So-net無料ブログ作成
検索選択
東京の公園 ブログトップ
前の10件 | -

井之頭公園の桜 [東京の公園]

井之頭公園の桜
 
都心で所用を済ませ、浜離宮で花散歩をした後は、千代田区のさくら祭りを
 
見に行く選択肢もあったが、見ごろにはまだ早いと帰宅することにした
 
しかし、中央線快速電車の車中で気が変わり、吉祥寺駅から近い井之頭公園へ
 
七井橋から眺める桜は東京の名所の一つですが、予想通り4分咲き程度でした
 
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<撮影日:4月2日>
<井之頭公園の桜>
 
咲き始めた公園の桜、学校は春休みとは言え桜に誘われた人たちが多い
 
ボートはすべて貸し出され、ご覧のように池の中も混雑状態です 
 
 A04-03-21 117.jpg
 
ボート乗り場
 
家族連れや若いカップルが長い行列をつくり、順番待ちをしています
 
 A04-03-21 114.jpg
 
<満開の桜(3年前)>
 
満開の時に撮った、在庫写真の中から蔵出しです
 
撮影は2014年4月1日(朝10時過ぎ)、時間が早いのでボートに乗る人は少ない
 
 P4010982 (538x403)  2014. 4. 1.jpg
 
花見会の人たち
 
咲いた桜を愛でるより、解放感を満足させるのが目的でしょうか
 
この日の夕方は都心で雷雲が発生、井之頭公園でも影響があったでしょう
 
 A04-03-21 119.jpg
 
新入社員の歓迎会?(午後3時)
 
この日は企業の入社式、新入社員(スーツ姿の若者)の歓迎会のようです
 
 A04-03-21 121.jpg
 
外国の人たち
 
日本式のお花見会は、外国人にも定着しているようです
 
 A04-03-21 123.jpg
 
満開の桜
 
この日の開花状況は4分咲き、木によって咲き具合が違うようです
 
A04-03-21 125.jpg
 
池を囲む桜
 
日当たりが良く、遮るが物がない池に向かって枝を伸ばしています
 
 A04-03-21 128.jpg
 
枝が水没した桜
 
桜の枝が池につかり、そして再び上に、その枝先には花が咲いていない
 
A04-03-21 130.jpg
 
太い幹を腹巻で保護
 
桜の根元の土が浸蝕された影響で、桜の幹が傾いたのでしょうか?
 
A04-03-21 132xxx.jpg
 
ヒコバエを写す人
 
太い幹を切り落とした桜、その根元からヒコバエが成長し花が咲いています
 
A04-03-21 134xxx.jpg
 
こぐ手を休めて
 
鴨(カルガモ?)のカップルを撮影、エサをねだっている鴨もいた
 
 A04-03-21 137.jpg
 
和風姿のご婦人たち
 
桜が咲く公園に和服の女性たち、カメラを向けたくなります
 
A04-03-21 144.jpg
 
コブシの花
 
太陽に向かって咲いている花の裏側を撮影したが、これも良いと自画自賛
 
 A04-03-21 139.jpg
 
タチツボスミレ
 
桜の根元でひっそり咲いている野の花スミレ、しかし目を向ける人は少ない
 
 A04-03-21 151.jpg
 
イチリンソウ(一輪草)
 
A04-03-21 154.jpg
 
開花宣言後に低温が続き満開になるのが遅れた東京の桜、ようやく見ごろを迎えると
一転して20度を超える日の連続で、そして菜種梅雨のような不安定な天気

4月9日は自治会の総会、地元諸団体の会合、新たに就任する老人会々長の準備などで
花見に行ける日が限られるが、可能な限りチャレンジをする予定です

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
次回は、小江戸川越<見どころ散歩>を紹介します
------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

nice!(53)  コメント(11) 

浜離宮恩賜庭園 [東京の公園]

浜離宮恩賜庭園
 
開花宣言のあと足踏みをしていた東京の桜、テレビでは満開と報道していたが
 
それは条件の良い靖国神社の標準木、満開なら千鳥ヶ淵、芝公園、国立劇場へ行くが
 
あえて桜の本数が少ない浜離宮を選んだのは、都心での所用と桜が見ごろ前のため
 
妻は満開と信じていたが、私の説明に納得、東京の桜は3~5分咲きでした
 
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<撮影日:4月3日>
<春の浜離宮>
 
菜の花畑
 
観梅の時期に、菜の花と高層ビルのコラボ写真を撮っているが
 
それは3月初旬のこと、1か月後の4月3日でも菜の花は見ごろでした
 
 A04-03-11 111.jpg
 
菜の花を引き寄せて・2点
 
A04-03-11 114.jpg
 
A04-03-11 117.jpg
 
お花畑のサクラ
 
A04-03-11 120.jpg
 
水上バス
 
汽笛を鳴らしながら水上バスが発着所へ、混まずに浅草へ行ける穴場です
 
A04-03-11 128.jpg
 
横堀水門
 
浜離宮の池は潮入りの池、海水の干満に合わせて水位を調整している
 
 A04-03-11 131.jpg
 
花見の女性たち
 
眺めているのは対岸のサクラ、少し肌寒いが良い季節になった
 
A04-03-11 135.jpg
 
池の畔のサクラ
 
対岸から池に映る桜を撮りたかったが、この程度(3分咲き)では難しい
 
 A04-03-11 137.jpg
 
モミジの若葉と花
 
皆さんの目的は隣りのサクラ(上の写真)、モミジには関心がないようです
 
 A04-03-11 144.jpg
 
A04-03-11 146.jpg
 
中島の御茶屋
 
欧米系の観光客が、御茶屋でお点前を頂くため長い行列
 
その写真を撮ったがウッカリミスで消去(この写真は2015年3月の撮影です)
 
 A04-03-11 149.jpg
 
花木園の花
 
ハナモモ(花桃)が咲き始めると一挙に華やかになる
 
A04-03-11 161.jpg
 
 A04-03-11 164.jpg
 
ハナモモ(7分咲き)
 
 A04-03-11 165.jpg
 
売店で買い物
 
浜離宮の中には売店がこの1カ所のみ、昼前ですが休憩タイムです
 
 A04-03-11 174.jpg
 
春の和菓子
 
ハナモモ、サクラ、ユキヤナギなどを眺めながら・・花より団子?
 
 A04-03-11 177.jpg
 
欧米系の観光客
 
この日は欧米系の観光客が多い、今まで浜離宮に訪れたなかで最高の人出です
 
 A04-03-11 207.jpg
 
欧米系の親子連れ
 
A04-03-11 204.jpg 
 
日の当たる丘でひと休み
 
 A04-03-11 201.jpg
 
オオシマサクラ(大島桜)
 
 A04-03-11 183.jpg
 
足元で咲く野の花
 
ヒメオドリコソウ、オオイヌノフヅリ、タンポポのコラボです
 
 A04-03-11 211.jpg
 
ヒメオドリコソウ
 
A04-03-11 214.jpg
 
ホトケノザ
 
 A04-03-11 217.jpg
 
タンポポ
 
 A04-03-11 226.jpg
 
------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
次回は、井之頭公園<ミニ散歩>を紹介します
------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(69)  コメント(18) 

秋の皇居前広場<ぶらり散策> [東京の公園]

秋の皇居前広場

<ぶらり散策>

立川からJR中央線と東京メトロを乗り継いで、日比谷公園まで約1時間半

晩秋の公園と菊花展を楽しんだが、このまま真っすぐ帰るには勿体ない小春日和

そこで皇居前広場を通り抜け、東京駅まで約2kmを秋のぶらり散歩を楽しんだ

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:11月12日>

<都心の秋景色>

日比谷公園 第二花壇

中央は東京電力本店の電波塔、NBF日比谷ビル(左)、みずほ銀行内幸町ビル

中央はNTTビル(低層)重電会社の本社が有ったので、打ち合わせに何度も通った

左手に有った鹿鳴館の跡地はどうなったのか?、その隣りは帝国ホテルです

CIMG4670 (538x403).jpg

日比谷濠(1)

風のない穏やかな好天気、お濠に映るビルを撮影した

前方左はパレスホテル、右は日本生命丸の内タワー、大都会の景観です

A11-12-31 111.jpg

日比谷濠(2)

明治生命、帝国劇場、第一生命、ビルの名は変わっているが敢えて旧名で記入

A11-12-31 114.jpg

プラタナスの黄葉

A11-12-31 121.jpg

A11-12-31 124.jpg

楠木正成像

はとバス、観光バスの駐車場に近い場所、数十年ぶりに写真を撮った

A11-12-31 129.jpg

明治生命館

明治生命館の内部は重要文化財に指定、背後は明治安田生命のタワービルです

A11-12-31 131.jpg

皇居前広場のケヤキ

紅葉したケヤキの色が違うので撮影したが、目で見た違いが分かり難い

A11-12-31 135.jpg

黒松と高層ビル

東京海上日動ビル(茶色)、新丸ビル(右)、東京駅前の丸の内一帯です

A11-12-31 138.jpg

広場の黒松

皇居前広場(皇居外苑)には、約3,000本の黒松が有ると言う

昭和30年~40年代は、若いカップルの夜のデートスポットでした

 A11-12-31 142.jpg

木に登った男女

よく見ると外国人の若いカップル、木の上もデートスポットでしょうか?

A11-12-31 145xxx.jpg

和田倉噴水公園

天皇陛下ご成婚記念の大噴水、奥に皇太子殿下ご成婚記念の噴水も有る

A11-12-31 157.jpg

行幸通り

この通りまで来ると東京駅は正面で近い、行幸通りは風の道の一つです

A11-12-31 151.jpg

街路樹はイチョウ

東京駅周辺と行幸通りにはイチョウの木が多い、イチョウは東京都の木です

A11-12-31 159.jpg

A11-12-31 161.jpg

イチョウを望遠撮影

A11-12-31 166.jpg

和田倉濠

皇居前を歩くと和田倉濠は私の撮影スポット、少し風が出てきた

A11-12-31 170.jpg

白鳥のカップル

A11-12-31 174.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、錦秋の日本庭園<昭和記念公園(280)>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(65)  コメント(13) 

春のバラフェスティバル<旧古河庭園> [東京の公園]

春のバラフェスティバル

<旧古河庭園>

今年は旧古河庭園のバラを見に行こうと、早くから決めていた、しかし

大型連休が明けると地元団体の総会などが続くので、連休後半を選び庭園へ

この日はバラフェスティバルの初日、園内には90種180本のバラが有り

案内板には4分咲きと紹介していたが、それでも豪華で美しいバラに満足でした

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:5月7日>

<庭園のバラ>

武蔵野台地の斜面と低地を活かし、北側の小高い丘に西洋館が建ち

斜面にはバラ花壇を設けた洋風庭園、そして低地には心字池を中心に日本庭園

和と洋が調和したこの旧古河庭園は、国の名勝に指定されている

A05-05-11 111.jpg

石造りの洋館

英国貴族の邸宅にならった古典様式の洋館、外観は真鶴産の赤みをおびた

新小松石(安山岩)で造られ、雨にぬれると落ち着いた色調になると言う

A05-05-11 117.jpg

バラ花壇と洋館

バラフェスティバルの初日だが入園者が多い、以下は写真の羅列です

A05-05-11 139.jpg

リオサンバ(アメリカ)⇓

A05-05-11 144  リオサンバ.jpg

ピース(フランス)⇓

A05-05-11 149  ピース.jpg

ミスターリンカーン(アメリカ)⇓

A05-05-11 136  ミスターリンカーン.jpg

桃 香(日本)⇓

A05-05-11 164  琴音.jpg

琴 音(日本)⇓

A05-05-11 129  桃香.jpg

ライラック ビューティー(フランス)⇓

A05-05-11 158  ライラックビーティー.jpg

カリフォルニア ドリーミング(アメリカ)⇓

A05-05-11 126カリフォルニア・ドリーミング.jpg

ロイヤルプ リンセス(フランス)⇓

A05-05-11 195  ロイヤルプリンセス.jpg

熱 情(日本)⇓

A05-05-11 193  熱情.jpg

芳 香(日本)⇓

A05-05-11 182  芳香.jpg

プリンセス ミチコ(イギリス)⇓

 A05-05-11 204  プリンセス・ミチコ.jpg

撮影に夢中の女性(妻です)

A05-05-11 174.jpg

妻が撮った写真です

A05-05-11 199.jpg

日本庭園の雪見灯篭

美しい新緑を眺めながら心字池を一周、踏み石で亀が甲羅干しをしている

A05-05-21 111.jpg

いたずら心で雪見灯篭を撮影、樹木名は不詳です

A05-05-21 115.jpg

大輪の薔薇と洋館

この日のバラ観賞はこの写真で最後、旧古河庭園を後にする

A05-05-11 206.jpg

----------------------------------------------------------------------------------------------------

<駒込地藏堂>

寛文8年(1668)に駒込の今井家が子孫の繁栄を祈願して地蔵堂を建立

駒込駅から旧古河庭園に向かう本郷通り(日光御成道)にあった

A05-05-31 111.jpg

駒込妙義坂子育地蔵尊

右から、如意輪観音菩薩、子育地蔵尊、少女供養碑(次の写真です)

A05-05-31 115.jpg

少女供養碑

おかっぱ頭のセーラー服姿の少女が、片手に宝珠を持ち、もう一人は

錫杖を持ち手をつないでいる、昭和8年にこの近くで交通事故に遭い亡くなった

11歳の仲良し少女を供養するために建てられたと、記されていた

A05-05-31 122xxx.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、わが家の花<2016年4~5月編>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(71)  コメント(11) 

菜の花と高層ビル<浜離宮恩賜庭園> [東京の公園]

菜の花と高層ビル

<浜離宮庭園>

この日の天気予報は終日快晴、ソネブロのオフ会が上野で行われるのに合わせ

年ぶりに浜離宮庭園へ、目的は菜の花畑と高層ビルのコラボ撮影です

大都会の公園ならではの春景色、今年の菜の花は生育状態が極めて良い

美しいコラボレーションに満足したあとは、東京メトロで上野へ向かった

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:3月3日>

<浜離宮恩賜庭園>

菜の花畑

庭園の正門を入ると、正面に黄色の絨毯が見えてくる

先ずは内堀の対岸から撮影、ウイークデーの午後のためか入園者は少ない

A03-03-11 111.jpg

高層ビルとコラボレーション

昨年は約1/5ほどの面積で花の咲き具合が悪かったが、今年は上々です

A03-03-11 117.jpg

A03-03-11 120.jpg

新婚さんのカップル

同行したスタッフが次の準備中に、花嫁さんがコンデジで撮影です

A03-03-11 124.jpg

白梅と菜の花畑

A03-03-11 126.jpg

ホトケノザ

菜の花の下で沢山咲いていた

A03-03-11 129.jpg

水 門

浜離宮は潮入の池(水門で池の水門を調整)、ボラなど海の魚が生息している

A03-03-21 107.jpg

高層ビルと潮入の池

この場所から見る眺めも好きで、花離宮を訪れると何時もカメラを向ける

A03-03-21 111.jpg

中島の御茶屋

お伝い橋を渡り中島へ、ここから撮るポイントも私の好みです

A03-03-21 114.jpg

御茶屋からの眺め

隣り合わせた男性は、この眺めが好きで年間パスポート持っていると言う

A03-03-21 127.jpg

抹茶と和菓子

和菓子は、菜の花をあしらっている

A03-03-21 129.jpg

白梅「谷の雪」

A03-03-21 132.jpg

寒緋桜

A03-03-21 135.jpg

鴨場、三百年の松などクロマツを撮ったが省略します

----------------------------------------------------------------------------------------------------

