So-net無料ブログ作成
地元にて ブログトップ
前の10件 | -

婦人会の舞踊特集 [地元にて]

婦人会の舞踊特集

地元自治会の会員には有力者が多い、清水市長の後援会長を務める地元の長老

立川市会議員20年の有力者、立川市自治会連合会の会長など著名な方も会員ですが

その中でも、立川市内に多くの弟子を持つ日本舞踊の師匠(先生)も同じ自治会

そして老人会の会員です、今回は舞踊で活躍されているご婦人たちを記事にした

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<ふれあい祭り>

こぶし会館

こぶし会館は地元に有る立川市の公民館、運営委員会が会館の運営に当たっている

私も委員の一人として2年間を務めたが、最大の行事は会館のふれあい祭り            自治会、老人会の皆さんが中心になり、ふれあい祭りを盛り上げている

A05-23 154.jpg

着物姿で舞う女性は特に美しい

A05-23 175.jpg

A05-23 165.jpg

<立老連芸能発表会>

立川市柴崎福祉会館                            毎年、立川市の老人クラブ連合会が行なっている芸能発表会                踊りの会のご婦人たちに出演して頂いたが、他の老人会は1組のみのなか                                              地元の老人会(七寿会)は午前・午後に2組、踊りの美しさもピカイチです

A07-06-111.jpg

CIMG0612 (538x403).jpg

<会場の様子>                                 手前のテーブルに座っているのは、同じ老人会の皆さんです               出演者、参加者、老人会役員など21名の皆さんに、弁当、飲み物を用意します

A07-06-114.jpg

<出番を待つ二人>                              断りを入れてうしろ姿を撮影、踊りの順番を待っています

A07-06-117.jpg

<踊りを終えて>                               午前中に踊り終えた女性、着替えを済ませています

A07-06-120.jpg

<津軽三味線奏者>                             この日、ただ一人の若者でした、3曲を演奏した

A07-06-123.jpg

<立川の夏祭り>

<自治会の盆踊り>                               毎年7月末に実施している自治会の夏祭り、地域の自治会では最も規模が大きく          盆踊りは、途中休憩を含めて7時から9時まで、踊りの輪が二重です

CIMG3555 (538x404).jpg

<立川よいと祭り>

民踊舞踊連合会、JA東京みどり立川、老人クラブ女性部、3団体が民踊流し            地元の婦人会の皆さんは、それぞれ3団体の踊り別れて参加します

CIMG0874 (538x404).jpg

<敬老と踊りの集い>

こぶし会館                                 この記事で紹介した、ふれあい祭り・立老連芸能発表会・盆踊りなど               すべての行事に地元の婦人たちが参加、その指導をしている先生(師匠)が会主として     「敬老と踊りの集い」を開催、三部構成で35演目、お弁当と土産も頂戴した

しとやかな踊りを披露しているが、普段は活発な女性です

CIMG0921 (538x405).jpg                                    自治会、老人会で知りあった人が多いが、このお二人も同じです

CIMG0937 (538x397).jpg                                 今年は自治会の理事、この方からも夏祭りの協力を依頼され応援をした

CIMG0932 (538x408).jpg                                      隣り町の女性、老人会の交流会でも一緒です

CIMG0939 (538x404).jpg                               さすがに名取りの二人、息の合った美しい踊りでした

CIMG0956 (538x397).jpg                                 民踊会の中心的な女性、勿論名取りで踊りも美しい

CIMG0961 (538x407).jpg

<踊りの会の会主>

多くの弟子を持つ舞踊の師匠(先生)が、踊りの会の最初と締めに踊りを披露            今年91歳を迎えられたが、益々お元気です

CIMG0976 (538x409).jpg

次回は、額縁写真集の蔵出しです

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(57)  コメント(12) 
共通テーマ:旅行

夏祭りと神輿 [地元にて]

夏祭りと神輿

立川市砂川の阿豆佐味天神社では、今年も9月17日に秋の例大祭が行なわれ

自治会が所有する神輿が、砂川地区西端の砂川十番から五日市街道を約5km巡行し

阿豆佐味天神社まで渡御をする、自治会の夏祭りでも町内を神輿巡行しているので

ひと月以上も出し遅れの記事ですが、神輿を中心に紹介することにしました

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<七番組夏祭り>

夏祭りの会場

毎年、双葉幼稚園のグランドを拝借し自治会の夏祭りを行っているが               砂川地区内では七番組自治会に匹敵する規模の夏祭りは他には少ない

自治会は来年創立60周年を迎え、記念式典・祝宴の開催準備を開始する

A07-22-107.jpg

立川市長の訪問

前列中央が清水市長、浴衣姿は小田原衆議院議員、左端は萬田自治連会長(地元)        私は後列の左端で、清水市長と小田原議員の挨拶の司会をし、皆さんと記念撮影

清水市長が遊んでいた女の子を呼び寄せ一緒に撮影、撮影は女の子のお母さんでした

A07-22-111.jpg

<神輿巡行>

出発前の儀式

神輿世話人会の会長(神輿の左・自治会の長老)の挨拶の後               神輿巡行の責任者(たすき掛け)の音頭により、お神酒で献杯、いよいよ出発です

白装束の男性は神主さんの代行者、訪問した家(または会社)に御札をお渡しする

A07-23-111.jpg

祭り会場から道路へ

私は自治会長を2年務め退いたが、相談役として会長や理事の補佐をして             夏祭りを指導、会長をしていた方が楽な場面も数多く有った

左端の男性は首から袋を下げているが、御札が中に入っている

A07-23-113.jpg

最初のお渡り所へ

待機をしていた囃子連の車が先導し、最初のお渡り所(接待兼休憩)へ

A07-23-114.jpg

五日市街道を横断

向かうのは2番目のお渡り所、飲食を用意し待機しておられる

A07-23-115.jpg

五日市街道を東へ

多摩モノレールの下を通り3番目のお渡り所へ

A07-23-116.jpg

青信号を待つ神輿

中宿の法被は神輿担ぎの応援、約5時間の神輿巡行のため七番組だけでは不足です

A07-23-118.jpg

自治会の神輿

阿豆佐味天神社の分社「八雲神社」の神霊を祀る、百年以上の伝統が有る神輿です

A07-23-121.jpg

4番目のお渡り所

祖父母、両親の影響で祭り好き、この法被はお婆さんの手作りです             おじいさん、おばあさんとは、自治会、老人会などで深くお付き合いをしている

A07-23-127.jpg

飲食を用意し接待

女性の皆さんが飲食物を用意し接待、奥さんは前夜に稲荷寿司を200個握ったと言う        この日の気温は33度、十分な休憩と水分補給、腹ごしらえが必要です

A07-23-123.jpg

6番目のお渡り所へ

4番、5番を済ませ6番目へ、多摩モノレールを入れて撮影した

A07-23-131.jpg

都道を北へ

6番目のお渡り所はすぐ近くです

A07-23-133.jpg

都道の神輿(6番目)

神輿巡行のお供を続けると10番目まで、ここから夏祭り会場に引き返したが          豚汁を用意しているお渡り所も有り、自治会の担当は食べに行くと言っていた

A07-23-135.jpg

迎え太鼓

迎え太鼓が演奏される中、神輿は5時間の巡行を終えて夏祭り会場へ

A07-23-141.jpg

気力を絞って

中央の女性(白い服)は、昨年まで自治会員、引っ越し先の遠い岡山から里帰り        盆踊りのレコード掛けと放送・司会も担当して貰っている

A07-23-143.jpg

無事に帰着

3~4度押し戻されて無事に帰着、病人・怪我人が出なかったのが幸いでした

A07-23-145.jpg

<夏祭りあれこれ>

模擬店と子供たち

午後6時を過ぎると、家族連れが増え模擬店が大繫盛                     焼きそば、フランクフルトの前は長蛇の列、夏祭りは地域に密着しています

A07-23-147.jpg

来客の接待

近隣自治会の会長を招き接待、右側は老人会の女性たちです                  奥の白い服装の女性は妻、多くの方々から頂いた祝儀の花書きを担当して貰った

A07-23-153.jpg

盆踊り

盆踊りの先導と、踊りの見本はは地元民踊会、婦人会の女性たち                    そして、多くの子供たちが踊りに参加、嬉しい限りです

A07-23-150.jpg

子供たちにアイスキャンデー

初日の土曜日は300本、2日目の日曜は200本、午後8時に配布した

A07-23-156.jpg

恒例の松明回し

砂川地区では昔から、お盆の迎え火・送り火に松明を回す習慣が有った              五日市街道沿いの家々が回す松明で、街道が真っ赤に染まったと言う

A07-23-159.jpg

祭り姿の私

この法被を着て、神輿巡行、盆踊りの列に参加(この写真は昨年の撮影です)

老人会の会長として、絵灯篭(40個)、花掛けボードの設置を担当したが           夏祭りの実質的な運営と指導も実施、相談役は来年も続きます

A07-23-171.jpg

次回は、老人会欲張り旅行を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(70)  コメント(16) 
共通テーマ:旅行

老人会バス旅行(4)<しばられ地蔵 南蔵院> [地元にて]

老人会バス旅行(4)

<江戸名所 しばられ地蔵尊>

老人会の善男善女30人を引率した旅行記も終章です、小雨が降る中を出発し

田端の赤紙仁王尊、そして柴又帝釈天、山本亭など葛飾柴又の見どころを巡り

大岡政談で知られる「しばられ地蔵尊」を最後に、この日のバス旅行を終えたが

女性の皆さんたちから、今までにない楽しい旅行でしたと喜んでもらえた

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:6月26日>

<業平山 南蔵院 東泉寺>

宗派:天台宗  本尊:釈迦如来

しばられ地蔵・南蔵院は、柴又帝釈天と同じ葛飾区の水元公園東にある

大岡越前が奉行を務めた南町奉行所はJR有楽町駅付近に有り、江戸郊外の南蔵院から      縄を打った地蔵菩薩を大八車で運ぶのは到底考えられない・・続く

A06-26-61 111.jpg

山門前の石柱

創建当時は、山号の通り業平橋近く(東京スカイツリー辺り)にあり、その後         本所吾妻橋に移ったが、関東大震災後に現在地に移転、吾妻橋からの運搬なら納得です

創建は貞和4年(1348年)、現在の本堂など諸堂は戦後に再建された

A06-26-61 114.jpg

南蔵院の境内

正面の「しばられ地蔵」の前で記念撮影、この写真はお参りが済んだ後です               皆さんは、整った境内でのんびり(椅子に座る人もいる)、背後は水元公園です

A06-26-61 121.jpg

しばられ地蔵尊の由緒

享保年間、呉服問屋越後屋の手代が、南蔵院の前を通りかかったとき、ひと休みしようと    背負っていた反物をお地蔵様の前に置いて休んだところ、うっかり寝込んでしまい      目が覚めた時に大事な反物がなくなっていた、手代はあわてて奉行所に駆け込んだ

A06-26-61 128.jpg

南町奉行の大岡越前は、門前に立ちながら盗人の所業を見逃すとは不届きなり、その地蔵に   縄を打って召し捕って参れと命じ、縄で縛られたお地蔵さまが大八車に乗せられて奉行所へ    その様子を見た江戸市民は、前代未聞の地蔵詮議を見ようと奉行所になだれ込んだ

A06-26-61 131.jpg

大岡越前は門を閉じ、集まった民衆に対し、天下の奉行所をなんと心得る、と              野次馬連中に反物一反の過料を申し渡した、やがて山と積まれた反物の中に           盗品が紛れ込んでいるのが分かり、吟味の末、盗人はお縄となり一見落着した

A06-26-61 134.jpg

しばられ地蔵様

盗難除け、足止め、厄除け、縁結びなどに霊験があると言う

A06-26-61 141.jpg

老人会の女性たち

皆さんは縄を買い求め(1本100円)、順番待ちをしています

A06-26-61 146.jpg

順番待ちが続く

皆さんは何を願ったのか、バスの中でオレオレ詐欺防止になるよと言っておいた

A06-26-61 156.jpg

解き縄入れ

結願すると縄を解きこの樽に収める、初めて訪れたとき縄解きに来た母娘に出会った        また大晦日の夜に縄解き供養が行われるが、新年の到来と共に新しい縄がまかれる

CIMG7278 (538x404).jpg

境内の水琴窟

水琴窟があるよと伝えると、ここでも女性は行列を作っていた(妻の報告)

A06-26-61 161.jpg

水子地蔵

D160 (382x510).jpg

東覚寺の売店を

事前に電話を入れ、アイスどら焼き(小豆、抹茶)を 31個予約                

縄掛け祈願を終え、薄日が差す蒸し暑い境内の、床几などに腰を掛け皆さんは一休み      冷たい菓子で元気を取り戻してもらったが、予告なしのサービスでした

A06-26-61 164 (498x378).jpg

しばられ地蔵の「どらアイス」

A06-26-61 169.jpg

------------------------------------------------------------------------------------

<帝釈天参道 商店街>

記事の順番が後先になりましたが、しばられ地蔵尊に行く前に帝釈天の参道商店街へ             高木屋の駐車場に観光バスを停車し、30分間の買い物タイムです

参道を歩く人が多いように見えるが、月曜日の午後のため閑散とした状態でした

A06-26-51 128.jpg

老人会の女性たち

しかし25名の女性たちが一斉に買い物をすると、ご覧のように賑やかです

A06-26-51 134.jpg

柴又名物「草だんご」

A06-26-51 137.jpg

買い物を済ませて

女性の皆さんは買い物が好き、土産を手に下げて記念撮影です               残りの女性は、まだ買い物中、男性たちは何処に?・・「私(男)はつらいよ」

A06-26-51 141.jpg

皆さんに喜んでもらえた、今回の日帰りバス旅行・・結果良ければすべて良し          次は、秋の1泊旅行の計画と実行、そして奥多摩温泉の日帰り忘年会の準備です

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(75)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

老人会バス旅行(3)<葛飾柴又の寅さん> [地元にて]

老人会バス旅行(3)

<柴又の寅さん>

山田洋次監督の映画「男はつらいよ」は何回続いたのか、フーテンの寅さん役の

渥美清が他界し幕を閉じたが、今も柴又の人たちやフアンの心の中に残っている

今年の3月、柴又駅前に「寅さんの像」に加え「さくらの像」が完成した

映画のワンシーンを再現したような二つの像、今回は寅さんを中心に進めます

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:6月26日>

<柴又駅前の兄と妹>

寅さんを見送る「さくら」

寅さんの実家、菓子舖くるまやのモデルになった高木屋に観光バスを駐車し          皆さんには30分間の買い物タイム、その間を利用し一人で柴又駅前に向かった

月曜日の午後3時前、観光客が少ない日時が幸いし二人の像が撮影できた

A06-26-51 114.jpg

寅さんの銅像

「旅に出るとき、さくらの方を振り返った姿」を、モチーフにした寅さんの像         平成11年に完成してから18年、寅さんの視線の先には・・さくら(次)

A06-26-51 116.jpg

さくらの銅像

柴又を訪れるフアンから、寅さんを見送る「さくら」が、この場所にいて欲しいとの             要望が多く、今年3月25日に序幕、さくらはエプロン姿でサンダル履きです

A06-26-51 117.jpg

台座の文章「ある別れ」 

さくらは失恋して旅に出る寅を見送ることにする 「いいんだよ、忙しいんだろお前」と言いながらも、      その思いやりが身にしみるほど寅は傷ついていた。 駅前でさくらは立ち止まる「それじゃお兄ちゃん     身体に気をつけてね」「あゝ」と 無造作にうなずいて駅舎に向かう、寅の足がふと止まり振り返る       「おい」「なあに」「満男に一生懸命勉強しろと言ってけよ」「うん、わかった」乱暴な口調で言いすてて         スタスタと改札口に向かう寅、さくらは踵を返し秋の終わりを思わせる冷たい風が吹く中を家路につく。

A06-26-51 120.jpg

男はつらいよ「山田洋次筆」

♪♪ 映画のテーマソングが聞こえてきそうです ♪♪

A06-26-51 124.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------

<寅さん記念館>

柴又帝釈天、山本亭へと、葛飾柴又の見どころ巡りも「寅さん記念館」で終了です          狭い区域ですが、それでも30人の高齢者を連れて歩くと時間が掛かる

記事の都合により順序を替えたが、この後は帝釈天の参道商店街で買い物タイムです

A06-26-41 111.jpg

入口の寅さん

「館」の字を取り付ける寅さん、字の上下が分からないのでしょうか

A06-26-41 114.jpg

男はつらいよ「撮影風景」

A06-26-41 117.jpg

往年の名画

松竹を代表する名画「愛染かつら」「君の名は」「東京物語」

A06-26-41 121.jpg

くるま菓子舗の店内

柴又名物「草だんご」、妻が買った土産も草だんごでした

A06-26-41 125.jpg

A06-26-41 129.jpg

店番が居眠り

記念館の中で、最も寅さんに親しみを感じる場面です

A06-26-41 133.jpg

茶の間の様子

賑やかな団らんも、やがて喧嘩が始まる茶の間(大型テレビが再現している)

A06-26-41 136.jpg

隣りの印刷工場

さくらの夫「ひろし」と「社長のタコ(その名は分からない)」

A06-26-41 140.jpg

参道商店街のミニチュア

A06-26-41 143.jpg

ご存じ・寅さんの啖呵

列車の座席がモチーフ、「結構毛だらけ猫灰だらけ・・」でしょうか

A06-26-41 145.jpg

寅さんのマドンナたち

思い焦がれて最後は失恋、柴又駅から旅立ったのは何回有ったのか

A06-26-41 147.jpg

マドンナの代表

浅丘ルリ子さんは、田舎まわりの売れない歌手「リリー役」で2回共演した

A06-26-41 149.jpg

私が好きな女優さん

十朱幸代さん、八千草薫さん 寅さんが羨ましい

A06-26-41 153.jpg

山田洋次記念館にて

どこで撮った写真なのか、想像にお任せします

A06-26-41 155.jpg

7月21日・24日は地元の夏祭りです、準備、撤収を含め4日間は会場に缶詰状態です      自治会長を卒業しましたが、皆さんに頼まれ相談役として指導、皆様への訪問が遅れます

次回は、老人会バス旅行(4)<しばられ地蔵尊>を紹介します

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(80)  コメント(21) 
共通テーマ:旅行

老人会バス旅行(2)<葛飾柴又の庭園> [地元にて]

老人会バス旅行(2)

<葛飾柴又の庭園>

今回は「葛飾柴又の見どころ」と「珍しい寺を訪ねる」ことが目的です

旅行計画を発表した時、多くの人たちは柴又帝釈天には行ったと言うが

帝釈天の庭園や装飾彫刻を見ていない、そして全員が山本亭を知らなかった

葛飾柴又の見どころは、寅さん記念館(次回)もその一つ、30人相手は忙しい

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:6月26日>

<柴又帝釈天>

柴又帝釈天の名で親しまれているが、正式寺号は経栄山題経寺、宗派は日蓮宗          本堂は、帝釈堂の右側に建つ祖師堂で大曼荼羅を本尊としている

皆さんを案内するのに忙しく、二天門、鐘楼、帝釈堂の写真は撮れなかった

A06-26-21 114.jpg

彫刻ギャラリー

帝釈堂内殿の外側3面は、見事な装飾彫刻が施されている

今回参加した人たちの大半は、柴又帝釈天にお参りをしても、ほとんどの人は          彫刻ギャラリー(馴染めない名です)を見たことがなく、必見ですよと案内した

A06-26-21 120.jpg

A06-26-21 125.jpg

法華経の代表的な説話10話

大正11年から昭和9年まで、10人の彫刻師が1面ずつ分担し制作したと言う

A06-26-21 129.jpg

A06-26-21 130.jpg

熱心に見つめる皆さん

周囲はガラス張りの廊下、彫刻の下部は下の階で観察することができる

A06-26-21 119.jpg

大客殿の座敷

東山魁夷の屏風絵「群猿遊戯図」を展示している

A06-26-21 133.jpg

邃渓園(すいけいえん)

柴又帝釈天に来ると必ず訪れる邃渓園、日本庭園は世界に誇れます  

大客殿の前に広がる池泉回遊式庭園、庭園内への立ち入りは禁止されているが          屋根付きの回廊を巡りながら、庭園を見ることができる

A06-26-21 136.jpg

場所を変え庭園を撮影

A06-26-21 139.jpg

正面は大客殿です

A06-26-21 142.jpg

回廊の女性たち

回廊の下まで池が入り込み、錦鯉が静かに泳いでいた

A06-26-21 145.jpg

本物の添乗員

七寿会や立老連の旅行でお馴染みの添乗員さん、旗を持ち次の山本亭に案内です

A06-26-21 117.jpg

左:帝釈堂 右:本堂の祖師堂 (撮影日:2014.10.24)

A10.24-21 帝釈天61.jpg

--------------------------------------------------------------------------------------

<山本亭>

柴又帝釈天とは細い道を一つ隔て南側に建つ「山本亭」

地元ゆかりの山本工場(カメラ部品製造)の創立者である山本栄之助氏の自宅         書院造りの和風住宅に洋風建築を複合した、和洋折衷の建物です

A06-26-31 134.jpg

純和風庭園

山本亭が広く知られるのは、書院と庭園の見事な調和です

アメリカの日本庭園専門誌が行うランキング調査では、第3位の評価を受けている       第1位は「足立美術館」、第2位は「桂離宮」 (全国900カ所の庭園が対象です)

A06-26-31 114.jpg

皆さんは、座敷に座り観賞

茶菓子を頂きながらゆっくり観賞できるが、次に移動する

A06-26-31 121.jpg

A06-26-31 125.jpg

撮影日は、2014.10.24です

A06-26-31 129.jpg

洋間「鳳凰の間」

136 (538x404).jpg

長屋門(表門)

寅さん記念館は南隣りにある

A06-26-31 105.jpg

A06-26-31 108.jpg

次回は、老人会バス旅行(3)<寅さん記念館>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(71)  コメント(18) 
共通テーマ:旅行

老人会バス旅行(1)<赤紙仁王尊 東覚寺> [地元にて]

老人会バス旅行(1)

<赤紙仁王尊 東覚寺>

七寿会(老人会)の会長を引き受け2ケ月、秋の1泊旅行は毎年続けているが

それは、東京から離れた長野・山梨・伊豆・北関東・福島など遠方が多く

東京の都心や下町には行った事がない、そこで募集をすると30名が集まった

旅行のタイトルは『葛飾柴又の見どころと、珍しい寺を訪ねる』です

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:6月26日>

<中央道~首都高>

小雨が降り続く中、地元立川を8時30分に出発、参加者を25名で計画したが          30名に増加したので、中型バスから45人乗りの大型バスに変更した

私は晴れ男、梅雨の最中ですが徐々に天気が回復し午後は薄日が差し始めた

A06-26-11 101.jpg

新宿でトイレ休憩

国立ICに入り少し走ると渋滞12キロ、1時間半も掛かり休憩場所に到着です

A06-26-11 107.jpg

<赤紙仁王尊 東覚寺>

白龍山 寿命院 東覚寺

予定より約10分遅れて東覚寺に到着、珍しい寺の一番は「赤紙仁王尊」です

皆さんは、この寺の事を知らず、特に女性たちは興味津々                   午後に参拝する「しられ地蔵尊」と共に、女性は二つの寺に関心が深い

A06-26-11 110.jpg

宗派 真言宗豊山派

総本山は奈良初瀬の長谷寺、鎌倉の長谷寺とは本尊十一面観音菩薩で繫がりが有る         また谷中七福神巡りの一番で福禄寿(長寿の神様)を祀る、不忍池の弁天堂が結願です

旅行会社の添乗員も同行しているが、詳しい説明は添乗員代理の私が担当をした

A06-26-11 113.jpg

東覚寺 境内

皆さんには、先に本堂(正面の奥)でお参りするように指示をし                 私は社務所(左の裏側)へ赤札20枚の購入に向かったが、少々ハプニング

A06-26-11 116.jpg

東覚寺 本堂

赤紙は、阿吽二体の仁王尊に貼るため2枚必要で、線香を含めて1組220円            そして赤紙にノリを付けるため時間が掛かる、電話をしておけば良かったと早速反省

A06-26-11 117.jpg

本堂の張り紙

住職が書いたと思える書が2枚、右「地獄をつくるのも人間、極楽をつくるのも人間」     左「一日を粗末に過ごす人は、毎日を粗末に過ごし、一生を粗末にすることに通ずる」

A06-26-11 120.jpg

子育水子 地蔵菩薩

A06-26-11 144.jpg

鼓翼 観世音菩薩

鼓翼の説明が左下に有るが、長くなるので省略します

A06-26-11 141.jpg

赤紙仁王尊

寛永18年(1611年)、当時江戸市中で流行していた疫病を鎮めるため               宗海という僧侶が造立したと伝えられている

D032 (384x510).jpg

身代わり「赤紙仁王尊」

阿吽二体の仁王尊に、疾患部と同じ位置に赤紙を貼り祈願をすると                 仁王尊が病気や怪我の身代わりになってくれると言う、背後は不動堂です

右:阿(あ)形仁王尊  左:吽(うん)形の仁王尊  何れも石像です

A06-26-11 121.jpg

熱心に赤紙を貼る女性

赤紙を2組購入した女性(白い上着)は自分と家族の患部に、そして              高齢の女性(右)が貼る場所は、やはり足や膝でした、左端は観光バスです

CIMG0437 (538x403).jpg

貼り終えた人は不動堂にお参り

A06-26-11 123.jpg

私の後ろ姿を・妻が撮影(中央)

