天麩羅にしたが、その味はまずまず・・・これも旅の体験です!

A07-05-31 117.jpg

A07-05-31 127.jpg

茶摘みの店

A07-05-31 130.jpg

お茶の詰め放題

A07-05-31 133.jpg

日本平ホテル

富士山、駿河湾が一望できるビューポイントですが、ご覧のような状態です

2日目の午後は、富士山がすそ野まで見え姉たちは大満足、その記事は後日です

A07-05-31 141.jpg

清水次郎長生家

清水駅に戻る途中、清水次郎長の生家に立ち寄ったが休館日

海道一の親分と称されたが、山岡鉄舟と出会い地元に貢献をしている

 A07-05-41 111.jpg

広沢虎造の浪曲

子供のころにラジオで聞いた広沢虎造の名調子・・覚えていました

旅行けば駿河の国に茶の香り 名代なるかな東海道 名所古蹟の多いところ

なかに聞こえた羽衣の 松と並んでその名を残す・・清水港の~次郎長

A07-05-41 114.jpg

歌川広重の絵で知られる薩た峠へ行きたかったが、潔く諦めました

----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、富士山麓周遊記(2)<富士浅間大社>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(72)  コメント(16) 
共通テーマ:旅行

南房総 道の駅巡り(2)<枇杷倶楽部とみうら> [東京近県の旅]

南房総 道の駅巡り(2)

<道の駅とみうら>

千葉の最南端に位置する南房総市、ネットで調べると道の駅が10か所もある

太平洋や三浦水道に面し霜が降りることはなく、ひと足早く春を迎えるこの地域

温暖な気候を利用した花農家が多い、この日のバスツアーは早春の花めぐりと

道の駅3か所での地元野菜や魚介類などのショッピング、当然女性客が中心です

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:3月7日>

枇杷倶楽部

<正面エントランス>

道の駅とみうらは、国の重点「道の駅」に指定され施設は充実している

また「房州びわ」の産地として知られ、枇杷倶楽部の名がついた

花つみ、フルーツ狩りなども出来るようだが、滞在30分では座る時間もない

CIMG4117 (538x404).jpg

A03.07-31 111.jpg

<アトリウム>

イベント会場になる枇杷倶楽部内のスペース

一歩外に出るとフラワーガーデンだが、寒いため倶楽部内で過ごす人が多い

A03.07-31 175.jpg

テラスの奥に菜の花畑が見える

A03.07-31 118.jpg

<倶楽部内の花・2点>

 A03.07-31 154.jpg

A03.07-31 151.jpg

<ガーデンテラス>

道の駅グランプリ最優秀賞を受賞、カフェレストランが有る

A03.07-31 132.jpg

<フラワーガーデン>

カフェレストランの前は花のガーデン、南房総の春が早い

A03.07-31 144.jpg

A03.07-31 149.jpg

<菜の花畑>

枇杷倶楽部のガーデンから小川を越えると・・満開の菜の花畑!!

花畑と枇杷倶楽部の建物を撮りたかったが、雨の後で足元が悪く断念した

A03.07-31 121.jpg

A03.07-31 125.jpg

<枇杷ソフトクリーム>

添乗員さんが美味しいと言うので割引券(左)を貰い注文、味はまずまず

 A03.07-31 181xx.jpg A03.07-31 185.jpg

道の駅の魚市場

道の駅の駐車場を挟み、枇杷倶楽部と向き合う魚市場

南房総では。魚を買う予定でいたので市場内をぶらぶらしたが・・

A03.07-31 161.jpg

<干物の店>

何処で買うよりウチの干物は安いよと、親父さんが売り込み

このように干していると安くて旨そうに感じる・・と言うことで購入した

A03.07-31 164.jpg

買ったのは、イカの一夜干しとサヨリの丸干しでした

A03.07-31 167 (310x233).jpg A03.07-31 169 (310x233).jpg

<観光バス>

ドライバーさんと会話、前日は雪の新潟を往復したが南房総より暖かかったと言う

この日はバスの最終運行日、明日は廃車になるそうだ、撮りバス?さんは私だけ

A03.07-31 172.jpg

----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、南房総道の駅めぐり(3)<千倉潮風王国&花畑>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(65)  コメント(13) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 東京近県の旅 ブログトップ