So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

美濃名所旅行記(6)<清流の町 郡上八幡> [中部地方の旅]

美濃名所 旅行記(6)

<清流の町 郡上八幡>

郡上八幡は清流と踊りの町、湧水や小川のせせらぎが好きで、若い頃には

浴衣を着て盆踊りを楽しんだ私にとって、是非訪ねてみたい観光地の一つでした

しかし、到着した時間は午後1時半、観光できる時間は僅か2時間ほど

高齢者の旅行は無理が禁物のため、予め決めていた観光ポイントのみを見て歩いた

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:6月14日>

<清流 吉田川>

郡上八幡の中央を流れる吉田川は長良川の支流の一つその吉田川にも

小駄良川や名も知らない川、水路が幾筋も流れ込み、まさに清流の町です

そして川筋には宮ケ瀬小径があり、水を親しみ散策することができる

A41-114  .jpg

子供たちが飛び込む橋

橋の上から川に飛び込む子供たちを、テレビ番組で何度も見たが

勇気のいる行動、仲間のステータスでしょう、想像より高く10m以上も有る

A41-117  .jpg

警告看板(観光客用でしょうか)

私も小学校の高学年の頃、淀川(大阪)の水道管鉄橋から飛び込んだが、その頃は

息継ぎができるのは背泳ぎのみ、無謀な遊びをしたが、今は親や周りが許さないでしょう

A41-121  .jpg

宮ケ瀬橋から新橋

新橋(前方)の欄干から子供たちが飛び込みます、右下は宮ケ瀬小径です

A41-201  .jpg

いがわ小径>

郡上八幡旧庁舎記念館の前から歩き始め、最初に訪れたのは「いがわ小径」

民家に囲まれた用水路沿いに続く長さ約120mの生活道路ですが

この用水は、地域の防火用水としても重要なものとなっている

A41-124  .jpg

いがわの由来

郡上八幡では、古くから生活に利用する小河川、用水を「いがわ」よ呼んでいる

A41-150  .jpg

管理の行き届いた小径

A41-143  .jpg

A41-148  .jpg

住民の洗い場

地元の人たちは洗い場組合をつくり、今でも洗濯物の濯ぎなど生活の一部として

利用しているが、観光客から好奇心で眺められ迷惑することが有ると言う

A41-154  .jpg

魚のエサ

A41-129  .jpg

エサを与える姉妹

A41-131  .jpg

水路の錦鯉

山から引いた水路、錦鯉のほかに岩魚やアマゴも泳いると聞いたが見つからず

A41-133  .jpg

仲良く記念撮影

A41-141  .jpg

マンホールの絵

用水路の水は暗渠を通り吉田川に流れるようです

A41-136  .jpg

<やなか水の小径>

生活用水、防火用水のいがわ小径と異なり、やなか水の小径は観光の道

繁華街の新町から角を曲がった町なかにあり、一服の清涼剤のような路地です

A41-161  .jpg

玉石の小径

水路も、小径にも玉石が敷き詰められ、柳の並木があり風情は十分

ベンチでひと休みしたいが、時間に余裕がなく通り抜ける

A41-164  .jpg

A41-166  .jpg

水の飲み場(亀?)

A41-168  .jpg

水路の流れ

流れる方向は吉田川とは反対側、水路は暗渠に入り行方は分からない

A41-170  .jpg

<宗祇水(白雲水)>

名水百選の第1号に指定された宗祇水、名の由来は文明年間(1470~~80年代)に

歌人の宗祇が、この湧水を愛飲し歌を詠んだことに由来する

A41-221  .jpg

宗祇水へ

CIMG5609 (538x405).jpg

宗祇水の利用

人々が昔から、飲料水、生活用水として大切に利用した自然の湧水

皆さまも、この水を汚さないようご協力くださいと記載

A41-231  .jpg

看板の説明

湧水の仕切り、右から~水源・飲料水・米などの洗場(スイカ冷やしに利用)

野菜などの洗場・さらし場(桶等をつけておく)の順です

A41-236  .jpg

<小駄良川>

清水橋から小駄良川、吉田川に流れ込む支流の中で唯一の1級河川です

川を背にした住宅は、独特の3階、4階造りになっている

A41-244  .jpg

橋の下で宗祇水が流れ込む

A41-241  .jpg

次回は、美濃名所旅行記(7)<踊りの町 郡上八幡>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(56)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

美濃名所旅行記(5)<名もない池> [中部地方の旅]

美濃名所旅行記(5)

<名もない池>

うだつの上がる町並(前記事)を散策した後は、タクシー会社が推薦する

山里の神社の境内にある「名もない池」に立ち寄ることにした

睡蓮が咲くことから「モネの池」と呼ばれるようになり、マスコミの宣伝により

一躍人気の観光ポイントになったと言う、途中、美濃和紙の里会館にも立ち寄った

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:6月14日>

<美濃和紙の里会館>

国道156号線

この日は、岐阜市から関市、美濃市、そして郡上八幡へ、長良川に沿って北上

長良川の水運は多くの町を起こし、国道156号線、長良川鉄道を開いたが、しかし

今回の記録的豪雨では、岐阜市の鵜飼い川原には濁流が遅い、関市では氾濫した

A21-111  .jpg

四姉妹は後部座席で会話を楽しんでいたが、私は助手席で移り変わる景色を満喫した

A21-114  .jpg

和紙の里会館

美濃市に生まれ和紙業を営んでいた、大滝国義氏が収集した和紙本を寄贈

3500冊余りの中から200冊を展示、見覚えがある本も有り興味深く見て回った

A21-124  .jpg

寄贈本の展示コーナー

A21-127  .jpg

和紙作品の販売コーナー

A21-131  .jpg

紙漉き体験コーナー

この方は本職、原材料を聞くと「こうぞ(楮)」だと言っていた

A21-135  .jpg

<名もない池>

国道156号線から山側の街道256号線に移り、板取川に沿いしばらく走ると

山里の神社の一画に目指す「名もない池」がある(前方の森の下)

今は「モネの池」と呼ばれ観光客も多く、駐車場に入るのに順番待ちでした

A31-111  .jpg

根道神社の鳥居

鳥居の右側に名もない池がある

A31-114  .jpg

湧水の池

木橋の奥が湧水のポイントでしょうか、背後の石段を上がると根道神社がある

雨が降ると濁りが出るので、晴れた日が続いた時が良いと言う、ラッキーでした

A31-117  .jpg

ニシキゴイ(錦鯉)

水深は1mほど、透明度が良いので池の底に錦鯉の影が映って見える

頭の上に赤いハート模様の錦鯉がいると言うが、探しても見当たらず

A31-120  .jpg

A31-123  .jpg

スイレン(睡蓮)

スイレンの開花は午前中ですが、水温が低いので咲くのが昼頃になると言う

A31-125  .jpg

A31-127  .jpg

コーホネ

コーホネはスイレン科の植物、仲間です

A31-130  .jpg

アジサイ(紫陽花)

ハートの錦鯉は見れなかったが、代わり紫陽花がハート形でした

A31-133  .jpg

神社側から池

テレビの影響は実に大きい、走っていた車は少ないがここには人が多い

池の広さは50m×10mほど、しかし四姉妹の関心は低い

A31-138  .jpg

第2鳥居

石段を上がり、根道神社の本殿へ

A31-141  .jpg

本殿に参拝

祭神は、伊弉諾尊、大山祇神、根道大神

子宝、延命長寿、縁結びなどに、ご利益があると聞いた

A31-144  .jpg

神社から池

ご覧のように観光客が並んでいます

A31-149  .jpg

<郡上市内>

モネの池に近い板取川の川筋に、そば店が有るとドライバーに案内されたが休日

郡上八幡の市内に入り、遅い時間の昼食です

A31-151  .jpg

ざるそば(全員)

A31-155  .jpg

次回は、美濃名所旅行記(6)<清流の町 郡上八幡>を紹介します

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(69)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

美濃名所旅行記(4)<うだつの上がる町並み> [中部地方の旅]

美濃名所 旅行記(4)

うだつの上がる町並み】

長良川の鵜飼いを楽しんだ翌日は、ワゴンタクシーで約60km先の郡上八幡へ

途中、犬山城に行きたかったが階段が多く姉妹たちには難しい、そこで

美濃市のうだつが上がる町並を散策し、美濃和紙の里会館にも立ち寄ることにした

ドライバーさんは、刃物の関市を進めたが、皆さんは関心が無いので断った

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:6月14日>

うだつ(卯建・梲)】

北側の通り

うだつとは、屋根の両端に作られた防火壁、火事の際に類焼を防ぐための壁だが

当時の商人(住人)たちは財力を競うため、隣家の間に立派なうだつを設けた

横に長い写真を3点使用していますが、トリミングをしています

CIMG5510 (600x344).jpg

南側の通り

CIMG5494 (600x343).jpg

うだつを競う住宅

同じうだつの写真が3点続きます

A11-127  .jpg

うだつが上がる家

左は平田家、右の住宅は古川家、明治初期の建物です

A11-131  .jpg

競ううだつ

平田家、古川家の間には瓦屋根、左の平田家が設けたのか樋が同じです

A11-132  .jpg

町並を歩く姉妹

A11-134  .jpg

うだつ守り猫・四伸

四神とは東西南北の護り神、東に位置し「青龍」(腹部に龍の模様)です

CIMG5502 (538x405).jpg

美濃和紙の店

皆さんは店内に入り買い物、妻は和紙ではなく「匂い線香」を買っていた

A11-144  .jpg

町の銀行

岐阜市の古い町並みにも有った十六銀行、町に特化しているようです

A11-120  .jpg

山田家住宅

元町医者の住宅、今は町のギャラリーになり無料開放です

A11-150  .jpg

A11-154  .jpg

煙突のような吹き抜け天井、その名も用途も不詳です

A11-158  .jpg

町の護り神

屋根の上に小さな祠、高齢の地元男性に聞くと町の守り神だと言っていた

A11-161  .jpg

A11-163  .jpg

南の通りにまた一つ

A11-165   .jpg

看板あれこれ

伝統的な建造物保存地区、看板も町並に似合っている

A11-147  .jpg

A11-171  .jpg

A11-177  .jpg

酒屋の杉玉

A11-174  .jpg

美濃和紙 灯りの店

A11-168  .jpg

北の通り

妻が立っている場所(左)は町の案内所兼土産物店、水洗トイレも有り小休止です

CIMG5514 (600x344).jpg

次回は、美濃名所旅行記(5)<名もない池>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(76)  コメント(19) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | -