So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

横浜観光 添乗記(1)<見どころ周遊> [神奈川の旅]

横浜観光 添乗記(11)

<見どころ周遊>

鎌倉を巡ったのは雨上がりの後、境内や木々の緑に古寺の風情を感じたが

青空を期待していた横浜は、残念ながら厚い雲に覆われ視界はよくない

山手地区から山下公園、赤レンガ倉庫、みなとみらい地区などに案内したが

横浜の見どころ周遊に3時間では不足、ツアー旅行のような観光になった

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:5月19日>

横浜観光案内

<港が見える丘>

戦後間もなく、平野愛子が歌い大流行した歌謡曲「港が見える丘」

横浜が初めての姉二人は、この歌に親しんだ年代、丘からの眺めは色あせている

A05.19-11 111.jpg

<山手111番館>

外人墓地の前に有る、山手十番館でランチの予定でいたが定休日

港が見える丘公園を散策し山手111番館へ、神戸とは違い無料で見学ができる

A05.19-11 131.jpg

山手111番館の室内

A05.19-11 133.jpg

A05.19-11 136.jpg

<ローズガーデン>

ウエディングドレス姿の女性、中国人かと思ったが日本語でした

A05.19-11 117.jpg

カップル(上の写真)を見つめる姉妹、この人たちも昔は若かった

A05.19-11 114.jpg

<外交官の家>

横浜山手には洋館が7ツあるが、時間の都合で次に選んだのは外交官の家

撮影をしなかったが、庭園のテラスで軽食をとった

A05.19-11 141.jpg

室内のバラ

A05.19-11 154.jpg

室内から洋ガーデン

A05.19-11 155.jpg

<元町通り>

ドライバーさんに依頼し、元町商店街を通り抜け車窓から観光をする

A05.19-15 119.jpg

<山下公園にて>

鎌倉のホテルから使用したワゴンタクシー、ドライバーのサービスも上々でした

前方はニューグランドホテル、マッカーサー元帥の執務室が残っている

A05.19-21 126.jpg

山下公園のローズガーデン

A05.19-21 124.jpg

氷川丸の前で記念撮影

左から、妻(??)、姉(80歳)、姉(83歳)、妹(72歳)です

CIMG0294 (538x404)vvv.jpg

赤い靴はいてた女の子

この少女像を見ながら、姉たちは童謡「赤い靴」を口ずさんでいた

A05.19-21 119.jpg

<くじらの背中>

大桟橋(くじらの背中)から赤レンガ倉庫などの景色を楽しむ

この後、赤レンガ倉庫を一周し館内で買い物、写真を撮ったが控えます

A05.19-31 111.jpg

<馬車道ドライブ>

契約した時間が余ったので、馬車道、日本大通り、中華街などをドライブ

A05.19-31 119.jpg

<帆船日本丸>

A05.19-31 115.jpg

<汽車道にて>

大観覧車の左側が、この日に宿泊したホテルです

A05.19-31 114.jpg

<横浜ベイホテル東急>

チェックインのあと部屋で休憩、テラスから見た新港地区の眺めです

A05.19-31 128.jpg

ひと休みした後は、横浜中華街へ行き夕食です

----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、横浜観光 添乗記(2)<横浜ライトアップ>を紹介します

---------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(72)  コメント(13) 
共通テーマ:旅行

高幡不動尊<紫陽花まつり②> [東京を歩く]

高幡不動尊

<紫陽花まつり(2)>

高幡不動尊では全国から集めた品種を含め 7,500株の紫陽花を植生している

境内の不動の丘を歩くと、ヤマアジサイを中心にした色とりどりの紫陽花が咲き

鎌倉の明月院、長谷寺とは違った品種を観賞でき品評会のような趣が有る

前記事でも少し触れたが、妻と撮り集めた写真の中から選び羅列します

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:6月10日>

<紫陽花めぐり>

山門の紫陽花

高幡不動尊の正式寺名は、高幡山明王院金剛寺

山門を通ると境内、本尊の大日如来を祀る大日堂がある

 A06.10-11 131.jpg

大観音像

山門に続く石段の途中から撮影

A06.10-11 135.jpg 

境内の坂道

A06.10-11 142.jpg

石段を遮る紫陽花

A06.10-21 117.jpg

茶室「知足庵の庭」

A06.10-11 151.jpg

<不動の丘のヤマアジサイ>

ヤマアジサイ「紅」

花の色が白から赤へと移り変わってゆくようです

A06.10-21 155.jpg

ヤマアジサイを羅列します

目に優しいブルー系、好きな色です

A06.10-21 161.jpg

A06.10-21 179.jpg

A06.10-21 185.jpg

A06.10-21 164.jpg

A06.10-21 188.jpg

紫陽花の名は「花笠」

A06.10-21 189.jpg

花笠をアップで

A06.10-21 170.jpg

舞妓アジサイ

舞妓さんの花簪(かんざし)をイメージしたようです

A06.10-21 166.jpg

カシワバアジサイ

初めてカシワバアジサイを見たのは高幡不動、最近は多くなった

A06.10-21 132.jpg

辨天池でトンボ

A06.10-41 111.jpg

ヤマアジサイと五重塔

カメラ散歩を約1時間半、休憩もしたが過ごした時間は長い

A06.10-11 123.jpg

豆腐の「三河屋」

評判の豆腐店、高幡不動尊の帰りには何時も立ち寄っている

妻は、絹豆腐、油揚げ、上絹揚げなどいろいろ、その味には満足している

CIMG0163 (538x405).jpg

CIMG0161 (538x404).jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、横浜観光 添乗記(1)<見どころ巡り>を紹介します

--------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(78)  コメント(18) 
共通テーマ:旅行

高幡不動尊<紫陽花まつり> [東京を歩く]

高幡不動尊

<紫陽花まつり>

成田山新勝寺と共に関東三大不動尊の一つに挙げられている高幡不動尊

だるま市など季節を通じて参拝者は耐えないが、紫陽花の時期が最も人出が多い

多摩都市モノレールを利用すると、僅か40分ほどで行けるのでアクセスが良い

鎌倉旅行添乗記の途中ですが、紫陽花まつりの記事を2回挿みます

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:6月10日>

<梅雨の晴れ間に>

前日までの不安定な天気と異なり朝から好天気、それではと高幡不動尊へ

仁王門は工事中のため通行止め、左側のゲートから入山した

少し時期が早いかと心配していたが、紫陽花は見ごろを迎えていた

CIMG9988 (538x405).jpg 

山門前のガクアジサイ

境内の紫陽花を、妻(後ろ姿)と二人で撮り歩いたがその数は多い

まぐれ当たりの写真を使ってと言うので時々アップしている(次の写真です)

A06.10-11 126.jpg

額紫陽花(ガクアジサイ)

テマリ形(手毬)とガクアジサイ、コアジサイが有り、それぞれの種類が多い

A06.10-11 129.jpg

周囲の花弁は装飾花、中央が雄しべと雌しべです

A06.10-21 111.jpg

A06.10-21 129.jpg

雄しべが上に盛り上がっている、これもガクアジサイ?

A06.10-21 152.jpg

A06.10-21 196.jpg

紫陽花(手毬形)

テマリ形のアジサイを羅列します

A06.10-21 135.jpg

咲き始めは白色、徐々に水色に変わるようです

A06.10-21 139.jpg

A06.10-21 158.jpg

A06.10-21 168.jpg

A06.10-21 191.jpg

変わった形のアジサイ

八重咲きの花装飾

A06.10-21 123.jpg

すみだの花火

A06.10-21 149.jpg

紫陽花の行灯

日の光を受け・・アンドンのように見える

A06.10-21 199.jpg

ダンスパーティー

洒落た名のアジサイです、花の形も少し変わっている

A06.10-21 193.jpg

名札の名は「だるまのりうつぎ」

見分けがつかないが、アジサイとは違うのであろうか?

A06.10-21 138.jpg

きくいも

A06.10-41 115.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回も、高幡不動尊<紫陽花まつり>が続きます

--------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(86)  コメント(16) 
共通テーマ:旅行

鎌倉旅行 添乗記(7)<竹の庭 報国寺> [神奈川の旅]

鎌倉旅行 添乗記(7)

<竹の庭 報国寺>

古寺巡礼、最後に選んだのは竹林が美しい報国寺です、タクシードライバーも

観光客に推奨したい寺院だと話していた、朝8時半に鎌倉の宿を出発し約2時間

僅かな距離でも疲れを感じる高齢の姉妹たち、境内の茶亭で休息をしたが

京都とは、また違う古都鎌倉の古寺を良さに、皆さんから満足の言葉もらえた

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:5月19日>

功臣山 報国寺

<山門「藥医門」>

報国寺の開基は足利家時(足利尊氏祖父)、境内には足利一族の墓が有る

また北条・新田両軍の戦死者供養塔も有り、山号の功臣山も所縁が有るようだ

A05.19-41 111.jpg

<石畳の参道>

雨に濡れた静かな参道、枯山水の庭を見ながら本堂へ

A05.19-41 119.jpg

 陸地から離れた小島、白砂は海の波を表現していると思われる

CIMG0205 (538x404).jpg

<報国寺 本堂>

寺号:功臣山報国寺  宗派:臨済宗建長寺派  本尊:釈迦三尊像

扁額の銘は報国禅寺、本堂の柱に「合掌一礼」の文字、皆さんと参拝をする

A05.19-41 123.jpg

<竹の庭の立板>

本堂前に「竹の庭」の立て板、字の形は竹をあしらっている

A05.19-41 126.jpg

<報国寺 鐘楼>

A05.19-41 137.jpg

<苔むした屋根>

屋根の上に白い花、樹木の幹で宿り木のように生育する石斛です

3年前、松島瑞巌寺の隣りの円通院で見たことがある

A05.19-41 132.jpg

石斛(セッコク)

調べるとセッコクはラン科の植物、デンドロビウムの一種だと言う

A05.19-41 134.jpg

<竹林の入口>

踏み石の階段を上がり竹林へ、四季を通じて竹林の美しさを堪能できる

約 3,000本の孟宗竹、前回は風の音がすると妻が言っていたが、この日は無風です

A05.19-41 141.jpg

<竹林の六地蔵>

A05.19-41 144.jpg

<竹林の道>

竹の葉が入れ替わる時期、地面は落ち葉で覆われている

A05.19-41 149.jpg

<茶室「休耕庵」>

姉妹たちの疲れを癒すには格好の場所、竹林を歩く途中で案内した

A05.19-41 152.jpg

A05.19-41 161.jpg

<抹茶を頂く>

竹林を眺めながら頂く抹茶、干菓子は和三盆でした

A05.19-41 155.jpg

A05.19-41 158.jpg

<四姉妹>

マスク顔で失礼しました、左から妻・妹・姉(上)・姉の順です

 CIMG0218 (538x404)vvvv.jpg

<本堂の庭園>

禅宗寺院らしい枯山水庭園です、椅子の用意もあったが次へ

A05.19-41 167.jpg

<柘植の木?>

A05.19-41 170.jpg

<紫陽花を1点>

 A05.19-41 174.jpg

<竹林を後に>

本堂の庭園から、竹林を横に見て境内を後にする

A05.19-41 177.jpg

この後は横浜へ向かったが、季節の花「紫陽花」を先にアップします

----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、高幡不動尊<紫陽花まつり>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(72)  コメント(15) 
共通テーマ:旅行

鎌倉旅行 添乗記(6)<北鎌倉 明月院> [神奈川の旅]

鎌倉旅行 添乗記(6)

<北鎌倉 明月院>

北鎌倉駅を降りると、円覚寺、東慶寺、浄智寺、そして明月院の順に歩く事が多い

この日は高齢の姉妹たちを案内するガイド役、広い境内の円覚寺、長い石段の

浄智寺を避け、東慶寺の次に明月院を選んだが、紫陽花の見ごろには2週間早い

そこで、2012年6月と2015年9月の在庫写真を取り出して、この記事をまとめた

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:5月19日>

2015年5月19日

<鎌倉石の参道>

明月院は、長谷寺、成就寺と共に鎌倉の紫陽花の名所、6月初旬から中旬には

この参道も大勢で溢れるようになる、前を歩くのは小学生の修学旅行です

A05.19-31 115.jpg

<枯山水庭園>

本堂前の大香炉を入れて撮影した

山号:福源山明月院  宗派:臨済宗建長寺派  本尊:聖観世音菩薩

A05.19-31 122.jpg

<本堂の部屋>

円形の窓は、悟りの窓であろうか?

京都鷹ヶ峯の源光庵には、角窓「迷いの窓」と円窓「悟りの窓」がある

A05.19-31 127.jpg

<六地蔵>

A05.19-31 133.jpg

<花想い地蔵>

A05.19-31 135.jpg

<開山堂>

開山堂の左には、明月院やぐらと呼ばれている岩を掘った墓所がある

鎌倉の寺院にはこのような洞窟が多いと説明、姉妹たちは熱心に眺めていた

A05.19-31 139.jpg

紫陽花の一種でしょうか?

CIMG0184 (538x405).jpg 

<北条時頼の墓所(鎌倉幕府5代執権)>

元寇の役の時の執権北条時宗の父、皆さんに謡曲「鉢の木」の説明をする

A05.19-31 161.jpg

<茶室「月笑亭」>

A05.19-31 151.jpg

<庭園の花>

A05.19-31 158.jpg

2012年6月14日

<花菖蒲苑>

谷戸の湧水を利用した花菖蒲畑、前方の書院に悟りの窓が見える

D12.06.14-51 明月院19 (538x405).jpg

<山門前の参道>

参道の紫陽花は見ごろ、訪れる人が多く空いた時に撮った写真です

D12.06.14-11 明月院31 (538x404).jpg

2010年9月14日

<山門前の参道>

鎌倉石の石段は柔らかい、杉本寺、浄智寺にも風情のある石段が有る

061 (538x403).jpg

<お茶のサービス>

5年前は部屋でお茶を頂けたが(矢印)、今は上がる事はできない

A05.19-31 129xxx.jpg

モデルは妻です

A05.19-31 131.jpg

--------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、鎌倉観光 添乗記(7)<竹の庭 報国寺>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(76)  コメント(17) 
共通テーマ:旅行

鎌倉旅行 添乗記(5)<北鎌倉 東慶寺> [神奈川の旅]

鎌倉旅行 添乗記(5)

<北鎌倉 東慶寺>

西宮と大阪から来た姉二人は傘寿を超えたが、鎌倉旅行は今回が初めてだと言う

私が選んだのは、姉妹たちの体力に負担がかからず印象に残る古寺

北鎌倉の東慶寺、明月院、そして竹の庭報国寺の順に巡ったが、雨上りの境内は

しっとり感があり雰囲気が良い、先ずは花の寺東慶寺から記事を進めます

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:5月19日>

<東慶寺の朝>

紫陽花の見頃には早いとはいえ、山門前の石段には珍しく拝観者の姿がない

朝9時30分に入山し、拝観を終え帰る頃に女性3人に出会った

A05.19-21 111.jpg

茅葺の山門

A05.19-21 115.jpg

参道の石畳

東慶寺に向かう前に降っていた雨も上がり、境内の眺めは清々しい

A05.19-21 122.jpg

東慶寺鐘楼

この記事のアップは約ひと月遅れ、今頃は見ごろであろう

さる1号さんの記事(6月12日)に同じアングル、咲き具合は明らかに違います

A05.19-21 132.jpg

A05.19-21 119.jpg

境内の花

紫陽花が咲き始めていたが、端境期なのか花の種類は少ないようだ

A05.19-21 125.jpg

花の名は不詳

A05.19-21 127.jpg

ツユクサ(梅雨草)

A05.19-21 129.jpg

本堂「泰平殿」

宝形造りの2層屋根が美しい本堂、本尊「釈迦如来坐像」が正面に見える

東慶寺のパンフレットには、本堂の屋根をロゴに使っている

A05.19-21 135.jpg

参拝する4姉妹、本尊の撮影は遠慮した

CIMG0148 (538x403).jpg 

露座の金仏

東慶寺の開創は北条時宗の夫人覚山志道尼、円覚寺の時宗廟と向き合っている

A05.19-21 146.jpg

東慶寺の花畑

黄アヤメは咲いているが、よく見ると花は終わりに近い

この後には花菖蒲が咲き始める、前方の建物は茶亭白蓮舎です

A05.19-21 143.jpg

東慶寺の崖

崖を覆うように取りついている緑色の葉は「岩タバコ」です

A05.19-21 138.jpg

花芽は出始めているようだが、咲くには少し早いようです

A05.19-21 140.jpg

☆ ☆ 昨年の6月21日に撮影した岩タバコです

A05.19-21 141 (538x403).jpg

境内から山門へ

A05.19-21 149.jpg

かけこみ寺旧跡

029 (538x404).jpg

--------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、鎌倉観光添乗記(6)<北鎌倉明月院>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(71)  コメント(15) 

鎌倉旅行 添乗記(4)<鶴岡八幡宮> [神奈川の旅]

鎌倉旅行 添乗記(4)

<鶴岡八幡宮>

妻の姉妹たちを案内する添乗員旅行も2日目、この日は鎌倉の古寺巡りを続け

その後は横浜の山手地区から山下公園などを観光し、みなとみらいのホテルに宿泊

足腰の弱い4姉妹を配慮し、この日も終日ワゴンハイヤーを手配した

鎌倉の古寺巡りは東慶寺、明月院、報国寺、その前に鶴岡八幡宮に立ち寄った

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:5月19日>

<別称 鎌倉八幡宮>

一の鳥居

材木座海岸から続く八幡宮の参道、この先の若宮大路は工事中でした

鶴岡八幡宮は、別称で鎌倉八幡宮ともいう

A05.19-11 111.jpg

舞殿・本宮

太鼓橋の上から、舞殿に続く参道を撮影

参詣者の姿は少ない(朝8時45分)、露店の屋台が準備を始めていた

A05.19-11 115.jpg

 本宮をズームアップ

鎌倉幕府 初代将軍源頼朝ゆかりの神社である

鶴岡八幡宮は、鎌倉武士、武家源氏の守護神、三大八幡宮の一社と言う

A05.19-11 119.jpg

本宮の扁額

扁額は、神聖な神の使いとされる白鳩で八の字にあしらっている

本宮への石段は手すりもない61段、姉たちは頑張って上り下りをしてくれた

A05.19-11 131.jpg

朝の行事(勤め)を終えて

祭神は、応神天皇、比売神、神功皇后の3柱

それぞれの持ち場に戻る、大勢の神職さんと巫女さんたち

CIMG0112 (538x404).jpg

CIMG0113 (538x405).jpg

本宮(上宮)

柵の奥は撮影禁止、離れた場所から撮影をした

A05.19-11 135.jpg

本宮(上宮)の宝物殿

A05.19-11 142.jpg

宝物殿の神輿(祭神3体)

例大祭(2010年9月15日)の時の撮影です

A05.19-11 143.jpg

倒伏したご神木

2010.3.10の強風により根元から倒れた、三つに切断し下の部分は右に移植

元の部分から出ていた、ひこばえ(若芽)は1本を残し成長していた

A05.19-11 145.jpg

樹齢1000年の大銀杏と倒伏の説明

A05.19-11 147.jpg

巫女さんの後ろ姿

両手を前で組み手を振らずに歩く、その姿n品を感じる

A05.19-11 149.jpg

白旗神社

深緑に包まれた黒塗りの社殿が美しい、源頼朝、実朝を祀っている

A05.19-11 161.jpg

源平池

蓮池の奥には旗上弁天社、源氏の白旗が沢山並んでいる

A05.19-11 152.jpg

白い鳩

鳩は神の使い、白鳩は源氏の旗になっている

A05.19-11 155.jpg

流鏑馬神事が行われる通り

 毎年、例大祭期間の9月16日に行われるが一度この目で見たい

A05.19-11 159.jpg

----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、鎌倉旅行添乗記(5)<北鎌倉東慶寺>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(78)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

昭和記念公園(209)<泰山木と庭園> [昭和記念公園]

昭和記念公園(209)

<泰山木と庭園>

昭和記念公園に行くときには、季節の花を目的にして訪ねることが多い

この日は、前回の記事で少し触れたが、タイサンボクの白い花が目的である

花の盛りには少し遅れたが、その場所を数ヵ所承知しているので直行した

そして何時ものように日本庭園と盆栽苑へ、次はサギソウが咲く頃であろうか

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:6月2日>

<初夏の花 タイサンボク>

シンボルツリー(大けやき)

渓流広場から、みんなの原っぱを横断してタイサンボクのチェックポイントへ

幼稚園の親子遠足の人たちがシンボルツリーの下でランチタイムです

A06.02-41 112.jpg

幼いカップル 

皆から抜け出し、仲良く手をつないで足る姿が、何とも微笑ましい

デユークエイセスの歌「おさななじみの思い出は・・」を思い浮かべた

CIMG9942 (538x403).jpg

タイサンボクの花

直径20センチほどの大輪の花、近づくと良い香りがする

花は高い枝に咲いているが、探すと下がった枝でも見つける事ができる

A06.02-31 111.jpg

携帯電話と大きさを比較

A06.02-31 118.jpg

A06.02-31 119.jpg

A06.02-31 127.jpg

花が終ると変色し落下する

A06.02-31 136.jpg

タイサンボクの木

円で囲んであるところに花が見える、落ちた花が地面に多い

A06.02-31 140.jpg

<庭園と盆栽>

四阿(昌陽)

初めて撮ったアングルですが、昌陽は何処から見ても絵になります

A06.02-21 128.jpg

青池軒と池

池の水面には藻が発生していたので、青池軒をポイントにして撮影した

A06.02-21 123.jpg

赤色に染まったオオモミジ

A06.02-21 139.jpg

花菖蒲を2点

堀切菖蒲園や東村山菖蒲園の花ショウブと比べると見劣りするが

ひっそりとした風情もまた格別だと自己満足をした

A06.02-21 142.jpg

A06.02-21 146.jpg

盆栽苑 讃樹亭の床の間

さつき「光琳」(推定樹齢約70年)

A06.02-25 111.jpg

盆栽のコラボ

左:かりん(推定樹齢約80年) 右:さつき「絞り朝顔」(推定樹齢約70年)

A06.02-25 142.jpg

ひめしゃら(推定樹齢約80年)

公園のHPを見ると花が咲いている、見ると夏椿を小さくした花でした

A06.02-25 127.jpg

ひめしゃらの花

A06.02-25 145.jpg

ヤマアジサイ

A06.02-25 139.jpg

バラでしょうか?

A06.02-25 123.jpg

アサザ(浅沙)

A06.02-25 120  アサザ.jpg

--------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、鎌倉旅行添乗記(4)<鶴岡八幡宮>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(58)  コメント(11) 
共通テーマ:旅行

昭和記念公園(208)<6月の花> [昭和記念公園]

昭和記念公園(206)

<初夏の花たより>

自治会の役職を引き受けてから、昭和記念公園を歩く機会が少なくなった

今回はタイサンボクの花(記事は次回)が目的だが、少し遅かったようだ

季節は初夏、4月から5月初めのように花の種類は多くはないが、歩いていると

季節の花に出会うのも楽しみである、こもれびの里を中心に記事を纏めた

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:6月2日>

<こもれびの池>

砂川口(北口)

何時ものように砂川口から入園、この看板も緑に包まれるようになった

この日は妻が持たせてくれた、おにぎり弁当を鞄に入れ一人ウオーキングです

A06.02-11 111.jpg

こもれびの池

前回(5月11日)も写真を撮ったが、その日よりも深い緑に変わっている

A06.02-11 118.jpg

池の近くで (名は不詳)

風になびく白い穂、名も知らぬ雑草だがこうして見ると美しい

A06.02-11 121.jpg

シモツケ(下野)

下野国(しもつけのくに・栃木県)で初めて発見されたことからこの名がついた

こもれびの池の畔で咲いていたが、白色と赤色の可愛い花です

A06.02-11 127.jpg

<こもれびの里>

里の古民家

昭和30年代の武蔵野の農村風景を再現させたこもれび里

母屋・長屋門・内蔵は築250年前の建物、狛江市の古民家を移築した

A06.02-15 111.jpg

囲炉裏の火

聞くと、暑くなってきたのでボツボツ終わりでしょうと言っていた

A06.02-15 126.jpg

母屋の全景

A06.02-15 129.jpg

長屋門から農村風景

こもれびの里で中心になって指導をしている方は、私が担当する自治会の顧問

地元の有力者(84歳)で、今も現役で元気に活躍されている

A06.02-15 132xxx.jpg

長屋門から母屋

A06.02-15 135xxx.jpg

畑作地から長屋門、母屋

赤い覆いは貂(テン)対策であろうか、昨年は落花生が被害を受けていた

A06.02-15 144.jpg

里の南入口

坂道の両側に季節の花を植えているが、今は端境期で花が少ない

A06.02-15 149.jpg

ハルシオン

関西では何故か貧乏草というが、アップで見ると美しい花です

A06.02-61 111.jpg

七段花(ユキノシタ科)

名を示すパネルがあったが、無いと分からない、里の外で撮影した

A06.02-61 121.jpg

ドクダミの花

一重と八重咲きのドクダミが混在、薬草も美しい

A06.02-51 115.jpg

<園内の花木>

ヤマボウシ

遠くから見ると雪が降ったように白一色、好きな花木の一つです

A06.02-41 125.jpg

白い紫陽花

園内の紫陽花は咲きはじめ(6月2日)、今は見ごろでしょう

A06.02-41 151.jpg

マテバシイ(ブナ科)

タイサンボク(記事は次回)の近くにあったので撮影、栗の花のよう見える

A06.02-41 137.jpg

ハナイカダ(花筏)

青い実も、やがて黒い色に変わってゆく

A06.02-41 149.jpg

ヒョウヤナギ(未央柳)

日の光を受けて、金色に輝く雄しべがきれいに撮れた

A06.02-41 177.jpg

ギボウシ(擬宝珠、ぎぼうじゅ)

包葉に包まれた花の咲き初めが、橋の欄干など擬宝珠に似ている事から名がついた

A06.02-71 122.jpg

----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、昭和記念公園<タイサンボクと庭園>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(78)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

鎌倉旅行 添乗記(3)<鎌倉大仏&錢洗い弁天> [神奈川の旅]

鎌倉旅行 添乗記(3)

<鎌倉大仏&錢洗弁天>

鎌倉は武士が築いた都、源氏・北条氏に所縁のある神社仏閣が多い

この日に訪れた鎌倉大仏、錢洗弁財天も同様である、20年ほど前に浄智寺から

源氏山を越え錢洗弁財天へ、そして鎌倉駅まで歩いたが、今は当時の体力もない

また、傘寿を超えた姉二人の坂歩きを控えるため、観光タクシーで巡回した

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:5月18日>

<鎌倉大仏 高徳院>

鎌倉幕府第3代執権 北条泰時の時代、僧 浄光が諸国を勧進し造立した言うが

僧侶一人で造立できるものではなく、鎌倉幕府も大きく関わったと言う

当初は木造であったが台風により倒壊し、約10年後に金剛仏を造立した

A05.18-31 111.jpg

露座の大仏

奈良の大仏と同様に「大仏殿」があったが、地震と津波により倒壊

その後は露座の大仏になった、境内の各所には「大仏殿の礎石」が残っている

A05.18-31 119.jpg

大仏  像高11,39m(台座含む)

寺号:大異山清浄泉寺高徳院  宗派:浄土宗  本尊:阿弥陀如来坐像(大仏)

A05.18-31 121.jpg

大仏の胎内へ

姉が胎内を見たいというので揃って中へ

子供たちが小さい頃は開放した窓枠から外を覗いていたが、今はできない

A05.18-31 123.jpg

欧米系の夫婦

奥さんの表情とポーズが素敵、微笑ましいショットです

高徳院の大仏は鎌倉を代表する名所、外国人観光客が驚くほど多い

A05.18-31 126.jpg

アジア系の仏教国らしいツアー

このような大きな幕を用意し記念撮影、皆さんの表情はまじめで硬い

境内一帯は「鎌倉大仏殿跡」の名称で国宝に指定されている

A05.18-31 129.jpg

<錢洗弁財天>

源頼朝が、巳年である文治元年(1185)の巳の月、巳の日に見た霊夢に従い

佐助ケ谷の岩壁に湧く霊水を見つけ、祠に社を立て宇賀神を祀ったという

北条時頼が冷水で銭を洗い一族繁栄を祈ったのが、銭洗いの始まりと伝えられている

A05.18-41 111.jpg

隧道の参道

A05.18-41 114.jpg

宇賀福神社境内

社務所と洞窟の間に「市杵島姫命」を祀る本宮があるが、写真を撮り忘れる

A05.18-41 117.jpg

お参りと銭洗いのセット

社務所の受付で、線香、ロウソク、銭洗いの笊(ザル)を求める

A05.18-41 120.jpg

本宮にお参り

ロウソクを立て線香を焚き、本宮社にお参り

A05.18-41 123.jpg

洞窟内の奥宮

洞内には宇賀神と弁財天が祀られている

洞窟内に沸く清水で硬貨などを洗うと増えると伝えられているが??

A05.18-41 125.jpg

A05.18-41 129.jpg

鎌倉五名水の一つ

ザルに硬貨を入れ清水を注ぎ願い事、姉妹たちも熱心です

A05.18-41 132.jpg

境内社「上之水神社」

A05.18-41 135.jpg

境内社「下之水神社」

A05.18-41 138.jpg

隧道を通り帰路

この隧道は戦後に完成、それまでは南側の細い裏参道が入口であったと言う

A05.18-41 141.jpg

待たせていたタクシーでこの日の宿へ(前記事)、旅の1日目が終了です

--------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、昭和記念公園<初夏の花散歩>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(76)  コメント(19) 
共通テーマ:旅行

鎌倉旅行 添乗記(2)<長谷寺> [神奈川の旅]

鎌倉旅行 添乗記(2)

<鎌倉長谷寺>

鎌倉の古寺巡礼、足腰が弱い高齢姉妹を石段の多い寺社に案内するのは控えたい

しかし鎌倉は三方を山に囲まれた古都、そこで広大な建長寺や円覚寺などは避け

長谷寺など著名な古寺を選んだが、この寺にも60段ほどの石段がある

とは言え、長谷観音で知られる十一面観世音菩薩は必見、古寺巡りの一番に選んだ

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:5月18日>

<長谷寺>

山 門

社伝によれば、養老5年(721)に大和長谷寺の開基徳道上人が

楠の大木から二体の観音像を刻み、そのうちの一体を大和長谷寺の本尊とし

残る一体を海に流したところ相模国に流れ着き、鎌倉長谷寺の本尊にした

A05.18-21 111.jpg

妙智池とカラーの花

A05.18-21 117.jpg

A05.18-21 120.jpg

放生池の菖蒲

A05.18-21 122.jpg

良縁地蔵

A05.18-21 124.jpg

本堂(観音堂)

山門内の境内から石段を登り上の境内へ、本堂の右には阿弥陀堂、鐘楼がある

A05.18-21 128.jpg

風に揺れる五色幕

A05.18-21 130.jpg

長谷観音(十一面観世音菩薩)

像高9,2の最大級の木彫仏像、右手に錫杖を持つ尊像は珍しい

A05.18-21 129.jpg

見晴台にて

爽やかな天気、皆さんは由比ヶ浜や逗子方面の眺めを楽しんでいた

A05.18-21 133.jpg

和み地蔵

A05.18-21 139.jpg

弁天窟

A05.18-21 142.jpg

弁天窟の仏像

A05.18-21 145.jpg

出世大黒堂

A05.18-21 151.jpg

匂藩茉莉(アメリカジャスミン)

長谷寺の境内にはこの花が多い、歩いていると良い香りが届く

A05.18-21 154.jpg

山門前の外国人

鎌倉にも外国人の観光客が増えたが、中でも長谷寺は人気が高いようだ

A05.18-21 114.jpg

---------------------------------------------------------------------------------------------------

 次回は、鎌倉旅行 添乗記(3)<鎌倉大仏&錢洗い弁天>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(80)  コメント(13) 
共通テーマ:旅行

鎌倉観光 添乗記(1)<江の島神社> [神奈川の旅]

鎌倉観光 添乗記(1)

<江の島神社>

妻の4姉妹を案内する添乗員旅行も今回で12回目、旅行先の選択と企画

交通手段や旅館の予約、そして引率、ガイド、会計処理など一切を担当している

全員が高齢者のため前回でお終いと考えていたが、行けるときに行きたいと

今回も姉妹たちからまた頼まれたが、添乗員(私)さんも後期高齢者です

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

 <旅行日:5月18日>

<江の島神社>

大阪と西宮から新幹線で来る姉たちを、新横浜駅で出迎え電車を乗り継ぎ

小田急片瀬江ノ島駅へ、旅行1日目は江の島、鎌倉の案内です

江の島は鎌倉市とは違い藤沢市ですが、鎌倉添乗記の一つに含め記事を綴ります

A05.18-11 111.jpg

義姉二人は、江ノ島、鎌倉旅行は初めてです

A05.18-11 115.jpg

朱の鳥居

その奥に竜宮城を模した楼門「瑞心門」があるが、石段を登るのを省略し

鳥居の左側にある、上り専用のエスカレータを利用した

A05.18-11 127.jpg

江の島神社 辺津宮

中津宮、奥津宮へ行くのを断念し、辺津宮で参拝

姉妹たちの写真は撮ったが、辺津宮の写真を撮り忘れる

A05.18-11 129 (538x404).jpg

江島神社絵図

A05.18-11 132 (378x510).jpg

奉安殿(八角の弁天堂)

工事中のため、2013.1.20の写真を転用した

日本三大弁財天の一つ、裸弁財天「妙音弁財天」の拝観に社務所へ立ち寄った

B13.01.30-41 江ノ島51 (538x404).jpg

石段を降りる姉妹たち

A05.18-11 134.jpg

<江ノ島でランチ>

 お昼のランチは、江ノ島名物の生しらす丼

しらす問屋「とびっちょ」は何時も満員のためネットで調べ次の店を予約した

CIMG0007 (538x405).jpg

海旬処「魚華」

事前に、七里ヶ浜が眺められる3階席を予約しておいた

A05.18-11 118.jpg

生しらすと釜揚げしらす「ハーフ丼」

姉妹たちは、格別には・・と言いながら初めて食べたと喜んでいた

A05.18-11 124.jpg

<江ノ電乗車体験>

1日目の鎌倉観光は、長谷寺などをワゴンタクシーで巡回するが

欲張って、江ノ電の乗車体験もコースに入れた

A05.18-11 136.jpg

江ノ島駅にて

A05.18-11 139.jpg

腰越駅へ

腰越駅を出ると七里ヶ浜、皆さんは車窓から景色を楽しんでいた

A05.18-11 143.jpg

極楽寺駅

長谷駅は駐車不可、一つ手前の極楽寺駅でドライバーさんと待ち合わせる

A05.18-11 148.jpg

長谷寺で4姉妹

長谷寺、鎌倉大仏、錢洗弁天を巡ったが、その記事は都合により次回にします

A05.18-21 107.jpg

<鎌倉の宿>

公共の宿わかみや

鎌倉の宿はどこも宿泊費が高額、ネットで調べこの宿が見つかった

翌日は小学生の修学旅行で全館満室、公共の宿とは言え良い旅館でした

A05.18-51 112.jpg

温泉を運ぶ車

わかみやの風呂は温泉、聞くと熱海温泉から運ぶと言っていた

A05.18-51 115.jpg

わかみやのロビー

A05.18-51 121.jpg

由比ヶ浜

全員で浜辺を散策したが、わかみやから僅か3分ほどの近さです

A05.18-51 124.jpg

A05.18-51 126.jpg

----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、鎌倉旅行添乗記<長谷寺>を紹介します

---------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(79)  コメント(16) 
共通テーマ:旅行

わが家の花<2015年5月 Part1> [花の画像]

わが家の花

<2015年5月 Part1>

今年の春は花の咲くのが異常に早い、弘前城、札幌市内など北国のサクラは

例年より1週間以上も早く満開になった、毎年5月連休後に咲き始める

わが家のバラも5月始めには見ごろ、花を愛でカメラを向けるのは楽しみだが

季節の移ろいは早く、萩が咲き始めアガパンサスなど梅雨の花も蕾が膨らんでいる

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<5月の花木など>

一重咲きのバラ

出窓の外に地植えにして20年以上、一重のバラが欲しくなりく購入したが

カイガラムシが付き勢いがなくなった、新しい苗木に植え替えたいが我慢している

A01-122 (538x404).jpg

7年前に取った写真です⇓

上の写真⇑とに比べると若くて元気、明らかに花の数が違います

10.05.19  バラ3 (538x404).jpg

A01-152 (538x404).jpg

A01-131 (538x404).jpg

赤いバラ

立川に転居した40年ほど前に購入し地植えにしたが、樹勢が衰えた

A11-111 (538x404).jpg

A11-128 (538x404).jpg

黄色いバラ

私は黄色のバラが好みです、鉢植えにして大事に育てている

A11-159 (538x403).jpg

A11-171 (538x405).jpg

バラをもう一つ

A11-181 (538x405).jpg

アブチロン

頂いた苗木を大きな鉢で育てたが、今年は花の数が極端に増えた

別名はチロリアンランプと言うそうだが、この名の方が親しみを感じる

A21-131 (538x405).jpg

A21-115 (538x404).jpg

A21-125 (538x404).jpg

チェリーセージ

コンデジを近づけてマクロ撮影をしたが、中々うまく撮れないので

部屋の中から望遠撮影、横着者が撮った写真です

A31-115 (538x404).jpg

A31-127 (538x404).jpg

A31-130 (538x404).jpg

ブライダルベール

直径が僅か5mmほどの小さな花、吊り鉢にし窓の外に置いているが

コンデジの手持ち撮影ではこれが限界です、3脚を持っているが蔵入りです

A41-129 (538x404).jpg

A41-111 (538x404).jpg

A41-119 (538x404).jpg

アメリカジャスミン

15年ほど前、伊豆下田の了仙寺を訪れたとき花の香りに誘われて購入した

和名は匂藩茉莉(においばんまつり)だと言うが、馴染めない名である

下田に上陸したペリー提督が閲兵式を行ったのは了仙寺、今は販売していない

A55-111 (538x403).jpg

A55-131 (538x404).jpg

A55-128 (538x404).jpg

ハナテマリ

昨年、鉢植えから地植えにしたが、その方が元気が良い

A61-111 (538x404).jpg

A61-122 (538x404).jpg

----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、鎌倉旅行添乗記<江の島神社>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(63)  コメント(11) 
共通テーマ:旅行

地元イベント<女性が輝くとき> [世相]

地元イベント

<女性が輝くとき>

地元自治会の役職を引き受けて、増えたのは体育協会、青少年育成協議会

福祉協議会、自治連などを通じて地域の人たちとの繋がりです、多くの方々が

 活動に携わっておられるが、女性の皆さんの活躍に改めて感心をした

イベントの大半は女性が中心、そして少年野球のエースも女の子でした

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<立川断層 講演会>

御嶽山、阿蘇山、口永良部島の新岳の噴火、そして小笠原諸島西方沖の地震

東北大震災の後も日本列島は不気味に揺れいるが、地元にも立川活断層がある

「立川断層帯について新しい研究成果」を発表する講演会に参加した

CIMG9903 (538x404).jpg

東京大学地震研究所 佐藤教授

旧日産自動車村山工場の敷地内を発掘調査、その結果ひと安心

活断層の証拠は見つけられなかったと言う、但し西側に箱根ヶ崎断層が存在する

CIMG9907 (538x405)xxx.jpg

駅構内のイベント

JR立川駅のエキュート、満腹博覧会とは大仰だが駅ビルなどと競争が激しい?

 CIMG9900 (538x405).jpg

<地元自治会 総会>

この総会で自治会長を拝命、地元で40年間世話になったお礼奉公です

地元諸団体の役員を四つ兼務する事になったが、地域の人たちの努力に敬服する

また自治会関連10団体の協力を得て、夏祭り(盆踊り)の準備を開始した

CIMG6703 (538x404).jpg 

消火栓の取扱い説明

総会終了後、立川消防署による消火栓の説明会、防災セミナーも計画している

CIMG6704 (538x404).jpg

<公民館のまつり>

子供たちの太鼓

完成度の高い子供たちの太鼓、夏祭り神輿巡行の出発時にも出演してくれる

CIMG0509 (538x404).jpg

小学校1年生、撥さばきが素晴らしい

CIMG0514 (538x404)xxxxx.jpg

地元女性のコーラス

今年は、この公民館(こぶし会館)の運営委員にも選ばれた

CIMG0516 (538x405).jpg

大正琴の演奏

リーダーの女性は妻の知り合い、子供会などで親しくしていた

CIMG0517 (538x404).jpg

オカリナの演奏

オカリナの音色は素晴らしい、多くの人が演奏に参加されていた

CIMG0525 (538x404).jpg

日本舞踊

夏祭りの盆踊りでお世話になる人たち、祭りの合同会議にも出席される

CIMG0531 (538x404)xxxx.jpg

この後も、日本舞踊、民謡などが続いたが所要があり失礼した

CIMG0538 (538x404).jpg

フラダンス

公民館の観客席は組み立て式で約100席、総会をした場所と同じです

CIMG0555 (538x404).jpg

各地で行われている、阿波踊り、よさこい踊りも女性が中心です

CIMG0548 (538x404).jpg

公民館の近くで

美しいタチアオイに誘われて撮影、前方は多摩モノレールの高架線路です

CIMG0585 (538x404).jpg

<少年野球決勝戦>

少年野球の指導を15年、その間に連盟の理事長、副会長を6年間歴任

決勝戦の観戦に行くと、現在の理事長からネット裏の席へ案内された(矢印)

CIMG9960 (538x403)xxx.jpg

代表、監督をした地元の4年生チーム(攻撃側)が決勝戦

次男は捕手でキャプテン、妻は我が子を見る思いで声援をしていた

CIMG9949 (538x403).jpg

最終回の裏に逆転サヨナラ勝ちでした

CIMG9951 (538x404).jpg

優勝した5年生チーム、エースは女の子です(背中に髪を束ねている)

私が指導したチームではないが、女子が少年野球で活躍するのは嬉しい

CIMG9959 (538x404).jpg

同じチームのトップバッターも女の子です(この子も髪が長い)

高野連は女子選手を認めないが、時代は大きく変わっている事を認識してほしい

CIMG9956 (538x404).jpg

余談ですが、カブスカウト(ボーイスカウト)にも女の子が入団している

---------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、わが家の花<5月の花>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(90)  コメント(26) 
共通テーマ:旅行

わが家の花<2015年4月 Part2> [花の画像]

わが家の花

<2015年 Part2>

紅梅、ハナズオウ、ハナカイドウ、しだれ桃など、春の花木が終りに近づくと

待ち兼ねたように草花が一斉に咲き始める、ビオラなど一部の花は購入するが

地植えや鉢植えの宿根草は、季節を迎えると咲いてくれるので手間が少ない

この記事の花はすべてが宿根草か球根種、今年も我が家の庭を明るくしてくれた

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

花の羅列です

<スズラン>

地植えにしていると根がどんどん勢力を広げ、他の花の株を圧倒してしまう

鉢植えのスズランは2鉢、花が咲くと玄関前に置き飾っている

A31-131 (538x404).jpg

A31-139 (538x404).jpg

<ハナニラ(ブルー)>

前回の記事で紹介した白色ハナニラは地植えに、ブルーは鉢植えにして2鉢

花が咲き始めると場所を変え、石塀上の花壇に置いている

A25-170 (538x404).jpg

A25-164 (538x404).jpg

背後から逆光で撮ってみた

A25-177 (538x404).jpg

<ベルフラワー>

妻はブルー系の花が好み、名が示す通り可愛い花です

この花も宿根草、手入れをすれば毎年咲いてくれるので有り難い

A81-39 (538x404).jpg

A81-122 (538x404).jpg

A81-142 (538x404).jpg

<エビネラン>

エビネランは私が好きな花、もう1種類あったが絶えてしまった

A65-119 (538x404).jpg

A65-144 (538x404).jpg

<オダマキ(1)>

元は少し薄い橙色であったが、脱色したように白くなった

自治会の関係者から種を5種類頂いた、庭の各所に蒔いたが花が楽しみです

A61-138 (538x404).jpg

A61-111 (538x404).jpg

<オダマキ(2)>

種がこぼれ場所を変えて咲いてくれる、生命力の強いオダマキです

A55-115 (538x404).jpg

A55-131(538x404).jpg

<宿根イベリス>

昨年、不注意で1鉢枯らしてしまった、ネットで見ると挿し芽で育つと言う

A35-111 (538x404).jpg

A35-119 (538x404).jpg

<オキザリス>

わが家にある5品種のオキザリスで最も遅咲きだが、春先には花が終わる

A51-115 (538x404).jpg

<花の名は・金魚草?>

貰った鉢植えの花を、妻が地植えに戻すと株が大きく成長した

A91-115 (538x404).jpg

<ミニトマトの華>

昨年の収穫に気を良くした妻が3鉢、私はトマトが苦手で食べれません

CIMG9809 (538x404).jpg

<ハナズオウ>

4月初めに咲いていたハナズオウ(前記事)、4月末には新緑です

CIMG9833 (538x404).jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、地元のイベント<女性が輝く時代>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(76)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

わが家の花<2015年4月 Part1> [花の画像]

わが家の花

<2015年4月・Parrt1>

地元自治会の役職を引き受けてから、サンデー毎日を謳歌できない日が続き

ブログ更新も変則的になった、天気の良い日の朝はわが家の花を撮っていたが

気が付くと在庫写真が溜まっていた、大部分の写真は削除したがそれでも多い

季節は6月になり早や梅雨入り、急いで4月と5月の花画像をアップします

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

写真の羅列です

<石塀の花壇>

道を歩く人たちから、何時も綺麗にしていますね声を掛けられる事が多いが

猫の額のような狭い庭、石塀の上も花壇にしている

A01-111 (538x405).jpg

石塀の下はコンクリートで固め補強、その上にステンレスで造った台を設置

棚の上部に鉢植えの花、下側の棚は3段で物置にしています

A01-122 (538x404).jpg

<ハナズオウ(花蘇芳)>

20年以上前に先輩から貰った実生が大きく成長した

ハナズオウはマメ科の植物、花の数だけ豆ができるのですべて取り除いている

A05-111 (538x404).jpg

A05-135 (538x404).jpg

<ハナカイドウ(花海棠)>

貰った苗木を庭の片隅に植栽、毎年美しい花を咲いていたが

3年前にスプレーをした薬が悪かったのか、花が咲かない年があった

10.04.11  カイドウ1 (538x404).jpg

元の状態には程遠いが、ようやく回復してくれた

A15-124 (538x404).jpg

A15-149 (538x405).jpg

新芽がこのような状態になる、害虫が木に住み着いているのであろうか?

A15-132 (538x404).jpg

<源平枝垂れ桃>

山梨へ桃の花を見に行ったときに苗木を購入(7年ほど前)

源平しだれ桃は紅白の花が咲くが、源氏の白旗が強いようです

A21-122 (538x404).jpg

A21-115 (538x404).jpg

A21-169 (538x404).jpg

<ハナニラ(花韮)>

球根性の植物で増殖が著しい、茎を切るとニラの匂いがする

サクラソウと入れ替わるように咲きだすが、花が咲く時期は短い

A25-111 (538x404).jpg

A25-131 (538x404).jpg

A25-122 (538x404).jpg

色違いのハナニラです

A25-151 (538x404).jpg

<アゲハチョウ>

花の蜜を求めてアゲハチョウが飛来、飛ぶ廻るので撮り難い

A75-134 (538x404).jpg

A75-119 (538x403).jpg

<アデュガ>

十二単の花に似ているシソ科の外来種、西洋十二単の名がある

妻が好む花で、日当たりが少ない場所で植栽している

A45-131 (538x404).jpg

A45-136 (538x404).jpg

----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、わが家の花<2015年4月・Part2>を紹介します

---------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(61)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

昭和記念公園(207)<5月の盆栽園> [昭和記念公園]

昭和記念公園(207)

<5月の盆栽園>

新緑の昭和記念公園をカメラ散歩、その記事を5回綴ったがこれで終回です

何時ものように「盆栽苑」の記事で締めくくるが、展示していた盆栽もまさに新緑

しかし季節は春から初夏へ移り変わり若葉も深い緑になって行く、丁度良い時期に

訪れる事ができた、次回は「泰山木の白い花」を見に行きたいと思っている

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:5月11日>

<盆栽苑の入口>

日本庭園の周遊路(左の道)から盆栽苑へ

誰もいない5月の風景を独り占め状態、快晴に恵まれた美しい春景色である

A05.11-61 111.jpg

嵯峨野のような・風景!

