So-net無料ブログ作成
検索選択
山梨県の旅 ブログトップ
前の10件 | -

オルゴールと薔薇の庭園<オルゴールの森美術館> [山梨県の旅]

オルゴールと薔薇の庭園

<オルゴールの森美術館>

帰りの高速バスは、河口湖駅発16時40分を予約していたので余裕が有る

そこで周遊バスで「オルゴールの森美術館」へ、美しい庭園と季節の花が目的です

「薔薇の庭園」の名に相応しく見ごろ、しかも好きなルピナスが咲いていた

ラベンダーを見ながら歩き廻ったので、花の庭園での休息も目的の一つでした

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:6月28日>

<薔薇の庭園>

写真が多くなりましたが、ご覧ください

A06.28-61 111.jpg

ローズガーデン

今まで2度入館しているが、その何れもが時計回り

今回は反時計回りに変わり、いきなりローズガーデンからの入園でした

A06.28-61 117.jpg

だまし絵の少女

A06.28-61 131.jpg

薔薇の羅列です(4点)

A06.28-61 122.jpg

A06.28-61 134.jpg

A06.28-61 128.jpg

A06.28-61 136.jpg

薔薇の庭園

この場所から富士山が見えるはずでしたが、雲が多くなり隠れてしまった

A06.28-61 141.jpg

花を撮りながら中央へ

さすがに洗練された庭園、花の手入れは行き届いています

A06.28-61 144.jpg

香りの館(香水の家)

館内の香りは馴染めないほど強い、スイス国旗?とルピナスのコラボ撮影です

A06.28-61 150.jpg

ルピナスの花

北海道、ニュージーランドまで見に行った好き花、背後はミュージアムショップです

A06.28-61 157.jpg

<ミュージアムショップ>

館内のオルゴールを見て回ったが、年を重ねると買いたい物がない

前回は、孫の土産に遊び心のあるオルゴールを買った

A06.28-61 164.jpg

果物籠のリンゴなどがオルゴール、孫の土産はこれでした

A06.28-61 167.jpg

カフェのテラスで

のどの渇きを癒すため冷たいジュース、カリヨン広場ではショーが始まった

A06.28-61 180.jpg

カリヨン広場

時を告げるからくり人形と噴水の競演、曲はトルコ行進曲でした

奥の建物はオルガンホールです、次の写真のオルガンなどが収蔵されている

A06.28-61 174.jpg

オルガンダンス

大きな壁に組み込まれた43体の人形が、オルガンの音に合わせて踊る演奏楽器

以前はこの部屋も通路でしたが、今は地下へ下りないと見る事ができない

E12.07.10-31  オルゴール27 (538x404).jpg

ナツツバキ(夏椿・沙羅)

A06.28-61 188.jpg

ヒメシャラ(姫沙羅)

A06.28-61 185.jpg

モミジの花実

A06.28-61 192.jpg

館外の大看板

A06.28-61 115.jpg

河口湖駅前

予約をしていた、午後4時40分発の高速バスで日野バス停へ

日曜日のため渋滞に合い、1時間10分の予定が2時間30分でした

A06.28-61 211.jpg

---------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、地元の散歩道<玉川上水緑道>を紹介します

---------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(66)  コメント(11) 
共通テーマ:旅行

湖畔のラベンダー(3)<河口湖 大石公園> [山梨県の旅]

湖畔のラベンダー(3)

<河口湖 大石公園>

大石公園はハーブフェスティバル会場の一つで、八木崎公園の対岸に有る

富士山を眺望する景勝地であり、一年を通じて観光客が多い人気のスポットです

この日は日曜日で、しかも好天気に恵まれ自家用車の列が長く続いていた

また外国人を乗せた観光バスも多く、富士五湖が静岡空港が近いためでしょうか

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:6月28日>

<富士とラベンダー>

車窓から富士山

八木崎公園から反時計方向に走り、約30分で大石公園に到着

この場所「湖畔別邸千一景」に宿泊し、朝食前に大石公園まで散歩した事がある

A06.28-31 155.jpg

富士山と河口湖を借景に(2点)

A06.28-51 111.jpg

A06.28-51 115.jpg

記念に1枚

アングルは妻に注文を付けて撮影、妻の写真も撮ったがカットです

A06.28-51 122.jpg

河口湖生活自然館

館内で菓子パンとコーヒーを買い軽めの昼食

妻はㇻベンダーの苗と切り花を購入、見ると買いたくなるそうです

A06.28-51 119.jpg

花街道の花

A06.28-41 115.jpg

A06.28-41 122.jpg

花のナイアガラ

赤・白・ピンクのベゴニアです、時間が来ると散水をしている

A06.28-41 111.jpg

花屋で売っている、黒い入れ物のまま並べてある

A06.28-41 144.jpg

奥の建物は貸別荘です

車の運転ができない、私が利用するのは難いですが、如何でしょうか

A06.28-41 125.jpg

花の名は「トリトマ」

花の写真パネルが有ったので名が分かったが、すぐに忘れそうです

A06.28-41 131.jpg

ルピナス

私が好きな花ですが、咲く数は少なく寂しい

A06.28-41 137.jpg

カタバミも花壇の仲間でした

A06.28-41 156.jpg

百合の花(その種類は?)

A06.28-41 159.jpg

花小富士

この花もベゴニア、小富士の周囲には富士五湖をあしらっている

小富士の辺り一帯は、秋を迎えるとコキアの畑になる

A06.28-41 128.jpg

再び、富士山とラベンダー

A06.28-51 127.jpg

バスを待つ間に

生活自然観の前で女性歌手が熱唱、この後はフラダンスでした

A06.28-51 139.jpg

<おまけ>

昨年末(12月23日)に富士山を撮りに行った時の写真です

今回は梅雨時、このような美しい富士山は望めないが、見れただけでもラッキーです

B12.23-11 富士30.jpg

20年ほど前、妻とレンタル自転車で河口湖を一周したが、今は当時の体力はない

-------------------------------------------------------------------------------------------------

記事の更新が変則的ですがご容赦ください

次回は、オルゴールと薔薇の庭園<オルゴールの森美術館>を紹介します

---------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(85)  コメント(19) 
共通テーマ:旅行

湖畔のラベンダー(2)<河口湖 八木崎公園> [山梨県の旅]

湖畔のラベンダー(2)

<河口湖 八木崎公園>

北海道「富良野」のラベンダー畑はスケールが大きく、また栽培する農園も多い

高温多湿を嫌うラベンダー、北の大地は環境が良いとは言え行くには遠すぎます

しかし河口湖はラベンダーの植栽に適しているのか、見ごたえ十分です

大きな変化は外国人の観光客が増えたこと、マナーの悪さも目立って多い

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:6月28日>

<ラベンダー畑>

この日の河口湖は最高気温が27度ほど、岸辺に降りて遊ぶ家族連れが多い

対岸の左方向に大石公園、右手には河口湖大橋が見えたが写っていない

A06.28-21 189.jpg

オカムラサキ(富良野に多い)

オカムラサキは5部咲き程度でしょうか、奥の畑は咲き始めです

A06.28-21 122.jpg

早咲きラベンダー(1)

木立の先は河口湖畔です、少し望遠で撮影しました

A06.28-21 134.jpg

早や咲きのラベンダー(2)

熱心に撮影する女性、実はラベンダーが大好きな妻です

A06.28-21 195.jpg

ラベンダー畑の入口付近

このラベンダーは早や咲き品種、キク科の花とコラボです

A06.28-21 115.jpg

<紫陽花ロード>

薄いブルー一色

八木崎公園の東側一帯はアジサイロード、全ての株が同じ品種で統一され

同じブルー色に揃っているのは、かえって新鮮に見えます

 A06.28-31 131.jpg

背後に河口湖を入れて

 A06.28-31 134.jpg

紫陽花の小路

A06.28-31 136.jpg

紫陽花の羅列です(4点)

