So-net無料ブログ作成
検索選択
北陸の旅 ブログトップ

越前加賀旅行記(9)<永平寺その2> [北陸の旅]

越前加賀旅行記(9)

<永平寺 その2>

8回に分け綴った「越前加賀旅行記」もこの記事が終回です、何よりも良かったのは

快晴の日が3日間も続く幸運に恵まれ、充実した旅を続けられた事でしょう

何処かへ連れて行ってと頼まれ、能登半島一周を考えたが高齢の姉妹には道中が長く

急きょ越前加賀旅行に変更、姉から良い旅でしたと感謝され、添乗員も満足です

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<添乗員旅行:11月6日>

<永平寺拝観>

法 堂

天保14年(1843)に改築された法堂、七堂伽藍の中で最も高い場所に建つ

道元禅師の説法道場で、朝のお勤めなどや各種法要が行われる

A11-06-71 160.jpg

法堂内部

中央に本尊の聖観音菩薩を祀る、階段下の左右には阿吽の白獅子が置かれている

 A11-06-71 180.jpg

法堂からの眺め

堂の前庭を飾る美しいモミジ、訪れた時期も良く好天気に感謝です

A11-06-71 197.jpg

A11-06-71 195.jpg

法堂の前から山門など伽藍を展望する

A11-06-71 200.jpg

法堂の前を歩くのは欧米系の観光客、永平寺は外国人も多い

 A11-06-71 188.jpg

ひと休みをする姉妹

姉妹たちは、法堂の前に置かれた長椅子に座り、景色を愛でながら休憩です

 A11-06-71 166xxx.jpg

仏 殿

二層屋根の重厚な建物、七堂伽藍の中心に位置し永平寺の本尊釈迦牟尼仏を祀っている

右隅に座っているカメラマンの声が大きい、前記事の僧堂と同じ人物です

a11-06-71 208.jpg

仏殿内部

須弥壇の中央に永平寺の本尊釈迦牟尼仏を安置、両側に脇侍を祀る

三体の仏像は、左から過去・現在・未来になっている

A11-06-71 204.jpg

山 門

寛延2年(1749)に再建された、永平寺の最古の建造物

三解脱門とも呼ばれ仏の世界に入る門と言う、両脇に四天王像を安置している

A11-06-71 225.jpg

仏教の守護神四天王

(左)増長天  (右)広目天

A11-06-71 212.jpg

(左)多聞天  (右)持国天

A11-06-71 215.jpg

浴室(風呂)

入浴は静寂の中で厳粛に行われる、水を大切に使い身も心も清める修行です

A11-06-71 227.jpg

鐘楼堂

大梵鐘は1日に朝・昼・夕・夜の4回修行僧によって撞かれる、除夜の鐘で有名

A11-06-71 231.jpg

報恩搭(納経搭)

A11-06-71 244.jpg

参道に出て

境内の報恩搭、舎利殿を撮影し、永平寺の拝観は終了です

A11-06-71 248.jpg

門前蕎麦「一休」

永平寺の門前でドライバーさんの出迎えを受け、推奨された門前蕎麦店で昼食

ソースカツが旨い店だとの宣伝文句につられ迷わず注文

A11-06-71 301.jpg

(左)姉妹たち (右)私とドライバーはソースカツ定食(いい味でした)

CIMG5952 (314x236).jpg CIMG5953 (314x236).jpg

福井城のお濠端

ドライバーさんの好意で福井城を半周、桜の紅葉が美しく下車をし撮影した

A11-06-71 321.jpg

福井駅の駅舎は恐竜の絵、駅前には動く恐竜を数体を展示し恐竜博物館の状態です

私たち全員は事情があって、東京に戻らず揃って大阪に向かった

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

越前加賀旅行記、長い記事になりましたが、ご覧頂き有り難うございました

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(72)  コメント(16) 
共通テーマ:旅行

越前加賀旅行記(8)<永平寺・その1> [北陸の旅]

越前加賀旅行記(8)

<永平寺 その1>

北陸本線武生駅からスタートした今回の旅行、越前加賀の観光名所を順に巡ったが

旅の締めに選んだのは「永平寺参拝」、姉妹も私たちも一度訪れているが

それは20年ほど前のこと、当時は永平寺の参道商店街まで電車が走っていた

昔と変わらないとは言え、年を重ねた私には永平寺のすべてが新鮮に見えた

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<添乗員旅行:11月6日>

<曹洞宗大本山 永平寺>

永平寺は、寛元2年(1244)に道元禅師によって開かれた座禅修行の道場です

境内を三方を山に囲まれた深山幽谷の地に堂塔が立ち並んでいる

現在は曹洞宗の大本山として、僧侶の育成と壇信徒などの信仰の場である

A11-06-71 111.jpg

晩秋の参道

木漏れ日が美しい参道、前方を歩く3人は姉妹です

A11-06-71 117.jpg

吉祥閣

通用門で拝観受付けを済ませ永平寺の境内へ、吉祥閣の広間で

若い修行僧から永平寺の説明と注意事項などを聞き、順路に従い拝観に向かう

A11-06-71 122.jpg

傘松閣

絵天井の大広間と呼ばれている156畳敷きの部屋

1階の部屋と共に、参拝者の研修・宿泊などに使用される

A11-06-71 125.jpg

天井絵

昭和5年当時の著名な画家が描いた、花や鳥を中心にした230枚の色彩画です

A11-06-71 128.jpg

山 門

永平寺の回廊を時計回りに巡回、山門は次回の記事で紹介します

A11-06-71 137.jpg

山門から仏殿へ

A11-06-71 131.jpg

仏 殿(右)

A11-06-71 140.jpg

法 堂(奥の建物)

A11-06-71 143.jpg

僧 堂

座禅・食事・就寝に至るまでの根本道場、修行僧の撮影は禁止

静かに拝観の注意を受けが、カメラマン男女が大声で話していた・・喝!

A11-06-71 147.jpg

仏殿の前庭

A11-06-71 150.jpg

廻廊の階段

姉妹たちが前方の階段を上がって行く

A11-06-71 154.jpg

承陽殿

永平寺の開山道元禅師の霊廟(墓)、曹洞宗の発祥の聖地と呼ばれる場所

廻廊の階段の途中から撮影、次に続きます

A11-06-71 158.jpg

承陽殿の前

上の写真と同じ門を承陽殿の前から撮影、霊廟内の撮影は控えた

A11-06-71 171.jpg

A11-06-71 175.jpg

承陽殿の前庭

A11-06-71 177.jpg

法堂前の紅葉(1)

永平寺で最も高い場所に建つ法堂、見事な紅葉です

A11-06-71 164.jpg

A11-06-71 168.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、越前加賀旅行記(9)<永平寺その2>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(84)  コメント(27) 
共通テーマ:旅行

越前加賀旅行記(7)<越前竹人形の里> [北陸の旅]

越前加賀旅行記(7)

<越前竹人形の里>

旅の3日目(最終日)は、加賀温泉郷の山中温泉から山を越えて越前福井県へ

目的は永平寺ですが、その途中にある越前竹人形の里に立ち寄った

日本人は、竹籠・竹ほうき・行灯・団扇など、昔から竹を細工し上手に利用した

「越前竹人形の里」の創作品は、まさに手先が器用な日本人の芸術作品です

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

昨年11月初めの添乗員旅行記、足掛け2年の記事になりました

<添乗員旅行:11月6日>

<創作竹人形館>

豊かな竹林に囲まれた「竹人形の里」、晩秋とは思えない美しい眺めです

10年前に訪れた時の印象が良かったので、姉妹たちを案内した

A11-06-31 111.jpg

竹人形工房入口

姉妹たちをこの門の前で記念撮影、これも添乗員の仕事です

A11-06-31 114.jpg

竹人形工房

翌年の干支「申」の竹人形を作っていた

A11-06-31 131.jpg

工房の欄間

欄間の細工も、竹をあしらっている

A11-06-31 149.jpg

竹の種類

竹の上下に付いた模様(矢印)は、雷が落ちた時にできたと説明を受けた

A11-06-31 121xxx.jpg

竹の花

ほとんど見る事ができない竹の花、作業をしている人に教えられた

A11-06-31 127.jpg

竹細工の作業(1)

真竹(まだけ)を使用し、竹筒を0.2mm以下まで割き続けて髪のように細くする

真竹の見分け方は節の線が二重、孟宗竹は一重だと聞いた

A11-06-31 137.jpg

竹細工の作業(2)

女の命といわれる髪(矢印)、美しい人形が出来上がります

A11-06-31 133xxx.jpg

天眼鏡で拡大

1体の人形に、約5,000本から7,000本ほど植えつけると言う

A11-06-31 140xxx.jpg

竹細工のカブトムシ

A11-06-31 146.jpg

よさこい踊りの竹人形

A11-06-51 154.jpg

創作竹人形館

竹人形の創作美術館、見事な作品を少し撮影させて貰った

解説を書く知識がないため、撮った写真を羅列します

A11-06-51 168.jpg

作品「花 魁」

A11-06-31 143.jpg

作品「笹鳴り」

竹人形の里の代表作、襟元は竹筒を三重に重ね着物に竹模様を描いています

A11-06-51 164.jpg

 アングルが悪いので(上の写真)、福井県観光課の写真を借用した

picture1sel_6encbm8suod24lhmt6n0sufue3_20120926100859[1] (538x426).jpg

作品「経 政」

A11-06-51 157.jpg

作品「しだれ桜」

A11-06-51 169.jpg

作品「遊 里」

A11-06-51 174 (315x419).jpg A11-06-51 171 (312x419).jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、越前加賀旅行記(7)<永平寺・その1>を紹介します

------------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(84)  コメント(21) 
共通テーマ:旅行

越前加賀旅行記(6)<加賀温泉郷 山中温泉> [北陸の旅]

越前加賀旅行記(6)

<加賀温泉郷 山中温泉>

加賀温泉郷には粟津・片山津、山代温泉もあるが、私が選んだ2日目の宿は山中温泉

温泉街の散策と外湯、そして3日目のアクセスの良さが、その理由です

日の暮れるのが早い晩秋、予定した時間より少し遅れ午後2時過ぎに旅館に到着

しばらく休息をしてから、鶴仙峡、ゆげ街道、温泉街、山中座などを散策した

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<添乗員旅行:11月5日・6日>

<山中温泉ぶら散歩>

旅館・白鷺湯たわらや

創業800年の老舗旅館、温泉街の散策に便利なのが選んだ理由です

宿泊費も予算内でリーズナブル、料理も美味しい旅館でした

A11-05-61 111.jpg

ロビーから見た眺め

A11-05-61 115.jpg

鶴仙峡を歩く

温泉街を散策する予定が、鶴仙峡を歩こうと急階段を下りて遊歩道へ

CIMG5745 SA (538x404).jpg

A11-05-61 123.jpg

約500m歩くと目的の橋

置き石に支えられた橋、設計通りの石なのかは不明?

A11-05-61 128.jpg

あやとり橋

勅使河原宏氏がデザインしたユニークな橋、あやとり橋の名も良い

A11-05-61 132.jpg

あやとり橋から鶴仙峡

10年前に、あやとり橋からこおろぎ橋まで鶴仙峡を歩いた事がある

A11-05-61 135.jpg

ゆげ街道

山中漆器、九谷焼、土産物店が建ちならぶ雰囲気の良い街道

午後4時を過ぎ観光客が少ない中、隣の国のツアー客が買い物をしていた

A11-05-61 141.jpg

菊の湯と山中座

ゆげ街道の中心は、山中座と山中温泉の湯元「菊の湯」

姉妹たちが、菊の湯に入りたいと言うので入湯、足湯も有り源泉が飲める

A11-05-61 150.jpg

菊の湯(おとこ湯)

奈良時代の高僧行基が1,300年前に発見、以来浴場の場所が一度も変わった事がない

昭和の初めまで旅館には内湯がなく浴客はこの湯に入っていた、私も入湯する

A11-05-61 144.jpg

湯上り美人??

菊の湯(左)、山中座(右)、山中座のロビーで買った土産を持ち旅館へ

A11-05-61 151xxx.jpg

山中座 舞台と客席

山中の芸能が観賞できるホール、総湯「菊の湯」、旅館の内湯とロビー

そして温泉街を走るバスなどからも、山中節が流れてくる徹底ぶりでした

A11-05-61 157.jpg

格天井(山中座のロビー)

山中座のロビー天井は、山中漆器の粋を極めた豪華な蒔絵の格天井です

A11-05-61 159.jpg

旅館のロビー(3日目の朝)

翌朝(11月6日)、旅館の支払いを済ませ姉妹たちが集まる前にコーヒータイム

A11-05-61 165.jpg

こおろぎ橋

山中温泉の名勝地「こおろぎ橋」、妹が蟋蟀の漢字を見て驚いていた

10年前は橋まで車で行けたが、今は一般車は通行止め、国道から歩いて下りる

 A11-06-11 111.jpg

こおろぎ橋の碑

松尾芭蕉、竹下夢二など多くの文人墨客が訪れたようだ

A11-06-11 122.jpg

鶴仙峡から

A11-06-11 125.jpg

栢野の大杉

山を越え越前福井へ行く前に、菅原神社の大杉を見に途中下車

 A11-06-21 111.jpg

天覧の大杉

昭和22年10月、昭和天皇がこの地を行幸された時に立ち寄られた

樹齢2,300年、幹回り11.5m、樹高約55m  天然記念物の大杉です

A11-06-21 117.jpg

妻がモデルです

A11-06-21 124.jpg

山を越え福井市へ

旅行3日目、次の目的地は越前竹人形の里と永平寺です

A11-06-21 131.jpg

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、「2015年を振り返る」を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(76)  コメント(15) 
共通テーマ:旅行

越前加賀旅行記(5)<名勝庭園 那谷寺> [北陸の旅]

越前加賀旅行記(5)

<名勝庭園 那谷寺>

今回の越前加賀旅行、姉妹たちは数十年前に永平寺、東尋坊には訪れているが

それ以外の観光地は初めて、その中で「那谷寺は必見の寺」だと知らせていた

旅行日を11月上旬に決めたのが良かったのか、名勝指定園に指定されている境内は

紅葉が見ごろを迎え、皆さんに良い所に連れて来てもらったと喜ばれた

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<添乗員旅行:11月5日>

<那谷寺(なたでら)>

観音霊刹 白生山那谷寺

那谷寺は白山信仰の寺で、養老元年(717)に大徳泰澄神融禅師によって開創された

1,300年の歴史のある古刹です、南北朝の争いなどで2度焼き尽くされたが

加賀藩主前田利常によって再建、境内全体が庭園(国名勝指定園)になっている

A11-05-51 111.jpg

那谷寺 山門

A11-05-51 119.jpg

参道を行く

樹林に覆われ苔むした境内、苔の写真も撮ったが蔵入りです

A11-05-51 125.jpg

紅葉の境内

樹林の参道を抜けると、景色は一変し紅葉が美しい境内です

A11-05-51 131.jpg

A11-05-51 138.jpg

奇岩遊仙境

観音浄土を思わせる天然公園の遊仙境、太古の噴火活動の跡と伝えられ

長い年月の間、波や風雪に洗われ今日の奇岩が形成されたと言う

 A11-05-51 144.jpg

A11-05-51 141.jpg

本殿・大悲閣

岩窟の中腹に建てられた、四棟舞台造りの大悲閣、本殿は岩窟内に有り

厨子に本尊の「十一面観音菩薩」が安置されている

A11-05-51 147.jpg

拝殿の彫刻

A11-05-51 150.jpg

拝殿の舞台から

A11-05-51 154.jpg

色づき始めのモミジ(撮影日:11月5日)

A11-05-51 152.jpg

鎮守堂から展望

白山妙裡大権現を祀る山上鎮守堂から、奇岩遊仙境を展望

A11-05-51 160.jpg

展望台の姉妹(右の3人)

A11-05-51 167.jpg

山上鎮守堂から奇岩遊仙境 2点

A11-05-51 170.jpg

A11-05-51 174.jpg

金堂・華王殿

十一面観音菩薩立像(約10m)を祀る金堂、見事な仏像でした

A11-05-51 177.jpg

庫裡書院と庭園(特別拝観)

大悲閣から書院(重要文化財)と名勝庭園へ、雪吊りが行われていた

 A11-05-51 187.jpg

三尊石琉美園

阿弥陀三尊のような自然大岩壁を中心に深山幽谷をあらわした庭園です

 A11-05-51 190.jpg

苔におおわれた庭園 2点

A11-05-51 181.jpg

A11-05-51 184.jpg

那谷寺(石川県加賀市)を後にして、この日の宿「山中温泉」に向かう

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、越前加賀旅行記(6)<加賀温泉郷 山中温泉>を紹介します

------------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(85)  コメント(22) 
共通テーマ:旅行

越前加賀旅行記(4)<東尋坊など> [北陸の旅]

越前加賀旅行記(4)

<東尋坊など>

旅行の良否は、旅行当日の天気により大きく影響を受けることが多い

私たちも10年前、晩秋の越前・能登半島旅行では大荒れに見舞われた経験がある

好天気を味方につけるのは時の運であろうが、幸い今回の旅行は3日間とも快晴

旅行前日の午前中は雨、旅行後は翌日から下り坂、その中間は最高の旅行日よりでした

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<添乗員旅行:11月4日>

<名勝 東尋坊>

断崖絶壁が延々と約1km続く柱状節理の東尋坊、越前加賀国定公園にある

越前海岸を代表する景勝地、国の名勝、天然記念物に指定されている

朝9時前に着いたので観光客は少ないが、隣の国から来るツアーも多いと言う

A11-05-11 111.jpg

静かな東尋坊

東尋坊の景観は、岸壁に打ち寄せ砕け散る日本海の荒波を想像するが

この日は吹く風も弱く白い波柱も見えない、穏やかな日本海でした

A11-05-11 120.jpg

TVドラマの撮影場所

タクシードライバーの説明では、写真の岸壁で2時間ドラマを撮影するそうだ

A11-05-11 117.jpg

遊覧船の発着

東尋坊~雄島の周遊コース、穏やかな海で遊覧には丁度良い

A11-05-11 126.jpg

断崖に立つ姉妹

妻の姉妹たちは高所恐怖症には関係なし、足場が悪い場所も平気でした

A11-05-11 129.jpg

コマーシャル撮影

聞くと、日世コーンの新しいキャラクタの撮影です

A11-05-11 132.jpg

東尋坊から雄島を望む

波のない日本海、これでは琵琶湖と同じだと苦情を言った観光客がいたと言う

A11-05-11 147.jpg

神の島 雄島

磯の香りを感じながら、朱塗りの橋(224m)を渡ると大湊神社が有る

雄島は心霊スポットとしても知られ、島の道を反時計方向に歩くと災いが有るという

A11-05-21 111.jpg

添乗員(旗は持っていません)

雄島は東尋坊と同じ柱状節理の島、皆さんと橋を渡ることにした

A11-05-21 120.jpg

大湊神社の鳥居

源義経が落ち延びる際に立ち寄り、家臣の兜を奉納したと伝えられている

また朝倉義景のもとに身を寄せていた、明智光秀が訪れ漢詩を詠んだ話も残っている

A11-05-21 132.jpg

<北潟湖展望>

北潟湖から白山連峰を見渡せる「福井ふるさと百景ビューポイント」

ドライバーさんに、冠雪した白山を見たいと依頼すると、風羽里展望台に案内された

A11-05-31 111.jpg

白山連峰

暖かい日で霞んでいるが、見れただけでラッキーでした

A11-05-31 118.jpg

風羽里展望台

風羽里には風力発電機が10基、施工前の説明と違い回転音でもめているそうだ

A11-05-31 122.jpg

<吉崎御坊>

史跡 吉崎御坊跡

比叡山延暦寺などから迫害を受け、京都から逃れた「本願寺8世蓮如上人」が

浄土真宗布教の拠点として吉崎山に建立、北陸を中心に多くの門徒が集まり発展した

A11-05-41 111.jpg

蓮如上人象

A11-05-41 114.jpg

北潟湖から日本海

小高い山の向こう側は大聖寺川の河口、北潟湖は喫水湖です

A11-05-41 124.jpg 

本願寺吉崎西別院

吉崎御坊の跡地から階段を下りると、本願寺吉崎西別院がある

静かな佇まいの別院です、大谷派吉崎別院も有ったが立ち寄らず

A11-05-41 134.jpg

西別院本堂 参拝

A11-05-41 137.jpg

吉崎寺の像

蓮如上人の弟子となり所領を寄進した大家彦左衛門、吉崎山の僧坊が出火したとき

逃げない上人を背負い避難、現在の吉崎寺の住職婦人に説明を聞き美術品を拝観する

A11-05-41 144.jpg

越前から加賀へ

県境を越え石川県の加賀市へ、吉崎は両県にまたがっている

A11-05-41 151.jpg

---------------------------------------------------------------------------------------

