So-net無料ブログ作成
北海道の旅 ブログトップ
前の10件 | -

夏の北海道(16)<イコロの森> [北海道の旅]

夏の北海道(終章)

<イコロの森>

支笏湖の湖畔を散策し昼食を済ませたが、新千歳空港発の復路便まで余裕十分

シラネアイオさんから「イコロの森」に行きませんかと誘われ、二つ返事でOKした

イコロとはアイヌ語で宝物の意、原生林を思わせる深い森の中にガーデンがある

さすがに北の大地・北海道、そこは森林浴と季節の花が同時に楽しめる所でした

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行4日目:7月16日>

花ウオッチング

<森の周遊路>

高い樹木に囲まれたガーデンの散歩路、両側では夏の花が咲いている

園内ガイドでは 11か所のガーデンを紹介しているが、 さらに次のような記事が ⇩

イコロの森は、熊や鹿、リスなど多くの動物の通り道、生息地です・・と

A14.07.16-31  イコロ11.jpg

<ホワイトガーデン>

白色系の花を基調にしたガーデン、観光バスの乗客のようです

A14.07.16-31  イコロ17.jpg

<ローズガーデン>

赤レンガ塀に囲まれたローズガーデン、あえてバラを撮影せず

A14.07.16-31  イコロ19.jpg

<ヒマラヤの青いケシ>

真っ先に案内されたのはヒマラヤの青いケシ、残念ですが花の時期がは過ぎていた

イコロの森の青いケシで検索すると、シラネアオイさんの記事にヒット

どうぞご覧ください→ http://da3785409059562628.blog.so-net.ne.jp/2012-06-20

A14.07.16-31  イコロ41.jpg

<撮った花の羅列です>

花の名を調べたが不明も多い、間違いはご容赦ください

ナツツバキでしょうか

A14.07.16-31  イコロ38.jpg

エキナケア・パープレア マグナス

A14.07.16-31  イコロ66.jpg

モナルダ・レッド?

A14.07.16-31  イコロ70.jpg

エゾミソハギ

A14.07.16-31  イコロ64.jpg

ミズキ系の花でしょうか?

308 (538x404).jpg

(左):??  (右):ケラニウム・キネレウム

A14.07.16-31  イコロ31 (314x236).jpg A14.07.16-31  イコロ81 (314x236).jpg

エキナケアの仲間でしょうか?

A14.07.16-31  イコロ55 (314x236).jpg A14.07.16-31  イコロ47 (314x236).jpg

カンパニュラ

A14.07.16-31  イコロ75 (314x236).jpg A14.07.16-31  イコロ50 (314x236).jpg

(左):オカトラノオ  (右):カクトラノオ?

A14.07.16-31  イコロ35 (314x236).jpg 305 (314x236).jpg

ブァーパスカム・シャクシィ

A14.07.16-31  イコロ77.jpg

1050 (384x512).jpg

エキナケア

322 (538x404).jpg

オオバギボウシ

A14.07.16-31  イコロ53.jpg

ヤマボウシ

A14.07.16-31  イコロ78.jpg

支笏湖、イコロの森の、どちらも大満足

そして新千歳空港へ送って頂いた、シラネアオイさん有り難うございました

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

<搭乗機の機内にて>

ANA機は梅雨空の中を一路羽田空港へ、旅行中は好天気に恵まれ満足度100%

土産は北海道で見た雄大な景色と美しい花々、そして撮った写真です

327vv (538x404).jpg

青森県上空の夕景、北海道旅行を締める写真です(撮影は妻)

---------------------------------------------------------------------------------------------------

夏の北海道旅行記、綴った記事は計16回になりました

最後までご覧いただき、ありがとうございました

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(69)  コメント(17) 
共通テーマ:旅行

夏の北海道(15)<支笏湖 湖畔散歩> [北海道の旅]

夏の北海道(15)