A06.28-31 124.jpg

A06.28-31 119.jpg

A06.28-31 115.jpg

A06.28-31 122.jpg

<道端の花>

名が不詳の花が多いので・羅列します

A06.28-31 144.jpg

A06.28-31 139.jpg

A06.28-31 148.jpg

A06.28-31 141.jpg

バス停にて

若い中国人女性が2人、直前に来てバス停に入るバスを追い掛け回し一番に乗車

順番に並ぶことをしない中国人、バス停では10人ほどが待っていた

A06.28-31 151.jpg

地元の中年女性は、中国人が背後から手を出し鞄の持ち物を盗られたと言っていた

------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、湖畔のラベンダー(3)<河口湖 大石公園>を紹介します

---------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(73)  コメント(11) 
共通テーマ:旅行

湖畔のラベンダー(1)<河口湖 八木崎公園> [山梨県の旅]

湖畔のラベンダー(1)

<河口湖 八木崎公園>

河口湖のラベンダーは6月下旬から7月上旬が見ごろ、まさに梅雨のさ中です

3年ぶりに見に行こうと決めていたが、行く限りは晴れた日が望ましい

前回はJR中央線と富士急行を乗り継いだが、今回は妻の希望を入れてバス旅です

天気を確認すると翌日の河口湖は晴れ、急きょ高速バスを予約し出発した

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:6月28日>

<河口湖へ>

中央高速「日野バス停」

多摩都市モノレールで甲州街道駅まで約15分、中央道バス停へ徒歩7分です

自宅から40分ほどでバス停に着くため便利です(片道料金:1300円)

A06.28-11 115.jpg

乗車時間:1時間20分(9時13分発に乗車)

他にも、伊那飯田、松本、飛騨高山・白馬・名古屋・大阪行きなどがある

A06.28-11 111.jpg

河口湖へ(八王子付近)

A06.28-11 121.jpg

富士山(快晴ではないが上々)

乗客の2/3以上(若者)が富士急ハイランドで下車、河口湖駅へ定刻通りに到着

A06.28-11 125.jpg

<八木崎公園>

富士山を借景にして

ラベンダー畑に額縁パネルを4か所、中国系の観光客は額縁が好きなようです

早咲きラベンダーは満開、オカムラサキは5分~8分咲き程度です

A06.28-21 111.jpg

A06.28-21 131.jpg

同じ場所で撮影(3点)

白樺の木の下のオカムラサキ、上から順にズームアップをし撮影する

A06.28-21 170.jpg

A06.28-21 159.jpg

A06.28-21 163.jpg

蜂を追いかけアップ撮影(2点)

同じ花に止まらず絶えず移動するので、写真が撮り難い

A06.28-21 144.jpg

A06.28-21 158.jpg

河口湖を入れて(3点)

満開の早咲きラベンダー、色と香りを満喫しながら散策する

A06.28-21 125.jpg

愛の千年コンサート

音楽は聞き覚えのある曲ばかり、3年前も演奏していた

A06.28-21 139.jpg

A06.28-21 182.jpg

ひと休み(2点)

ラベンダーは富良野に多いオカムラサキ、ベンチに座りひと休みをする

ベンチの上に忘れ物、この場所に10分近くいたが取りにこない

A06.28-21 175.jpg

A06.28-21 178.jpg

日の光を受けたラベンダー

背後の日陰を入れ濃淡を望遠撮影をした

A06.28-21 191.jpg

----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、湖畔のラベンダー(2)<河口湖 八木崎公園>を紹介します

---------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(78)  コメント(20) 
共通テーマ:旅行

世界遺産富士山<忍野八海 散策> [山梨県の旅]

世界遺産富士山

<忍野八海 散策>

忍野八海は今回で4度目、富士山はいつも雲がかかり満足に撮ったことがない

河口湖の後に立ち寄ったのが大きな誤りで、冬の太陽の位置は低くしかも夕刻

私のカメラ技術では日光をまともに受けた撮影は不可能、訪ねる順番を間違えた

前回は平成22年の5月、4年半の間に中国からの観光客が極端に増えていた

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆ 旅行日:2014年12月23日

忍野八海散策

<中 池>

忍野八海の中心は中池と土産物店が並ぶ一帯、中池の中央には円形の井戸が有り

観光客の一番集まる場所だが八つの池に含まれていない、観光協会のガイドにも

説明がなく人工池と思われる、肉眼では正面に富士山が見えるが撮影できない

A12.23-51 忍野45.jpg

<中池の中央の池>

鯉、鱒、岩魚が泳ぐ池、水深10mの池の底まで見通せる

注意板に「お金を投げ入れないで下さい、罰金1000円」と記載されていた

CIMG0817 (538x404).jpg

池の周りに彫った文字

A12.23-51 忍野51.jpg

龍の口の湧水

中国人女性が順番にペットボトルに入れていた、中国ではこのような湧水は無い?

A12.23-51 忍野49.jpg

<池本売店>

以前は、メイン通りから直接中央の池に行けたが

その橋は通行止め、売店の中を通り抜けないと池にたどり着けない

CIMG0813 (538x404).jpg

売店内は中国語が氾濫

驚いたのは中国人観光客の多さ、見た感じでは50%をはるかに超えている

日本人の女性店員も中国語で応対、並んでいる商品も中国人向けが多い

B12.23-51 忍野27.jpg

<ゴミ捨て禁止>

日本語、ハングルに比べ中国語は大きい、中国人のマナーの悪さが解かる

A12.23-51 忍野61.jpg

<道祖神でしょうか>

鏡池、菖蒲池への散策途中で見た道祖神のような石仏

A12.23-51 忍野55.jpg

こんな木の実も有ったが、名は不詳です

A12.23-51 忍野58.jpg

<忍草浅間神社>

随身門・社殿

忍野八海の観光ガイドで見つけた浅間神社、散策を兼ね参拝に立ち寄った

境内のイチイの大木群は国の天然記念物に指定されている

B12.23-51 忍野57.jpg

鳥居から随身門・社殿

忍草浅間神社は大同2年(807)の創建、随身門の金剛力士像は運慶作という

B12.23-51 忍野31.jpg

社 殿

祭神:木花開耶姫命 相神:天津日高日子番能迩迩芸能命、大山祇命

大山祇命は木花開耶姫命の父神、大三島の大山祇神社、三嶋大社の神体である

三神像は、正和4年(1315)にヒノキの一本造りで県内最古の貴重な神像と言う

B12.23-51 忍野37.jpg

社殿の扁額

B12.23-51 忍野39.jpg

<コーヒータイム>

予約をした高速バスは午後4時40分発、発車まで時間が有る

湧池と中池に面した茶店で、富士山の地下水で淹れたコーヒーを飲み休息

A12.23-51 忍野64.jpg

<忍野八海 夕景>

太陽が水車小屋の陰に隠れ、ようやく富士山が見えだした

香港から来た観光客が記念写真、撮影者は香港から同行した日本人添乗員さん

午後4時20分だが観光客がやって来る、聞くと河口湖に泊まると言っていた

A12.23-51 忍野71.jpg

同じ場所から富士山を撮影

A12.23-51 忍野74.jpg

A12.23-51 忍野77.jpg

この後は高速バスで帰路に、車窓から見た富士山は夕焼けが広がっていた

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、新春神社巡り<山王日枝神社>を紹介します

------------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(67)  コメント(13) 
共通テーマ:旅行

世界遺産富士山<水の郷 忍野八海> [山梨県の旅]

世界遺産富士山

<水の郷 忍野八海>

湧水巡りは私のブログテーマの一つ、阿蘇山麓、北海道羊蹄山の湧水も訪ねている

河口湖から富士山を見た後は、湧水と富士山を撮る目的で忍野八海に立ち寄った

忍野八海は富士山に降り積もった雪解け水が、地下の不透水層という溶岩の間で

数十年の歳月をかけてろ過された代表的な湧水の池、国の天然記念物に指定され

そして、平成25年6月には「世界遺産富士山・忍野八海」に登録された

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

初詣の記事を二つはさみましたが、世界遺産富士山に戻します

◆ 旅行日:2014年12月23日

忍野八海を巡る

<浅間神社参道>

富士山駅(旧富士吉田駅)から路線バスに乗車し忍野八海へ

富士浅間神社の参道の前方に富士山が見える(車窓から撮影)

B12.23-51 忍野11.jpg

<新名庄川>

忍野八海の湧水を集めた清流「新名庄川」、桂川を経て相模川に合流する

B12.23-51 忍野14.jpg

<お釜池>

忍野八海で一番小さな池(水深8m)、バイカモの花が美しいと言う

A12.23-51 忍野11.jpg

お釜池の清流、湧水が好きな私には嬉しい眺めです

A12.23-51 忍野14.jpg

<新名庄川の合流点>

左は新名庄川、右は忍野八海の湧水を集めた阿原川です

A12.23-51 忍野17.jpg

<湧水の川・阿原川>

橋の上から振り返る、途中の銚子池に立ち寄ったが撮影せず

B12.23-51 忍野18.jpg

<旅館・榛の木林>

旅館の前の木橋から前方を撮影、忍野八海の湧池は近い

B12.23-51 忍野22.jpg

上と同じ場所からズームアップ、前方は濁池、右は阿原川です

PC230481 (538x403).jpg 

<濁 池>

中池から湧水が入り込み昔の濁りはない、前方は水車小屋です

B12.23-51 忍野25.jpg

<中池の水車小屋>

湧水の流れを利用し、水車小屋では粉挽きをしていた

A12.23-51 忍野32.jpg

<富士山の雪どけ水>

A12.23-51 忍野36.jpg

<湧 池>

国指定天然記念物、名水百選は「和暦」、世界遺産は「西暦」で記載している

B12.23-51 忍野28.jpg

<湧池と売店>

黄色のトウモロコシが、暖簾(のれん)の役割をしているように見える

A12.23-51 忍野40.jpg

湧池を泳ぐ鯉

 CIMG0809 (538x404).jpg

<売店から水車小屋>

観光客が多い忍野八海の中心、偶然人通りが絶えた

A12.23-51 忍野43.jpg

<飛行雲が一筋>

河口湖では快晴であったが徐々に雲が広がってきた

A12.23-51 忍野67.jpg

太陽の位置は富士山の真上、逆光で撮影できず、次回に少しアップします

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、世界遺産富士山(4)<忍野八海の夕景>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(67)  コメント(16) 
共通テーマ:旅行

世界遺産富士山(2)<河口湖富士見台> [山梨県の旅]

世界遺産富士山

<富士見展望台>

50年ほど前、三つ峠から見た雄大な富士山は未だに忘れることができない

富士山の眺望はある程度高い場所から見ると、裾野の広がりがより実感できる

大石公園の次に選んだ景勝地は、大石公園から河口湖駅に戻る途中に有る

天上山公園の展望台(通称カチカチ山)、河口湖より約250m高い場所です

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆ 旅行日:2014年12月23日

<富士山眺望>

末広がりの・八の字

展望台から見る富士山は、まさに「末広がりの八の字」で素晴らしい

今年の干支は未年「ひつじ」、「未」は「未来・未知・未明」など明日に続く漢字

国内外共に日本を取り巻く環境は厳しいが、末広がりの元年で有って欲しい

B12.23-31 富士21.jpg

天上山公園の標高は1075m、展望台はそれより10mほど高い

CIMG0782 (538x403).jpg

A12.23-31 富士17.jpg

愛の鐘のハートの中に・富士山!

A12.23-31 富士11.jpg

南アルプス

思いがけず南アルプスを遠望、山岳の名は判らない

A12.23-31 富士20.jpg

A12.23-31 富士23.jpg

河口湖を望む

河口湖大橋の奥に見えるのは、前記事の大石公園でしょう

A12.23-31 富士28.jpg

ロープウエイ山頂駅

河口湖は一周20km、20年ほど前に妻と自転車で走ったことが有る

B12.23-31 富士30.jpg

スマホで動画を撮り続ける若者

B12.23-31 富士33.jpg

カチカチ山ロープウエイ

昔話「カチカチ山」の舞台になったと言う天上山、ロープウエイで3分です

B12.23-31 富士11.jpg

タヌキとウサギ

 B12.23-31 富士14.jpg

天上山公園のたぬき茶屋

カメラを向けると縫いぐるみの女の子がポーズ、ブログアップはOKでした

 B12.23-31 富士24.jpg

バスの車窓(河口湖駅へ)

車窓から河口湖の富士山を撮影、カチカチ山へ向かう途中です

B12.23-11 富士33.jpg

河口湖駅

次の行先は忍野八海、直通バスがなく富士急行で富士山駅へ向かう

B12.23-31 富士44.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

今日は私の誕生日、また一つ老いの山坂を越え年を重ねた

今年も心の若さを失わず健康で未年を越えたい・・人生まだまだ先がある!

------------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(65)  コメント(29) 
共通テーマ:旅行

世界遺産富士山(1)<河口湖 湖畔> [山梨県の旅]

世界遺産富士山(1)

<河口湖 湖畔>

今年の干支は未年(ひつじ)、羊は群れをつくり行動することから家族の安泰と

平和をもたらす縁起の良い年と聞く、また羊がつく漢字は「祥・翔・美・善・義」など

好感を持てる字が多い、2015年は未年にあやかり明るい一年で有って欲しい

私のブログテーマは「旅と散歩」、先ずは世界遺産富士山から記事を進めます

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆ 旅行日:2014年12月23日

<大石公園>

富士山が世界遺産に登録され1年半、ソネブロの皆さんがUPする写真に誘われ

雄大な富士を見たいと願っていたが、年の瀬も押し詰まった昨年12月23日

河口湖の天気予報は雲一つない快晴と知り、急きょ高速バスを利用し出発した

A12.23-11 富士22.jpg

10時半から約1時間滞在、湖面の輝きの違いは撮った時間の差です

B12.23-11 富士30.jpg

A12.23-11 富士39.jpg

枯れすすきと富士山

A12.23-11 富士42.jpg

A12.23-11 富士25.jpg

ケヤキと富士山(大石公園の西端)

B12.23-11 富士17.jpg

A12.23-11 富士27.jpg

観光客が続々とくる

この日の最高気温は5度、朝の河口湖は風がなく寒さを感じない

CIMG0753 (538x404).jpg 

中国人の観光客が多い(右の5人は日本の若者)

B12.23-11 富士24.jpg

ラベンダー畑と富士山

CIMG0754 (538x404).jpg

芝桜が狂い先をしていた

A12.23-11 富士29.jpg

左側に目を移すと湖面のブルーが美しい

B12.23-11 富士20.jpg

<高速バスで・河口湖へ>

河口湖へはJR中央線と富士急行を乗り継いで行けるが、今回は高速バスを選択

多摩モノレールを利用すると、中央道の日野バス停までは歩く時間を含め約40分

河口湖までの乗車時間は1時間15分、初めて利用したが近い

A12.23-11 富士13.jpg

河口湖に近づくと前方に富士山が迫ってくる

A12.23-11 富士16.jpg

定刻9時50分に到着、レトロな河口湖周遊バスで大石公園へ向かった

B12.23-31 富士41.jpg

バスの車窓(大石公園から戻り)

窓ガラス越しに撮影をしたので、写真の色が違うが湖面の輝きが美しい

A12.23-11 富士49.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、世界遺産富士山(2)<富士見展望台>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(79)  コメント(21) 
共通テーマ:旅行

山梨ドライブ紀行(3)<桃源郷を往く> [山梨県の旅]

山梨ドライブ紀行(3)

<桃源郷を往く>

この日の目的は、山梨の古寺と桜めぐりともう一つは桃源郷のドライブ

山梨は桃の産地、丘の斜面をピンク一色に染めるこの季節は特に美しい

今回の旅行記、締めは桃畑の散策と釈迦堂遺跡博物館のハナモモです

朝9時半に中央高速勝沼ICを下り早や6時間、桃の花を楽しみ帰路についた

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<撮影日:4月13日>

釈迦堂遺跡博物館

中央高速下り車線、釈迦堂PAの上にこの博物館がある

道路建設のときに出土した縄文時代の土器、石器5500点を展示しているが

ここが一年で最も華やか季節を迎えるのは、桃の花が咲く4月上旬から中旬です

A13.04.13-71 釈迦堂13.jpg

6年前、ぶどうの丘で知り合った老夫婦に教えられ急遽立ち寄ったが

その時の美しさが忘れられず、今回はリベンジ訪問です

A13.04.13-71 釈迦堂15.jpg

陽射しを浴びれば・・もっと鮮やかになるでしょう

A13.04.13-71 釈迦堂18.jpg

前回、自宅用にと出店で買ったハナモモの苗木、今年も美しく咲いている

-----------------------------------------------------------------------------------------------

果樹農園

釈迦堂遺跡博物館の向かい側にある、果樹農家の桃園を少し散策

この桃園は記憶していないので、6年前に有ったのか不詳です

売店では土産物や苗木を売っていたが、私たちは冷たい飲み物でひと休み

A13.04.13-71 釈迦堂20.jpg

花桃(ハナモモ)の若木

大きく育てば、さらに美しさを増すであろう

A13.04.13-71 釈迦堂21.jpg

ハナモモ(1)・・白色と桃色のまだら模様が美しい

A13.04.13-71 釈迦堂24.jpg

ハナモモ(2)・・桃色の木に白色の花弁、 源平の桃ですね

A13.04.13-71 釈迦堂34.jpg

ハナモモ(3)・・この木は桃色一色です

A13.04.13-71 釈迦堂40.jpg

果樹用の桃の花

A13.04.13-71 釈迦堂31.jpg

梨の花でしょう

A13.04.13-71 釈迦堂51.jpg

摘花作業をする人

花桃園の奥は広い桃畑、農家の人が摘花作業をしていたが

見ているだけでも、ひと枝ごとに根気と労力のいる大変な作業です

A13.04.13-71 釈迦堂79.jpg

摘花をした花弁、受粉作業はこの後でしょう

A13.04.13-71 釈迦堂82.jpg

中央高速道・釈迦堂PA

釈迦堂遺跡博物館(上の建物)は、工事中でトイレを使用できず下のPAへ

連絡階段があるので非常に便利、後ろ姿は次男です

A13.04.13-71 釈迦堂55.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------------------

桃畑を少し散策

笛吹市一ノ宮は桃の産地、丘の斜面を彩る花の季節は美しい

周辺をドライブし車を止めて少し散策したが、夕暮れ時に厚い雲が重なり残念

A13.04.13-81 桃畑15.jpg

間もなく摘花作業、花の季節も終りを迎えるでしょう

A13.04.13-81 桃畑19.jpg

ブドウの木の下に・・紫色の草花

花の形は小さいが、ヒメオドリコソウでしょうか

A13.04.13-81 桃畑22.jpg

ヒメオドリコソウ?・・・マクロで撮影

A13.04.13-81 桃畑31.jpg

桃畑の道を通り帰路に付く・・明るさが欲しい!

A13.04.13-91 桃畑11.jpg

おまけ

6年前に撮った桃畑です、如何でしょうか晴れた日は美しさが違います

050A aaa.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------------------

明日から、2泊3日の予定でツアー旅行です

旅行中は予約投稿をしますのでご覧ください、皆さんの記事には帰り次第訪問いたします

次回は、白石川一目千本桜<船岡城址公園>を紹介します

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


nice!(66)  コメント(21) 
共通テーマ:旅行

山梨ドライブ紀行(2)<古寺の桜を巡り> [山梨県の旅]

山梨ドライブ紀行(2)

<古寺の桜をめぐる>

山梨県甲州市、JR中央線塩山駅の北側には臨済宗妙心寺派の寺院が多く

この日に訪ねたのは桜が美しい、慈雲寺、周林寺、恵林寺の3ヶ寺

予想をした通り、桜はピークは過ぎ散り始めていたが日曜で観光客は多い

次男の運転で巡ったドライブ旅行、行けなかった古寺は多いが次の機会です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<旅行日:4月13日>

天龍山 慈雲寺

宗派:臨済宗妙心寺派  本尊:聖観世音菩薩  

暦応年間(1338年頃)、夢窓疎石が開山となって創建された寺院

甲州市の東北部、大菩薩嶺山麓の標高約570mの地に建つ

A13.04.13-31 慈雲寺07.jpg

観光客が少なくなるのを待待っていたが、この夫婦が割り込み諦めた

A13.04.13-31 慈雲寺49.jpg

樹齢300年超のイトザクラ

山門を入ると正面にイトザクラの巨樹がある

見ごろは続いていたが散り始め、花も紅色が失われ白色になっていた

A13.04.13-31 慈雲寺18.jpg

慈雲寺本堂

先ずは本尊の聖観音菩薩に参拝、ここでも賽銭を入れお参りする人は殆んどいない

A13.04.13-31 慈雲寺37.jpg

本堂の扁額

A13.04.13-31 慈雲寺39.jpg

A13.04.13-31 慈雲寺27.jpg

抹茶をいただく

毛氈を敷いた床机に座り花見、菓子は慈雲寺の名と紋が入った落雁です

A13.04.13-31 慈雲寺31 bbb.jpg

高塀越しのイトザクラ

撮影用に用意された脚立に登り撮影、左端はイトザクラ(中央)とは違い若い桜です

A13.04.13-31 慈雲寺11.jpg

6年前に撮影した・・イトザクラ

その日は青空にも助けられ見ごろで美しい、比較するため掲載しました

A13.04.13-31 慈雲寺61.jpg

門前で、桃の花を買う

妻は車で来たから買えると、ご満悦でした

A13.04.13-31 慈雲寺69.jpg

---------------------------------------------------------------------------------------------------

天真山 周林寺

宗派:臨済宗妙心寺派  本尊:延命地蔵菩薩

文亀2年(1502)、関秀西堂和尚によって開山された寺院

慈雲寺から車で5分も掛らない場所にあるが、観光客の姿は極端に少ない

A13.04.13-41 周林寺11.jpg

山門とベールのような桜

説明板には、しだれ桜の名は雪洞桜(ぼんぼりざくら)、樹齢は約120年と記入

A13.04.13-41 周林寺21.jpg

山門の鬼瓦

A13.04.13-41 周林寺24.jpg

桜の観賞

本堂に参拝、本堂前には桜観賞用の椅子を用意

境内に約10分ほど滞在したが、出会った人は写真に写っている5人のみでした

A13.04.13-41 周林寺14.jpg

境内の六地蔵

地獄道、餓鬼道、畜生道、修羅道、人間道、天上道、それぞれの教主を記載

A13.04.13-41 周林寺27.jpg

この写真も・・6年前の撮影です

気のせいか、6年前の方が枝の張りは大きいように思える

A13.04.13-41 周林寺31.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------------------

乾徳山恵林寺

宗派:臨済宗妙心寺派  本尊:釈迦如来

元徳2年(1330)、夢窓国師疎石によって開創された名刹

武田信玄の菩提寺として知られ、甲斐における臨済宗の中心寺院である

A13.04.13-51 恵林寺21.jpg

三門には・・快川紹喜の遺喝

織田軍の焼討ちの中、燃え盛る三門の上で発した有名な禅語を掲額していた

『安禅必ずしも山水を須(もち)いず、心頭を滅却すれば火も自ら涼し』

A13.04.13-51 恵林寺23.jpg

境内の庭園

桜が散り始めるなか、武田騎馬軍団の24将旗がかけて有った

A13.04.13-51 恵林寺15.jpg

花筏(はないかだ)が美しい

A13.04.13-51 恵林寺18.jpg

恵林寺庫裡

入口の上には武田氏の家紋、武田菱をあしらっている

大本堂(左)を拝観する時間がなくここから拝礼、夢窓国師が作庭した名勝庭園がある

A13.04.13-51 恵林寺31.jpg

食事処一休庵

境内に店を構える一休庵で昼食、前回もこの店を利用した

A13.04.13-51 恵林寺41.jpg

4人揃って山梨名物の「ほうとう」を注文

カボチャが入っているのは承知しているが、その量が多すぎるようだ

A13.04.13-51 恵林寺44 aaa.jpg

---------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、山梨ドライブ紀行(3)<桃源郷を訪ねる>を紹介します

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


nice!(56)  コメント(16) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 山梨県の旅 ブログトップ