So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
東京を歩く ブログトップ
前の10件 | -

紫陽花まつり(2)<高幡不動金剛寺> [東京を歩く]

紫陽花まつり(2)

<高幡不動金剛寺>

高幡不動の境内は多摩丘陵の一画、山内には四国霊場八十八箇所の石像群を

配置しているが、そのコースは山あじさいの植栽地、山道を上り下りしながら

気に入ったアジサイを見つけると、立ち止まってカメラを向けた

前記事に続き撮った写真の羅列ですが、3年ぶりに高幡不動の紫陽花を楽しんだ

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:6月22日>

<山あじさい園>

大師堂への石段

高幡不動にはモミジの木が1200本有ると言う、紅葉の時期に訪ねた事がなく

11月中旬に見に行こうと妻と相談、青モミジはまだ見ごろでした

A21-112  .jpg

稲荷社とホンアジサイ

A21-129  .jpg

大師堂前のガクアジサイ

酸性の土に少しアルカリ性が交ったのか、額の花が少し紅色です

A21-114  .jpg

紅色が美しい

A21-135  .jpg

山あじさい園入口

A21-141  .jpg

ホンアジサイ

A21-143  .jpg

水色のアジサイ

妻も私もブルー系のアジサイが好み、撮った写真もブルーが多い

A21-147  .jpg

土壌の違い

土壌が酸性の場合はブルー、アルカリ性になると赤色になると言う

A21-149  .jpg

小ぶりで美しい

A21-172  .jpg

楊貴妃の名札が付いていた(園芸品種)

A21-155  .jpg

ブルー系のガクアジサイ

A21-153  .jpg

A21-157  .jpg

ガクアジサイを追加2点

A21-194  .jpg

CIMG5792 (538x403).jpg

四季の道のアジサイ

A21-201  .jpg

アジサイが重そうです

A21-204  .jpg

A21-207  .jpg

山内経の供養塔

供養塔の周辺には美しいアジサイが多い

A21-211  .jpg

供養塔とホンアジサイ

A21-216  .jpg

美しい紅色のホンアジサイ

A21-218  .jpg

美しい水色のガクアジサイ

年を重ねるに従い、ガクアジサイを好むようになった

A21-220  .jpg

ガクアジサイ(紅色)の園芸品種

A21-221  .jpg

ガクアジサイ(水色)の園芸品種

A21-227  .jpg

参道商店街のアジサイ

CIMG5700 (538x404).jpg

次回は、美濃名所旅行記(4)<うだつの上がる町並み>を紹介します

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(64)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

紫陽花まつり(1)<高幡不動金剛寺> [東京を歩く]

紫陽花まつり(1)

<高幡不動金剛寺>

高幡不動は紫陽花の名所、境内には7500株の紫陽花が植栽されている

長良川の鵜飼など添乗員旅行をした翌週、天気がはっきりしない日が続いていたが

この日は梅雨の晴れ間、多摩モノレールを利用すると1時間足らずで見に行ける

そこで朝9時半に出発しカメラ散歩をしたが、撮った写真で2回記事を綴ります

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:6月22日>

<境内の紫陽花>

仁王門(重文)

門前の商店街(参道)を歩き川崎街道を渡ると正面に仁王門

扁額の銘は高幡山ですが、七夕飾りに遮られこの場所から見る事が出来ない

A11-111  .jpg

不動堂と五重塔

正式寺名:高幡山明王院金剛寺  宗派:真言宗智山派別格本山

A11-120  .jpg

五重塔

平安時代の様式で建てられた美しい塔、高さは40mです

A11-123  .jpg

着物姿の女性たち

この日は知足庵の茶室で薄茶の接待日、着物姿で歩く女性は絵になります

A11-127  .jpg

大日堂山門

石段の両側に咲く紫陽花を見ながら山門へ

A11-130  .jpg

ガクアジサイ(額紫陽花)

A11-132  .jpg

A11-133  .jpg

山門前の紫陽花

A11-134  .jpg

カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)

A11-137  .jpg

知足案の庭

水色、桃色、白色のホンアジサイ(紫陽花)が交って咲いています

A11-139  .jpg

ホンアジサイ

A11-140  .jpg

知足庵の手水鉢

手水に浮かんでいる花はザクロ(柘榴)です

A11-143  .jpg

知足庵のガクアジサイ

A11-145  .jpg

八重咲きガクアジサイ

A11-146  .jpg

中心の蕾のような部分が花です

A11-147  .jpg

大日堂

高幡不動の総本堂は大日堂です、天井の鳴龍が知られている

堂内には多くの仏像を安置、新選組の近藤局長、土方副局長の位牌が有る

A11-151  .jpg

大日堂前の紫陽花

紫陽花の名は「すみだの花火」、美しい花です

A11-153  .jpg

すみだの花火

A11-158  .jpg

ナツツバキ(夏椿)

A11-160  .jpg

水に浮かぶツバキ

A11-162  .jpg

大日堂前のガクアジサイ

A11-164  .jpg

A11-167  .jpg

次回は、紫陽花まつり(2)<高幡不動金剛寺>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(68)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

2018年 東京の花見 [東京を歩く]

2018年 東京の花見

自治会の創立60周年記念事業(4月8日)は終了、終了報告会など残務が有るものの

ようやく多忙な日々から開放、そこで合間に撮影した花見を綴る事にしました

また、この記事を成途中に誤って公開してしまい、ご迷惑をお掛けましたが

皆さまから暖かいコメントを頂き感謝しています、徐々にブログ復帰をする予定です

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

撮影日:3月31日>

<都心の花見>

東京駅 丸の内広場

11-111  .jpg

友人夫妻

大阪から友人夫妻が上京され、千鳥ヶ淵など桜の名所を案内する事にしましたが

折から皇居乾通りの通り抜けをしていたので、先ずは皇居を歩く事にした

11-114  .jpg

KITTEから

丸の内広場を上から見て欲しいとKITTEへ案内をする

11-117  .jpg

皇居蛤濠

蛤濠から坂下門へ、途中二重橋まで迂回し手荷物検査を受け皇居内に向かう

11-120  .jpg

皇居宮殿

11-123  .jpg

皇居乾通り

桜を観賞しながら乾門へ、皇居参賀、秋の通り抜けに比べ人は少ない

11-126  .jpg

道灌濠の桜

11-130  .jpg

皇居東御苑へ

乾門に向かわず、東御苑に友人夫妻を案内する

11-133  .jpg

東御苑(天守台)

天守台の写真を撮り忘れたが、石段を上がる人が続いています

11-139  .jpg

梨の花・2種類

11-141  .jpg

11-143  .jpg

二の丸庭園

11-147  .jpg

石楠花(シャクナゲ)

11-153  .jpg

諏訪の茶屋

花海棠(ハナカイドウ)が見頃でした

11-156  .jpg

全国の樹木

11-159  .jpg

平川門から皇居外へ

11-161  .jpg

乾門の

乾通りを歩いた人たちが続々と門外へ、しだれ桜は見ごろでした

11-163  .jpg

千鳥ヶ淵 遠望

11-165  .jpg

花筏(ハナイカダ)

11-170  .jpg

ボートに乗る人たちの行列

一体、何分待ち(何時間?)でしょうか、皆さんの辛抱強さに驚く

11-174  .jpg

千鳥ヶ淵の桜

夕日を浴びて美しいが、かなり散っていた(5分散り状態)

11-177  .jpg

この後は東京駅に移動し友人夫妻と我が夫婦4人で会食、話が弾んだ

-----------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:3月29日>

<国立市の桜>

3月29日の午後、急に思い立って国立市大学通りの桜を観賞へ

例年は桜を追いかけ各地の名所を巡りますが、今年は極端に少ない状態でした

CIMG4272 (538x405).jpg

大学通り・北から南へ

CIMG4276 (538x403).jpg

菜の花と桜

CIMG4295 (538x403).jpg

大学通りを・南から北へ

正面は国立駅、老木のため倒木する心配が有り切断する桜も有るようです

CIMG4305 (538x404).jpg

記事の更新が遅れ、また皆様への訪問も出来ずにいましたが、ご容赦ください

以前の状態(2~3日に1記事)までは中々戻りませんが、頑張る予定です

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(51)  コメント(17) 
共通テーマ:旅行

寒い日の散歩<皇居お堀端> [東京を歩く]

寒い日の散歩(2)

日比谷公園の冬の風物詩、氷結した鶴の噴水と心字池の雪吊りを見た後は

皇居の内堀を歩き麹町の診療所へ、その途中三宅坂を上るが標高差は30mほど

景色を眺めながら急がずゆっくりのカメラ散歩でしたが、それでも息が切れる

山王日枝神社に初詣をした後にも歩いているが、今回は正に厳寒の散歩でした

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:1月26日>

<皇居お堀端>

日比谷交差点

靖国通りと日比谷通りの交差点を渡り日比谷濠へ、前方は有楽町から銀座4丁目

私たちはお堀端を歩き半蔵門へ、気温は低いが風が無いので有り難い

31 111 .jpg

日比谷濠(1)

寒い中、何処から走って来たのか自転車が1台、一層寒さを感じる眺めです

31 114 .jpg

日比谷濠(2)

日比谷濠も、連日の氷点下で部分的に氷が張っています(手前側)

31 117 .jpg

妻が投げた雪

年を重ねても好奇心が旺盛な妻、道端の雪を堀に投げ入れた

31-125 .jpg

日比谷濠(3)

前方第一生命ビル、帝国劇場が左に有る

CIMG3272 (538x403).jpg

内堀通り

皇居外苑(皇居前広場)の残雪を見ようと、少し迂回し桜田門に向かう

31-131 .jpg

凱旋濠

刑事ドラマに使われる警視庁、桜田門からでは逆光のためこの場所で撮影をする

31-133 .jpg

江戸城跡

31-135 .jpg

皇居外苑(皇居前広場)

剪定した松の枝が雪の上に散乱、作業者の姿が左端に見えます

皇居外苑には黒松が3000本、全て剪定対象とは思えないが、それでも数が多い

31-141 .jpg

残雪の皇居外苑

31-147 .jpg

桜田門(高麗門)

桜田門内の残雪、高麗門、枡形を通り抜け門外に向かう

31-138 .jpg

二重橋濠

石垣を左隅に入れ、皇居外苑と丸の内のビル群を撮影、好きな構図です

31-163 .jpg

法務省庁舎

31-166 .jpg

桜田濠(1)

井伊大老が、水戸・薩摩浪士に襲われ暗殺された桜田門外の変

その日も大雪であったが、赤穂浪士の吉良邸襲撃、2・26事件も雪の日でした

31-168 .jpg

桜田濠(2)

三宅坂から桜田門の方向を撮影、前方は丸の内の高層ビル群です

31-169 .jpg

皇居ランニング

寒い日の午後、皇居一周をするランナーが多い

31-170 .jpg

桜田濠(3)

三宅坂を上り国立劇場辺りから、日比谷濠、警視庁方向を撮影

31-174 .jpg

ユリノキの街路樹

皇居周辺の街路樹はユリノキが多い、前方の土手は半蔵門です

31-181 .jpg

ユリノキの実

薄黄色のユリノキの花、葉の上側に咲くので中々見れないのが欠点です

31-187 .jpg

桜田濠(4)

広々とした桜田濠の眺め、千鳥ヶ淵、九段下、平川濠など険しい石垣が多い

皇居北側とは対照的な曲線的で美しい、半蔵門の近くから撮影です

31-191 .jpg

半蔵門

お堀端散歩のゴールは半蔵門、ここから麹町の診療所は近い

31-196 .jpg

次回は、老人会日帰り旅行<大谷寺参拝>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(71)  コメント(15) 
共通テーマ:旅行

寒い日の散歩<日比谷公園> [東京を歩く]

寒い日の散歩(1)

東京に大雪が降った4日後、毎月通っている麹町の診療所へ行くことにしたが

新橋のテナントショップ(愛媛県・香川県)で買い物をし、日比谷公園の

凍結した「鶴の噴水」を見て、お堀端を歩こうと、妻に提案すると二つ返事でOK

この日の最高気温は5度でしたが、寒さに負けず頑張って歩くことができた

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:1月26日>

<日比谷公園>

鶴の噴水

羽根を広げ空に向かって水を吐きだす鶴の噴水、羽根につららが下がる眺めは

日比谷公園の冬の風物詩です、大雪(22日)が降った4日後も低温が続き

段の台座も氷結し、氷柱(つらら)の寸法も長く大きい

11-111 .jpg

11-114 .jpg

右の羽根には氷柱が無く、この日の朝落ちたと思われる

11-117 .jpg

日比谷公園大噴水

11-123 .jpg

昼休み時間

太陽を背中に置け、スマホに熱中する人たち(大噴水の近く)