<ソネブロ・オフ会>

不忍池弁天堂

オフ会が始まる約2時間前の到着、余った時間を喫茶店(読書)で過ごす

CIMG9461 (538x404).jpg

アメ横を通る

オフ会の会場に行く前に、アメ横を少し散歩

CIMG9466 (538x404).jpg

中国人相手の店

アメ横も様変わりし、このような食事処が数軒できていた

CIMG9467 (538x402).jpg

オフ会「れんこん」

金沢から上京した、くまらさんに会わせて開催したオフ会

駅員3さんの呼びかけに女性5人を含む17名が参加、メンバー名は割愛します

CIMG9471 (538x403).jpg

ソネブロ恒例・ビールで乾杯

れんこん料理に飲み放題(料理の撮影はせず)、賑やかで楽しい2時間半でした

CIMG9473 (538x404).jpg

オフ会を終えて

午後9時半に解散、2次会に行ったグループも有るようだが、私は直帰する

CIMG9478 (538x404).jpg

-------------------------------------------------------------------------------------------------

自治会の仕事など多忙のため、皆さんのブログへの訪問が遅れています

急いでこの記事を作成しましたので、まとまりが有りませんがご容赦ください

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(86)  コメント(24) 

都立薬用植物園<秋の花さんぽ> [東京の公園]

都立薬用植物園

<秋の花さんぽ

多忙でカメラ散歩に行けない月日が続いたが、ようやく余裕を持てるようになった

シルバーウイークは晴天が続き、散歩には申し分はないが花の端境期

そこで足腰の鍛錬を兼ね、玉川上水から薬用植物園までのロング散歩を実施した

陽春に比べ少ないとは言え、他では見れない花々の撮影ができ目的を果たした

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:9月22日>

<植物園の花>

自宅から約2km、少し疲れを感じるころに薬用植物園に到着する

新宿御苑などと同じ都立公園のため、月曜日は休園日です

A09.22-31 115.jpg

オミナエシ(女郎花)

A09.22-31 121.jpg

ハギ(萩)

A09.22-31 157.jpg

シオン(紫苑)

根及び根茎(漢方処方薬:鎮咳、去痰作用に使用)

A09.22-31 118.jpg

ラシャガキグサ(マツムシソウ科)

羅紗(ラシャ)を毛羽立てるのに用いられた

A09.22-31 202.jpg

オオケタデ(タデ科)

江戸時代の著書には「おでき」等に用いられたと記載

A09.22-31 196.jpg

カイソウ(有毒植物)

紀元前からエジプト、ギリシャで薬物植物として利用、殺鼠剤として用いられた

 A09.22-31 176.jpg

エゴマ(シソ科)

和傘、提灯等の防水加工に使用、食用ゴマの代用

A09.22-31 199.jpg

フジマメ

生薬名:ヘンズ(白編豆)、薬用部分:種子

A09.22-31 125.jpg

トロロアオイ(アオイ科)

根を、緩和粘滑薬(和紙を漉く際の糊)に使用する

A09.22-31 185.jpg

スズムシバナ(キツネノゴマ科)

 A09.22-31 144.jpg

タチフウロ(フウロソウ科)

A09.22-31 148.jpg

 イヌサフラン有毒植物)

嘔吐、胃痛、呼吸麻痺を発症(ギョウジャニンニクと間違えて食べ死亡例がある)

A09.22-31 141.jpg

ホトトギス(ユリ科)

ホトトギスとヒロハノタイワンホトトギスの交雑種

A09.22-31 164.jpg

ムクゲ(槿)

花の蕾を煎じて下痢止めに、樹皮のアルコール浸出液を水虫の治療に用いる

A09.22-31 129.jpg 

チョウセンアサガオ

葉・種子:硫酸アトロピン(鎮痛、鎮痙薬)などの製造原料に使用

A09.22-31 180.jpg

ヘビウリ(ウリ科)

若い果実を食用(スープ、炒めまのなど)に使用

A09.22-31 191.jpg

ヘビウリの果実・長さは1mにもなる

A09.22-31 193.jpg

ゲンペイクサギ(クマツヅラ科)

温室で撮影した植物、一年中花を観賞できる

A09.22-51 136.jpg

ヒガンバナ(曼珠沙華)

今年の彼岸花は、この花で見納めです

A09.22-31 170.jpg

民家の花「ミズヒキ」

薬用植物園に向かう途中で見た、ミズヒキとケイトウ、思わず撮影した

A09.22-11 129.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、横須賀ぶらり散歩<軍港めぐり>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(75)  コメント(17) 

薬用植物園(2)<ケシの花> [東京の公園]

都立薬用植物園(2)

<ケシの花>

前記事では「ナンジャモンジャ」の花を紹介したが、この日の収穫は

普段は厳重な囲いでの中で栽培され、近くでは見れない「ケシの花」の観察です

薬用植物園の名が示す通り、医薬品用や民間薬の植物が数多く栽培されているが

ケシもその中の一つ、花は美しいが厳重な囲いの中で可憐に咲いている

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:5月3日>

<MEDICINAL GARDEN>

 A05.03-11 111.jpg

<ケシの畑>

厳重な囲いで管理

平常時は二重の柵と有刺鉄線で厳重に囲まれている、ケシの栽培エリア

花が咲く数日間は中の柵まで入ることが許される

A05.03-31 128.jpg

柵の隙間にカメラを入れ撮影した

P5030448 (538x404).jpg 

果実(ケシ坊主)にアヘンの成分が含まれる

A05.03-31 131.jpg

ポピーに似た美しい花です

A05.03-31 133.jpg

赤く咲くのは・・ケシの花~ こんな歌が有った!

A05.03-31 137.jpg

アヘン法により栽培禁止 (国に物納しているようだ)

モルヒネなど、アヘンアルカロイドガ含まれ鎮痛剤、鎮咳剤になどの原料に使用

 A14.05.07-4120E6A48DE789A9E59C9215-83423[1].jpg

<ヒマラヤの青いケシ>

正式名は「メコノプシィ・プランディス」

平成2年(1990)、大阪の花博「EXPO90」に展示され有名になった

アヘン性が少なく温室に保管されているが、ガラス窓の外から撮影した

A05.03-31 111.jpg

薄いブルーが美しい

A05.03-31 115.jpg

A05.03-31 119.jpg

<近くの花木など>

玉川上水駅北口

基地跡地が再開発されマンション群に生まれ変わった(撮影:5月2日)

A05.02-01 111.jpg

ニセアカシアの花

玉川上水沿いに高い木が2本、房がフジのように見える(撮影:5月2日)

A05.03-51 119  ニセアカシア.jpg

ハナミズキ

自宅近くの小学校、普通のハナミズキより咲くのが遅い(撮影:5月5日)

A05.03-51 115.jpg

ハンカチの木

農地の中に有ったが花は終盤でした(撮影:5月5日)

A05.03-51 111.jpg

サクランボ

近くの家のサクランボ、毎年頂くが小ぶりで少し酸っぱい(撮影:5月11日)

CIMG9366 (538x404).jpg

実生の苗木を頂き庭に植えたが、何年たてば食卓に並ぶのか??

CIMG9711 (538x404).jpg

レンゲ(撮影:5月2日)

A05.03-31 185.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、国民宿舎「鵜の岬」を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(73)  コメント(14) 

薬用植物園(1)<ナンジャモンジャ> [東京の公園]

都立薬用植物園(1)

<ナンジャモンジャ>

薬用植物園は、漢方薬、民間薬など現在の医薬に使用される植物を栽培している

今回は春の花の撮影が目的だが、一番は「ナンジャモンジャ」の花

深大寺の境内にも有るが少し遠い、昨年この植物園で咲いているのを知り

今年も同じ時期に見に行ったが、幸い最も美しい時に観賞することができた

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:5月3日>

<陽春の花めぐり>

植物園のゲートを通ると正面に温室が有る、前回(4月12日)から20日間

枝垂れ桜(左)は新緑に変わり、園内は春本番の眺めになっていた

A05.03-11 115.jpg

ナンジャモンジャの大木

全体を白一色で覆い尽くした「ナンジャモンジャ」の木が2本

草星舎と比べると、樹木の大きさがよく分かる

A05.03-11 131.jpg

正式名は「ヒトツバタゴ(一ッ葉田子)」

モクセイ科の植物、樹高は15m以上も有る

A05.03-11 134.jpg

ナンジャモンジャの由来

昔々、旅人が寺の住職にこの木は何という名でしょうか・・と尋ねたところ

住職は答えられず、口の中で「なんじゃもんじゃ」と呟いたの名になった言う

A05.03-11 140.jpg

シュレッダー・・紙を切り裂いたように見える

A05.03-11 137.jpg

A05.03-11 149.jpg

ベニハナトチノキ(トチノキ科)

この植物園では、花木や草花に名を記した名板が付いているので分かりやすい

A05.03-11 122.jpg

ギョリュウ

A05.03-11 129.jpg

ナニワイバラ(バラ科)

A05.03-11 151.jpg

A05.03-11 155.jpg

シラン・紫蘭(ラン科)

A05.03-31 142.jpg

A05.03-31 149.jpg

イチハツ(アヤメ科)

A05.03-31 154.jpg

ヒメシャガ(アヤメ科)

A05.03-31 157.jpg

タツナミソウ(シソ科)

A05.03-31 174.jpg

ヤマタツナミソウ(シソ科)

 CIMG8645 (538x404).jpg

レッドキャピオン(ナデシコ科)

A05.03-31 179.jpg

キクバオウレン(キンポウゲ科)

A05.03-31 160.jpg 

コウホネ(スイレン科)

A05.03-31 177.jpg

キエビネラン?

A05.03-31 171.jpg

次回は、薬用植物園<ケシの花>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

5月18日~20日まで旅行をします、皆さんのブログには帰り次第お伺いします

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(58)  コメント(12) 

新緑の御岳渓谷(2)<レジャースポーツ> [東京の公園]

新緑の御岳渓谷(2)

<レジャースポーツ>

御嶽駅から沢井を経て軍畑駅まで新緑の御岳渓谷をウオーキングしたが

この日はゴールデンウイークの中日、レジャースポーツを楽しむ若者たちが多い

河原で飯ごう炊飯をし合唱していた、私たちの青春時代とは大きく異なるが

アウトドア―は健康的で良い、撮り集めたスナップ写真でこの記事をまとめた

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:5月2日>

<渓流の若者たち>

渓谷を下るボート

前方に見える吊り橋から、御岳橋、御岳小橋まで激しい流れが続く

2020年東京オリンピックの会場になるのであろうか?

A05.02-11 145.jpg

長さの短いカヤック

渓流の岩場を回りながら、練習を繰り返していた

A05.02-11 150.jpg

カヤックの初心者?

インストラクター?(立っている人)から指導を受けているようだ

A05.02-31 114.jpg

ラフティング

8人乗りのラフトボート(ゴムボート)で、渓流を下るポーツのようです

 A05.02-11 132.jpg

<クライミング>

マットレスを背負う人

御岳小橋を渡る2人、背負っているのはマットレスのような敷物です

A05.02-31 117.jpg

初心者でしょうか

女性が岩に挑戦中、マットレスは落下事故の緩衝用のようです

A05.02-31 119.jpg

忍者返しの岩

クライマーが岩に取り付いている、その下にはマットレスのような敷物が並ぶ

クライミングで有名な岩のため、この名が付いたようだ

A05.02-31 125.jpg

渓流釣り

多摩川のアユの解禁日は6月1日、ヤマメが狙いであろうか

A05.02-31 135.jpg

渓流の案山子

案山子の背中のには、「カワウ」から魚族を守るためと書いてあった

A05.02-31 132.jpg

「お山の杉の子」の歌碑

「昔々その昔、椎の木林のすぐそばに・・」は、この近くで作曲された

A05.02-31 138.jpg

<渓流ウオーク>

澤乃井ガーデンで昼食(前記事)の後は、沢井駅から電車で帰る予定であったが

二人とも余力があったので、もう一つ先の軍畑駅まで歩く事にした

A05.02-51 111.jpg

楓橋から寒山寺

観光客が寒山寺で打つ鐘の音が渓流をこだまする

A05.02-51 121.jpg

軍畑駅の方向へ

御岳~沢井間に比べると、沢井~軍畑間は木の根の道や段差があり歩き難い

A05.02-51 127.jpg

上流側を振り返る

御岳橋の周辺と違い多摩川の流れも穏やか、渓流レジャーの若者はいない

A05.02-51 131.jpg

遊歩道の下流端

御岳渓谷の遊歩道もここまで、坂道を上がり青梅街道へ

A05.02-51 134.jpg

遊歩道の入口

昨年はこの入口から御岳駅側に向かったが、今年は逆方向を歩いた

A05.02-51 139.jpg

青梅街道

軍畑大橋まで約500m、そして橋詰めから急坂を登り軍畑駅へ向かう

A05.02-51 142.jpg

軍畑駅のホーム

陽春の一日を楽しんだ御岳渓谷、軍畑駅の到着でウオーキングは終了です

子供たちが小さい頃、高水三山に登山をしたがきつい登りであった

A05.02-51 149.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、新緑の御岳渓谷(3)<遊歩道の花>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(71)  コメント(21) 

武蔵野の古寺<深大寺&門前そば> [東京の公園]

武蔵野の古寺

<深大寺&門前そば

この日(4月22日)は束の間の好天気、急に思いつき神代植物園と深大寺に

向かったが植物園に着いた時間は正午前、園内のレストランか売店で昼食にする

選択肢もあったが、多少遅くなっても深大寺に行けば門前蕎麦は避けられない

植物園ではサクラソウ、ツツジ、そして深大寺と門前蕎麦、春の一日を楽しんだ

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:4月22日>

<古寺 深大寺>

武蔵野の面影を色濃く残す神代植物園、新緑が美しい季節です

この植物園一帯は、すべて深大寺の寺領であったと聞く

A04.22-51 131.jpg

神代植物園から坂道を下り深大寺の門前へ

A04.22-51 138.jpg

門前蕎麦「嶋田家」

この日は自宅出発が遅く、神代植物園を経て門前に着いた時間は午後1時半

昼食を済ませ深大寺に参拝へ、門前蕎麦の記事は後述します

CIMG7824 (538x404) (2).jpg

深大寺山門

正式名:浮岳山 昌楽院 深大寺  宗派:天台宗別格本山

創建:太平5年(733)、 東京では浅草の浅草寺に次ぐ古刹である

A04.22-61 111.jpg

山門の建立は元禄8年(1695)、深大寺では最も古い建造物である

A04.22-61 122.jpg

門前を流れる湧水

国分寺崖線のふところに位置する深大寺、崖線の下には複数の湧水源があり

湧水が山門の下を流れている、深大寺の建立も湧水が関係している事であろう

A04.22-61 119.jpg

深大寺本堂

本尊「阿弥陀三尊像」を安置、唐破風屋根と新緑を撮影した

a04.22-61 127.jpg

本堂とモミジの新緑

A04.22-61 129.jpg

A04.22-61 137.jpg

シダレカツラ

A04.22-61 142.jpg

境内から元三大師堂

A04.22-61 144.jpg

元三大師堂

慈恵大師(元三大師)の像を安置、厄除大師として信仰が厚い

境内では、日本三大だるま市の一つ「深大寺だるま市」が行われる

A04.22-61 146.jpg

ハナミズキを逆光で撮影

A04.22-61 148.jpg

<門前そば>

山門前の元祖「三嶋屋」で遅い昼食、蕎麦が美味しいこの店を選択した

A04.22-61 161.jpg

長寿桜「入口の花」

桜の季節に咲くことから長寿桜の名が有るが、実際には沈丁花の仲間らしい

A04.22-61 165.jpg

深大寺ビール

昨年10月に撮影した写真です、同じビールと蕎麦を注文した

A04.22-61 181.jpg

とろろ蕎麦

注文したのは何時もと同じ「とろろそば」、美味しく頂いた

A04.22-61 184.jpg

新緑の池

池に面した席で昼食、午後2時でも来客が絶えない

A04.22-61 169.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、孫の春休み<江の島水族館>を紹介します

------------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(77)  コメント(12) 
前の10件 | - 東京の公園 ブログトップ