So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

奥日光旅行記(1)<名瀑めぐり> [関東6県の旅]

奥日光旅行記(1)

<名瀑めぐり>

千手が浜のクリンソウを見たいと妻にせがまれ、十数年ぶりに奥日光へ1泊旅行

奥日光には何度も行きながら、明智平から華厳の滝を展望したことが一度もない

そこで千手が浜に向う前に、華厳の滝・龍頭の滝の名瀑を巡る事にしたが

山岳高地の天気は午後になると不安定になる事が多いので、早朝に自宅を出発した

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:6月13日>

<東武日光駅>

JR新宿駅を7時30分に発車した特急日光1号、東武日光駅に9時半前に到着です

予約していた観光タクシーに乗車し、早速、明智平、中禅寺湖に向けて出発です

11-101  .jpg

<華厳の滝>

明智平展望台

タクシードライバーに聞くと、前日、前日の2日間は、濃霧が発生するなど

天候不良のためロープウエイの運行は中止になったが、この日は快晴です

11-111  .jpg

華厳の滝、中禅寺湖、そして背後の山並み、大きな景色です

11-114  .jpg

中禅寺湖畔でリッツカールトンが建設中でした(クレーンが見える)

11-117  .jpg

11-121  .jpg

男体山を入れて撮影

11-125  .jpg

華厳の滝 観瀑台

エレベータで100mほど下り、トンネルを抜けると観瀑台

前回の奥日光旅行では立ち寄っていないので、一体何年前なのか思い出せない

12-111  .jpg

修学旅行の小学生が順番に記念写真、わが家の子供3人も日光でした

12-114  .jpg

しぶきが飛んでくると思っていたが、それほどでも無かった

12-117  .jpg

無料展望台

観瀑台エレベータの建物の背後にある無料の展望台(駐車場から近い)

ドライバーさんに教えら見に行ったが、この場所は知らなかった

13-111  .jpg

この展望台からは、滝口が見える

13-114  .jpg

<龍頭の滝>

滝の上から

奥日光の三名瀑と言えば、華厳の滝、龍頭の滝、湯滝の三つ滝を言うが

私は、岩場を流れ落ちる渓流の滝「龍頭の滝」が最も好み、中禅寺湖が見える

タクシードライバーに橋の上で降ろしてもらい、滝つぼまで散策です

15-111  .jpg

滝の長さは210m、流れ落ちる音も良い

15-124  .jpg

15-131  .jpg

初めてこの滝を見た時は危険防止の柵もなかった

15-134  .jpg

散策路の新緑が目にまぶしい

15-217  .jpg

ヤマツツジと新緑のコラボレーション

15-224  .jpg

15-227  .jpg

滝つぼに落ちる二筋の流れ、その間の岩が龍の頭、龍頭の滝の由来です

15-231  .jpg

紅葉の時期は美しく、観光客が多い

15-234  .jpg

滝の茶店の前

15-237  .jpg

日光三名瀑、残る一つは湯滝ですが時間の都合でスルー

次回は、奥日光旅行記(2)<千手浜のクリンソウ>を紹介します

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(49)  コメント(7) 
共通テーマ:旅行

老人会旅行(2)<犬吠~銚子~佐原> [関東6県の旅]

老人会旅行(2)

<犬吠埼~銚子~佐原>

旅行2日目は、銚子電鉄の乗車体験とヤマサ醤油の工場見学、そして

海産物センターや道の駅での買い物、女性が多い老人会の旅行は買い物が必須です

参加した皆さんから、本当に楽しい旅行でしたと喜んで貰えお陰さまで合格点

そして、何よりものプレゼントは好天気、東京は翌日から梅雨入りでした

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行2日目:6月6日>

<犬吠埼散歩>

犬吠埼は太平洋を望む景勝地、周辺は水郷筑波国定公園の一部になっている

ホテルでの朝食の後、出発までの時間を利用し犬吠埼灯台まで散歩をした

41-111  .jpg

犬吠埼ホテル

ホテルの部屋は全室オーシャンビュー、部屋の間取りも広い

41-114  .jpg

犬吠埼灯台

太平洋に突き出た半島に、明治7年(1874年)に初点灯した犬吠埼灯台

房総沖は海洋交通の難所、船舶の安全を護り、国の登録有形文化財に指定され

そして、世界灯台100選、日本灯台50選にも選ばれている

41-121  .jpg

灯台下の海岸へ

石段は70段ほど、朝からよい運動になった、海岸に自家用車が2台・次!

41-126  .jpg

海岸にて

釣りに来た人に聞くとアイナメが釣れると言う、私は海釣りの経験がない

41-129  .jpg

灯台を振り返る

41-132  .jpg

犬吠埼の花2点

花が少ない時期なのか、撮った花は二つですが・・その名は??

41-135  .jpg

41-141  .jpg

犬吠埼 西側の海岸

41-147  .jpg

<銚子電鉄犬吠駅>

この駅を利用するのは3回目、その当時は小さな駅舎で(15年ほど前)

その一隅でぬれ煎餅を焼いていたが、モダンな駅に変身していた

51-111  .jpg

駅の売店

皆さんは、前日にぬれ煎餅を購入スミ、それでも追加する人がいた

51-114  .jpg

駅のホーム

銚子行きの車両が入線、旅行会社の計画は犬吠埼までバスで往復するのみ

銚子電鉄の乗車体験を追加させたが、楽しみにしていた参加者が多く正解でした

51-126xxx  .jpg

ヤマサ醤油へ

犬吠駅から銚子駅まで僅か15分足らずの乗車でしたが、皆さんは車内で談笑

銚子駅に回送していたバスに乗車し、ヤマサ醤油の工場に向かう

61-111  .jpg

<ヤマサ醤油>

銚子工場正門

61-114  .jpg

工場見学センター

ヤマサ醤油の歴史や醤油の作り方などを映像で紹介(約20分)

61-121  .jpg

工場見学

大豆、小麦を貯蔵するサイロ、ヤマサ醤油の麹室、もろ味の仕込蔵などを見学

5月21日に小豆島のマルキン醤油を見学したが、それに比べて大きな工場

外見だけでは何を製造する工場なのか分かり難いが、見学で工程が少し理解できた

CIMG2511 (538x404).jpg

大きな木樽

大きな木樽を模したスペースの中で、もろ味から醤油になるまでの工程と

少し前に足を動かせば、足元に醤油の波紋が広がるバーチャル映像を楽しんだ

皆さんは、卓上醤油を頂き、醤油風味のソフトクリームを味わい、お土産を購入

61-117  .jpg

記念撮影

大きな木樽の前で記念撮影、会長はこちらと誘われ私は前列の中央です

何を勘違いしたのか他のクラブの4人が割り込み一緒に撮影、右端は添乗員です

61-131  .jpg

<食事と買い物>

ウオッセ21

海産物の買物、その後にお刺身膳の昼食

妻と店内を回ったが買いたい海産物はなく、新鮮な刺身にビールで乾杯をした

CIMG2517 (538x405).jpg

道の駅水の郷さわら

利根川に面した景観の良い道の駅、観光船の乗り場も有る大きな駅でした

妻は花と地元の野菜を購入、女性に喜ばれる道の駅です

71-111  .jpg

71-114  .jpg

いろいろメダカ

私はメダカを購入、旅行責任者の私はドライバーの後ろの席

休憩所で乗り降りする参加者たちの眼を楽しませた

71-125  .jpg

箱崎、新宿などが渋滞する前に首都高速を通過、予定より30分早く立川に帰着した

次回は、奥日光旅行記(1)<名瀑めぐり>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(65)  コメント(10) 
共通テーマ:旅行

老人会旅行(1)<成田~佐原~銚子> [関東6県の旅]

老人会旅行(1)

<成田~佐原~銚子>

立老連の地元支部に所属する老人クラブ6団体から、29名が参加した1泊旅行

前日まで愚図ついていた天気も回復し、旅行1日目は曇りのち晴れ、2日目は快晴

今回も好天気に恵まれた、旅行先は佐原あやめパークから銚子を経て犬吠埼へ

その前に成田山新勝寺に立ち寄ったが、老人クラブの旅行は寺社参拝が必要です

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行1日目:6月5日>

<首都高速新宿線>

外環道から東関東道を通り、成田・佐原・銚子へ向かう予定でいたが

外環道は渋滞のため首都高速・湾岸道路に変更、大した渋滞もなく順調に走行し

お台場など都心の景観を楽しみながら、少し遅れて成田に到着した

11-001  .jpg

<成田山新勝寺>

明治神宮に次いで初詣が多い新勝寺、毎年300万人を超えるという

寺号:成田山金剛王院新勝寺  宗派:真言宗智山派大本山  本尊:不動明王

11-111  .jpg

総門から仁王門

11-114  .jpg

仁王門

足の弱い人が多い老人会旅行、エレベータが設置され有り難い、私は階段です

11-117  .jpg

大本堂

参拝を終えると、内陣では間もなく護摩祈祷が行われるところ、皆さんと

堂内に上がり祈祷を拝観、平日の境内(午前11時過ぎ)はさすがに参拝者が少ない

11-121  .jpg

護摩祈祷を終えて

11-125  .jpg

4年前の初詣(2015.1.2)

大本堂の前は長い行列(総門から続いている)、上二つの写真と見比べてください

A01.02-4120E68890E794B055-2e0d3[1].jpg

<佐原あやめパーク>

前日、ハナショウブの開花状況を調べると4分咲き、バスの車内で皆さんに

400品種150万本の花が有るので、40万本ぐらいは咲いているでしょう、と

アバウトな説明をした、気温は28度ほど薄曇りで丁度良い

21-111  .jpg

おんな船頭

女性の船頭さんがこぐ舟に乗ったのは、旅行参加者の20人ほどでした

21-116  .jpg

舟で巡った人たち

皆さんは、口々に舟に乗り楽しかったと喜んでいた

私はカメラマン、ハナショウブの観察と皆さんの撮影、会長さんは辛いです

21-117  .jpg

園内を歩いた女性

妻も舟に乗らず仲間と歩いていた(右端)

21-119  .jpg

撮った写真の羅列です

21-121  .jpg

21-124  .jpg

21-127  .jpg

21-129  .jpg

21-131  .jpg

21-134  .jpg

15年ほど前の写真

当時は「佐原水生植物園」だったと思うが、今は「水郷佐原あやめパーク」です

前方の奥にポプラらしい木が並んでいるが、次の写真では見当たらない

074 (538x403).jpg

皆さんと記念撮影

男性一人が先にバスに戻り不在、私は左端、老人クラブは女性上位です

21-114  .jpg

潮来あやめまつり

時間の都合で「潮来あやめまつり」にするか、「佐原あやめパーク」が良いか

二つに一つの選択、潮来はバス車窓からの観賞にし、佐原を選んだが正解でした

21-001  .jpg

<銚子電鉄ぬれ煎餅>

旅行2日目は、銚子電鉄で犬吠埼駅から銚子駅へ、そしてヤマサ醤油の工場見学

しかし、旅行会社のプランには「ぬれ煎餅」の買物が抜け落ちていた

そこで、銚子電鉄の直売所での買い物を追加、建物の看板も「ぬれ煎餅駅」です

31-111  .jpg

31-114  .jpg

ぬれ煎餅いろいろ

31-119  .jpg

女性たちの買物

まさに飛ぶように売れる「ぬれ煎餅」、その勢いに驚きでした

31-117  .jpg

31-122  .jpg

犬吠埼ホテルにて(写真はネットから拝借)

太平洋が一望できる温泉に入り・宴会、 私は挨拶とカラオケを3

盛り上げるために「河内おとこ節」、ご当地の「大利根月夜」「船頭小唄」を歌った

c02fb8544d0e18f844e7d9226b36148c36b71521[1] (538x398).jpg

次回は、老人会旅行(2)<犬吠埼~銚子~佐原>を紹介します

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(67)  コメント(7) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | -