So-net無料ブログ作成
昭和記念公園 ブログトップ
前の10件 | -

昭和記念公園(307)<秋のカメラ散歩> [昭和記念公園]

昭和記念公園(307)

<秋のカメラ散歩>

5月20日以来久しぶりに散策した昭和記念公園、記事の更新に日数が過ぎ

記事を四つアップするのに2週間以上も掛かってしまった、今年の秋は例年より早い

当然、秋色に染まるのも早いであろう、どんどん進む昭和記念公園の秋景色

次回のカメラ散歩は何時になるのか、美しい紅葉・黄葉を見逃さずに行きたい

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:9月19日>

<こもれびの丘>

彼岸花(曼殊沙華)

こもれび丘の家、その前の花壇では1年に1度真っ赤な花畑になる

ボランティアの皆さんが植え付けたヒガンバナ、毎年咲く数が増えています

03-111 .jpg

こもれびの丘の道端

03-113 .jpg

03-115 .jpg

03-120 .jpg

カリガネソウ

こもれびの丘の山野草園、秋が深まると咲く花の種類が少なくなる

03-123 .jpg

花の名は?

03-125 .jpg

ミズヒキ

03-127 .jpg

<花の丘の北斜面>

ソバの花

03-131 .jpg

アカソバ(咲き始め)

ソバとアカソバを植栽しているがを見に行けない・・10日過ぎに刈り取られる

03-133 .jpg

<秋の七草畑>

オミナエシ

キキョウ、ハギ(赤萩、白萩)も咲いていたが、撮った写真はボツでした

03-136 .jpg

ススキ

03-138 .jpg

<小さな丘の花畑>

パンパスグラス

花畑(下)のケイトウの見ごろは10月初め、コウテイダリアはまだ先です

03-144 .jpg

03-146 .jpg

風になびくパンパスグラス

03-148 .jpg

<園内の樹林>

オーストリアから贈られたウイーンの森のブナ

03-151 .jpg

03-152 .jpg

<ひと足早い紅葉>

紅葉したオオモミジ

この木の色づきは、毎年早い(日本庭園の池)

03-255 .jpg

同じモミジを設定間違いで撮影

03-258 .jpg

<おまけ>

ヤブラン(西立川口付近)

03-161 .jpg

<水鳥の池>

池のボート乗り場

前の高木はメタセコイヤ、逆光で紅葉を撮ると美しい(12月初旬)

03-164 .jpg

次回は、わが家の花<9~10月編>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(55)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

昭和記念公園(306)<日本庭園&盆栽苑> [昭和記念公園]

昭和記念公園(306)

<日本庭園&盆栽苑>

日本庭園は私の定番コース、先日公開した額縁写真も庭園の四季が中心でした

そして、盆栽苑の国風盆栽と季節の鉢花を観賞するのがもう一つの楽しみ

陽春の5月20日に散策してから早や4か月、日本庭園、盆栽苑を歩くと

いたる所で季節の移ろいを実感できる、次回は紅葉の見ごろのに行く予定です

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:9月19日>

<日本庭園>

何時ものように表門を撮影して園内へ、門の内外にはカエデ系の樹木が多い

燃えるような紅葉にはまだ早いが、9月中旬を過ぎると秋の気配が漂う            日本庭園は東京の紅葉の名所、見ごろを迎えると驚くほどカメラマンが多くなる

41-111 .jpg

歓楓亭へ

この日は、秋とは言え30度に近い高温、少し疲れを感じたので               抹茶をいただきに、妻と歓楓亭の茶室へ

41-113 .jpg

41-116 .jpg

歓楓亭の内庭

部屋の中はエアコンが効き涼しいが、あえて日陰の場所を選び屋外へ

41-125 .jpg

歓楓亭の前庭

内庭から前庭を見ると、赤く色づいたモミジが有った

41-131 .jpg

抹茶と菓子

菓子は萩の花、作法通り抹茶をいただいた

41-135 .jpg

清池軒と歓楓亭(右)

歓楓亭の生垣の中が内庭、背後は日本庭園の借景こもれびの丘です

41-138 .jpg

額縁写真(1)

四阿昌陽から、月見船と雪吊りのアカマツを撮影したが                    この場所に来ると額縁写真を撮るのが、私の習性になっているようです

41-141 .jpg

額縁写真(2)

四阿昌陽から、池に架かる木橋を撮ったが、見える景色は緑一色です・・が!

41-144 .jpg

青葉のオオモミジ

41-148 .jpg

色づいたオオモミジ

41-151 .jpg

赤トンボ

41-173 .jpg

<盆栽苑>

日本庭園の周回路沿いにある盆栽苑、庭園を散策すると自然に足が向く          この日も、国風盆栽と鉢植えの花の観賞です

51-111 .jpg

真 柏(推定樹齢約250年)

51-116 .jpg

もみじ清玄推定樹齢約110年)

春の若葉は朱色、夏は濃い緑、そして秋が深まると再び朱色                     1年に3度も色の変化を楽しめる清玄、早くも葉の色が変わり始めています

51-125 .jpg

五葉松(推定樹齢約100年)

51-131 .jpg

かりん(推定樹齢約90年)

色づき始めたかりん、今年は果実が一つも付いていない

51-133 .jpg

ひめしゃら(推定樹齢約50年)

51-135 .jpg 

野 菊

51-137 .jpg

コスモス(鉢植え)

51-140 .jpg

屋久島ススキ・ナンバンギセル

イネ科の植物に寄生するナンバンギセル、係の人に聞くと種を撒いたと言う

51-144 .jpg

キキョウ(鉢植え)

51-146  .jpg

ブーゲンビリア

51-152 .jpg

次回は、昭和記念公園<秋のカメラ散歩>を紹介します

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(70)  コメント(15) 
共通テーマ:旅行

昭和記念公園(305)<こもれびの里> [昭和記念公園]

昭和記念公園(305)

<こもれびの里>

昭和30年代の武蔵野の原風景を再現したこもれびの里、今年7月は酷暑が続き

そして8月は梅雨に逆戻りをしたような長雨、地球環境の変化は気象の激変を招き

今年も記録的な豪雨が各地を襲い大きな被害を与えたが、こもれび里の農作物は

幸いにも順調に生育し、収穫の秋を迎えた里の風景を撮影することができた

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:9月19日>

<里の秋景色>

この日は、敬老の日の翌日で里の古民家園は生憎の休館日

長屋門は閉じられているが、これからはボランティアの人たちが忙しくなる時期        10月7日~11月5日までは「こもれびの里展」、準備することは多いでしょう

02-111 .jpg

里の田んぼ

田んぼの水稲は、黄金色に実り収穫する日は近い                      10月7日に稲刈り体験を行なわれるが、応募が多くキャンセル待ち状態です

02-113 .jpg

陸稲(おかぼ)

今年の陸稲は、例年より背丈は高く豊かに実っているようだ                         親しくしている里の責任者に聞くと、その方も同じ見方をされていた

02-118.jpg

倒れた稲穂

台風18号による強風の影響で、倒れた稲穂が多い

02-115 .jpg

実った陸稲

02-120 .jpg

里のソバ畑

ソバの花は満開、10月17日にそば作り体験が行われる                   落花生掘り体験に行きたいが?、獲れたてを塩ゆでにすると旨い

02-123 .jpg

02-125 .jpg

里のコスモス

茶畑の仕切りに植えたコスモス、見ごろはまだ少し先でしょう

02-127.jpg

02-129 .jpg

里の果樹畑「柿」

02-131 .jpg

02-132 .jpg

里の果樹畑「栗」

ボランティアの男性が、弾けそうな栗を選び収穫しています

02-134 .jpg

02-136 .jpg

すすき(芒)

すすきの背後で、赤く見えるのは彼岸花です

02-141 .jpg

里の彼岸花

畑の斜面を彩る彼岸花は、丁度見ごろを迎えていた

02-144 .jpg

02-148 .jpg

侵入者「絵描き」

彼岸花が咲く柵内に入りスケッチに熱中、注意したがこの状態です              これでは、近ごろの若者は~と批判などできない、心無い年配者たちです

02-153 .jpg

溜池に彼岸花が1本

02-150 .jpg

蓮池にも彼岸花

02-155 .jpg

02-157 .jpg

10月2日~3日は、私が会長を務めている老人会の1拍旅行です             箱根大涌谷、三島スカイウオーク、修善寺温泉、沼津御用邸、浅間大社などへ行きます

次回は、昭和記念公園(306)<日本庭園&盆栽苑>を紹介します

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(60)  コメント(11) 
共通テーマ:旅行

昭和記念公園(304)<秋を迎えて> [昭和記念公園]

昭和記念公園(304)

<秋を迎えて>

年間パスポートを買い、毎年10回以上は歩いていた昭和記念公園

自治会、老人会の仕事に追われ行く機会は減っているが、もう一つの理由は

自分の体力の衰えと共に、前向きな行動力が失われているようです

前回は5月20日にポピーを見に行って以来、4か月ぶりの訪問です

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:9月19日>

<秋のカメラ散歩>

何時ものように、開園間もない午前9時半に砂川口から入園

9月16日~17日は台風18号の影響で悪天候でしたが、この日は一転して快晴        公園の内外には、台風の置き土産のように折れた枝が散乱していた

01-111 .jpg

こもれびの池(北)

砂川口から2分、こもれびの池の定番ポイントで撮影です

01-112 .jpg

こもれびの池(南)

01-114 .jpg

ガマノホ(ガマの穂)

白い綿毛が現われたガマノホ、綿毛についた種が風に乗って運ばれて行く

01-118 .jpg

01-116 .jpg

ベニカエデ

こもれびの池の南に有るベニカエデ、今年の紅葉は色が良くない

01-120 .jpg

01-122 .jpg

オオモミジ

日本庭園のオオモミジ、この木は毎年色ずくのが早い

01-125 .jpg

花の丘のコスモス

丘一面にコスモス(ドワーフセンセーション)を、約 400万本植えているが        土が露出した箇所が多い、見ごろの10月中旬までに修復できるか?

01-131 .jpg

原っぱ東花畑のコスモス

キバナコスモス(レモンブライト)、約70万本植栽した黄一色の花の絨毯                        2日前の台風18号の影響で傾いた花も有るが、見ごろは保っていた

01-141 .jpg

大けやきとコスモス

原っぱのシンボルツリー「大けやき」と、コスモスをコラボ撮影

01-146 .jpg

レモンブライト2点

01-148 .jpg

01-152 .jpg

パンパスグラス

南米原産、大草原(パンパス)に生える草(グラス)と言う意味だと言う           白い羽毛のような花穂は、大きいものでは高さ6メートルになる

01-161 .jpg

01-163 .jpg

彼岸花(こもれびの丘)

ボランティアの人たちが植栽した彼岸花、年々その数が増えているようです

私より年配の男性から、花の名を聞かれたので彼岸花だと返事をすると             もう一つの名は何かと言う、じゃぁ曼殊沙華だと答えると納得して貰った

01-165 .jpg

彼岸花の記事は、次回も続きます

01-167 .jpg

木の実「こぶし」

01-171 .jpg

木の実「トチノキ」

01-174 .jpg

木の実「イイギリ」

01-177 .jpg

木の実「ゴンズイ」

01-180 .jpg

ツリバナの実

51-149  まゆみ .jpg

次回は、昭和記念公園(305)<こもれびの里>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(74)  コメント(13) 
共通テーマ:旅行

額縁写真特集(4)<昭和記念公園> [昭和記念公園]

額縁写真特集(4)

<昭和記念公園>

国内旅行編、神社仏閣編、そして海外旅行編、3回続けた額縁写真集も

ホームグランドの昭和記念公園で終了です、こもれびの里や日本庭園の建物を

額縁にして景色を撮り続けていたのが幸いし、春夏秋冬に纏めることができたが

最近は所用雑用が多く、写真を撮りに行く機会がが極端に少なくなっている

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<昭和記念公園 303>

<春の公園>

日本庭園表門

何時も東門を撮ってから日本庭園に入るのが、半ば習慣になっている             在庫写真は数多いが、今年の5月20日に撮ったこの写真から記事を綴ります

00-107.jpg

表門の額縁写真

早春の日本庭園では、ひと足お先に紅梅・白梅が迎えてくれます

00-110.jpg

清池軒から池(日本庭園)

5月の庭園は若葉が萌える季節、木々は一斉に芽吹き新緑が美しい

00-114 .jpg

清池軒の前庭(日本庭園)

オオモミジ、イロハモミジ、カエデ系の樹木が多い

00-118.jpg

四阿昌陽(日本庭園)

00-121.jpg

里の春(こもれびの里)

00-125.jpg

ポピー畑(みんなの原っぱ)

143 (538x403).jpg

<夏の公園>

清池軒から池(日本庭園)

木々の緑は濃さを増す季節、暑さに負けずトンボを撮りに来る人が集まる

00-211夏.jpg

清池軒の前庭(日本庭園)

00-214.jpg

清池軒のモミジ(日本庭園)

00-217.jpg

四阿昌陽から池(日本庭園)

池を清掃するために、水を抜いています

00-222.jpg

里の古民家(こもれびの里)

00-227.jpg

<秋の公園>

清池軒から池(日本庭園)

11月の訪れと共に樹木の紅葉が始まり、徐々に秋色が濃くなって行きます

00-311秋.jpg

清池軒の前庭(日本庭園)

清池軒の一帯は紅葉の名所、オオモミジが早く色づき、最後はイロハモミジ           樹木によって紅葉する時期が異なるので、長く楽しめるのが特徴です

紅葉の時期はカメラマンが多く、このように人の姿がないのは珍しい

A11-18-01 132xxx.jpg

清池軒から見事な紅葉(日本庭園)

A11-18-01 135.jpg

清池軒の外(日本庭園)

00-315.jpg

四阿昌陽と池(日本庭園)

00-318 .jpg

四阿昌陽から池(日本庭園)

00-321.jpg

里の秋(こもれびの里)

秋の収穫を祝う大のぼり、地元砂川地区の歴史資産です

00-335.jpg

コスモス畑(花の丘)

00-339.jpg

<冬の公園>

清池軒から池(日本庭園)

東京は降雪が少ないが、時々大雪に見舞われることも有る、雪が降った                  翌日は朝から快晴、交通機関に影響もあったが写真を撮りに行くことができた

正面の奥に、冬の風物詩「アカマツの雪吊り」が見えます

00-404.jpg

清池軒の前庭(日本庭園)

00-411.jpg

四阿昌陽と池(日本庭園)

00-417.jpg

四阿昌陽と池(日本庭園)

この写真は、雪のない真冬の日本庭園です

00-431.jpg

里の雪景色(こもれびの里)

00-451.jpg

<おまけ>

紅葉(水鳥の池)

紅葉したイロハモミジを額縁にしたが、枝の伸び方はその年によって違うので

同じ場所でもこのような写真は撮れない、一期一会の眺めでしょう

00-511.jpg

次回は、銀座きままな散歩を紹介します

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(66)  コメント(13) 
共通テーマ:旅行

昭和記念公園(302)<花と緑のぶら散歩> [昭和記念公園]

昭和記念公園(302)

<花と緑のぶら散歩>

待ちわびていた桜前線はまたたく間に通り過ぎ、季節はいつの間にか初夏

毎年「季節の移ろい」を早く感じるのは、年を重ねた証拠でしょうか

爽やかな5月の若葉、そして美しい花を目的にした、この日のカメラ散歩も

真夏日に近い29度になると厳しいが、傘寿を過ぎたわが身の健康に感謝です

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:5月20日>

<陽春の公園>

5月の若葉を花に例え、わが家の合言葉は「緑の花を見に行こう」ですが               季節の花と同様に、若葉の色が萌黄色から濃い緑へ変わる状態を観察するのも良い

何時ものように砂川口から西立川口へ、この日の歩数は13,200歩でした

A05-20-11 109.jpg

渓流広場の新緑

華やかなチューリップ花壇が広がっていた花壇、今は静かに新緑を楽しめます

A05-20-61 111.jpg

<陽春の花木>

サクラ、ウメ、ハナモモ、ハナミズキなど、華やかな花木の後は特徴のある形の花が多い    この日も、ハナイカダ、カラタネオガタマ’バナナツリー)ガ咲いていたが撮り忘れた        ヤマボウシ(山法師)

A05-20-61 114.jpg

A05-20-61 119.jpg

ホオノキ(朴木)

A05-20-61 141.jpg

A05-20-61 144.jpg

トチノキ(栃ノ木)

A05-20-61 131.jpg

ベニハナトチノキ(紅花栃ノ木)

A05-20-61 134.jpg

タニウツギ(谷空木)

A05-20-61 148.jpg

カルミア(アメリカ石楠花)

A05-20-61 151.jpg

エゴノキ(えごの木)

A05-20-61 155.jpg

ヒマラヤスギ(実)

A05-20-61 161.jpg

ユリノキ(百合の木)

高木の大きな葉に覆われた枝に咲くユリノキの花、花を探して望遠撮影です

A05-20-61 171.jpg

A05-20-61 174.jpg

A05-20-61 177.jpg

スイレン(睡蓮)

A05-20-41 167.jpg

<若葉の樹木>

クスノキ(楠)

寒い冬季も緑色を保った楠の葉、若葉と入れ替わる時期です、花は意外に小さい

A05-20-61 181.jpg

ケヤキ(欅)

何時も定番撮影している水鳥の池の1本ケヤキ、緑色が濃くなっていた

A05-20-61 191.jpg

4回に分けて綴った昭和記念公園も、この記事で終了です、梅雨入りが近づき       そして暑さが厳しい夏、次回はいつカメラ散歩に行けるのか体力と相談です

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(71)  コメント(15) 
共通テーマ:旅行

昭和記念公園(301)<新緑の日本庭園> [昭和記念公園]

昭和記念公園(301)

<新緑の日本庭園>

モミジ、カエデなど紅葉の名所は若葉の季節も美しい、一昨年は御岳渓谷に

昨年は高尾山へ新緑を追いかけたが、昭和記念公園の日本庭園も見逃せない所です

5月は1年で最も過ごしやすい季節、この日は花の丘のシャレ―ポピー、そして

ミックスフラワーの撮影も目的でしたが、それ以上に日本庭園の緑に大満足でした

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:5月20日>

<日本庭園>

紅葉の秋には混雑する日本庭園、しかし陽春を迎え生き生きと茂る若葉の季節に

来園者が少ないのはどうした事か、私には勿体ない思いがする

A05-20-41 110.jpg

歓楓亭(清池軒)の前庭

歓楓亭の前庭は紅葉の名所、春もご覧のように美しい

A05-20-41 118.jpg

A05-20-41 114.jpg

清池軒から池

清池軒の窓枠を額縁にして撮影すると、下手な写真も美しく見えます

A05-20-41 120 - コピー.jpg

清池軒の前庭

建物の入口を額縁にして撮影、新緑がいっそう鮮やかに見えます

A05-20-41 124 - コピー.jpg

A05-20-41 127 - コピー.jpg

私好みのポイントです

A05-20-41 130.jpg

モミジの若葉

A05-20-41 133.jpg

庭園の周遊路

緑に囲まれた美しい散歩道、四季のある日本は恵まれている

A05-20-41 151.jpg

緑に覆われた清池軒

A05-20-41 136.jpg

北の流れ(小川)から四阿昌陽

A05-20-41 140.jpg

架け替えられた木橋

木橋の工事と同時に清掃を済ませた池に、蜻蛉(ヤンマ)も飛翔していた

A05-20-41 161.jpg

カキツバタ(杜若)

A05-20-41 164.jpg

<盆栽苑>

前回、訪れたたのは、代表的な盆栽「もみじ清玄」が芽吹き始めた3月11日

それから70日、門前の景色も落葉盆栽も、すっかり陽春の装いでした

A05-20-51 111.jpg

ひめしゃら(推定樹齢約50年)

A05-20-51 117.jpg

かりん(推定樹齢約90年)

花は散り大きな実をつける秋に備え、若葉が樹勢を保っているようです

A05-20-51 121.jpg

水がめのアサザ

水面に黄色の花が咲き、その下をメダカが泳いでいた

A05-20-51 145.jpg

カタバミの花

太く大きい根っこ、このようなカタバミを見たのは初めて・・驚きです!

A05-20-51 131.jpg

アッツサクラソウ

A05-20-51 138.jpg

イタドリ

A05-20-51 141.jpg

次回は、昭和記念公園<花と緑のぶら散歩>を紹介します

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(78)  コメント(12) 
共通テーマ:旅行

昭和記念公園(300)<ミックスフラワーの花畑> [昭和記念公園]

昭和記念公園(300)

<ミックスフラワーの花畑

2009年9月にブログを開設し間もなく8年、国内外の旅行記や東京坂道散歩など

テーマを絞り記事を綴ったが、昭和記念公園が最も多く「今回で300回」です

春は新緑、秋には紅葉、そして季節の花々、この公園が近くに有り恵まれている

この記事は、原っぱ西花畑で撮り集めた写真「ミックスフラワー」で綴ります

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:5月20日>

<原っぱの西花畑>

花の羅列です

原っぱの西花畑では、次の4品種の花がミックス状態で咲き見ごろを迎えていた       時間はランチタイムの12時半、花を観賞する人が少ない時間帯です

ヤグルマギク・カリフォルニアポピー・リナリア・カスミソウ

A05-20-31 114.jpg

シンボルツリー&ポピー

A05-20-31 111.jpg

ミックスフラワー3点

A05-20-31 117.jpg

A05-20-31 120.jpg

A05-20-31 123.jpg

ヤグルマギク(1)

先着30名にヤグルマギクの株が提供されるが、その時間を待たずに次へ移動

A05-20-31 124.jpg

 A05-20-31 127.jpg

ヤグルマギク(2)

A05-20-31 131.jpg

A05-20-31 133.jpg

カリフォルニアポピー

A05-20-31 140.jpg

A05-20-31 144.jpg

カスミソウ

A05-20-31 151.jpg

CIMG9569 (538x414).jpg

リナリア

和名はヒメキンギョソウ、私はこの名の方が好みです

A05-20-31 168.jpg

A05-20-31 162.jpg

A05-20-31 161.jpg

<ネモフィラの丘>

ネモフィラは見ごろが過ぎ、ここでもカリフォルニアポピーが咲いていた

公園のHPでは、ネモフィラは2日後に刈り取り別の花を植えると紹介していた

A05-20-31 214.jpg

A05-20-31 211.jpg

次回は、昭和記念公園<新緑の日本庭園>を紹介します

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(74)  コメント(24) 
共通テーマ:旅行

昭和記念公園(299)<花の丘のポピー> [昭和記念公園]

昭和記念公園(299)

<花の丘のポピー

今年は、久しぶりに神代植物園の薔薇を見に行こうと、早くから決めていたが

昭和記念公園のシャレ―ポピーも毎年欠かさず見に行っている、しかし地元の行事が多く

2か所へ行くのは難しく、妻の希望を入れ選んだのは昭和記念公園の花散歩でした

4月10日から40日ぶりに訪れた昭和記念公園は、陽春から初夏に変わる時期でした

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:5月20日>

<公園の砂川口>

何時ものように砂川口から入園(開園30分後)、この日は「花の丘のシャレ―ポピー」「原っぱ西花畑のミックスフラワー」、そして「若葉の緑」が目的です

予想最高気温は29度、水分補給を欠かさずゆっくりと散策に向かう

A05-20-11 107.jpg

こもれびの池

砂川口から約300m、40日ぶりに見た池の周囲は濃い緑に変わっている

A05-20-11 109.jpg

<シャレ―ポピー>

丘の北斜面

こもれびの池を過ぎると、真っ赤な絨毯を敷き詰めたような花の丘、みごろを迎えた      シャレ―ポピーが丘を埋め尽くし、秋のコスモスと共に1年に2度の花畑の出現です          

A05-20-11 114.jpg

丘の中間より

土曜日の10時過ぎ、パークトレインが次々に人を運んできます

A05-20-11 117.jpg

丘の南斜面

中央下側の辺りは花の咲き具合が悪い、雑草の影響でしょうか

A05-20-11 120.jpg

花の羅列です

A05-20-11 125.jpg

A05-20-11 131.jpg

A05-20-11 134.jpg

A05-20-11 129.jpg

A05-20-11 154.jpg

A05-20-11 147.jpg

A05-20-11 150.jpg

<こもれびの里>

花の丘の西側一帯は「こもれびの里」、畑の小麦は成長し刈り取る日は近い        里の小屋では収穫した小麦で「うどんつくり体験」が行われる

花の丘のポピーが、矢印で示したように赤く見えます

A05-20-21 111 - コピー.jpg

里の春

田植えに備え「畦の土上げ」「代掻き」、この日は土曜日でボランティアの人たちの集合日         6月初めには、募集に応じた人たちによる田植え体験が行われます

A05-20-21 114.jpg

水車の手入れ

A05-20-21 117.jpg

里の古民家

A05-20-21 125.jpg

シラン(紫蘭)

離れた場所から望遠で撮ったので、シランと違う花のように見ます

A05-20-11 711.jpg

A05-20-11 714.jpg

次回は、昭和記念公園<原っぱ西花畑のミックスフラワー>を紹介します

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(75)  コメント(18) 
共通テーマ:旅行

昭和記念公園(298)<春の山野草> [昭和記念公園]

昭和記念公園(298)
<春の山野草>
 
日本各地から桜の便りが届く4月、春の花木が咲き始めると気持ちも華やぐが
 
一方、野山に春を告げる山野草も見逃せない、この日の目的の一つは
 
こもれびの丘で咲くカタクリの花、そしてニリンソウなど季節の花々です
 
この記事は、撮り集めた可憐な花の羅列ですが、ご覧ください
 
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<撮影日:4月10日>
 
<こもれびの丘>
 
カタクリの花
 
成育環境が難しく、咲かせるまで7~8年の年月が必要というカタクリの花
 
こもれびの丘の北斜面に植栽したが、花の数がかなり増えたようです
 
 A04-10-21 109.jpg
 
 A04-10-21 111.jpg
 
カタクリの花(白)
 
 A04-10-21 117.jpg
 
ニリンソウ(二輪草)
 
カタクリの花に似て日陰を好むのか?、この花も増えたようです
 
 A04-10-21 124.jpg
 
A04-10-21 127.jpg
 
タチツボスミレ
 
野に咲く可憐なタチツボスミレ、好きな花の一つです
 
 A04-10-21 130.jpg
 
A04-10-21 133.jpg
 
オオイヌノフグリ
 
 A04-10-21 137.jpg
 
ヒメオドリコソウ
 
 A04-10-21 140.jpg
 
二ホンタンポポ
 
茎が長いので日本タンポポでしょうか?、西洋タンポポに比べ少なくなった
 
 A04-10-21 144.jpg
 
シュンラン(春蘭)
 
 A04-10-21 147.jpg
 
ジロボウエンゴサク
 
花の名は、パネルに書かれていた名の受け売りです
 
 A04-10-21 149.jpg
 
イカリソウ(紫系)
 
 A04-10-21 152.jpg
 
イカリソウ(白系)
 
 A04-10-21 156.jpg
 
花の名は?
 
 A04-10-21 159.jpg
 
ヒトリシズカ(一人静)
 
 A04-10-21 163.jpg
 
花の名は?
 
 A04-10-21 166.jpg
 
ムラサキハナナ(紫花菜)
 
こもれびの丘ではなく渓流広場で植栽、今年は咲き具合が良い
 
A04-10-21 173.jpg
 
 A04-10-21 170.jpg

---------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
お見舞いコメント、有難うございました
風邪は完治するまでには至りませんが、かなり回復しましたので無理をせず活動開始
地元自治会、老人会、諸団体の定期総会も済み、忙しさの峠は越えました
 
次回は、東京の里山<花の龍珠院>を紹介します
------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

nice!(78)  コメント(16) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 昭和記念公園 ブログトップ