妻が「春の嵯峨野」を連想すると言うので、竹林をズームアップで撮影したが

モミジなどの新緑に竹林の緑が同化し、春らしい美しい眺めである

A05.11-61 114.jpg

盆栽苑・背後の竹林

中央に大きな竹の子、両側の白い竹は今年成長した若竹です

A05.11-51 147.jpg

<苑内の盆栽>

一位(いちい)(推定樹齢約150年)

盆栽苑の入口、いつも重量感が有る盆栽を展示している

A05.11-61 150.jpg

つた( 推定樹齢約190年)

讃樹亭の床の間を飾る盆栽、この日は鮮やかな緑の蔦(つた)でした

A05.11-61 119.jpg

ミニ盆栽「オダマキ」

紫色の美しいオダマキ、この写真では大きさが分からない・・

A05.11-61 121.jpg

大きさを比較するため携帯電話を置き撮影、右は五葉松です

A05.11-61 124.jpg

ミニ盆栽「木の名は?」

 CIMG9498 (538x404).jpg

イタドリ

CIMG9499 (538x404).jpg

竹林と盆栽

左は「五葉松」、右は「栂(ツガ)」、初めて竹林を入れて撮影した

A05.11-61 148.jpg

ひめしゃら 推定樹齢約80年)

存在感が感じられる好きな盆栽の一つです、盆栽苑にはもう一つある

A05.11-61 136.jpg

宮様かえで (推定樹齢約90年)

A05.11-61 145.jpg

かりん (推定樹齢約80年)

赤い実(右)が出来ていたが撮影せず

A05.11-61 143.jpg

もみじ(清玄)(推定樹齢約110年)

芽吹きの時は赤い葉、徐々に深緑に変化し秋には紅葉し再び赤色になる

A05.11-61 130.jpg

五葉松 (推定樹齢約130年)

A05.11-61 139.jpg

かまつか (推定樹齢約80年)

A05.11-61 127.jpg

かまつかの花

CIMG9502 (538x407) (538x404).jpg

バイカラマツソウ

A05.11-61 133.jpg

ヒメシャガ

A05.11-61 142.jpg

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、わが家の花<2015年4月 Part1>を紹介します

------------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(68)  コメント(18) 
共通テーマ:旅行

昭和記念公園(206)<新緑の日本庭園> [昭和記念公園]

昭和記念公園(206)

<新緑の日本庭園>

この日一番の収穫は日本庭園の新緑です、オオモミジなどカエデ系の木が多い

園内は一層緑の色が鮮やかで、まさに萌黄色の素晴らしい風景であった

加齢性黄斑変性症を患い視力が乏しい私には、目に優しい緑を見ると救われる

錦色に染まる日本庭園の秋も良いが、若葉の春も捨てがたく最高である

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:5月11日>

<緑のオアシス>

日本庭園前

鮮やかな萌黄色、門前の樹木はオオモミジです

日本庭園の中はまさに緑のオアシス、良い時期に訪れることができた

A05.11-51 111.jpg

日本庭園表門

A05.11-51 114.jpg

門前のオオモミジ

A05.11-51 117  オオモミジ.jpg

色づいたオオモミジ

A05.11-51 171.jpg

歓楓亭前の新緑

紅葉の時期には「門前市をなす、」という言葉が過言でないほど人が多い場所

この美しい新緑を見に来る人は少なく、何とも勿体ない思いがする

A05.11-51 124.jpg

紅葉の名所は・新緑の名所です

A05.11-51 143.jpg

額縁写真・その1

清池軒の窓を額縁にして、池と新緑を撮影

A05.11-51 127xxx.jpg

少し方向を変え、雪吊りをするアカマツを撮影

A05.11-51 131xxx.jpg

清池軒の入口

秋にはカメラマンが絶えない撮影スポット、しかし人の姿はない

A05.11-51 140xxx.jpg

日本庭園の周遊路(1)

左の竹垣は盆栽園です、撮った写真は次回にアップします

A05.11-51 146.jpg

清池軒と庭園の池

新緑のオオモミジを囲いに入れて、額縁写真を撮った清池軒を撮影

A05.11-51 154.jpg

見えた・富士山!

この日は雲一つない快晴、暖かい5月に見れるのは珍しい

A05.11-51 157.jpg

日本庭園の周遊路(2)

この辺りにはイロハモミジが多い、綺麗な若葉のトンネルです

A05.11-51 160.jpg

四阿昌陽と池

紅葉が池に写る撮影ポイント、目立たないが新緑を写す眺めも良い

A05.11-51 184.jpg

額縁写真・その2

深緑と木橋を入れて撮影、額縁写真はコンデジでも絵になる

A05.11-51 176xxx.jpg

撮影場所を変え撮影、亀島を入れたが・・?

A05.11-51 172xxx.jpg

池の菖蒲を・2点

A05.11-51 166.jpg

A05.11-51 169.jpg

新緑と木橋

右隅に植えの写真の菖蒲、妻が撮った写真です

A05.11-51 185.jpg

萌えるオオモミジ

清池軒の近くに戻り撮影、萌黄色の緑もやがて深緑に変わるであろう

A05.11-51 187.jpg

----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、昭和記念公園<5月の盆栽園>を紹介します

---------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(84)  コメント(23) 
共通テーマ:旅行

昭和記念公園(205)<初夏の花めぐり> [昭和記念公園]

昭和記念公園(205)

<初夏の花めぐり>

この日は、新緑とシャレ―ポピー、そしてユリノキの花を目的に訪れたが

歩く途中で季節の花木や草花を見つけると、つい立ち止まりカメラを向けてしまう

年を重ね歩き疲れた身体には、花に出会い撮影することで癒されているようだ

最近の多忙で撮った写真の整理が進まず、記事のアップが遅れ気味である

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:5月11日>

<花木園菖蒲田>

早くも見ごろを迎えたスイレン、花が咲く時期が長い

花菖蒲田もあるが花の時期6月中旬、何故か撮ったことがない

A05.11-41 140.jpg

スイレン(睡蓮)

スイレンの葉の下から大きな鯉が餌を求めて顔を出す、亀もいるが?

A05.11-41 156.jpg

スイレンの花・3点

A05.11-41 143.jpg

A05.11-41 147.jpg

A05.11-41 150.jpg

<園内の花木>

カラタネオガタマ

バナナツリーの名で覚えているモクレン科の花、近づくとバナナの香りがする

A05.11-41 165.jpg

A05.11-41 162.jpg

エゴノキ

エゴノキ、マユミ、ウツギの3点は日本庭園で撮影した

A05.11-51 121.jpg

マユミ(檀・真弓)

A05.11-51 149.jpg

ウツギ(空木)?

A05.11-51 163.jpg

ミズキ(水木)

A05.11-11 160  ミズキ.jpg

カルミア(アメリカシャクナゲ)

コンペイトウ(金平糖)のような蕾が可愛い、好きな花の一つです

A05.11-41 177.jpg

サクランボ

緑色から白色にそして赤色に変化、河津さくらの実です

A05.11-41 171.jpg

<園内の草花>

ジャーマンカモミール

みんなの原っぱの西花壇で撮影、今頃は群落状態で咲いているであろう

A05.11-21 198.jpg

菖蒲系の花・2点

こもれびの里のハス池で撮影、蓮の花は1ヶ月ほど後でしょう

A05.11-41 198.jpg

花木園の菖蒲田で撮影

A05.11-41 159.jpg

シラン(紫蘭)

砂川口の入口付近で撮影、光の具合であろうか鮮やかな色で撮れた

A05.11-41 181.jpg

シロシラン(白紫蘭)

A05.11-41 184.jpg

ネギ坊主のような花

覚えても直ぐに忘れてしまい名は不詳です、ハーブ園で撮影した

A05.11-41 201.jpg

牡丹でしょうか?

花弁が独特の形状をしている、日本庭園の園路で撮影

A05.11-51 190.jpg

----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、昭和記念公園<新緑の日本庭園>を紹介します

---------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(76)  コメント(15) 
共通テーマ:旅行