<支笏湖 湖畔散歩>

札幌、美瑛、富良野、夕張などを3泊4日で巡った旅も、早や最終日です

この日は千歳市在住のシラネアオイさんの誘いに甘え、新千歳空港で待ち合わせ

2011年9月末にお会いしたので今回は2度目、行先の希望を尋ねられたので

支笏湖に案内して頂くことになったが、ソネブロの仲間はありがたい

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

東京ソラマチを二つ割り込みましたが、北海道の記事は次で終わりです

<旅行4日目:7月16日>

湖畔を歩く

現役時代の最終年、札幌で開催された業界の総会・懇親会に夫婦揃って参加

私たちが親しく付き合っていた皆さん(夫婦)と一緒に洞爺湖、支笏湖を旅行したが

その時はチップ(ヒメマス)料理が目的、今回は2度目とは言え初めてと同じでした

A14.07.16-11  支笏湖23.jpg

<支笏湖畔(1)>

湖畔から見る樽前山は小さいが、太平洋側から見ると堂々とした山体です

山頂には溶岩ドームが確認できるが分かるでしょうか

A14.07.16-11  支笏湖32XXX .jpg

<支笏湖畔(2)>

A14.07.16-11  支笏湖39xxx.jpg

<支笏湖畔(3)>

恵庭岳は支笏湖の外輪山で最も高い山、樽前山と共に活火山です

A14.07.16-11  支笏湖19xxx.jpg

ペダルボートに乗る若いカップル、アメンボウとも呼ぶそうだ

A14.07.16-11  支笏湖15.jpg

<支笏湖周辺案内図>

散歩場所は赤い円の辺り、支笏湖の周囲は山に囲まれている事が分かる

(A)樽前山、(B)風不老岳、(C)紋別岳、(D)恵庭岳

A14.07.16-11  支笏湖42xxxZZZ.jpg

<上記案内文の要約>

支笏湖は最北の不凍湖(カルデラ湖)、水深が363mで国内第2位(1位は田沢湖)

周囲は40,3km、面積は78,8k㎡、これは東京の山手線とほぼ同じ大きさです

A14.07.16-11  支笏湖49.jpg

<千歳川 (支笏湖が源流)>

北海道の地図を俯瞰すると、支笏湖から太平洋までは直線距離で僅か30kmほど

しかし千歳川は日本海側に向かい江別市で石狩川に合流、その距離は約80kmもある

千歳川はサケの故郷、下流域にふ化場、インディアン水車がある(次↓)

A14.07.16-11  支笏湖45.jpg

<インディアン水車(矢印)>

石狩川、千歳川を遡上するサケを千歳市内で捕獲するが、遡上距離は約80km

2011年9月26日、シラネアオイさんに案内して頂いた時の写真です

 A11.09.26 サケふるさと館 21 (538x413)xxx.jpg

<湖畔の公園>

ビジターセンターから湖畔へ

A14.07.16-11  支笏湖11.jpg

シロツメグサ(白詰草)が咲く原っぱ

A14.07.16-11  支笏湖62.jpg

<湖畔で見た花など>

ハマナス(浜茄子)、白も咲いていたが撮った写真はボツ

A14.07.16-11  支笏湖27.jpg

色づき始めたモミジ

A14.07.16-11  支笏湖36.jpg

レース花と勝手に付けているが、花の名は?

A14.07.16-11  支笏湖71.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、夏の北海道(終章)<イコロの森>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(78)  コメント(20) 
共通テーマ:旅行

夏の北海道(14)<札幌の夜と朝> [北海道の旅]

夏の北海道(14)

<札幌の夜と朝>

東京と同じように北海道は札幌に一極集中、道内で第2と第3の都市である

旭川市と函館市の人口も減少傾向が続く中、札幌市は約200万人に増加している

北海道の各地から旬の海産物や大地の恵みが集まり、北のグルメにはこと欠かない

今回は札幌の食が中心、ススキノの馴染みの店と札幌場外市場を記事にした

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行2日目:7月14日>

夜の街すすきの

ここはススキノビル、このビルを囲むようにグリーンビルが建っているが

今夜の食事場所はグリーンビルの2階、アクセスが良く便利です

A14.07.14-11 札幌 15.jpg

ススキノ交差点から駅前通り

A14.07.14-11 札幌 11.jpg

<わしょく「浜奈須」>

代替わりする前から馴染みの店、30年ほど通っている、電話をすると

ハイ!、奥様のお好きなイカ尽くしでお待ちしています・・と嬉しい応答

A14.07.14-11 札幌 19.jpg

オーナー板長さん

京都の「おばんざい店」のように料理が並んでいる

カウンター席の上は暖簾のような料理メニュー、種類が豊富です

A14.07.14-11 札幌 23.jpg

小上がりが20席ほど有るが、一人か二人の時はカウンター席を利用する

A14.07.14-11 札幌 24.jpg

先ずはビールで乾杯、料理はイカの刺身とヒラメの子の煮つけ

隣の席では、妻がイカソーメンとイカの刺身です

A14.07.14-11 札幌 26.jpg

そして刺身の盛り合わせ

羅臼漁協の組合長さんと再会、ケイジ(鮭児)の刺身を頂いたことがある

A14.07.14-11 札幌 32.jpg

妻は、ベイナスの田楽、太いアスパラのバター焼きなど

私はタラの西京焼きなどを頼んだが、皆さんと話が弾み写真を撮り忘れる

A14.07.14-11 札幌 36.jpg

店の女性が私の席にアジサイの花、葉はアジサイと違います

ハスカップで作った自家製ゼリーをサービスしてくれた

A14.07.14-11 札幌 39.jpg

<すすきの交差点>

髭のニッカの大看板、夜の札幌を代表する景観です

看板の上でオレンジの灯が並ぶのはクラブ、妻を案内した事もあるが・高級でスルー

A14.07.14-11 札幌 51xxx.jpg

<2次会はこの店「悠遊」>

かつて通っていたスナック2ヵ所は店を閉じ、今はこの店のみ

韓国の歌手キムヨンジャがスタッフと一緒に来るそうだが出会ったことはない

A14.07.14-11 札幌 55xxx.jpg

ウイスキー水割り

ママは永久保存だと言うが、行く機会が少なく酒量も少ないので中々減らない

A14.07.14-11 札幌 58xxx.jpg

久しぶりにカラオケを数曲、声量が落ちた

若いころ仙台のキャバレーで、どなたか歌う人はいませんかと声がかかり

舞台に上り楽団をバックに裕次郎の曲を歌ったことが有る(カラオケの無い頃です)

A14.07.14-11 札幌 61xxx.jpg

----------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行4日目:7月16日>

札幌場外市場

北海道旅行の最終日、新千歳空港でANA便に搭乗するまで余裕がある

妻に「札幌場外市場」に行くかと尋ねると、二つ返事で行きたいと言う

A14.07.16-11 札幌 11.jpg

札幌市中央卸売市場に隣接し、北海道各地から海の幸や、北の大地の恵みが集まる

朝から64の店舗が開店、定期観光バスのコースになり駐車場も広い

A14.07.16-11 札幌 15.jpg

店舗を巡回し品定め

子供たちと自宅用に、海産物を数点を購入し発送する

A14.07.16-11 札幌 19.jpg

A14.07.16-11 札幌 22.jpg

メロンは夕張から発送済み

A14.07.16-11 札幌 25.jpg

場外市場のもう一つの楽しみは、市場内で食べる旬の「海鮮丼や寿司」

朝食後2時間、食べるには早すぎ今回はスルーです

A14.07.16-11 札幌 28.jpg

大きなタラバカニ

ここは土産を購入した店舗、お兄さんにブログ用にと持ち上げて貰った

A14.07.16-11 札幌 36.jpg

重量は 5.6kgでした

タラバカニの足は8本、本当はカニではなく、ヤドカリの仲間です

A14.07.16-11 札幌 32.jpg

この後は、シラネアオイさんと待ち合わせている新千歳通行へ向かう

-------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、孫とソラマチへ<すみだ水族館>を紹介します

 -----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(57)  コメント(11) 
共通テーマ:旅行

夏の北海道(13)<観光牧場・庭園編> [北海道の旅]

夏の北海道(13)

<観光牧場・・庭園編>

札幌発定期観光バスで巡ったツアーも、ノーザンホースパークで終わりです

広大な観光牧場の中に約1万坪のガーデン、そのコンセプトは「大人の庭」です

草木や樹木の間を縫うように約1kmの散歩道もあるが、滞在時間内に

すべてを見て回る事ができない、とは言えバスが出発す時間まで花を楽しんだ

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行2日目:7月14日>

ケーズガーデン

メインハウスの南側に広がるイングリッシュガーデン

レストランで食事をしながら景色を楽しめるが、時間は午後4時過ぎ

散歩道を辿りながら、季節の花々を時間いっぱい鑑賞した

A14.07.16-31  ノーザン11.jpg

花の名を記したパネルがあれば良いが、大多数の花は不明です

A14.07.16-31  ノーザン15.jpg

エキナケア(北アメリカ原産)

586 (538x402).jpg

エゾクガイソウ

A14.07.16-31  ノーザン19.jpg

他のガーデンでも見たが・名は?

A14.07.16-31  ノーザン26.jpg

カンパニュラ・テクティフローラ?

A14.07.16-31  ノーザン29.jpg

名の分からない花を・・続けて3点!

580 (538x410) (538x404).jpg

590 (538x404).jpg

624 (538x401).jpg

テッセンのようですが?

A14.07.16-31  ノーザン41.jpg

ガーデンの散歩道

A14.07.16-31  ノーザン39.jpg

ローズガーデン、バラの写真は撮影せず

A14.07.16-31  ノーザン44.jpg

散歩道の花

道の両側(約50m)に咲いていた可愛い花、この花も名が判りません

614 (538x404).jpg

A14.07.16-31  ノーザン47.jpg

花で飾った馬のモニュメント

前方に見えるのは、メインハウスとレストランです

A14.07.16-31  ノーザン53.jpg

せせらぎの小川とバラ

A14.07.16-31  ノーザン57.jpg

道端のユリ

A14.07.16-31  ノーザン60.jpg

木陰の散歩道

左側の花木、近づいて見るとヤマボウシでした

A14.07.16-31  ノーザン64.jpg

ゆったりとした・いい眺めです

A14.07.16-31  ノーザン67.jpg

午後5時前にノーザンホースパークを出発し、バスは一路札幌バスターミナルへ

途中、新千歳空港で約10人の人たちが下車、帰る前に観光できる良いコースです

----------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、夏の北海道(14)<札幌の夜と朝>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(78)  コメント(19) 
共通テーマ:旅行

夏の北海道(12)<観光牧場・馬場編> [北海道の旅]

夏の北海道(12)

<観光牧場・・馬場編>

札幌から日帰りの定期観光バス、ゆにガーデン、夕張市内の観光を続けたが

この日の最終コースは、苫小牧市にある観光牧場「ノーザンホースパーク」です

「馬と大地と人との絆」をテーマにした体験型牧場、 約15万坪の広大な面積がある

馬とのふれあいを楽しめ、そして季節の花が鑑賞できるケーズガーデンもある

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行2日目7月14日>

 ノーザンホースパーク

新千歳空港から車で15分の距離、シャトルバスも運行しアクセスが良い

この建物の裏側は1万坪のガーデン、レストランで食事をしながら景色を楽しめるが

それは個人旅行で時間に余裕がある場合、滞在80分は長いようだが私たちには短い

A14.07.16-11  ノーザン11.jpg

メインの通り、ノーザンホースパークの広さが判る

A14.07.16-11  ノーザン18.jpg

<セレクトセール開催>

7月16日と翌17日は競走馬のセリ市が行われ、関係者以外は立入禁止

ガードマンに聞くと、2日間で500頭の馬がセリにかけられると言っていた

 セリ市 (538x404).jpg

全国の牧場から集まった競走馬の日本一のセリ会場

テントの奥から、セリの様子がスピーカ音で聞こえてくる

572 (538x403).jpg

<馬とのふれあい>

厩舎見学、乗馬体験、観光馬車、キッズパーク、ポニーのパドックなど

一日いても楽しめる馬の公園、冬には馬そり、スノーモービルなども出来るそうだ

A14.07.16-11  ノーザン52.jpg

<きゅう舎>

パーク内には厩舎が5ヵ所ほどあるが、他の厩舎はセリ市会場に近く見学不能

厩舎内に馬が入っているが、手入れが良いのか匂いは少ない

A14.07.16-11  ノーザン21.jpg

馬が牧場で過ごすのは早朝から数時間、午後には厩舎に戻される

このカップルは馬が好きな様子でした

A14.07.16-11  ノーザン25.jpg

厩舎の外に顔を出す馬(3年前の蔵出写真)、この日は見学不能でした

C11.09.29-22  ホースパーク23 (538x404).jpg

<外国人の若者>

新千歳国際空港に近いためであろうか、外国人の観光客が多い 

記念撮影をしているのは、台湾か香港の若者と思われる

A14.07.16-11  ノーザン32.jpg

<観光ひき馬>

一周200メートルほどの乗馬体験、外国人の若者たちが列を作って順番待ち

国へ帰れば体験できないのか人気が高い、一周900円です

A14.07.16-11  ノーザン35.jpg

この女性は絵になっている、男性も乗っていたが撮影せず

A14.07.16-11  ノーザン39.jpg

<観光馬車>

かつては運搬に使われていた馬(クライスディール種)

4肢の長い毛が特徴で、観光客の人気が高い

A14.07.16-11  ノーザン42.jpg

こちらは2頭立ての馬車、この日はセリ市のため奥には行けず別コースを巡回

A14.07.16-11  ノーザン45.jpg

散策を終え本館へ、右はパークトレインの駅舎です

A14.07.16-11  ノーザン49.jpg

<観光バスの列>

観光客は多いが、バスの列から判断しセリ市関係者も含まれると想像

A14.07.16-11  ノーザン61.jpg

本館前の美しいフラワーバスケット

A14.07.16-31  ノーザン70.jpg

A14.07.16-31  ノーザン73.jpg

本館の裏側は英国風ガーデンです、次回に続く

-------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、夏の北海道<観光牧場・庭園編>を紹介します

---------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(72)  コメント(18) 
共通テーマ:旅行

夏の北海道(11)<炭鉱で栄えた夕張> [北海道の旅]

夏の北海道(11)

<炭鉱で栄えた夕張>

かつて石狩炭田の中心として栄えた夕張市は、炭鉱の閉山・倒産などにより

主力産業を失い衰退、そして開発投資が災いし財政破たん、財政再建団体に陥った

人口は最盛期の1/10にまで減少したと言う、このツアーがランチタイムで

夕張のホテルに立ち寄るのも支援の一つであろうか、特産のメロンも買い求めた

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行2日目:7月14日>

夕張駅&ホテル

<ホテルマウントレースイ>

夕張駅前の、スキー場を併設する滞在型のレジャーホテルです

ランチタイムを含め滞在時間は80分、温泉入浴ができるそうだが入る人はいない

A14.07.14-31 夕張.jpg

<夕張駅舎兼観光案内所>

モダンな建物の駅舎、中は観光案内所と軽食喫茶の兼用

JR北海道石勝線支線の終着駅(始発駅)、一人の女性がすべてを兼務

A14.07.14-31 夕張21.jpg

(左)発車時刻表(到着時間も記入) (右)夕張メロンをあしらった夕張夫婦の看板

C11.09.29-21  夕張11.jpg   C11.09.29-21  夕張12.jpg

<夕張駅のホーム>

夕張駅は無人駅、ホームを歩いていると遠くから列車の汽笛が聞こえてくる

A14.07.14-31 夕張34.jpg

待っていると気動車が到着(13時19分)、乗客は5名ほどでした

A14.07.14-31 夕張35.jpg

場所を変え気動車を撮影

13時27分に発車したが、次は16時19分まで到着しない、運が良かったようだ

A14.07.14-31 夕張39.jpg

<ホテルのランチ>

ランチバイキングに夕張メロンが食べ放題、いずれも味は不満足でした

A14.07.14-31 夕張25.jpg

<夕張メロン直売店>

試食を食べたが、ホテルのメロンとは味がまるで違う

種類は、秀・優・良がそれぞれ3段階、ホテルは良の下のようです

A14.07.14-31 夕張29.jpg

「優の上」を親戚と子供たち、そして自宅に発送する

母と娘が商っていたが、娘さんはメロンは食べたくないと言っていた

A14.07.14-31 夕張32.jpg

幸せの黄色いハンカチ

<想い出ひろば>

駐車場から砂利道を歩くと右手に撮影に使用された長屋が残っている

右の小屋は料金所、大人510円だが夕張活性化の一助、納得する

A14.07.14-41 ハンカチ11.jpg

<ロケセット長屋>

山田洋二監督の名作「幸せの黄色いハンカチ」のロケセット

高倉健、倍賞千恵子、武田鉄矢、桃井かおりの演技や、ラストシーンが蘇る

A14.07.14-41 ハンカチ13.jpg

長屋の奥に黄色いハンカチが見える

A14.07.14-41 ハンカチ19.jpg

広場から黄色いハンカチと長屋を撮影

A14.07.14-41 ハンカチ22.jpg

黄色いハンカチは・・色あせていた

A14.07.14-41 ハンカチ23.jpg

長屋の中に赤い車

長屋の内部には、撮影当時の様子や作品の解説などをパネルで説明している

A14.07.14-41 ハンカチ27.jpg

撮影で使用された赤い車「マツダ・ファミリア」を展示

天井と壁には、訪れた人たちが書いたメッセージカードが隙間なく貼ってあった

A14.07.14-41 ハンカチ31.jpg

駐車場に近い床屋の住宅、これもロケセットなのか・・不詳です

A14.07.14-41 ハンカチ35.jpg

<夕張を後に>

夕張メロンのビニールハウス、走行中何度も見かけた

A14.07.14-41 ハンカチ51.jpg

夕張川と鉄橋

夕張川は石狩川に合流し石狩湾に流れる

A14.07.14-41 ハンカチ55.jpg

途中で見たこんな看板・・「ヤリキレナイ川」

アイヌ語で「ヤンケヤイ or イヤルキナイ」、魚の住まない川、片割れの意

A14.07.14-11 ゆにガーデン122.jpg

バスガイドの説明では、今も1億5000万トンの石炭が埋蔵されてるそうだ

----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、夏の北海道<観光牧場・馬場編>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(69)  コメント(20) 
共通テーマ:旅行

夏の北海道(10)<ゆにガーデン> [北海道の旅]

夏の北海道(10)

<ゆにガーデン>

今回の旅行は、札幌のホテル3泊と航空運賃がセットになった廉価プランを選択

その中の一日は、すでに記事をアップした、美瑛・富良野の観光に当てたが

さらに終日滞在する日がある、そこで選んだのは札幌発の定期観光バス、札幌市内

小樽・積丹半島、洞爺湖などは何度も観光しているので、夕張、千歳方面を選んだ

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

昭和記念公園、阿佐谷の七夕などを割り込みましたが、夏の北海道を再開します

<旅行2日目:7月14日>

札幌バスターミナル

札幌近郷の観光スポット、ゆにガーデン、ノーザンホースパーク、夕張市内を巡る

9時間コースを予約、満員の乗客を乗せた富良野への観光バス3台が出発したが

私たちのバスの乗客は25名(内外国人4人)、9時半にターミナルを出発した

A14.07.14-11 ゆにガーデン01.jpg

ゆにガーデン

<センターハウス>

国内最大の英国風庭園で、園内には15ヵ所の趣の異なるテーマガーデンがある

バスガイドの説明では、東京ドーム15ヵ所分の広さがあると言う

ここはシラネアオイさんのテリトリー(最終日にお世話になりました・後述)

A14.07.14-11 ゆにガーデン11.jpg

<リナリアの丘>

ゆにガーデンの見どころは、102万本のリナリアの丘

日傘をさしているのは妻、私たちのみリナリアを見ながら下のガーデンへ

A14.07.14-11 ゆにガーデン24.jpg

リナリアの丘から・・センターハウス

ツアーの人たちは循環バスで下のガーデンへ直行したが、何とも勿体ない

A14.07.14-11 ゆにガーデン28.jpg

リナリアの正式名は「リナリアプルプレア」、紫・白・ピンクの3色がある

見ごろは過ぎていたが、それでも可憐で美しい

A14.07.14-11 ゆにガーデン37.jpg

リナリアの花言葉は「私の恋心を知ってください」

ロマンチックですが、私には・・どうも!

A14.07.14-11 ゆにガーデン47.jpg

ヒメキンギョソウの仲間のようです

672 (538x406).jpg

リナリアの丘の下側

ヴァーパスカム・シャイクシイ・ウエディングキャンドル(風のガーデンでメモ)

A14.07.14-11 ゆにガーデン61.jpg

<ブロードウオーク>

「幸せの鐘」と「ウエディングガーデン」を結ぶ 160mの宿根草の道

季節な花が咲くブロードウオークの約半分をカメラ散歩

451 (538x404).jpg

ユリの花が咲き始め・・正式な名は?

A14.07.14-11 ゆにガーデン67.jpg

ジキタリス・プレア

A14.07.14-11 ゆにガーデン70.jpg

八重のドクダミ・・その美しさに驚いた

A14.07.14-11 ゆにガーデン77.jpg

エゾミソハギ・・日本固有の植物もイングリッシュガーデンに!

A14.07.14-11 ゆにガーデン64.jpg

<ウエディングガーデン>

赤レンガの塀に囲まれた、ハーブを中心にしたガーデン

前方の建物は結婚式場(チャペル)、椅子に座り読書をしている女性がいた

A14.07.14-11 ゆにガーデン80.jpg

ラベンダーなど

A14.07.14-11 ゆにガーデン82.jpg

<ローズガーデン>

ここも赤レンガの塀で囲まれたガーデン、外国人が写真を撮りあっていた

A14.07.14-11 ゆにガーデン91.jpg

バラを2点、私の好みで薄い色にカメラを向ける

A14.07.14-11 ゆにガーデン94.jpg

A14.07.14-11 ゆにガーデン97.jpg

<再びセンターハウス>

ローズガーデンから、リナリアの丘を歩きセンターハウスに戻る

名も判らないマメ科の花ですが、実に美しい

A14.07.14-11 ゆにガーデン105.jpg

ルピナス

この花の見ごろはは6月中旬~下旬、思いがけず好きな花に出会えた

A14.07.14-11 ゆにガーデン112 (307x410).jpg   A14.07.14-11 ゆにガーデン116 (307x410).jpg

この後は・・ユリ・アジサイフェスタ(7月下旬~8月中旬)が行われる

 ----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、夏の北海道<炭鉱で栄えた夕張>を紹介します

------------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(70)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

夏の北海道(9)<ラスト美瑛 青い池> [北海道の旅]

夏の北海道(9)

<ラスト美瑛・青い池>

朝8時半に旭川駅を出発し、美瑛の丘、風のガーデン、ラベンダー畑を巡ったが

ファーム富田イーストを出たのは午後4時過ぎ、この時点で約8時間を経過

富良野、美瑛に詳しいドライバーさん、残り2時間半も私の希望を入れドライブ

ラベンダー街道、山岳道路、白樺街道を走り、目的の青い池へと向かった

------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行3日目:7月15日>

十勝岳を望む

上富良野から青い池へ行くには、美瑛から白樺街道を走るのが一般的なルート

私の要求はラベンダー街道を走り(前々回の記事)、白金温泉地区から青い池へ

途中、十勝岳が見えたので展望ポイントで停車し撮影した

A14.07.15-51 十勝岳11.jpg

白ひげの滝

白金温泉地区で美瑛川に流れ落ちる、落差20m、幅40mの滝

温泉が混じる地下水脈の珍しい湧水滝、崖の上は湯元白金温泉ホテルです

ブルーリバー橋の上から撮影したが、この橋は十勝岳が噴火の時の避難橋です

A14.07.15-51 十勝岳15.jpg

A14.07.15-51 十勝岳23.jpg

白樺街道を車窓から

A14.07.15-51 十勝岳31.jpg

青い池

昭和63年12月に十勝岳が噴火に伴い、火山災害から町をまもるため

火山の泥流を貯める施設としてコンクリートブロックのえん堤を建設

工事は平成元年12月に完成したが、その結果えん堤に水が溜まり青い池ができた

A14.07.15-56 青い池11.jpg

白金温泉地区の白ひげの滝などから、アルミニウムを含んだ水が

美瑛川の水と混じり目に見えないコロイドが生成され、太陽の光の作用により

青く見えると言うが、明確な原因は解明されていない

A14.07.15-56 青い池15.jpg

空の色と水に写る雲を比較すると、水の色の方が明らかに美しい

A14.07.15-56 青い池19.jpg

大正池、蓼科の白樺湖も50年ほど前は木が多かったが、青池はどうなるか?

A14.07.15-56 青い池27.jpg

白樺の散策路と青い池

A14.07.15-56 青い池31.jpg

名も知らない花、その背後は青い池です

A14.07.15-56 青い池35.jpg

色づいたナナカマドの葉

新しい駐車場が池から3分ほどの場所に造られ、歩く時間が1/3ほどになった

A14.07.15-56 青い池39.jpg

<美瑛川>

青い池は約1km上流にある、十勝岳連峰が望めるポイントだが雲に遮られる

A14.07.15-56 青い池51.jpg

再び美瑛の丘

<丘の夕景>

旭川駅へ戻る前に、もう一度美瑛の丘を通り抜け国道237号(富良野線)へ

パッチワークの畑、赤い屋根の家を再アップします

A14.07.15-61 夕暮れ25.jpg

パッチワークの丘

夕焼け空を期待したが雲は遠ざかり、期待した写真が撮れなかった

A14.07.15-61 夕暮れ45.jpg

丘のジャガイモ畑

A14.07.15-61 夕暮れ53.jpg

拓真館

美瑛の丘の最初の記事で紹介した、写真家前田真三の記念館

札幌で中堅企業の社長をしている友人は、前田真三の影響を受け「丘の写真家」と称し

四季折々の美瑛の景色を撮り続け、会社のカレンダーは丘の写真で製作している

A14.07.15-61 夕暮れ11.jpg

5時を過ぎていたが、訪れた目的は白樺の小路の散策でした

A14.07.15-61 夕暮れ15.jpg

白樺の小路を歩く妻(蔵出写真)

(左):隠し撮り(2010.7.13) (右):意識し歩いている(2011.2.9)

A14.07.15-61 夕暮れ18 (308x410).jpg   11.02.08-214 美瑛 L (308x410).jpg

美瑛の丘・冬景色

僅かでも涼を感じていただければ幸いです(2011.2,9の撮影です)

<赤い屋根の家>

11.02.08-315 美瑛 L.jpg

<クリスマスツリーの木>

11.02.08-201 美瑛 L.jpg

<丘の夕景>

キタキツネの足跡が続く雪の丘、お気に入り写真です

11.02.08-320 美瑛 L.jpg

----------------------------------------------------------------------------------------------------

美瑛の丘、富良野のドライブ旅行記は今回で終章です

昭和記念公園の記事(3回)をはさみ、その後に「夏の北海道」を再開します

--------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(63)  コメント(16) 
共通テーマ:旅行

夏の北海道(8)<富良野 ファーム富田> [北海道の旅]

夏の北海道(8)

<富良野 ファーム富田>

北の大地、富良野を代表する景観といえばフアーム富田の花畑が上げられる

波状丘陵に植えられた花々は、パッチワーク状に丘の斜面を彩り美しい

この時期は全国からのツアー旅行や東南アジアからの観光客が多く混雑が激しい

ファーム富田には、ゆっくり寛げるラベンダー畑が別の場所にもう一つある

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行3日目:7月15日>

フアーム富田

<彩りの花畑>

北海道らしさを感じる大きな花畑、丘の斜面を取り入れ美しい

通路の柵外から撮影したが、花畑の周囲には国内外の観光客が非常に多い

ポピーは咲き始め、紫はサルビア、赤はコマチソウ、麦畑と続く

A14.07.15-31 ファーム富田07.jpg

中央の花はカリフォルニアポピー?、左は大小麦でした

ほかにマリーゴールド、ケイトウなども咲いていた

A14.07.15-31 ファーム富田11.jpg

カスミソウの白さが畑を引き立てている

A14.07.15-31 ファーム富田13x.jpg

<花の絨毯を上から>

ラベンダーはオカムラサキです、色が濃く香りも高い

A14.07.15-31 ファーム富田15.jpg

ラベンダー畑から彩の丘、中央の木はニセアカシアです

A14.07.15-31 ファーム富田23.jpg

ズームアップをして撮影、人の姿がなければ

ニセアカシアを更にアップし、その中に花畑を入れたかったが止むを得ない

A14.07.15-31 ファーム富田24.jpg

ラベンダー畑から十勝岳連峰を望む

旭川~富良野間を走る「のろっこ号」の臨時駅がこの下にできる

A14.07.15-31 ファーム富田26.jpg

<丘の上の花畑>

カスミソウは満開、ポピーも見ごろ近くでした

A14.07.15-31 ファーム富田19.jpg

<丘の下の花畑>

中央の花はニチニチソウです、6月中旬にルピナス見に行ったことがある

A14.07.15-31 ファーム富田44.jpg

A14.07.15-31 ファーム富田47.jpg

ラベンダーイースト

フアーム富田から東へ約4km、この日の一番の鑑賞目的はこの畑です

広いラベンダー畑を眺め、そして花の香りを楽しむには絶好の場所

同じファーム富田ですが観光客は少なく、妻はここイーストの方が良いと言う

A14.07.15-41 イースト07.jpg

日本最大級のラベンダー畑

畑の広さ、そして植栽しているラベンダーの株数は判らない

A14.07.15-41 イースト15.jpg

パラソルの下で寛ぐ予定でいたが、風が強く閉じられていた

A14.07.15-41 イースト19.jpg

ラワーレの舎のテラスでで小休止、私とドライバーさんはコーヒータイム

妻は長い時間をかけ、子供や嫁に写メールを送っていた

A14.07.15-41 イースト21xxx.jpg

4年前(2010.7.13)の蔵出写真です

ファーム富田「彩の丘」の喧騒が信じられない静けさです

206aa (538x404).jpg

<展望デッキ>

ラベンダーイースト北側のラベンダー畑、観光客の姿はご覧のように少ない

A14.07.15-41 イースト23.jpg

東側のラベンダー畑、十勝岳連峰は近い

A14.07.15-41 イースト27.jpg

ファーム富田の看板はなく「LAVENDER EAST」のみでした

A14.07.15-41 イースト31.jpg

約45分この場所でゆっくり過ごしたが、今年のラベンダーはこれで納めです

---------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、夏の北海道<白樺街道~青い池・美瑛>を紹介します

---------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(74)  コメント(19) 
共通テーマ:旅行

夏の北海道(7)<富良野ラベンダー街道> [北海道の旅]

夏の北海道(7)

<富良野ラベンダー街道>

初めて富良野のラベンダーを見に行ってから、早いもので23年が過ぎた

その後も再訪を繰り返して来たが、私たちも歳を重ね後期高齢者の仲間入りです

日ごろ元気だと自認しているが、高齢による体力の衰えを痛切に感じている

富良野のラベンダー巡りも元気で歩けるうち、今回が最後かも知れないと計画した

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行3日目:7月15日>

ハイランド富良野

温泉を備えたレジャー施設、その中庭がラベンダー畑になっている

観光客が多い富良野の中で、ここは静かにラベンダーを楽しめる数少ない場所です

周囲を森に囲まれた「ラベンダーの海」、出会った人は一人もいない

A14.07.15-11 ラベンダーの海11.jpg

ラベンダーを植え替えたのか、畑に隙間があった

A14.07.15-11 ラベンダーの海15.jpg

ふらのワイン工場

十勝岳連峰、富良野市街が望める山の中腹に立つ、赤レンガのワイン工場

道を熟知しているドラーバーは、背後にあるラベンダー畑に直接案内してくれた

A14.07.15-16 ふらのワイン15.jpg

ワイン工場から富良野市を望む

A14.07.15-16 ふらのワイン19.jpg

のろっこ号を望遠撮影(赤い矢印)、富良野から美瑛、旭川行きです

747 (538x403)aaaa.jpg

彩香の里

ファーム富田を筆頭に日出山公園、町営ラベンダー園などラベンダー畑は多いが

必ず訪れるのは彩香の里、十勝岳連峰が望める丘の斜面は一面の花畑

乗用車は来ているが観光バスはなく、花畑をゆっくり散策できるのが良い

A14.07.15-21 彩香の里11.jpg

A14.07.15-21 彩香の里15.jpg

丘の途中から中富良野の町を望む

彩香の里はラベンダー刈りを体験できるが・・・今回はスルーした

A14.07.15-21 彩香の里29.jpg

十勝岳連峰を望む、手前は白のラベンダーです

A14.07.15-21 彩香の里33xxx.jpg

クレオメを入れ背景を撮影

A14.07.15-21 彩香の里27.jpg

花畑を下から撮影、白樺の木の下を通るのは妻です(白い服装)

A14.07.15-21 彩香の里19.jpg

妻が、上の写真の道で撮ったヒマワリです

A14.07.15-21 彩香の里21.jpg

妻は、ラベンダー(オカムラサキ)を10束購入

我が家の玄関などは・・オカムラサキの香りで包まれている

A14.07.15-21 彩香の里35.jpg

ラベンダー街道

ファーム富田イースト(記事は次回)からラベンダー街道を走り山岳道路へ

山岳を通り抜けると白樺街道、そして青い池がある、その記事は次々回です

A14.07.15-41 イースト37.jpg

ラベンダーの道は 1.5kmほど続く

花の時期が過ぎれば自由に摘めると思うが、妻はもったいないと言う

A14.07.15-41 イースト41.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、夏の北海道<ファーム富田>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(59)  コメント(10) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 北海道の旅 ブログトップ