So-net無料ブログ作成
検索選択
東京を歩く ブログトップ
前の10件 | -

東京の里山(2)<里の花めぐり> [東京を歩く]

東京の里山(2)

<里の花めぐり>

 ここが東京だと思えない「山里の春」、花を満喫した後はぶらり歩いて温泉へ

都心(新宿)から僅か2時間足らずで行ける「乙津の里」は、あまり知られていない

春の花を植栽し見る人たち楽しませてくれるのは、龍珠院の住職夫妻のおかげ

見せて頂く私たちも最低限のマナーを守り、お礼を形で示す心が必要でしょう

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------ <撮影日:4月14日>

<龍珠院の花>

満開の染井吉野、この桜が散り始めると境内の枝垂れ桜(樹齢50年)が見ごろを迎える

龍珠院以外にも枝垂れ桜が多い乙津の里、満開の頃は最も華やかになる

 A04-14-21 177.jpg

 石垣の三椏

白色系が多いミツマタの花、その中にあって濃いオレンジが目を引く

 A04-14-21 131.jpg

美しい三椏(ミツマタ)です

 A04-14-21 135.jpg

 源平ハナモモ

住職の奥さんに聞くと、隣りの空き地も借りうけハナモモを植栽していると言う

A04-14-21 138.jpg

 ハナモモ(紅色)

 A04-14-21 144.jpg

 ハナモモ(白色) 

A04-14-21 146.jpg

ニリンソウ(二輪草)

雑草の手入れをしていた女性に聞くと、毎年増え続けていると言っていた

 A04-14-21 161.jpg

A04-14-21 164.jpg

 ヒメオドリコソウ

 A04-14-21 169.jpg

 タチツボスミレ

 A04-14-21 171.jpg

 ムスカリ

 A04-14-21 174.jpg

 龍珠院を後にして瀬音の湯へ

A04-14-11 111.jpg

 <瀬音の湯>

龍珠院で花見を楽しんだ後は、東京西多摩の日帰り温泉「瀬音の湯」へ 

他に「つるつる温泉」、奥多摩には「小菅の湯」もあるが、ここはアクセスが一番良い

 A04-14-31 111.jpg

秋川に架かる橋

夏休みになると、河原で水遊びやバーベキューを楽しむ家族連れで賑わう所です

A04-14-31 114.jpg

瀬音の湯の駐車場

ゆっくり歩いて15分で到着、ウイークデーだが駐車の多さに驚いた

 A04-14-31 117.jpg

駐車場のカツラ

カツラは紅葉になるのも早いが、若葉が出るのも早いようです

A04-14-31 155.jpg

 瀬音の湯

泉質はアルカリ性、肌はツルツルで実に気持ちが良い(入浴料金900円)

4月の太陽を受けながら露天風呂、満足できる温泉です

 A04-14-31 121.jpg

 天ぷらそば

湯上りに生ビールが旨い、1/3ほど飲んでから気が付き撮影した

 A04-14-31 131.jpg

瀬音の湯の桜

地元の特産品を販売する、道の駅のような売店で買い物をし帰路につく

 A04-14-31 136.jpg

吊り橋「石舟端」

瀬音の湯発のバスがもあるが、この橋を渡りたかったのでバス停「十里木」へ

紅葉の時期も美しいと聞き、秋に散歩を計画したいと思っている

A04-14-31 158.jpg

 この日が、今年最後の花見になった

花見ができる年数も限られる年代、健康を維持し来年も桜行脚を続けたい

------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

nice!(54)  コメント(7) 
共通テーマ:旅行

東京の里山(1)<花の龍珠院> [東京を歩く]

東京の山里(1)

<花の龍珠院>

東京西多摩の山里に「花の寺」がある事を知り、3年前に見に行ったが

その時の美しさを思い出し、今年の桜の締めに龍珠院を選んだ、そして

花見のあとは、徒歩13分ほどで行ける温泉「瀬音の湯」で疲れを癒しランチタイム

地元立川の知人に龍珠院のことを問うと、殆んどの人たちが知らず驚いた

 -----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:4月14日>

<花の寺>

JR五日市駅から路線バスで約12分、自宅から1時間ほどで龍珠院に行ける

寺号:天照山龍珠院 宗派:臨済宗建長寺派 本尊:観世音菩薩

A04-14-11 111.jpg

 枝垂れ桜は5分咲き(左)

満開まであと4・5日、来るのが少し早かった、来年もう一度チャレンジしたい

A04-14-11 114.jpg

 参道の地蔵尊

長い年月、風雪を耐えてきた石仏、廃仏毀釈の影響を受けたようです

A04-14-11 125.jpg

A04-14-11 127.jpg

本堂前のミツバツツジ

A04-14-11 135.jpg

龍珠寺本堂・参拝

花見をしても参拝する人は少ない、私たちはお礼を兼ねて多目のお賽銭を入れる

  A04-14-11 141.jpg 

 住職と奥さんの作品

美しい花を見せて頂いたお礼に、妻は鷹の爪と芋がらを購入

  A04-14-11 144.jpg

 桜の里親募集

老い先短い年令、あと10歳若ければ応じたいが、妻と別々に募金に協力をする

  A04-14-11 147.jpg

 石垣から本堂

  A04-14-11 151.jpg

住職の奥さん

住職の奥さんですか、と声をかけるとハイと返事、話し好きの方で会話が弾んだ

 A04-14-11 161.jpg

石垣越しの桜

龍珠寺の撮影ポイント、石垣に人の姿がないときに撮ったが、次の写真では ⇓ ⇓

 A04-14-11 164.jpg

 石垣の前で長話

石垣を入れ奥の桜を撮りたかったが諦めた、場所は上の写真の中央付近です

 A04-14-11 168.jpg

参道入口は荷物置き場

荷物の持ち主は別の場所で撮影中、本人の写真を撮ったがアップを控えます

参道入口に三脚を据え撮影中の男性もいたが、他の人の邪魔、撮影も・参道も歩けない

A04-14-11 119xxxxxx.jpg

 参拝駐車料金

整理をしていた人に聞くと、料金箱にお金を入れる人は少なく、高いと言う人もいる

 A04-14-11 121.jpg

枝垂れ桜

A04-14-21 111.jpg

A04-14-21 114.jpg

 ミツマタツツジ

A04-14-21 121.jpg

 A04-14-21 128.jpg

 キブシ(木五倍子)

 A04-14-21 149.jpg

 住職の奥さんと会話

乙津の里を桜の園にしたいと、三春の桜の苗木などを植栽しているが貧乏寺

桜を見に来るのは嬉しいが、参拝をせず写真撮影のみが目的の人が多くなり、家の庭や

畑の中まで入ってくる人もいると言う、撮影マナーの悪さが問われている

北海道美瑛の哲学の木はカメラマンとのトラブルで伐採、福島の花見山も通行禁止がある


体調を崩す、5日前の写真です、風邪は完治していませんが、かなり良くなりました

----------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

nice!(69)  コメント(15) 
共通テーマ:旅行

2017年 初詣<山王日枝神社> [東京を歩く]

<2017年 初詣>
 
現役時代は神田明神へ、引退後は山王日枝神社に、毎年「初詣」を続けていたが
 寒いなか長い時間並び参拝するのは、年を重ねると難しくなってくる
 
正月2日に地元の神社でお参りを済ませていたが、この日は定例の診療所通い
その帰りに日枝神社に向かったが、さすがに松の内を過ぎると参拝者は少ない
 
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
<撮影日:1月16日>
山王日枝神社
 
日枝神社は、比叡山延暦寺の守護神として栄えた日吉大社(滋賀県坂本)の末社
山王とは近江国日枝山(ひえやま)の神を言う、日枝山は後に比叡山になった
 
日吉大社の山王権現鳥居は、笠木の上に破風を乗せた独特の形状で
神仏習合を表した合掌鳥居、末社の山王日枝神社も同形です
 
 A01-16-21 111.jpg
 
<山王男坂>

赤坂溜池側の大鳥居(アクセスが良い)が、今では正面のようだが
 日枝神社の正面はこの男坂、石段(50段)を上ると神門がある
 
 A01-16-21 114.jpg
 
<男坂の上から>
 
振り返ると急な石段、安全のため中央にも手すりが欲しい
 
 A01-16-21 117.jpg
 
<山王女坂>
 
A01-16-21 119.jpg 
 
<神 門>
 
正月三が日は、拝殿から神門を経て赤坂溜池側(左方向)の大鳥居辺りまで
参拝者の列が延々と続き、参拝に30分から1時間ほどかかることが有る
 
 A01-16-21 123.jpg
 
 A01-16-21 126.jpg
 
<神門から拝殿>
 
神門前で脱帽拝礼し拝殿に向かう
 
 A01-16-21 130.jpg
 
<皇城鎮護の額>
 
明治遷都の際に準勅裁の指定を受けた、皇城鎮護、国家安泰の神社
 
日本政治の中心地にある日枝神社は、出生運・成功運のパワースポットです
 
 A01-16-21 135 (538x405).jpg
 
<日枝神社 拝殿>
 
日枝神社の主祭神は、大山咋神(オハヤマクイノカミ)、相殿に国常立神(クニノトコタチノカミ)
伊弉冉神(イザナミノカミ)、足仲彦神(タラシナカツヒコノミコト)を祀っている
 
大山咋神は、伊弉冉、伊弉諾の子で天照大神とは兄妹、木花咲耶姫の父神になる
 
 A01-16-21 147.jpg
 
<拝殿にて参拝>
 
正月松の内は、石段の前に拝礼所が設けられ5列に並び参拝するが
 半月が過ぎると参拝者は少ない、破魔矢の臨時授与所(右手)は片づけられて無い
 
 A01-16-21 150.jpg
 
<拝殿前の紅梅>
 
初詣に来て満開の紅梅を見たの初めて、今年は早く咲き始めたようです?
 
 A01-16-21 153.jpg
 
<夫婦猿像>
 
日吉大社の神の使いは猿、このため拝殿の両側に夫婦猿像が置かれている
猿は親子の情が厚い動物、縁結び、安産、子宝にご利益があると言う
 
CIMG6332 (314x236).jpg CIMG6337 (314x236).jpg
 
<夫婦猿像にお参り>
 
家族の安産祈願でしょうか、女猿像・男猿像の順に熱心にお参りをしていた
昨年の初詣(正月3日)では、夫婦像の前に長い行列が出来ていた、賽銭箱も有る
 
A01-16-21 163.jpg
 
<神門の夫婦猿像>
 
A01-16-21 139 (305x420).jpg A01-16-21 142 (300x420).jpg
 
<山王大鳥居>
 
江戸時代には、赤坂見附から虎ノ門辺りまで大きな溜池(江戸城外堀)が有ったが
今は埋め立てられその面影はない、当然この大鳥居もなかった
 
 A01-16-21 173.jpg
 
<フユザクラ>
 
赤坂見附に近い山王鳥居の両脇の冬桜、散り始めた花も有った
 
 A01-16-21 175.jpg
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------- 
 
わが家の珍客
 
小鳥たちにとってエサになる食べ物が少ない真冬、妻は可哀そうだと言い
 
毎日、出窓の外のバラの枝に「リンゴやミカン」を刺していると、それを見つけた 
メジロなどが食べにやってくる、パソコンに向かいながら探鳥です
 
 CIMG6171 (538x404).jpg
 
 CIMG6214 (538x404).jpg
 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
 
次回は、由紀さおり<明治座特別公園>を紹介します
---------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

nice!(71)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

新春 永田町散歩<桜田濠~日枝神社> [東京を歩く]

<新春 永田町散歩>
 
毎月定例の麹町の診療所通い、その機会を利用し赤坂・四谷などの坂道散歩を
 
続けていたが、昨年は桜が咲く時期に国立劇場から千鳥ヶ淵まで歩いたのみ
 
この日は、半蔵門から三宅坂、国会議事堂を経て日枝神社までの散歩を計画し
 
日本の立法府・行政府が集まる永田町を歩いたが、好天気に恵まれ快適な午後でした
 
---------------------------------------------------------------------------------------------------------
<撮影日:1月16日>
皇居内濠~日枝神社
 
いつも定番撮影をしているポイント、皇居の景観が美しい場所の一つです
皇居の桜田濠を眺めながら、内堀通りを三宅坂に向かって歩く
 
皇居(内堀を含む)の住所は「千代田区千代田1番地」です
 
 A01-16-11 111.jpg
 
<皇居半蔵濠>
 
この日の朝は氷点下、お濠には氷が張っていた
 
 A01-16-11 114.jpg
 
<桜田濠から警視庁>
 
ユリノキの実を入れ警視庁をアップで撮影、次の写真に続きます
 
A01-16-11 118.jpg
 
<ユリノキの実>
 
今年は実の数が非常(異常)に多い、木の枝が衰え枯れないか心配です
 
A01-16-11 120.jpg 
 
 A01-16-11 123.jpg
 
<皇居濠端の黒松>
 
A01-16-11 127.jpg
 
<江戸城跡の碑>
 
 A01-16-11 130.jpg
 
<三宅坂から半蔵門>
 
桜田濠から内堀通りを渡ると、政治の中心地 「千代田区永田町」です
 
 A01-16-11 133.jpg
 
<三宅坂から桜田門>
 
 A01-16-11 137.jpg
 
<永田町の周辺地図>
 
地図の右側は永田町、左側は外務省、財務省など中央官庁の建物が並ぶ霞が関
 
永田町には、国会議事堂・首相官邸・総理府・議員会館・衆参議長公邸がある
 
 A01-16-11 139XX.jpg
 
<国会議事堂 正面>
 
ポピュリズムによる世界の政治情勢の変化は勿論、韓国の異常過ぎる反日活動
核ミサイル開発が進む北朝鮮、隙を見せれば尖閣諸島から宮古島、沖縄本島をも
自国の権益に組み入れたい中国、一国平和主義ではこれからの日本は守れない
 
与野党は、日本の将来を見据えた強い政治活動を続けて貰いたい
  
A01-16-11 141.jpg
 
<首相官邸>
 
安倍政権の支持率は依然として高い、これは民主党政権時代に対する国民の失望が
未だに大きく尾を引いている、選挙のための野党結集では理解と信頼は得られない
 
米英のような二大政党を望んでいたが、政権を託せるには・後何年待てばよいのか?
 
 A01-16-11 150.jpg
 
<官邸前の坂道>
 
首相官邸北側の名のない坂道、車道は通行止めですが歩道は歩ける 
 
 A01-16-11 153.jpg
 
A01-16-11 156.jpg
 
<議員会館>
 
首相官邸の北側に衆議院議院会館2棟、参議院議員会館1棟が立ち並ぶ
 国会議事堂(道路を挟み右側)は地下道で結ばれている

議員会館は地上13階・地下2階、議員事務所は100㎡ 、改築前の2.5倍の広さです
 
 A01-16-11 143.jpg
 
A01-16-11 147.jpg
 
<国会議事堂 裏側>
 
国会議事堂を後に日枝神社へ、山王坂の坂上から振り返って撮影
 
 A01-16-11 160.jpg
 
<山王坂の坂上>
 
坂道を下りた正面に山王日枝神社がある、住所は「千代田区永田町」です
 
 A01-16-11 164.jpg
 
<山王坂の坂下>
 
 A01-16-11 169.jpg
 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
 
次回は、2107年 初詣<山王日枝神社>を紹介します
--------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

nice!(73)  コメント(15) 
共通テーマ:旅行

新井薬師<参道商店街 > [東京を歩く]

新井薬師
<参道商店街>
 
自宅に近い玉川上水駅から、西武拝島線を利用すると新井薬師駅まで約40分
駅前の商店街を歩き、帰りはJR中野駅へ向かうのが定番コースになっている
この日は、新井薬師の縁日でしかも日曜日でしたが人出は少なく
寂しさを感じる年末の商店街でした、そんな様子をウオッチングした
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
<撮影日:12月18日>
<駅前商店街>
  
新井薬師前駅
 
西武新宿線の新井薬師前駅から、新井薬師を経てJR中野駅までは約2km
参拝を兼ねて散歩するには、ほどほどの距離で丁度良い
 
 A16-12-18 211.jpg
 
駅前商店街
 
町名は中野区新井、小学校、店舗、マンションに新井の名を付けた所が多く
新井薬師と共に発展をしてきたのが伺えるが、商店街はシャッター通りの様相です
 
 A16-12-18 214.jpg
 
和菓子の店
 
旗のぼりの宣伝は「やくし最中」、ここでも薬師如来の名を頂いている
 
A16-12-18 217.jpg 
 
昔ながらの荒物屋
 
妻は閉店した豆腐屋さんなどを覚えていて、寂しくなったと言う
 
 A16-12-18 220.jpg
 
頑張っている肉屋さん
 
「牛一頭買いの店」とは威勢が良い、この後は住宅街を通り抜け新井薬師へ
 
 A16-12-18 223.jpg
 
<参道商店街>
 
あいロード商店街
 
新井薬師での参拝を終えると、参道商店街を通りJR中野駅へ
店先の旗上りは、薬師如来の縁日「八の日の特売」になっているが
昼時とはいえ、商店街を歩く人の姿は少ない
 
A16-12-18 311.jpg 
 
薬師 但馬屋
 
創業大正14年の老舗店、豆を扱っていて購入したことがある

 A16-12-18 317.jpg
 
気になる泥棒市塲
 
この商店街を10年ほど歩いているが、開店したのは一度も見てない
 
 A16-12-18 314.jpg
 
旗のぼり「新井薬師参道」
 
かつては参道に人があふれ、道を横切るのも大変だったと聞いている
縁日には、浅草の仲見世通りに匹敵するほど多かったのでしょう
 
A16-12-18 320.jpg 
 
雷神堂(煎餅店)
 
他の地域でもこの店を見たことがある、今は歯が悪くお呼びじゃない
 
 A16-12-18 324.jpg
 
超有名人登場
 
声をかけるとピース、マスクを脱ぐとイケメンの若者でした
 
 A16-12-18 327.jpg
 
商店街に銭湯
 
天然温泉の表記、私は銭湯が好きで入りたくなるが開店前です
 
 A16-12-18 330.jpg
 
中華そば「代三元」
 
高校3年になって初めて食べた中華そば(ラーメン)の味
その旨さに感動した覚えがある、今はラーメン店が溢れている
 
 A16-12-18 334.jpg
 
手押し車で歩く老夫婦
 
お二人とも卒寿を過ぎているように見受けたが、私たちも近づいている
 
 A16-12-18 337.jpg
 
JR中野駅側の参道入口
 
早稲田通りを渡った所から、振り返って撮影をした
 
 A16-12-18 341.jpg
 
<ブロードウエイ商店街>
 
早稲田通りからブロードウエイに入ると、驚くほど人出が多い
どこから集まって来るのか、薬師参道商店街との違いが歴然としている
 
 A16-12-18 411.jpg
 
昼食は「梅家」
 
ブロードウエイ商店街の中で、新井薬師を参拝した後は
この店で昼食をすることが多い、妻は最初からぜんざいと決めていた
 
 A16-12-18 414.jpg
 
妻はぜんざい(田舎しるこ)、私はかやくご飯セット
変な取り合わせですが、美味しく頂いた
 
 A16-12-18 417.jpg
 
麻生太郎元首相
 
真夏の衆議院選挙期間中に、この店で「氷あずきミルク」を食べたようです
この選挙で自民党は大敗し、民主党の鳩山由紀夫氏に「国を誤らないでほしい」と
政権を引き渡したが、その結果の記述については敢えて控えます
 
 A16-12-18 420.jpg
 
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
次回は、立川のコンサート<年末のあいさつ>を紹介します
------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(41)  コメント(12) 
共通テーマ:旅行

目の薬師寺<新井薬師 > [東京を歩く]

目の薬師寺
 
現役時代の後半、網膜に出血する黄斑変性症を発症し新聞の見出しは勿論
街の看板も読めない状態になり、会社の業務に支障をきたしていた
心配した妻は新井薬師に通い続け回復を祈願、4年前にも再発したが
レザーを照射し網膜のポリープを焼き切り、今は小康状態を保っている
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
<撮影日:12月18日>
<新井山梅照院>
 
あれから10年過ぎたが、黄斑変性症は加齢からくる目の病気
いつ発症するか分からない、妻は定期的に新井薬師にお参りに通っている
毎月八の日が縁日(12月18日)、今年の締めのお参りに二人で訪れた
 
 A16-12-18 111.jpg
 
宗派は真言宗豊山派
 
本山は奈良初瀬の長谷寺、本尊の十一面観音菩薩です
花の寺としても知られ度々参ったが、今は奈良を遠く感じるようになった
 
 A16-12-18 114.jpg
 
新井薬師山門
 
徳川2代将軍秀忠の息女和子が、薬師如来に眼病の平癒を祈願したところ
たちまち回復したとされ、江戸庶民の信仰を集めるようになった
 
 A16-12-18 116.jpg
 
新井薬師境内
 
西新井大師(真言宗豊山派)、高尾山薬王院、日向薬師、峰の薬師と共に
武相四大薬師の一つにに数えられている 
 
 A16-12-18 119.jpg
 
香炉から本堂
 
 A16-12-18 121.jpg
 
新井薬師本堂
 
新井の名は新たに井戸を掘ったことに由来し、新井薬師と親しまれている
 
 A16-12-18 123.jpg
 
 A16-12-18 125.jpg
 
本尊に参拝
 
本尊は、表が薬師如来、裏が如意輪観音の二仏一体の仏像とされ
秘仏であるが、12年に1度、寅の年に開帳される
 
 A16-12-18 126.jpg
 
今年は幸い黄斑変性症を発症せず、来年の無事を願う
 
 A16-12-18 128.jpg
 
新年を迎える仕度
 
本殿前の階段には板が敷き詰められ、すでに新年の仕度が整っている
 
 A16-12-18 130.jpg
 
お炊き上げ仕度
 
 A16-12-18 132.jpg
 
手水舎
 
 A16-12-18 141.jpg
 
新井薬師不動堂
 
薬師霊堂(写真なし)、不動堂の順に参拝、右側にねがい地蔵がある
 
 A16-12-18 135.jpg
 
ねがい地蔵尊
 
妻は願い事を込めて地蔵菩薩を丹念に洗いお参りです
 
 A16-12-18 137.jpg
 
幼い女の子も見まねで水かけです
 
 A16-12-18 139.jpg
 
白龍権現水
 
古くから名水と知られ、井戸水をくみに来る人が多い
 
 CIMG5612 (538x405).jpg
 
 A16-12-18 147.jpg
 
縁日の売店
 
年末の為であろうか、いつもより縁日売店の数が少ない
 
 A16-12-18 151.jpg
 
----------------------------------------------------------------------------------------------------
 
あ次回は、新井薬師<参道商店街>を紹介します
----------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

nice!(69)  コメント(11) 
共通テーマ:旅行

東京バスツアー(番外)<上野れんこん> [東京を歩く]

東京バスツアー(番外編)

<れんこんの店>

国立西洋美術館の後は、東京駅八重洲口まで移動しバスツアーは解散ですが

ツアー客の半数以上は美術館から単独行動、私たちもバスに戻らず上野で夕食です

行先はブログ仲間とのオフ会で2度行ったことが有る、上野の「れんこんの店」

妻から一度連れて行ってほしいと頼まれていたので、美術館から直行した

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:9月13日>

<上野の西郷さん>

国立西洋美術館からアメ横に近いれんこん店へ、その途中久しぶりに

西郷隆盛像に立ち寄ったが、ひと昔前までは東京に訪れた人たちの観光スポット

平成の時代こそ、私利私欲がなく器の大きい西郷さんのような人物が必要でしょう

A09-13-61 111.jpg

A09-13-61 113.jpg

<れんこん>

午後5時過ぎに着いたのが幸いし、何時もは満席の店内にも空席が有る

オフ会では2階、3階の席でしたが、仲間のちょいのりさんの名を出すと

時間が早いためか1階奥の予約席に案内され、ラッキーでした

A09-13-61 120.jpg

れんこん料理

ちょいのりさんも顔を見せ、初対面の妻と挨拶を交わし少し会話

メニューの種類は多いが折角の機会、れんこんを中心にした料理を注文した

A09-13-61 122.jpg

お通し(ごま豆腐)

A09-13-61 124.jpg

だしまき玉子

玉子焼きに薄味の出汁をかけたもの、ビールのつまみに注文した

料理の皿の絵柄も・・レンコン模様でした

A09-13-61 126.jpg

サンマの刺身

れんこん料理ではないが、ビールのつまみに旬のサンマを追加

A09-13-61 129.jpg

2杯目の生ビール

喉が渇いていたので、1杯目の生ビールを半分ほど飲んで

写真を撮っていないのに気が付き2杯目を注文、テーブルには次の料理が出ています

A09-13-61 134.jpg

蓮根と海老のはさみ揚げ(塩で食べる)