11-126 .jpg

ベンチで休む女性

11-131 .jpg

心字池の雪吊り

11-140 .jpg

大勢のカメラマン

雪吊り(上の写真)の辺りに、カワセミが飛来するのを待っているようです

11-148 .jpg

氷結した心字池

11-159 .jpg

池になびく柳

11-150 .jpg

雪除け

11-156 .jpg

 

プラタナス(鈴懸の木)

この木に出会うと、いつも鈴の実を探し撮っています

11-135 .jpg

11-137 .jpg

<大雪の翌朝>

わが家の花蘇芳(ハナズオウ)に積もった雪(2月23日撮影)

21-111 .jpg

門柱の雪

30㎝以上積もったと思われる

21-117 .jpg

メジロの番い

が残り可哀そうだと、ミカンやリンゴをバラの枝に差すと・・・

メジロの番いがやって来て、仲良く食べていたが(1月25日撮影)

21-131 .jpg

1羽のメジロが、2羽を追い出した

21-136 .jpg

ムクドリが来るとメジロは逃げ出した

21-139 ムクドリ.jpg

次回は、寒い日の散歩(2)<皇居お堀端>を紹介します

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(73)  コメント(18) 
共通テーマ:旅行

山手七福神巡り(3)<目黒不動~不動前駅> [東京を歩く]

山手七福神巡り(3)

七福神はインド・中国・日本の福を授ける神仏を七体集め、人々が望む願いを聞き

ご利益を与えてくれる日本独特の信仰です、特に「江戸最初七福神」は目黒側の寺院

(恵比寿・弁財天・大黒天)から、白金高輪の(福禄寿・寿老人・布袋尊・毘沙門天)に

巡ると「商売繁盛」、その逆は「無病息災・長寿祈願」にご利益がある(参詣しおりより)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:1月4日>

<目黒不動・瀧泉寺>

七福神を巡る順序について御利益の謂れを知らなかったが、白金高輪から歩いた

私たち夫婦には、無病息災と長寿に、ご利益があるようです

61-111 .jpg

目黒不動

石段(男坂)を上ると石の鳥居、その正面に目黒不動の大本堂がある

61-114 .jpg

不動堂(大本堂)

慈覚大師円仁が比叡山に向かう途中、不動明王を安置して開創したと言う

関東最古の不動霊場で、成田山新勝寺とともに日本三大不動の一つに数えられている

61-117 .jpg

61-120 .jpg

大日如来像

大本堂の背後に大日如来像があるのを思い出し参拝、屋根は有るが露座に近い

61-125 .jpg

石不動(水かけ不動)

独鈷の滝の水を受け石不動にかけ水、10人ほど並んでいたので断念

61-128 .jpg

阿弥陀堂(本坊)

泰叡山瀧泉寺の本坊、開帳されていたので阿弥陀三尊像を拝観

61-131 .jpg

阿弥陀堂と寺務所

務所では、ご朱印を受ける人が多く順番待ち、恵比寿達磨を購入する

CIMG3088 (538x403).jpg

観音堂

江戸三十三観音霊場の結願札所、聖観音・千手観音・十一面観音を安置している

61-137 .jpg

ラタナス(鈴懸の木)

樹肌の白さが太陽の光を受けて美しい、見上げると実が沢山下がっていた

61-144 .jpg

鈴懸の実

61-167 .jpg

フユザクラ

CIMG3091 (538x403).jpg

三福堂(恵比寿堂)