背中には疲れが現われ、若いつもりでも老いているのが分かります

A06-26-11 125.jpg

赤紙に覆われた「仁王尊と草鞋」

念願が叶うと、草鞋を奉納する慣わしがあるようです                      これは仁王尊が皆さんの見舞いに日夜歩いているため、そのお礼だと言う

A06-26-11 131.jpg

六地蔵尊

六地蔵の前に路駐した観光バスに乗り、葛飾柴又へ出発をする

A06-26-11 148.jpg

にわか添乗員は忙しく、皆さんの写真を撮れなかった

---------------------------------------------------------------------------------

<川魚料理「川甚」>

葛飾柴又の帝釈天、そして川甚の背後には江戸川が流れ「矢切の渡し」が有る           江戸川の恵みのためか鰻の店が多く、川甚は柴又一の有名店です

A06-26-15 111.jpg

入口の案内

A06-26-15 114.jpg

椅子席で昼食

足の悪い人が多いのでテーブル席を指定                           参加者は、女性25人、男性5人、七寿会の諸行事には女性の参加者が多い

A06-26-15 117.jpg

うな重「並」を注文

高齢者には適量で、味は旨く申し分なし、鰻を食べない4人には天重を用意した

A06-26-15 121.jpg

七寿会の女性たち

帝釈天参道で買い物を済ませ記念撮影、最終回の記事にも登場します

A06-26-51 141.jpg

次回は、老人会バス旅行(2)<葛飾柴又帝釈天>を紹介します

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(68)  コメント(16) 
共通テーマ:旅行

地元で見つけた<珍しい花木> [地元にて]

地元で見つけた

<珍しい花木>

東京多摩地区の中核都市として発展を続ける立川市、JR中央線が東西に走り

南武線・青梅線の始発駅、そして西武拝島線の駅が三つ、多摩モノレールも通っている

このように、都市化が進む立川市にあって、北側の砂川地区は田園風景が残り

玉川上水に沿って緑が多く環境が良い、今回は地元の珍しい樹木のウオッチングです

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:5月8日>

<玉川上水駅>

戦時中、駅北側の軍需工場と立川飛行場を結ぶ軍用道路として造られた芋窪街道、私が立川市に転居した40年ほど前は、路線バスがようやくすれ違える細い路で有ったが、今は片側2車線、中央に多摩都市モノレールが走る広い道路に生まれ帰った

玉川上水駅は西武鉄道の多摩モノレールのターミナル駅、南側はロータリーになっている

A21-101.jpg

西武電車の車両(黄色)が見える

CIMG9218 (538x404).jpg

A21-105.jpg

<ニセアカシア>

和名:針槐( ハリエンジュ)

駅前のロータリーの下は玉川上水が暗渠の中を流れ、地上に出た所にこの木が有る

北米原産のマメ科の落葉高木、痩せた土地や海岸付近の砂地でもよく育つので        砂防、土止めに植栽されるという、玉川上水の土止めでしょうか

A21-110.jpg

アカシアの花について

葡萄の房のように見える、白い花が垂れ下がるように多く咲いている            今年は特に花の数が多いようですが、実が多い分だけ枝が枯れる恐れも多い

札幌のアカシア、西田佐知子の「アカシアの雨がやむとき」も、この花だと言う

A21-112.jpg

花をアップで3点

A21-116.jpg

A21-120.jpg

A21-124.jpg

白昼の月とニセアカシア

A21-130.jpg

玉川上水の流れ

A21-108.jpg

<ハンカチの木>

名の由来

中国原産の落葉高木、苞葉の形が白いハンカチに見えるのが名の由来です

都道から農家の畑の道に一歩入るとハンカチの木、この木の近くにもハンカチの木があり        何度も写真を撮っていたが灯台下暗し、まさに新発見をしたように感じた

A11-111.jpg

密集して咲く花

新宿御苑で何度も見ているが、このように多く咲く木を見たのは初めてです

A11-117.jpg

苞葉と花

たくさんの雄花と1個の雌花が球形をつくり、大きな2枚の苞葉が花を包むように咲く         白い花に見える部分が苞葉、左の球形の固まりは実です

A11-133.jpg

撮った写真を羅列します

A11-127.jpg

A11-120.jpg

A11-124.jpg

鈴のような実

咲いた花と入れ替わるように、球形の実が地面に落ちていた

A11-130.jpg

<ナンジャモンジャ>

ヒトツバタゴ(一つ葉タゴ)

視力が弱いのでハナミズキかと思い見過ごしていたが、よくよく見ると花の形が違う        若しかしてナンジャモンジャかと思い畑の中に入ってみると、まさにその通り

