So-net無料ブログ作成
検索選択
神奈川の旅 ブログトップ
前の10件 | -

横須賀軍港巡り <横須賀市自治会研修> [神奈川の旅]

横須賀軍港巡り
<横須賀市自治会研修>
 
自治会長をしていると、立川市自治会連合会が主催する講演会やゴミ処理場などの
研修会に参加する機会が多い、この日は横須賀市連合町内会の活動について
横須賀市の皆さんと意見交換が行われ、同時に横須賀軍港巡りに参加したが
緊迫する東シナ海、日本海の実情によるものか、軍港内の艦船は空状態でした
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
<撮影日:11月8日>
<軍港の現状>
 
乗船を待つ自治会関係者
 
横須賀軍港巡りは今回で3回目、この先、乗船する機会はないと思っていたが
今回の研修会で思いがけず、自治会関係者の 90人と共に再々乗船をした
驚いたのは、皆さんの関心が高いイージス艦や原子力空母が基地内にない事でした
 
 A16-11-18 111.jpg
 
軍港巡りの船
 
この後の写真で紹介しますが、基地内には艦船が空っぽ状態のため
昨年、一昨年に撮った2回の写真を割り込ませ、この記事を進めます
 
 A16-11-18 114.jpg
 
潜水艦(海上自衛隊) 
 
潜水艦のみ米軍の基地内にある、その事情は不詳です
隊員が手を振ってくれたが、カメラを向けたときは姿が見えなかった
 
 A16-11-18 117.jpg
 
米軍基地・イージス艦1隻のみ
 
米軍の基地内は、ミサイル駆逐艦(イージス艦)8艦、ミサイル巡洋艦3艦と
原子力航空母艦などで組織されているが、この日に確認できたのは
世界最強と言われているイージス艦が1艦のみ、どの海域に出航したのか?
 
 A16-11-18 120.jpg
 
イージス艦・・昨年(9月16日)
 
昨年は、別の場所を含め米国の基地内に計5艦が停泊していた
 
 B15-09-16 144.jpg
 
艦上でくつろでいた米兵たちは、何処へ向かったのか?
 
B15-09-16 145.jpg 
 
海洋観測艦(海上自衛隊)
 
5105「にちなん」、5104「わかさ」、護衛艦のような戦闘能力はないでしょう
  
 A16-11-18 128.jpg
 
艦上でラッパの練習、中央は女性の自衛官です
 
A16-11-18 130.jpg 
 
掃海艇(木造)
 
掃海中に機雷の接触から護るため木造艦ですが、その役目を終え廃艦になる
今は技術者も少なくなり後継艦が建造できない、艦体番号も消してある
 
 A16-11-18 135.jpg
 
横須賀基地司令部
 
停泊している艦船463は、掃海母艦「うらが」です
 
A16-11-18 139.jpg 
 
海上保安庁 小型巡視船「あしたか」 
 
大型化する隣国の船体には、小型の巡視船では対抗できないと思える
 
 A16-11-18 141.jpg
 
船上の乗客
 
寒い日でしたが、乗船した大多数の人たちは艦上からの見学でした
 
 A16-11-18 148.jpg
 
日本の守りは・海上自衛隊の護衛艦は??
 
何処に出航して行ったのか、護衛艦を停泊させる桟橋には・・1艦もない
昨年9月は、8艦が停泊していた(一つ下の写真)
 
A16-11-18 150.jpg 
 
護衛艦群・・昨年(9月16日)
 
昨年9月に撮った写真です、イージス艦(2艦)を含め護衛艦が8艦も停泊
 
B15-09-16 151.jpg 
 
ヘリ搭載護衛艦「いずも」・・昨年(9月16日)
 
護衛艦隊司令部がある、佐世保・舞鶴・呉基地に移動したのであろうか
 
 B15-09-16 119.jpg
 
ヘリ搭載護衛艦「いずも」・・一昨年(1月19日)
 
 B14-01-19 111 軍港巡り45.jpg
 
原子力空母「ジョージワシントン」・・一昨年(1月19日)
 
昨年8月に「ドナルドレーガン」と交代している、何処へ出航したのか?
 
 B14-01-19 115 軍港巡り75.jpg
--------------------------------------------------------------------------------------------------- 
 
横須賀市役所
 
横須賀市連合町内会の要な役員さんたちと、立川市自治会連合会のメンバーが
自治会加入についてビデオ紹介のあと、意見交換を行った
 
A16-11-18 171.jpg
 
横須賀市では住宅建設(集合住宅を含む)の際に、自治会加入促進を不動産業者を
含め対応を実施、市の女性職員も回答でき、立川市より対策が進んでいる
 
A16-11-18 175.jpg
 
------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
次回は、目の薬師参拝<新井薬師>を紹介します
---------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

nice!(68)  コメント(13) 
共通テーマ:旅行

横須賀ぶらり散歩<戦艦三笠記念艦> [神奈川の旅]

横須賀ぶらり散歩

<記念艦みかさ>

横須賀は、前回の記事にも書いたが江戸時代の末から、製鉄、造船、そして

明治以降は海軍の町として発展したところ、今回巡ったのは「横須賀軍港巡り」

「記念艦みかさ」そして「無人島猿島」の3ヶ所だが、いずれも海軍に所縁が有る

現役時代に知り合った友人達との散歩も10回以上、この先も健康で続けたい

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:9月16日>

<戦艦三笠記念艦>

日露戦争は、ロシアの極東進出によって存亡の危機に立たされた日本が力の限りを

尽くして戦った防衛戦争である、この銅像は連合艦隊司令長官東郷平八郎が

三笠艦橋に立つ姿を模したもの、右手は愛用の双眼鏡、左手に軍刀(一文字吉房)を持つ

A09.16-31 111.jpg

興国興廃在比一戦

東郷司令長官は 『興国の興廃この一戦にあり各員一層奮励努力せよ』と号令

バルチック艦隊を対馬沖で遊撃、戦艦38隻を撃滅し圧倒的な勝利を納めた

A09.16-31 115.jpg

主砲30センチ砲

主砲は船尾側にも2門配置されている

主砲の奥は操舵室、その上に艦橋が有る、マストにZ旗が翻っています

A09.16-31 139.jpg

主砲2門の方向は、アメリカ海軍横須賀施設です

A09.16-31 141.jpg

Z旗と無線電信機から発した電文

打電文:『敵艦隊見ユトノ警報ニ接シ 連合艦隊ハ直チニ出撃 コレヲ撃滅セントス

本日天気晴朗ナレドモ波高シ』 本日以下は秋山参謀が電文に書き加えたが

晴天と波浪は訓練を重ねた連合艦隊に有利、海戦前の状況を適格に報告している

A09.16-31 119 (310x233).jpg A09.16-31 144 (310x233).jpg

艦橋に立つ東郷長官など高級将校「絵」

前列左から、伊地知艦長、安保砲術長、加藤参謀長、東郷司令長官、秋山参謀

秋山参謀は陸軍の兄と共に「坂の上の雲」の主人公、日本海海戦の作戦を立案した

bridge[1] (500x371).jpg

東郷司令長官などが立つ位置を数字で表記・・上の「絵」と対比してください

①東郷司令長官  ②加藤参謀長  ③伊地知艦長  ④秋山参謀

砲弾が飛び交うなか、東郷長官はこの場所から一歩も動かなかったと言う

A09.16-31 126xxx.jpg

三笠「操舵室」

艦橋の命令は伝令管で操舵室に伝えられる (伝令管:赤い丸です)

 A09.16-31 122xxx.jpg

副砲15センチ砲(14門)

(右):被弾した鉄板で造った雪見灯篭、伊藤博文に贈られたが後に返却された

A09.16-31 149 (310x233).jpg A09.16-31 161 (310x233).jpg

敵将を見舞う東郷司令長官

佐世保海軍病院にバルチック艦隊指令長官を見舞う(中央展示室)

東郷長官は軍服ではなく平服を着用、捕虜となった敵将を気遣った武士道精神です

A09.16-31 158.jpg

中央展示室

 A09.16-31 155.jpg

日本海海戦シュミレーション

敵前回頭し迎撃する連合艦隊と、バルチック艦隊の動きを時間と共に音声で説明

 A14.01.19-11 三笠公園90.jpg

補助砲:8センチ砲

全装備数20門のうち、左舷・右舷に各4門を展示保存  砲の先は猿島です

A09.16-31 163.jpg

----------------------------------------------------------------------------------------------------

<猿 島>

東京湾唯一の無人島

日蓮上人が房総から鎌倉に渡る途中、嵐に出会い白猿に助けられたのが名の由来

旧陸軍・海軍の要塞として利用され、一般人は立ち入りが制限されていた

豊富な自然や歴史遺産が残され、隧道、散策路、海水浴、バーベキュー施設がある

A09.16-41 111.jpg

切り通し

A09.16-41 115.jpg

愛のトンネル

トンネルには、旧兵舎跡、弾薬庫跡が保存されている

A09.16-41 122.jpg

A09.16-41 129.jpg

砲台跡

猿島の散策コースには砲台跡が5ヵ所、展望台がある

A09.16-41 132.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------

<横須賀散歩を終えて>

ヘルシーフレンチ

散歩の後は食事、いつも和食を選んでいたが、今回は逗子の友人の提案で

京浜急行横須賀中央駅に近い「野菜たっぷりヘルシーフレンチの花野屋」へ

たまには、こんな店も良いねと言いながら、会話と飲食を楽しんだ

A09.16-51 111.jpg

料理名が分からないので、この日のメニューをコピーして貰った

(左):横須賀旬野菜のテリーヌ、アンチョビソース

A09.16-51 115 (310x232).jpg A09.16-51 119 (310x233).jpg

(左):サツマイモとフランス産トリュフのポタージュ

(右):シャラン産鴨胸のロースト(私は別料理)

A09.16-51 122 (310x233).jpg A09.16-51 131 (310x233).jpg

ビールの後は赤ワイン

真鯛と地野菜のロースト(白ワインソース)、他の料理は撮り忘れです

A09.16-51 141.jpg

自宅に帰ると午後11時、長い1日でした

次回の散歩は来年4月の予定、私が担当です・・さてどこへ行くか!