恵比寿堂の場所が分からず、ご朱印と恵比寿達磨の購入した

寺務所で場所を聞くと、境内のはずれ(仁王門の外)にあった

61-171 .jpg

恵比寿尊像

堂内の厨子に納まっている像が恵比寿尊、石像はお前立ちの像でしょうか

恵比寿尊は「商売繁盛・除災招福・五穀豊穣・大魚守護」の神様です

61-175 .jpg

<五百羅漢寺>

目黒不動に向かう道筋に「五百羅漢寺」があり、拝観に立ち寄った

拝観料は無料サービス(通常300円)、2度目の訪問です

51-151 .jpg

羅漢寺本堂

本堂内に入り拝観、正面の釈迦如来三尊像を中心に両脇まで羅漢像を安置

説明音声が流れるなか、しばらく休息を兼ねて拝観をした

51-154 .jpg

コの字方の羅漢堂

本堂の羅漢像と合わせ、305駆が安置されている

51-159 .jpg

東急不動前駅

地下鉄白金高輪駅からJR目黒駅を経て、東急不動前駅へ

「山手七福神巡り」はこの駅で終了ですが、疲れを押して隣りの駅に立ち寄りです

71-111 .jpg

武蔵小山商店街

ひと駅隣りは武蔵小山商店街、是非行きたい言う妻の願いを聞き途中下車をしたが

特に買い物もなくブラブラ歩き、疲れを休める喫茶店はどこも満席でした

71-115 .jpg

七福神巡り「色紙と達磨」

布袋尊だるまが、品不足で1体足りません(実際は瑞聖寺の不注意でしょう)

CIMG3128 (538x404).jpg

次回は、老人会旅行記<大谷寺など>を予定しています

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(73)  コメント(12) 
共通テーマ:旅行

山手七福神巡り(2)<目黒駅~山手通り> [東京を歩く]

山手七福神巡り(2)

七福神信仰は室町時代の中ごろから起こり、始めは恵比寿・大黒天が信仰され

江戸中期には庶民にとっては信仰の一つとして、多くの方に今の七福神が定着した

「江戸最初山手七福神」は江戸城の裏鬼門守護のため、将軍の鷹狩りの際に目黒不動尊の

参詣道筋に設置された、江戸時代から続く七福神巡りです(参詣のしおりより)

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:1月4日>

<目黒駅~山手通り>

地下鉄白金高輪駅を出発し、覚林寺(毘沙門天)、瑞聖寺(布袋尊)、そして

妙円寺(福禄寿尊・寿老人尊)を巡ったが、残りの三尊は目黒区の寺院

目黒駅までは上り坂、駅前で簡単な昼食をとり次は下り坂です

31-131 .jpg

大円寺へ

私のブログテーマの一つは東坂道散歩、この行人坂を歩いたのは5年以上も前

坂の途中に大円寺があるが、この急坂を見ると下り坂で良かったと思う

41-111 .jpg

<松林山大円寺>

江戸初期に、羽黒湯殿山の修験僧大海法印が大日如来堂を建てたのが始まりと言う

振袖火事、車町火事と並び江戸三大火事の一つ行人坂火事の火元にもなった

宗派は天台宗、釈迦如来立像を安置する釈迦堂の写真を撮り忘れる

41-117 .jpg

41-114 .jpg

大黒堂

山門を入ると正面に大黒堂、朱印・大黒天だるまを求め参拝

大黒天は「五穀豊穣・子孫繁栄・出世開運・商売繁盛」の神様です

41-121 .jpg

41-127 .jpg

大円寺石仏群

行人坂大火の犠牲者を供養するため、石工が50年の歳月をかけて完成させた

五百羅漢などの石仏群(520体)が並び、国の重要文化財に指定されている

41-131 .jpg

41-133 .jpg

七福神石像

41-137 .jpg

薬師如来像

社務所で金箔(3枚300円)を買い、痛みが有る腰や股関節に貼りお祈りをする

41-145 .jpg

大円寺を出て岩屋弁天の蟠龍寺へ

41-151 .jpg

<行人坂>

この坂は江戸市中から目黒不動尊に通う参詣道、大円寺を拠点とする修験道の行者が

往来したことから行人坂の名が付いたと言う、右側が大円寺です

41-158 .jpg

行人坂の説明板

大円寺開山の大海法印が、この辺りに巣食う不逞の輩を一掃したと書かれている

CIMG3060 (538x404).jpg

お七の井戸

八百屋お七は、恋こがれた小姓吉三にあいたさに自宅に放火し鈴ヶ森で火刑にされた、吉三はお七が火刑後僧侶になり名を西運と改め、目黒不動尊と浅草間の往復十里を念仏を唱えながらⅠ万日の修業をしたと言う、西雲が念仏行に出かける時にこの井戸で水垢離をした、江戸三大火の中で二つがこの坂に関係をしている

CIMG3061 (538x404).jpg

目黒川

太鼓橋から中目黒方向を撮影、前方の橋は目黒通りに架かる橋です

51-111 .jpg

<霊雲山蟠龍寺>

行人坂にあった称明院を、増上寺の霊雲上人が浄土宗の戒律を復興するために

現在地に移し、そのときに改名され蟠龍寺として再建された

行人坂から目黒川と山手通りを渡った場所にあり、坂道散歩の時にも参拝している

51-114 .jpg

蟠龍寺の境内

境内は狭いが手入れが行き届き印象が良い、左の社務所で色紙と達磨を頂いた

51-121 .jpg

蟠龍寺本堂

福神巡りの期間は本尊の阿弥陀如来像(東京都の重要文化財)を拝観できる

51-127 .jpg

本堂前の活花

花の少ない時期、参拝者への心配りが有りがたい

51-133 .jpg

岩屋弁財天

本堂の右横に岩窟があり、岩屋弁天と呼ばれる弁天様が祀られている

境内には、別に弁天堂があり七福神めぐりの時のみ拝観することができる

51-137 .jpg

51-140 .jpg

弁財天にお参り

弁財天は「恋愛成就・学徳成就・諸芸上達・福徳施与」の神様です

51-144 .jpg

次回は、山手七福神巡り(3)<目黒不動尊>を紹介します

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(77)  コメント(17) 
共通テーマ:旅行

山手七福神巡り(1)<白金高輪駅~目黒駅> [東京を歩く]

山手七福神巡り(1)

隅田川の七福神が最初で、浅草・青梅・谷中・川越などの七福神を巡ったが

今年の初散歩に選んだのは、目黒駅を中心にした山手七福神です

小江戸川越の七福神を巡ってから早や4年、年月の過ぎるのは実に早い

地下鉄高輪白銀駅を出発し、JR目黒駅を経てゴールは東急電鉄の不動前駅です

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:1月4日>

<白金高輪~目黒駅>

地下鉄白金高輪駅

JR目黒駅から白金高輪駅までは営団地下鉄と都営地下鉄が乗り入れ便利です

11-111 .jpg

<最上山覚林寺>

覚林寺は、熊本藩主加藤清正の中屋敷が有った場所に日延上人が開創した寺院

地元では清正公(せいしょうこう)様の呼ばれ親しまれている

右側の建物は清正公の兜(長烏帽子)をモチーフにしたように思えるが?

11-114 .jpg

覚林寺山門

武人の誉れ高い清正公にあやかり「人生のさまざまな苦悩に打ち勝つ」

受験や勝負に勝つとの、ご利益を求めお参りする人が多いと言う

11-117 .jpg

覚林寺本堂

釈迦牟尼仏を本尊とし清正公と一緒に祀っている、宗派は日蓮宗

11-120 .jpg

本堂の扁額

扁額の銘は「破魔軍」、有栖川宮熾仁親王の書と言う

CIMG3000 (538x404).jpg

毘沙門天堂

毘沙門天は「武運成就・降魔厄叙・家内安全・夫婦和合」の神様です

11-125 .jpg

江戸最初「七福神」

社務所で色紙と七福神だるまを求め、次の寺に向かう

11-128 .jpg

<目黒通り>

最初の写真(覚林寺の背後)に写っていたのは「シェラトン都ホテル東京」でした

11-131 .jpg

日 吉 坂

日吉坂を上り瑞聖寺へ、覚林寺から約18分です

11-137 .jpg

<紫雲山瑞聖禅寺>

目黒通りに瑞聖寺の石柱、両側が住宅に挟まれた参道を歩き境内へ

明治の廃仏毀釈、戦災などで多くを失ったが、この参道も寺領で有ったと思える

21-111 .jpg

本堂(仏殿)