わが家から僅か3分、何度も通っていたが、今まで知らなかったことに驚きです

A31-111.jpg

ナンジャモンジャの由来

①昔々、旅人が寺の和尚に名を聞いたが、和尚は分からずナンジャモンジャとつぶやいた   ②水戸黄門が将軍に聞かれたが黄門さんは分からず、口の中でナンジャモンジャ

二つの説が有るが、時の徳川将軍が水戸黄門に聞くのは不自然、私は①の説をとります

A31-115.jpg

花を望遠撮影

深大寺の境内、薬用植物園にもこの木が有るが、見に行かなくても近くに有った

A31-117.jpg

花を望遠撮影

白い紙をシュレッダーで切ったように見えます

A31-120.jpg

A31-123.jpg

A31-128.jpg

田園風景

上の写真と道路を挟んだ反対側、左奥がわが家の方向です

A41-111.jpg

玉川上水駅前の「ニセアカシア」は知っていたが、「ハンカチの木」「ナンジャモンジャ」を見たのはこの日が初めて、しかも歩いて10分以内の近い場所に有る

地元にも、このような珍しい木が有るのを再認識したが、何とも迂闊な話です

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(76)  コメント(17) 
共通テーマ:旅行

春の花めぐり<地元の花木> [地元にて]

春の花めぐり
<地元の花木>
 
全国に先駆け開花した東京のサクラ、立川では都心よりは少し遅れるが

そのサクラより一足早く、ハクモクレン、ミモザ、コブシなどが見ごろを迎える
 
この記事は、地元自治会のエリア内で撮り集めた、春の花木の写真集ですが
 
昭和記念公園では見ることが出来ない春の花や、一回り大きな花木もある

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
<撮影日:3月17日・20日>
 
<地元の花木>
 
ハクモクレン(白木蓮)
 
五日市街道沿い住宅のハクモクレン、昭和記念公園にはこのように大きな木は無い
 
自治会の公会堂は一つ東側の道、この辺りは会務で動くテリトリーです
 
A03-22-11 111.jpg
 
近くから見上げて撮影
 
 A03-22-11 113.jpg
 
 A03-22-11 120.jpg
 
A03-22-11 117.jpg
 
ミモザの花
 
自治会(老人会)の会員の庭、ミモザの背丈は屋根の高さに近い
 
大きく伸びるのが早い花木、昭和記念公園にはミモザは無い
 
 A03-22-21 111.jpg
 
風に揺れボケています・2点
 
A03-22-21 114.jpg
 
A03-22-21 117.jpg
 
カンヒザクラ(寒緋桜)
 
見上げるほど大きいカンヒザクラ、満開でした
 
 A03-22-31 111.jpg
 
花の下から撮影・2点
 
 A03-22-31 114.jpg
 
A03-22-31 117.jpg
 
サクランボの木
 
自宅に近い自動車整備会社の花木、3月17日は満開でした
 
毎年、サクランボの果実を頂いているが、摘花をしないので味が今一つ
 
 A03-22-51 114.jpg
 
花は清楚で美しい・2点
 
 A03-22-51 127.jpg
 
 A03-22-51 117.jpg
 
アセビ(馬酔木)
 
花で覆われた早咲きのアセビ、昭和記念公園にはこのような木がない
 
 A03-22-41 111.jpg
 
スダレのようで可愛い花です
 
 A03-22-41 115.jpg
 
わが家の梅
 
遅咲きの送梅で、地域内の梅はほとんで散っています
 
 A03-22-61 111.jpg
 
 A03-22-61 114.jpg
 
<おまけ>
 
鈴懸の木(プラタナス)
 
災害医療センターに入院している、自治会員を見舞いに行った帰りに
 
昭和記念公園のゆめ広場(無料ゾーン)で撮影、休日を楽しむ人たちが多い
 
 A03-22-71 111.jpg
 
文字通り鈴なりです
 
 A03-22-71 114.jpg
 
 A03-22-71 120.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
次回は、花の展示会<昭和記念公園>を紹介します
---------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

nice!(82)  コメント(18) 
共通テーマ:旅行

立川消防フェア2017<消防演習・腕用ポンプ> [地元にて]

立川消防フェア2017(2)
<消防演習と自治会ポンプ>
 
内閣府中央防災会議が2013年12月に想定した、今後30年以内にM7クラスの
 
首都圏直下型地震発生する確率は70%、それから4年以上も過ぎている
 
立川市の地域危険度は最も低いランクに分類されているとは言え、備えは欠かせない
 
明日発生するかも知れない大震災、市民の自助・共助体験が生かされる
 
---------------------------------------------------------------------------------------------------------
<撮影日:3月4日>
 
<東京消防庁第八方面訓練所>
 
屋内訓練場
 
6階建ての建物を想定した訓練場、場内では消防ミニカーの乗車体験をしているが
目的は、ハイパーtレスキュー隊員の訓練発表の見学です
 
日ごろから訓練を重ねている隊員の動きは、動作が機敏で実に早い
 
 A03-04-31 111.jpg
 
建物内の訓練用ロープ
 
長さ30mほどのロープを数秒(計測する余裕がない)で渡っていった
 
 A03-04-31 114xxx.jpg
 
 A03-04-31 117.jpg
 
自治会所有「腕用ポンプ」
 
大正9年(1920)に製造され 90年以上が経過しているが現在も放水が可能
 
昔の消防を知る上で貴重な資産です、砂川地域にあった14台の中で残るのは1台のみ
 
 A03-04-11 145.jpg
 
自治会の防災消防隊
 
車から降ろし放水の準備、腕用ポンプは江戸時代から龍吐水と呼ばれていた
 
 A03-04-31 122.jpg
 
地震で崩壊した瓦礫
 
 A03-04-31 124xxx.jpg
 
マグニチュード7の大地震発生
 
市民消防隊が出動し、瓦礫(ガレキ)に取り残された人を救出
 
 A03-04-31 129xxx.jpg
 
救出者を担架へ
 
 A03-04-31 132xxx.jpg
 
路上の自動車を撤去
 
 A03-04-31 126.jpg
 
マンションで火災
 
火災発生現場で救出活動、写真を撮れず
 
 A03-04-31 135.jpg
 
屋上に被災者
 
ビルの屋上で、助けを求め手を振る人たち
 
 A03-04-31 138xxx.jpg
 
 A03-04-31 141.jpg
 
はしご車が出動し救助
 
 A03-04-31 144.jpg
 
消防ヘリ「かもめ」
 
 A03-04-31 147.jpg
 
エアー・ハイパーレスキュー隊
 
屋上に取り残された人を救出するため、レスユー隊員が降下
 
A03-04-31 149.jpg
 
救助者をヘリコプターへ
 
 A03-04-31 153.jpg
 
ハイパーレスキュー隊
 
負傷者を救出するため、ロープをかけレスキュー隊員が上へ・・実に早い
 
A03-04-31 155.jpg 
 
救出者を担架に乗せ地上へ
 
A03-04-31 157.jpg 
 
延焼の危険が迫り脱出
 
 A03-04-31 161.jpg
 
市民消火隊・一斉放水
 
消防少年団、女性防火の会、立川・国立消防団などの皆さんが一斉放水
 
自治会の防災消防隊も腕用ポンプで放水に参加(左から2列目)
 
A03-04-31 167.jpg
 
腕用ポンプを押す防災消防隊員
 
A03-04-31 170.jpg
 
実況アナウンス席
 
 A03-04-31 164.jpg
 
懸命に行動する市民消火隊員やレスキュー隊員の活躍に感動した
 
------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
次回は、春が来た<昭和記念公園>を紹介します
--------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

nice!(62)  コメント(15) 
共通テーマ:旅行

立川消防フェア2017<幼い消防隊員たち> [地元にて]

立川消防フェア2017(1)
<幼い消防隊員たち>
 
春の火災予防週間の一環として毎年実施されている、立川消防フェア2017
 
自治会の防災消防隊が、立川消防署の要請で「腕用ポンプ」を展示し一斉放水にも
 
加しているので、私にも協力要請が来るので、妻と二人で見に行ったが
 
防災消防隊の皆さんは、3月とは言え寒いなか元気で活躍していた
 
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
<撮影日:3月4日>
 
<消防フェア会場>
 
東京消防庁第八方面訓練場
 
消防演習が開始される時間まで、はしご車・ヘリ搭乗、起震車体験、そして
ミニ防火衣を着装して写真を撮る、幼い子供たちが可愛いので撮影させてもらった
 
妻は東京ガスなど相談コーナーへ、私の目的の一つは消防隊の皆さんの激励です
 
 A03-04-11 118.jpg
 
消防はしご車
 
会場に入り目に付くのは消防はしご車の長いブームです
 
搭乗体験をする子供たちが、長い列を作り順番待ちをしていた
 
 A03-04-11 121.jpg
 
搭乗する子供たち
 
 A03-04-11 126.jpg
 
お母さんに手を振り上へ
 
 A03-04-11 129.jpg
 
地震体験(起震車)
 
 A03-04-11 132.jpg
 
お母さんと体験
 
 A03-04-11 135.jpg
 
煙体験ハウス
 
A03-04-11 136.jpg
 
救護所車両を公開
 
 A03-04-11 140.jpg
 
ロープ結び体験
 
 A03-04-11 143.jpg
 
自治会所有「腕用ポンプ」
 
立川市内の自治会が所有していた腕用ポンプ14台、今はこの1台のみです
 
一斉放水の時にも披露されるが、その記事は次回です
 
 A03-04-11 145.jpg
 
ヘリ搭乗体験の行列
 
子供に人気があるのか、それとも両親なのか、長い行列です
 
A03-04-21 111.jpg
 
大型ヘリコプター「ひばり」
 
右奥に見えるのは、陸上自衛隊立川駐屯地のヘリ格納庫です
 
 A03-04-21 114.jpg
 
ヘリと子供
 
 A03-04-21 116.jpg
 
A03-04-21 125xxx.jpg
 
ミニ防火衣着装体験
 
子供たちは消防隊員と同じ防火衣を着て記念撮影、一番人気でした
 
 A03-04-21 124.jpg
 
カッコいいお母さんと男の子
 
 A03-04-21 119.jpg
 
お祖母さんも掛け声・・子供の顔は
 
 A03-04-21 128.jpg
 
ぬいぐるみのようで可愛い
 
 A03-04-21 131.jpg
 
ゆるキャラ「キュータ」と一緒に
 
A03-04-21 134.jpg 
 
A03-04-21 137xxx.jpg
 
可愛い消防隊員
 
お母さんカメラマンも熱中、背後の列ははしご車に乗る子供たちです
 
 A03-04-21 141xxx.jpg
 
消防ミニカー乗車
 
 A03-04-21 145.jpg
 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
 
次回は、立川消防フェア2017<消防演習と腕用ポンプ>を紹介します
---------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

nice!(75)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 地元にて ブログトップ