----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、わが家の花<9月編>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(61)  コメント(12) 
共通テーマ:旅行

横須賀ぶらり散歩<軍港巡り> [神奈川の旅]

横須賀ぶらり散歩(1)

<軍港さんぽ>

毎年続けている友人との散歩、前回は浦和に住む友人の案内でさいたま市の

武蔵一の宮氷川神社、盆栽村、そして鉄道博物館を巡ったが、今回は逗子の友人が担当

行先は、横須賀軍港巡り、三笠公園、猿島の三ヶ所、ランチは海軍カレー

ディナーはフレンチ、幕末から国の守りを担ってきた横須賀は見どころが多い

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

写真とコメントが一致しない箇所が多いですが、ご容赦ください 

<撮影日:9月16日>

<YOKOSUKA軍港めぐり>

JR横須賀駅前から道路を渡ると「ブェルニー記念館」が有る

ブェルニーは徳川幕府の招請で横須賀造船所の建設に携わったフランス人技師

パンフレトを読み不思議に思ったのは、何故か小栗上野介(忠順)の紹介が一行もない

A09.16-11 111.jpg

<ブェルニー記念館内>

司馬遼太郎は、小栗忠順を「明治の父」と高く評価している、また

大隈重信は「明治新政府の近代化政策は小栗忠順の模倣に過ぎない」と述べている

CIMG1774 (538x404).jpg

<海上自衛隊「ヘリ搭載護衛艦(いずも)」

幕府高官を説き伏せ、横須賀に製鉄所(造船所)建設を進めたのは小栗忠順

しかし、小栗忠順は官軍(明治新政府)により「斬首」された!

<ヘリ搭載護衛艦の積載ヘリ数は23機(哨戒、輸送、救難など)、5機が同時発着できる>

A09.16-11 119.jpg

<海上自衛隊「護衛隊群」>

治45年、東郷平八郎は自宅に子息の小栗貞雄を招き【日本海海戦に勝利できたのは

製鉄所、造船所を建設した小栗氏のお陰であることが大きい】と礼を述べている

A09.16-11 125.jpg

<公園を歩く友人>

大手重電会社の技師長、技術部長を歴任した2人、悠々自適の生活で頭脳も明晰です

前方はアメリカ海軍横須賀施設、約2万人が生活し学校・病院・映画館・競技場がある

CIMG1782 (538x405).jpg

<海軍の碑>

台頭する中国、南シナ海に3,000mの滑走路を3本建設し要塞化、そして

尖閣諸島を虎視眈々と狙い、中学校の歴史教科書では沖縄を中国の領土と教えている

A09.16-11 131.jpg

<米軍横須賀基地>

中国は、第一列島線(九州~沖縄~台湾~フイリッピン)の西側は中国の海と言う

また中国軍の高官は、第二列島線(伊豆諸島~小笠原諸島~サイパン~グアム)を軸に

太平洋の東西を分割管理する案をアメリカに提案、日本列島はすべて中国の管理下に入る

A09.16-11 122.jpg

<軍港巡りを待つ人たち>

「抗日戦勝70周年記念式典」では、大々的に軍事パレードを行い日米を恫喝

また、政権維持のため国民に反日宣伝を加速、これでは対等な友好国とは言えない

A09.16-11 137.jpg

<クルージング船>

 横須賀基地を俯瞰できる高台の土地を・・中国資本が購入したと聞く!

CIMG1812 (538x405).jpg

CIMG1815 (538x404).jpg

<海上自衛隊 「潜水艦」>

軍事力(特に海軍力)の増強を続ける中国、そして北朝鮮のミサイルに対して

日本はどのように向き合えば良いのか、目前の危機は米ソ冷戦時代より高いと思える

CIMG1816 (538x405).jpg

<米軍「イージス艦」>

案内人は「世界最強の戦艦」と説明、ネットでイージスシステムを調べると

高度なレーダ(黄円)と、情報処理(数秒で対応)・射撃システムにより、200を超える

目標を追尾し、その中の10個以上の目標に対し同時攻撃を加える能力を持っている

A09.16-11 144vvv.jpg

<海上自衛隊「護衛艦」>

戦争法案は日本共産党の造語と聞いた、戦後の共産党は暴力革命による一党支配が目的

(自衛隊統率含む)、平和の党と宣伝するが衣の下に鎧を隠していないか?

A09.16-11 151.jpg

<海上自衛隊「艦隊司令部」>

海上自衛隊の全艦船、そして全航空機を指揮する「海上自衛隊総司令部」

この艦隊司令部を攻撃されると、海上自衛隊の全システムが混乱する

CIMG1832 (538x404).jpg

<海軍カレー>

軍港巡りの後はランチタイム、友人がセットした場所は横須賀で知られた

海軍カレー発祥の店「魚籃亭」、どぶいた通りを歩き向かう

魚籃亭海軍カレー館

A09.16-21 122.jpg

シーフードカレー

私はシーフードカレーを選んだが、その味は一般的で注釈できない

A09.16-21 131.jpg

海軍さんの鉄板カレー

友人(1人)は、自衛隊の艦内で使っている容器を使ったカレー、1日10食限定

A09.16-21 126.jpg

横須賀の街かど

米軍基地ゲートに近い場所、看板も英語で歩く人もアメリカ人です

A09.16-21 134.jpg

<学童疎開の経験>

 昭和19年4月~昭和20年9月

私は、小学校2年から3年まで学童疎開をしている、家族からの差し入れを残すと

教師が盗り食べる時代、便所に隠れて食べ、道に落ちた食べ物は何でも拾い口に入れた

終戦後、自宅に帰った時は、衰弱し歩く体力もなく一日中縁側に座っていた

空襲、防空壕、グラマン戦闘機の機銃掃射から逃避など、戦争体験をしている

防空力もなく一方的に米軍機の爆撃を受け、多くの国民が犠牲になり住む家を失った

私は戦争に反対するが、国と国民の生命を護る自衛戦力は必要と考えている

徴兵制が復活すると不毛の発言も有るが、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツなど先進国は徴兵制がない 徴兵制実施は、ロシア、中国、キューバ、ベトナム、北朝鮮、韓国、台湾など・・何を感じるでしょうか

--------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、横須賀ぶらり散歩<戦艦三笠記念艦>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(88)  コメント(18) 
共通テーマ:旅行

横浜観光 添乗記(2)<夜景ハイライト> [神奈川の旅]

横浜観光 添乗記(2)

<夜景ハイライト>

昼の部の観光案内を終え、部屋でしばらく休息したあとはディナータイム

ホテル周辺で食事場所には事欠かないが、横浜が初めての姉たち

それでは中華街で食事にしようと、再び街へ出発したが、皆さんは揃って元気

食事の後はライトアップ、そしてホテルのテラスから夜景を楽しんでもらった

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:5月19日>

<横浜中華街>

中華街メイン通り

観光タクシーのドライバーから、大きな店が無難ですよと薦められたが

皆さんは構えの大きな店を好まない、そこで横道に入り適当な店を探すことにした

A05.19-41 111xxx.jpg

店先のキャラクター

歓迎ポーズでしょうか、この店には入らず斜め向かいの店へ

A05.19-41 115xxx.jpg

中華料理「彩鳳」

食が細い高齢者5人、コース料理は食べきれないの好きな単品を注文

店員の女性は台湾出身者で応対に好感が持てた、価格もリーズナブルでした

A05.19-41 118xxx.jpg

中華街の横通り

食事の後は彩鳳で地図を貰い、夜の中華街をぶらぶら散歩

彩鳳の通りには中規模の店が並んでいたが、観光客の姿は少ない

A05.19-41 121xxx.jpg

関帝廟

関帝廟に祭られる関羽は三国志に登場する武将、中華料理との関連は??

A05.19-41 135xxx.jpg

A05.19-41 138xxx.jpg

横浜媽祖廟(天后宮)

調べると台湾官建の台南市大天后宮より、天后「媽祖」の分霊を祀ったと言う

A05.19-41 144xxx.jpg

A05.19-41 148xxx.jpg

<夜景ハイライト>

みなとみらい夜景

大桟橋入口の夜景スポットで撮影、LED発光パネルが設けられていた

A05.19-51 115xxx.jpg

A05.19-51 119xxx.jpg

赤レンガ倉庫

ウイークデー(火)の午後8時過ぎ、昼間の賑わいとは変わり人の姿がない

A05.19-51 124xxx.jpg 

帆船日本丸

観覧車の映り込みを狙って撮影、左のビルは横浜ベイホテル東急です

A05.19-51 128xxx.jpg

<横浜ベイホテル東急>

ドアガールさん

可愛い女性、ブログ用にと頼むと快く応じてくれた

A05.19-51 131xxx.jpg

部屋のテラスから

A05.19-51 136xxx.jpg

翌日の朝景色

天気は前日より良いが見通しは悪い、横浜ベイブリッジを入れ撮影する

A05.20-11 115.jpg

在庫写真(撮影 2013.1.29)2点

この日は快晴、真冬の空は遠くまで見通しが良い

A05.20-11 117.jpg

赤レンガ倉庫、大桟橋、氷川丸などが見える

A05.20-11 119.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、東京観光 添乗記(1)<両国・東京江戸博物館>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(81)  コメント(16) 
共通テーマ:旅行

横浜観光 添乗記(1)<見どころ周遊> [神奈川の旅]

横浜観光 添乗記(11)

<見どころ周遊>

鎌倉を巡ったのは雨上がりの後、境内や木々の緑に古寺の風情を感じたが

青空を期待していた横浜は、残念ながら厚い雲に覆われ視界はよくない

山手地区から山下公園、赤レンガ倉庫、みなとみらい地区などに案内したが

横浜の見どころ周遊に3時間では不足、ツアー旅行のような観光になった

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:5月19日>

横浜観光案内

<港が見える丘>

戦後間もなく、平野愛子が歌い大流行した歌謡曲「港が見える丘」

横浜が初めての姉二人は、この歌に親しんだ年代、丘からの眺めは色あせている

A05.19-11 111.jpg

<山手111番館>

外人墓地の前に有る、山手十番館でランチの予定でいたが定休日

港が見える丘公園を散策し山手111番館へ、神戸とは違い無料で見学ができる

A05.19-11 131.jpg

山手111番館の室内

A05.19-11 133.jpg

A05.19-11 136.jpg

<ローズガーデン>

ウエディングドレス姿の女性、中国人かと思ったが日本語でした

A05.19-11 117.jpg

カップル(上の写真)を見つめる姉妹、この人たちも昔は若かった

A05.19-11 114.jpg

<外交官の家>

横浜山手には洋館が7ツあるが、時間の都合で次に選んだのは外交官の家

撮影をしなかったが、庭園のテラスで軽食をとった

A05.19-11 141.jpg

室内のバラ

A05.19-11 154.jpg

室内から洋ガーデン

A05.19-11 155.jpg

<元町通り>

ドライバーさんに依頼し、元町商店街を通り抜け車窓から観光をする

A05.19-15 119.jpg

<山下公園にて>

鎌倉のホテルから使用したワゴンタクシー、ドライバーのサービスも上々でした

前方はニューグランドホテル、マッカーサー元帥の執務室が残っている

A05.19-21 126.jpg

山下公園のローズガーデン

A05.19-21 124.jpg

氷川丸の前で記念撮影

左から、妻(??)、姉(80歳)、姉(83歳)、妹(72歳)です

CIMG0294 (538x404)vvv.jpg

赤い靴はいてた女の子

この少女像を見ながら、姉たちは童謡「赤い靴」を口ずさんでいた

A05.19-21 119.jpg

<くじらの背中>

大桟橋(くじらの背中)から赤レンガ倉庫などの景色を楽しむ

この後、赤レンガ倉庫を一周し館内で買い物、写真を撮ったが控えます

A05.19-31 111.jpg

<馬車道ドライブ>

契約した時間が余ったので、馬車道、日本大通り、中華街などをドライブ

A05.19-31 119.jpg

<帆船日本丸>

A05.19-31 115.jpg

<汽車道にて>

大観覧車の左側が、この日に宿泊したホテルです

A05.19-31 114.jpg

<横浜ベイホテル東急>

チェックインのあと部屋で休憩、テラスから見た新港地区の眺めです

A05.19-31 128.jpg

ひと休みした後は、横浜中華街へ行き夕食です

----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、横浜観光 添乗記(2)<横浜ライトアップ>を紹介します

---------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(72)  コメント(13) 
共通テーマ:旅行

鎌倉旅行 添乗記(7)<竹の庭 報国寺> [神奈川の旅]

鎌倉旅行 添乗記(7)

<竹の庭 報国寺>

古寺巡礼、最後に選んだのは竹林が美しい報国寺です、タクシードライバーも

観光客に推奨したい寺院だと話していた、朝8時半に鎌倉の宿を出発し約2時間

僅かな距離でも疲れを感じる高齢の姉妹たち、境内の茶亭で休息をしたが

京都とは、また違う古都鎌倉の古寺を良さに、皆さんから満足の言葉もらえた

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:5月19日>

功臣山 報国寺

<山門「藥医門」>

報国寺の開基は足利家時(足利尊氏祖父)、境内には足利一族の墓が有る

また北条・新田両軍の戦死者供養塔も有り、山号の功臣山も所縁が有るようだ

A05.19-41 111.jpg

<石畳の参道>

雨に濡れた静かな参道、枯山水の庭を見ながら本堂へ

A05.19-41 119.jpg

 陸地から離れた小島、白砂は海の波を表現していると思われる

CIMG0205 (538x404).jpg

<報国寺 本堂>

寺号:功臣山報国寺  宗派:臨済宗建長寺派  本尊:釈迦三尊像

扁額の銘は報国禅寺、本堂の柱に「合掌一礼」の文字、皆さんと参拝をする

A05.19-41 123.jpg

<竹の庭の立板>

本堂前に「竹の庭」の立て板、字の形は竹をあしらっている

A05.19-41 126.jpg

<報国寺 鐘楼>

A05.19-41 137.jpg

<苔むした屋根>

屋根の上に白い花、樹木の幹で宿り木のように生育する石斛です

3年前、松島瑞巌寺の隣りの円通院で見たことがある

A05.19-41 132.jpg

石斛(セッコク)

調べるとセッコクはラン科の植物、デンドロビウムの一種だと言う

A05.19-41 134.jpg

<竹林の入口>

踏み石の階段を上がり竹林へ、四季を通じて竹林の美しさを堪能できる

約 3,000本の孟宗竹、前回は風の音がすると妻が言っていたが、この日は無風です

A05.19-41 141.jpg

<竹林の六地蔵>

A05.19-41 144.jpg

<竹林の道>

竹の葉が入れ替わる時期、地面は落ち葉で覆われている

A05.19-41 149.jpg

<茶室「休耕庵」>

姉妹たちの疲れを癒すには格好の場所、竹林を歩く途中で案内した

A05.19-41 152.jpg

A05.19-41 161.jpg

<抹茶を頂く>

竹林を眺めながら頂く抹茶、干菓子は和三盆でした

A05.19-41 155.jpg

A05.19-41 158.jpg

<四姉妹>

マスク顔で失礼しました、左から妻・妹・姉(上)・姉の順です

 CIMG0218 (538x404)vvvv.jpg

<本堂の庭園>

禅宗寺院らしい枯山水庭園です、椅子の用意もあったが次へ

A05.19-41 167.jpg

<柘植の木?>

A05.19-41 170.jpg

<紫陽花を1点>

 A05.19-41 174.jpg

<竹林を後に>

本堂の庭園から、竹林を横に見て境内を後にする

A05.19-41 177.jpg

この後は横浜へ向かったが、季節の花「紫陽花」を先にアップします

----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、高幡不動尊<紫陽花まつり>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(72)  コメント(15) 
共通テーマ:旅行

鎌倉旅行 添乗記(6)<北鎌倉 明月院> [神奈川の旅]

鎌倉旅行 添乗記(6)

<北鎌倉 明月院>

北鎌倉駅を降りると、円覚寺、東慶寺、浄智寺、そして明月院の順に歩く事が多い

この日は高齢の姉妹たちを案内するガイド役、広い境内の円覚寺、長い石段の

浄智寺を避け、東慶寺の次に明月院を選んだが、紫陽花の見ごろには2週間早い

そこで、2012年6月と2015年9月の在庫写真を取り出して、この記事をまとめた

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:5月19日>

2015年5月19日

<鎌倉石の参道>

明月院は、長谷寺、成就寺と共に鎌倉の紫陽花の名所、6月初旬から中旬には

この参道も大勢で溢れるようになる、前を歩くのは小学生の修学旅行です

A05.19-31 115.jpg

<枯山水庭園>

本堂前の大香炉を入れて撮影した

山号:福源山明月院  宗派:臨済宗建長寺派  本尊:聖観世音菩薩

A05.19-31 122.jpg

<本堂の部屋>

円形の窓は、悟りの窓であろうか?

京都鷹ヶ峯の源光庵には、角窓「迷いの窓」と円窓「悟りの窓」がある

A05.19-31 127.jpg

<六地蔵>

A05.19-31 133.jpg

<花想い地蔵>

A05.19-31 135.jpg

<開山堂>

開山堂の左には、明月院やぐらと呼ばれている岩を掘った墓所がある

鎌倉の寺院にはこのような洞窟が多いと説明、姉妹たちは熱心に眺めていた

A05.19-31 139.jpg

紫陽花の一種でしょうか?

CIMG0184 (538x405).jpg 

<北条時頼の墓所(鎌倉幕府5代執権)>

元寇の役の時の執権北条時宗の父、皆さんに謡曲「鉢の木」の説明をする

A05.19-31 161.jpg

<茶室「月笑亭」>

A05.19-31 151.jpg

<庭園の花>

A05.19-31 158.jpg

2012年6月14日

<花菖蒲苑>

谷戸の湧水を利用した花菖蒲畑、前方の書院に悟りの窓が見える

D12.06.14-51 明月院19 (538x405).jpg

<山門前の参道>

参道の紫陽花は見ごろ、訪れる人が多く空いた時に撮った写真です

D12.06.14-11 明月院31 (538x404).jpg

2010年9月14日

<山門前の参道>

鎌倉石の石段は柔らかい、杉本寺、浄智寺にも風情のある石段が有る

061 (538x403).jpg

<お茶のサービス>

5年前は部屋でお茶を頂けたが(矢印)、今は上がる事はできない

A05.19-31 129xxx.jpg

モデルは妻です

A05.19-31 131.jpg

--------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、鎌倉観光 添乗記(7)<竹の庭 報国寺>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(76)  コメント(17) 
共通テーマ:旅行

鎌倉旅行 添乗記(5)<北鎌倉 東慶寺> [神奈川の旅]

鎌倉旅行 添乗記(5)

<北鎌倉 東慶寺>

西宮と大阪から来た姉二人は傘寿を超えたが、鎌倉旅行は今回が初めてだと言う

私が選んだのは、姉妹たちの体力に負担がかからず印象に残る古寺

北鎌倉の東慶寺、明月院、そして竹の庭報国寺の順に巡ったが、雨上りの境内は

しっとり感があり雰囲気が良い、先ずは花の寺東慶寺から記事を進めます

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:5月19日>

<東慶寺の朝>

紫陽花の見頃には早いとはいえ、山門前の石段には珍しく拝観者の姿がない

朝9時30分に入山し、拝観を終え帰る頃に女性3人に出会った

A05.19-21 111.jpg

茅葺の山門

A05.19-21 115.jpg

参道の石畳

東慶寺に向かう前に降っていた雨も上がり、境内の眺めは清々しい

A05.19-21 122.jpg

東慶寺鐘楼

この記事のアップは約ひと月遅れ、今頃は見ごろであろう

さる1号さんの記事(6月12日)に同じアングル、咲き具合は明らかに違います

A05.19-21 132.jpg

A05.19-21 119.jpg

境内の花

紫陽花が咲き始めていたが、端境期なのか花の種類は少ないようだ

A05.19-21 125.jpg

花の名は不詳

A05.19-21 127.jpg

ツユクサ(梅雨草)

A05.19-21 129.jpg

本堂「泰平殿」

宝形造りの2層屋根が美しい本堂、本尊「釈迦如来坐像」が正面に見える

東慶寺のパンフレットには、本堂の屋根をロゴに使っている

A05.19-21 135.jpg

参拝する4姉妹、本尊の撮影は遠慮した

CIMG0148 (538x403).jpg 

露座の金仏

東慶寺の開創は北条時宗の夫人覚山志道尼、円覚寺の時宗廟と向き合っている

A05.19-21 146.jpg

東慶寺の花畑

黄アヤメは咲いているが、よく見ると花は終わりに近い

この後には花菖蒲が咲き始める、前方の建物は茶亭白蓮舎です

A05.19-21 143.jpg

東慶寺の崖

崖を覆うように取りついている緑色の葉は「岩タバコ」です

A05.19-21 138.jpg

花芽は出始めているようだが、咲くには少し早いようです

A05.19-21 140.jpg

☆ ☆ 昨年の6月21日に撮影した岩タバコです

A05.19-21 141 (538x403).jpg

境内から山門へ

A05.19-21 149.jpg

かけこみ寺旧跡

029 (538x404).jpg

--------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、鎌倉観光添乗記(6)<北鎌倉明月院>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(71)  コメント(15) 

鎌倉旅行 添乗記(4)<鶴岡八幡宮> [神奈川の旅]

鎌倉旅行 添乗記(4)

<鶴岡八幡宮>

妻の姉妹たちを案内する添乗員旅行も2日目、この日は鎌倉の古寺巡りを続け

その後は横浜の山手地区から山下公園などを観光し、みなとみらいのホテルに宿泊

足腰の弱い4姉妹を配慮し、この日も終日ワゴンハイヤーを手配した

鎌倉の古寺巡りは東慶寺、明月院、報国寺、その前に鶴岡八幡宮に立ち寄った

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:5月19日>

<別称 鎌倉八幡宮>

一の鳥居

材木座海岸から続く八幡宮の参道、この先の若宮大路は工事中でした

鶴岡八幡宮は、別称で鎌倉八幡宮ともいう

A05.19-11 111.jpg

舞殿・本宮

太鼓橋の上から、舞殿に続く参道を撮影

参詣者の姿は少ない(朝8時45分)、露店の屋台が準備を始めていた

A05.19-11 115.jpg

 本宮をズームアップ

鎌倉幕府 初代将軍源頼朝ゆかりの神社である

鶴岡八幡宮は、鎌倉武士、武家源氏の守護神、三大八幡宮の一社と言う

A05.19-11 119.jpg

本宮の扁額

扁額は、神聖な神の使いとされる白鳩で八の字にあしらっている

本宮への石段は手すりもない61段、姉たちは頑張って上り下りをしてくれた

A05.19-11 131.jpg

朝の行事(勤め)を終えて

祭神は、応神天皇、比売神、神功皇后の3柱

それぞれの持ち場に戻る、大勢の神職さんと巫女さんたち

CIMG0112 (538x404).jpg

CIMG0113 (538x405).jpg

本宮(上宮)

柵の奥は撮影禁止、離れた場所から撮影をした

A05.19-11 135.jpg

本宮(上宮)の宝物殿

A05.19-11 142.jpg

宝物殿の神輿(祭神3体)

例大祭(2010年9月15日)の時の撮影です

A05.19-11 143.jpg

倒伏したご神木

2010.3.10の強風により根元から倒れた、三つに切断し下の部分は右に移植

元の部分から出ていた、ひこばえ(若芽)は1本を残し成長していた

A05.19-11 145.jpg

樹齢1000年の大銀杏と倒伏の説明

A05.19-11 147.jpg

巫女さんの後ろ姿

両手を前で組み手を振らずに歩く、その姿n品を感じる

A05.19-11 149.jpg

白旗神社

深緑に包まれた黒塗りの社殿が美しい、源頼朝、実朝を祀っている

A05.19-11 161.jpg

源平池

蓮池の奥には旗上弁天社、源氏の白旗が沢山並んでいる

A05.19-11 152.jpg

白い鳩

鳩は神の使い、白鳩は源氏の旗になっている

A05.19-11 155.jpg

流鏑馬神事が行われる通り

 毎年、例大祭期間の9月16日に行われるが一度この目で見たい

A05.19-11 159.jpg

----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、鎌倉旅行添乗記(5)<北鎌倉東慶寺>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(78)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

鎌倉旅行 添乗記(3)<鎌倉大仏&錢洗い弁天> [神奈川の旅]

鎌倉旅行 添乗記(3)

<鎌倉大仏&錢洗弁天>

鎌倉は武士が築いた都、源氏・北条氏に所縁のある神社仏閣が多い

この日に訪れた鎌倉大仏、錢洗弁財天も同様である、20年ほど前に浄智寺から

源氏山を越え錢洗弁財天へ、そして鎌倉駅まで歩いたが、今は当時の体力もない

また、傘寿を超えた姉二人の坂歩きを控えるため、観光タクシーで巡回した

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:5月18日>

<鎌倉大仏 高徳院>

鎌倉幕府第3代執権 北条泰時の時代、僧 浄光が諸国を勧進し造立した言うが

僧侶一人で造立できるものではなく、鎌倉幕府も大きく関わったと言う

当初は木造であったが台風により倒壊し、約10年後に金剛仏を造立した

A05.18-31 111.jpg

露座の大仏

奈良の大仏と同様に「大仏殿」があったが、地震と津波により倒壊

その後は露座の大仏になった、境内の各所には「大仏殿の礎石」が残っている

A05.18-31 119.jpg

大仏  像高11,39m(台座含む)

寺号:大異山清浄泉寺高徳院  宗派:浄土宗  本尊:阿弥陀如来坐像(大仏)

A05.18-31 121.jpg

大仏の胎内へ

姉が胎内を見たいというので揃って中へ

子供たちが小さい頃は開放した窓枠から外を覗いていたが、今はできない

A05.18-31 123.jpg

欧米系の夫婦

奥さんの表情とポーズが素敵、微笑ましいショットです

高徳院の大仏は鎌倉を代表する名所、外国人観光客が驚くほど多い

A05.18-31 126.jpg

アジア系の仏教国らしいツアー

このような大きな幕を用意し記念撮影、皆さんの表情はまじめで硬い

境内一帯は「鎌倉大仏殿跡」の名称で国宝に指定されている

A05.18-31 129.jpg

<錢洗弁財天>

源頼朝が、巳年である文治元年(1185)の巳の月、巳の日に見た霊夢に従い

佐助ケ谷の岩壁に湧く霊水を見つけ、祠に社を立て宇賀神を祀ったという

北条時頼が冷水で銭を洗い一族繁栄を祈ったのが、銭洗いの始まりと伝えられている

A05.18-41 111.jpg

隧道の参道

A05.18-41 114.jpg

宇賀福神社境内

社務所と洞窟の間に「市杵島姫命」を祀る本宮があるが、写真を撮り忘れる

A05.18-41 117.jpg

お参りと銭洗いのセット

社務所の受付で、線香、ロウソク、銭洗いの笊(ザル)を求める

A05.18-41 120.jpg

本宮にお参り

ロウソクを立て線香を焚き、本宮社にお参り

A05.18-41 123.jpg

洞窟内の奥宮

洞内には宇賀神と弁財天が祀られている

洞窟内に沸く清水で硬貨などを洗うと増えると伝えられているが??

A05.18-41 125.jpg

A05.18-41 129.jpg

鎌倉五名水の一つ

ザルに硬貨を入れ清水を注ぎ願い事、姉妹たちも熱心です

A05.18-41 132.jpg

境内社「上之水神社」

A05.18-41 135.jpg

境内社「下之水神社」

A05.18-41 138.jpg

隧道を通り帰路

この隧道は戦後に完成、それまでは南側の細い裏参道が入口であったと言う

A05.18-41 141.jpg

待たせていたタクシーでこの日の宿へ(前記事)、旅の1日目が終了です

--------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、昭和記念公園<初夏の花散歩>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(76)  コメント(19) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 神奈川の旅 ブログトップ