越前加賀旅行記(5)<那谷寺>を紹介します

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(73)  コメント(17) 
共通テーマ:旅行

越前加賀旅行記(3)<一乗谷朝倉氏遺跡> [北陸の旅]

越前加賀旅行記(3)

<一乗谷朝倉氏遺跡>

今回の旅行は、越前和紙の里、東尋坊、那谷寺、竹人形の里、永平寺などの名所巡り

しかし、私が選んだもう一つは発掘中の特別史跡「一乗谷朝倉氏遺跡」です

歴史に関心が低い姉妹たちに、朝倉義景のことを聞くと知っていたのは姉一人

栄華から滅亡を道をたどった歴史、姉妹たちもその悲劇に関心を持ってもらえた

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<添乗員旅行:11月4日>

<朝倉義景屋敷跡>

重要文化財「唐門」

応仁の乱(1467)の活躍により台頭した朝倉氏は、一乗谷に本拠を移し

主家の斯波氏を追放、以来5代103年間にわたり栄華の時代を築いたが

織田信長との戦いに破れ滅亡、広大な城下町は焼き討ちに会い灰燼に帰した

A11-04-41 117.jpg

A11-04-41 114.jpg

朝倉義景の館跡

義景館跡では、諏訪館跡庭園(義景の妻の館)、湯殿跡庭園(高台の庭園)

南陽寺跡庭園(将軍足利義昭を招いた庭園)などが発掘されている

A11-04-41 126.jpg

A11-04-41 127.jpg

唐門から城下

神社仏閣、武家屋敷、町屋などの発掘調査を福井県が続けている

A11-04-41 130.jpg

主家の滅亡は、武家、町屋の婦女・子供たちも、生きる道を奪われ深刻事態を

迎えた事であろう迫害・逃亡・殺戮・自害・・人の哀れを感じる

A11-04-41 136.jpg

<復元した町並>

土塀に囲まれた重臣の屋敷が右側に並び、道路をはさんで武家屋敷や庶民の町屋が

形成されている、復元された町並はこの一角のみだが発掘している区域は実に広い

A11-04-41 166.jpg

武家屋敷の内側

敷地の段差ごとに、重臣の屋敷が分かれていたと思われる

A11-04-41 168.jpg

越前朝倉 夢舞台

陽光を浴び輝くように美しい紅葉が、栄華の時代を象徴しているのであろうか

係りの人に聞くと樹木はヤマモミジと言う、心を奪われる眺めでした

A11-04-41 151.jpg

A11-04-41 161.jpg

妻が撮った写真

別の地区では大甕を並べた紺屋、数珠屋、鋳物師、刀研ぎ師など職人の家や

坪庭のある医者の家なども、多数並んでいたと言う

A11-04-41 164.jpg

ツアー旅行客

発掘現場からは、繁栄を物語る様々な調度品や生活用具、職人の道具などが出土

ツアー客には、ボランティアガイドが説明をしていた

A11-04-41 147.jpg

スナップ写真を2点

A11-04-41 144 (314x235).jpg A11-04-41 143 (314x236).jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<民宿ちひろ>

越前三国港に近い民宿を予約、高級料理旅館「望洋楼」の姉妹店

越前カニの解禁は2日後の11月6日から、民宿らしい料理を期待したがやや不満

A11-04-61 111.jpg

部屋から東尋坊

望洋楼(海側)に宿泊した時は、東尋坊から歩いて帰ったが約20分でした

源泉かけ流しの貸切り風呂が三つ、望洋楼から引いているのでしょう

A11-04-61 117.jpg

日本海に沈む夕日

民宿ちひろの部屋からも眺められるが、姉妹たちを誘い屋外へ

穏やかな日本海に沈む夕陽、美しい眺めに大満足です

A11-04-61 131.jpg

A11-04-61 136.jpg

A11-04-61 139.jpg

翌朝の食事処

日本海を眺めながら朝食を頂いた、前の建物は望洋楼です

A11-04-61 151.jpg

ウミウ(海鵜)の群れ

ウミウも朝の食事中、餌の捕獲に10秒以上潜っていた

A11-04-61 154.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、越前加賀旅行記(4)<東尋坊>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(70)  コメント(17) 
共通テーマ:旅行

越前加賀旅行記(2)<越前福井を巡る> [北陸の旅]

越前加賀旅行記(2)

<越前福井を巡る>

今回の旅行は、11月4日から6日までの3日間、その間に昭和記念公園の紅葉や

自治会関連の行事などを優先させたので、約ひと月半も記事のアップが遅れた

旅行中に撮った写真は500枚以上、ようやく整理を終え行先ごとに分類すると

記事の数は10回分、このままでは年を越しそうですが、マイペースで続けます

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<添乗員旅行:11月4日>

<岡太神社・大瀧神社>

和紙の里で紙漉き体験をした後は、五箇地区にある越前和紙ゆかりの神社へ

社殿には二つの神社の祭神を祀っているが、その説明は長くなるので省略

目的は、紙祖神・岡太神社(おかもとじんじゃ)でした

A11-04-31 114.jpg

境内から神門

鬱蒼とした樹木に覆われた境内、神門の両側には廻廊を巡らせ

拝殿、社殿を囲んでいる、想像していた以上の重厚な神社でした

A11-04-31 119.jpg

神門から拝殿

A11-04-31 123.jpg

拝殿と社殿

普通の神社は、拝殿と社殿をそれぞれ独立して建てられているが

当神社の説明によれば、一間社流造り本殿の屋根を入母屋造りの拝殿に連結して

葺きおろした複合社殿と記載、国の重要文化財の指定を受けている

A11-04-31 125.jpg

神社の扁額

岡太神社、大瀧神社名を併記している

A11-04-31 127.jpg

紙祖神・川上御前

今から1500年ほど前、岡太川の上流に美しい女性があらわれ「この村里は谷あいで田畑がすくなく暮らしにくいところです。しかし水清らかな谷川と、緑深い山々に恵まれています。紙漉きを生業とすれば生活も楽になでしょう」と。紙の漉き方を教えてくれたと言う。  里人が「どなたさまですか」とたずねると「岡太川の川上に住むもの」と答え立ち去った、以来里の人たちは、この美しい女性を川上御前と崇め、紙祖神として岡太神社に祀った。

A11-04-31 131.jpg

<ドライブ途中で>

タクシーの車窓から撮った写真を2点、柿の木が多い

A11-04-31 141.jpg

A11-04-31 154.jpg

一乗谷朝倉氏遺跡

和紙の里から丸岡城に向かう途中に立ち寄ったが、その記事は次回です

A11-04-41 111.jpg

<越前丸岡城>

丸岡城は、北ノ庄の城主柴田勝家の甥・柴田勝豊が、天正4年(1576)に築城

以来、青山氏、本多氏、有馬氏など、明治維新まで18代の城主の居城であった

短い手紙で有名は「一筆啓上火の用心・・」と言えば、思い出す方も多いでしょう

A11-04-51 111.jpg

丸岡城の構造

丸岡城は、現存する天守閣の中で最も古い建築、姫路城などのように芯柱はなく

一層が二階三階を支える構造になっている、国宝に指定されていたが

昭和23年の福井大震災により倒壊。現在は国の重要文化財の指定をうけている

A11-04-51 114.jpg

天守閣前の石段

15年ほど前に上がったが、天守閣の階段は石段より更に急角度になっている

今回は高齢の姉妹たちと一緒、下から見上げるだけで断念した

A11-04-51 120.jpg

「一筆啓上」の書簡碑

「一筆啓上、火の用心、お仙泣かすな、馬肥せ」

徳川家康の功臣、鬼の作佐「本多作左衛門」が陣中から妻にあて出した書簡です

A11-04-51 123.jpg

「一筆啓上」の解説

ドライバーと妻の姉妹に、次のように解説をした、火の用心「城の守りを頼むぞ」

お仙泣かすな「嫡子の教育を任した」、馬肥やせ「戦への備えを怠るな」

A11-04-51 125.jpg

石製しゃち(鯱)

天守閣の屋根は石瓦、鯱も石で造った時期が有ったが福井大震災で落下した

A11-04-51 135.jpg

A11-04-51 138.jpg

お静慰霊碑

丸岡城の築城で人柱になった、お静の慰霊碑です

A11-04-51 142.jpg 

アメリカカエデの道

越前三国港に向かう道のカエデが美しいと、ドライバーが遠回りをしてくれた

A11-04-51 151.jpg

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、越前加賀旅行記(3)<一乗谷朝倉氏遺跡>を紹介します

------------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(78)  コメント(16) 
共通テーマ:旅行

越前加賀旅行記<越前和紙の里> [北陸の旅]

越前加賀旅行記

<越前和紙の里>

毎年続けている、妻の4姉妹を案内する添乗員旅行、数えてみると今回で13回目

頼まれると断れない性格で長く続けているが、平均年齢77歳以上のご婦人を

高齢の私がガイドする高々齢者旅行、12回も続けていると旅行先の選択に困る

今回選んだのは福井県を中心にした、越前加賀の歴史を辿る2泊3日の旅行です

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

<添乗員旅行:11月4日>

<越前福井へ>

新幹線の富士川鉄橋から撮影、この日の朝、立川市内から見た山梨県側の富士山は

山頂付近が冠雪していたが、静岡県側はこのような状態でした

A11-04-11 114.jpg

北陸本線武生駅

今回は大阪の姉が所用で参加できず4名の旅、観光タクシーを3日間予約した

西宮からくる姉と武生駅で待ち合わせをし、添乗員旅行のスタートです

A11-04-21 111.jpg

<紙漉き体験>

予約せずに訪れても、すぐに和紙漉きができる施設「ハピルス館」

世界にたった一枚の和紙づくり体験をして貰うため、姉妹たちを最初に案内した

A11-04-21 114.jpg

白無垢と打掛け

ハピルス館に入ると正面に、越前和紙を使用したこの作品を展示

越前和紙戦国衣装コンクールで大賞を受賞した作品、まさに芸術品です

A11-04-21 133.jpg

A11-04-21 136.jpg

手漉き体験品

うちわ、色紙、名刺、コースターなど、私たちは「はがき」を選ぶ

A11-04-21 140.jpg

手漉きをする姉妹たち

原料に楮(こうぞ)を使い、ネリを使う「流し漉き」技法を応用

スタッフがレクチャーしてくれるので、誰でも簡単に和紙づくりが出来る

A11-04-21 117.jpg

妻の作品です

押し花や切り紙を使い、好みのデザインの和紙漉きをする

A11-04-21 120.jpg

私の漉いた和紙

我ながらセンスが悪い、ハガキに使うのも難しいようだが

今回参加できなかった妻の姉と、神戸に住む私の姉にプレゼントした

A11-04-21 124.jpg

押し花と切り紙

A11-04-21 127.jpg

楮(こうぞ)

A11-04-21 130.jpg

<和紙の里通り>

ハピルス館の前から続く、約200mの美しい里の道

和紙の里「五箇地区」のメイン通りであろうか、歩きたくなる通りです

A11-04-21 153.jpg

通りを散策

タクシードライバーに、通りの先で待つように頼み散策をした

A11-04-21 151.jpg

A11-04-21 160.jpg

瓜立の工芸館

紙漉きの工程を一つの工房内で再現した工芸館

越前和紙のすべてが分かる「紙の文化博物館」も有るが、時間不足で入館せず

A11-04-21 162.jpg

五箇地区の案内板

紙漉きの里「五箇地区」、和紙業者が軒を連ねる町が有るが行けずに残念

A11-04-21 157.jpg 

A11-04-21 159.jpg

次の目的地へ

前方のイチョウが美しい所まで少し散歩、その記事は次回にアップします

A11-04-31 111.jpg

----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、越前加賀旅行記(2)<越前福井を巡る>を紹介します

---------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(83)  コメント(21) 
共通テーマ:旅行
北陸の旅 ブログトップ