So-net無料ブログ作成

小豆島旅行記(2)<エンジェルロード> [西日本の旅]

小豆島旅行記(2)

<エンジェルロード>

今回の旅行は、小豆島のホテルに連泊し島内をゆっくり観光するのが目的

ネットで調べると、エンジェルロードに直結した小豆島国際ホテルを検索した

土庄港にも近いのでこのホテルに決めたが、エンジェルロードは渡れる時間帯が有る

そこで、朝夕に歩ける日時をホテルに聞き、5月20日から22日の3日間とした

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行:5月20日~22日>

<小豆島国際ホテル>

宿泊客は日本人の団体で20日、21日共ほぼ満館(中国人は個人客のみ)

小豆島八十八ヵ所遍路旅の団体も宿泊、露天風呂付の温泉も有る

姉妹たちは景色の良いこのホテルに大満足、そして長々と話が弾んでいた

21-111  .jpg

ホテルのロビー

5月21日 8時50分

窓の外に広がる瀬戸内海の景色が素晴らしい、小豆島観光に出発する前に撮影

21-115  .jpg

前方は四国の高松市、源平合戦が有った屋島(山の上が平)が見える

21-113  .jpg

ホテルの庭

前方が余島(中・小・大余島の3島)、島の左にエンジェルロードが有る

21-117  .jpg

ホテル前の案内「天使の散歩道」

矢印に沿って時計方向に曲がると散歩道、宿泊客はホテルの庭から直接行ける

21-201  .jpg

<エンジェルロード(天使の散歩道)>

ホテルの部屋7階から

潮の干満によって、前方の余島と繋がったり離れたりする砂浜の道

手を繋いで渡ると幸せになると言うスポットですが、私たちは景色を眺めるのみ

5月20日 15時10分

旅行1日目は強風が吹き荒れ、エンジェルロードに高い波が押し寄せていた

21-205  .jpg

5月21日 5時50分

起床時に撮影したが幅が狭い、月明かり(2時ころ)で見た砂浜の道は離れていた

21-212  .jpg

5月22日 6時50分

太陽が昇ると共に、砂浜の幅は広くなってきた(上の写真と比較)

21-213  .jpg

5月21日 15時42分

干潮の前後2時間ほど余島と繫がり砂浜を歩けるが、歩けない時間は観光中でした

21-214  .jpg

<散歩道を歩く>

5月21日 15時58分

潮が引き広くなった砂浜、中国人の団体が観光バスで次々にやってくる

21-221  .jpg

5月22日 8時20分

21-223  .jpg

5月22日 8時20分

旅行最終日、チェックアウトの前に妻と二人で砂浜を散歩し記念撮影

21-226  .jpg

5月21日 16時00分

小豆島国際ホテルは全室オーシャンビュー、ホテルの前がエンジェルロードです

21-228  .jpg

5月21日 16時05分

エンジェルロードは、ホテルのプライベートビーチのような感じです

21-230  .jpg

恋人の聖地

エンジェルロード入口の小さな岩山に登ると、このような場所が有った

21-248  .jpg

21-250  .jpg

5月21日 15時53分

恋人の聖地から見たエンジェルロード、屋島が画面の右に入っている

21-245  .jpg

5月20日 15時36分

四姉妹たち

旅行1日目に皆さんと散歩、風が強く姉たちは早々に引き上げた

A20-134  .jpg

ホテルの夕食

旅行1日目(5月20日) 刺身(3人分)

21-261  .jpg

旅行2日目(5月21日) 刺身(2人分)

21-264  .jpg

醤油・もろ味、オリーブ油ポン酢

刺身を食べるのに、三つの味を比べることができる

21-267  .jpg

次回は、小豆島旅行記(3)<寒霞渓>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(68)  コメント(11)