寛文11年(1671)に開創された、江戸で最初の黄檗宗(禅宗)の寺

東京大空襲の被害を受けなかった江戸時代の建造物、重用文化財に指定されている

21-114 .jpg

七福神「布袋尊」

本尊は釈迦牟尼仏、本堂の右手に布袋尊を祀っている

布袋尊は「千客万来・家運隆盛・家庭円満・商売繁盛」の神様です

21-127 .jpg

達磨が品切れ

朱印は受けたが、「布袋尊だるま」は品切れで、明日入りますとの返事

他の寺院では達磨を積み上げていたので、手配を忘れたのでしょう、お粗末な話です

21-117 .jpg

ニホンスイセン

21-130 .jpg

山門を出て目黒通りへ

21-137 .jpg

<誠滝山妙円寺>

妙円寺本堂

妙円寺は、古くから開運妙見、白金の妙見さまとして知られる日蓮宗の寺院

瑞聖寺から約17分、目黒通りから細い坂道を下った所に、本堂と妙見堂が建っている

31-111 .jpg

妙見堂

妙見大菩薩(約15㎝)、その両側に寿老人と福禄寿の2体が祀られている

堂内に上がり参拝、順番待ちで朱印と七福神だるまを求めたが4名で対応していた

31-114 .jpg

妙見堂の奉納額

妙見大菩薩は伝教大師の作、足利尊氏の開運の持仏で有ったものを拝領したと言う

31-117 .jpg

寒緋梅

寿老人は「幸福長寿・家庭円満・延命長寿・福徳智慧」の神様です

福禄寿は「財運招福・延命長寿・立身出世・招徳人望」の神様です

31-120 .jpg

次回は、山手七福神巡り(2)<目黒駅~山手通り>を小迂回します

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(68)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

北の丸公園<靖国神社> [東京を歩く]

北の丸公園

<靖国神社>

東京駅から続く行幸通り、そして皇居の通り抜け、二つの目的を果たした後は

北の丸公園と靖国神社へ、何れもイチョウが見ごろで満足な一日でしたが

この日歩いたのは、東京駅の丸の内側から皇居内を通り九段下までのロング散歩

高齢の夫婦がそろって歩けることに感謝ですが、しかし1万4千歩は厳しい

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:12月3日>

<北の丸公園>

武道館前の大銀杏

森林公園として戦後に解放された北の丸公園、梅林やモミジ山など季節に応じて          見どころは多いが、千鳥ヶ淵の桜並木を見下ろすこともできる、そして

園内にはイチョウが多く黄葉に覆われた樹木と落ち葉の絨毯も楽しめる

13-101 .jpg

樹齢300年

この大銀杏のみが、高さ3mほど石垣に囲まれ保護されている

13-106 .jpg

13-108 .jpg

モミジ山の紅葉

北の丸公園の西側に、イロハモミジ、オオモミジ、ヤマモミジの林が有る

林の中と、切り込んだ川の周辺は、紅葉の名所になっているが                今年は寒さの訪れが早いためなのか、見ごろを過ぎていた

13-110 .jpg

落ち葉の絨毯も綺麗な所です

13-113 .jpg

千鳥ヶ淵の紅葉

田安門に近い千鳥ヶ淵の小さな公園、ここは青い葉も残っています

13-115 .jpg

13-118 .jpg

サクラの紅葉

千鳥ヶ淵はサクラの名所、僅かに残った葉を撮った

13-121 .jpg

修善寺寒桜

ソメイヨシノより10日ほど早く咲く修善寺寒桜、葉が散るのは逆に遅い

13-125 .jpg

<靖国神社>

第一鳥居(大鳥居)

午後1時を過ぎ遅いランチタイムにしようと、靖国通りのレストランへ            第一鳥居を通らなかったので、日章旗と重ねて撮影をした

31-107 .jpg

石鳥居

靖国通りに面した石鳥居、ここから靖国神社の境内に入る

31-111 .jpg

靖国神社神門

神道の建築様式の則り反りのない切妻屋根になっている、荘厳な神門です

31-114 .jpg

神門から拝殿へ

31-117 .jpg

靖国神社拝殿

中門鳥居で一礼し拝殿へ、この鳥居の中は神域になり撮影を控える                 休日のためか、参拝に向かう人たちがが絶えずに続く

31-120 .jpg

能楽堂と銀杏

能楽堂の背後に立ちはだかる大イチョウ、右に東京のサクラの標準木が有る

31-131 .jpg

標準木のサクラ

サクラの葉は殆んどが散っていたが、僅かに残った葉を探し撮った             標準木の周囲にロープを張りその中を整地し、サクラの木の保護をしていた

31-133 .jpg

石灯篭にサクラ

31-144 .jpg

靖国会館前

平成30年は戌年、靖国神社にもこのような案内が有った

31-126 .jpg

神門から第2鳥居

参拝を終え、境内のイチョウを見ながら九段下へ

31-141 .jpg

境内のイチョウ

靖国神社はサクラの名所として知られているが、イチョウもまた東京の名所            第2鳥居から第1鳥居の方向を撮影したが、まさに見ごろでした

31-147 .jpg

石灯篭の落ち葉

31-148 .jpg

次回は、古都鎌倉散歩(1)<初冬の東慶寺>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(65)  コメント(16) 
共通テーマ:旅行

行幸通り散策<皇居通り抜け> [東京を歩く]

行幸通り散策

<皇居通り抜け>

昭和記念公園のイチョウ並木はベストな時期に行けず、その代わりに行幸通り周辺の

イチョウを見たいと願っていた矢先、皇居の秋の通り抜けが始まったと知り

そうだ・行幸通りへ行こう!、乾通りにも行こう!と、日曜日で混雑を予想されるが

この日しか空いていない、思いついたら即実行、妻を誘い急きょ東京駅に向かった

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:12月3日>

<行幸通り>

丸の内中央口を出て駅前広場へ、路線バス、タクシー乗り場は               南北2か所の交通広場に集約されたため、駅前は広々とした景観に変貌した

行幸通りは、東京駅から皇居前まで一直線で続きます

11-105 .jpg

東京駅赤レンガ駅舎

丸の内地下街を含め、完成までに長い年月を要した東京駅前の広場            白い御影石を敷き詰め、両側には芝生の広場も設けられている

11-115 .jpg

東京駅前広場

外国大使が信任状奉呈式に向かう馬車列は、駅前広場の完成により               東京駅から行幸通りを走り皇居に向かうことになる、以前は明治生命館でした

何時も思うことですが、八重洲側のビルが都市景観を大きく損なっている

11-112 .jpg

行幸通り

中央は馬車道、両側は舗道、途中から振り返り東京駅を撮影                 真夏の地表高温化への備えとして、散水設備も設置されていると言う

11-117 .jpg

車道(北側)

皇居外苑のイチョウに比べ黄葉する日が遅いが、この日は見事でした

11-121 .jpg

11-128 .jpg

和田倉濠

定番撮影の場所で濠に写るイチョウを撮影、銀行会館は建て替えで姿が無い

11-140 .jpg

石造りの建造物から

11-143 .jpg

イチョウ並木

行幸通りはイチョウの道、黄金色に輝き美しい、太陽の光に感謝です            正面は皇居、右側に和田倉噴水公園が有る

11-147 .jpg

11-150 .jpg

11-159 .jpg

行幸通りは風の道

隅田川から、八重洲通り・東京駅・丸の内・皇居・新宿通りを経て新宿御苑に続く

左は新丸ビル、右側は丸ビル、二つのビルの間が風の道です                        この二つのビル、何故ツインビルにしなかったのか不思議でならない

11-162 .jpg

<皇居乾通へ>

二重橋前

行幸通りから二重橋前まで約300m、大きく迂回して坂下門に向かう

11-171 .jpg

坂下門へ

手荷物検査、ボディチェックを受けようやく坂下門が近づく

11-182 .jpg

皇居坂下門

11-185 .jpg

皇居内へ

坂下門を通ると宮内庁舎が目前に有る

12-111 .jpg

皇居宮殿

正月2日の皇居一般参賀には3度出向いている、この坂が坂下門の由来でしょう

12-115 .jpg

宮内庁庁舎

2日前の12月1日に皇室会議が行われ、天皇陛下の退位日程が決められた

12-121 .jpg

乾通の紅葉

予想した以上に、モミジ、カエデの紅葉は良くない、ちじんだ葉が多い              行幸通りのイチョウに満足したので我慢です

12-124 .jpg

唯一の美しい紅葉

12-131 .jpg

寒緋桜の紅葉

右手中央に見える人の列は、皇居東御苑に向かう人たちです                上ったところに江戸城天守閣跡が有る、東京駅に戻るにはこちらが近い

12-151  カンヒザクラ  .jpg

12-154 .jpg

乾門付近から振り返る

12-155 .jpg

乾門を出る

皇居の通り抜けは乾門を出ると終了、乾門は両陛下を始め皇室の方々や             そして宮内庁の関係者が使用する門で、皇居では通行車が最も多い

前方はケヤキの紅葉、内堀通りを渡ると北の丸公園です

12-156 .jpg

次回は、北の丸公園<靖国神社>を紹介します

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(67)  コメント(12) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 東京を歩く ブログトップ