美味しい、美味しいと妻は大喜び、私より多く食べてしまった

A09-13-61 131.jpg

蓮根とホタテの蒸ししんじょう

この蒸ししんじょうも、この店でしか味わえない味でしょう

A09-13-61 139.jpg

蓮根のきんぴら

きんぴらは細く短冊に切ったものと想像していたが違いました、でも旨い

A09-13-61 142.jpg

蓮根とおこげの蟹あんかけ

写真を撮り忘れたのが残念、妻もこの料理に大満足でした

れんこん麺

れんこんの味はあまりしなかったが、食べ終えると満腹でした

A09-13-61 146.jpg

<夜のアメ横>

上野駅に向かう途中、夜のアメ横をぶらり散歩

魚屋、干物屋が軒を連ねていた頃に比べると、大きく様変わりしている

A09-13-61 151.jpg

新しいスタイルの店

中国人観光客相手の店でしょうか、東南アジアの屋台の店と似ています

A09-13-61 157.jpg

A09-13-61 162.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------

土砂降りの小石川後楽園、豪華絢爛な赤坂迎賓館、国立西洋美術館では

有名な絵画と彫刻、そして締めは上野のれんこん料理店、中身の濃い一日でした

---------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(80)  コメント(19) 
共通テーマ:旅行

東京バスツアー(3)<国立西洋美術館>を紹介します [東京を歩く]

東京バスツアー(3)

<国立西洋美術館>

印象派など19世紀から20世紀前半の絵画・彫刻など、松方コレクションを中心に

昭和34年に設立された西洋美術館、本館が世界遺産に登録決定したことにより

混雑を予想したが雨天が幸いし並ぶことなく入館できた、館内の作品は

日本の美術館では珍しく一部を残し撮影OK,撮った写真で記事をつくった

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:9月13日>

<美術館の作品>

フランス政府が日本を含む7か国とユネスコ世界遺産委員会に共同で推薦をしていた

「ル・コルビュジエの建築作品」が世界文化遺産への登録を決定した

国立西洋美術館を含む7か国17作品で、国境・大陸をまたいだ世界遺産になった

A09-13-41 111.jpg

正式名称は 『ル・コルビュジエの建築作品・近代建築運動への顕著な貢献』

建物の写真(2点)はネットから拝借した

A09-13-41 117.jpg

美術館の館内

世界遺産に登録されたためか、外国人の入館者を多く見かけた

A09-13-41 120.jpg

絵画の前で記念撮影

モネの作品「睡蓮」の前で、女性たちが記念撮影(2組)をしていた

A09-13-41 128.jpg

睡蓮(クロード・モネ)

モネの自宅の庭園、モネは睡蓮の絵を多く描いている

A09-13-41 135.jpg

舟遊び(クロード・モネ)

モネが再婚した相手の娘さんを描いた作品です

A09-13-41 137.jpg

帽子の女(ピエール=オーギュスト・ルノアール)

A09-13-41 139.jpg

アントリエット・ペルトロ・ド・プレヌフ夫人の肖像

(ジャン=マルク・ナティエ)

A09-13-41 141.jpg

自画像(マリー=ガブリエル・カベ)

女性画家が22歳のときに描いた自画像、さすがに魅力的で美しい女性です

A09-13-41 144.jpg

悲しみの聖母(カルロ・ドルチ)

青いマントに身を包んだ聖母マリア、悲しみの表情が美しい

A09-13-41 147.jpg

男と女(パブロ・ピカソ)

ピカソの即品は他にも有ったが、撮影禁止でした

A09-13-41 153.jpg

あひるの子(ジョン・エヴァリット・ミレイ)

ミレイの少女像が愛らしく見入ってしまった、拡大した写真は次です

A09-13-41 156.jpg

A09-13-41 164.jpg

聖家族、トビアスと大天使、聖ドロテアと幼い洗礼者ヨハネ

(ポニファーチョ・デ・ビターティ)

A09-13-41 167.jpg

作品名(作者)を記録せず不明です・2点

A09-13-41 122.jpg

CIMG4560 (538x404).jpg

弓をひくヘラクレス「習作」(エミール=アントワーヌ・ブールデル)

習作の意味を係りの女性に聞くと、本作を作る前に仕上げた作品だと言う

A09-13-41 126.jpg

ヴェールの踊り(エミール=アントワーヌ・ブールデル)

A09-13-41 170.jpg

美術館の中庭

中庭の向こうはレストラン、ゆっくり過ごしたいが断念

A09-13-41 173.jpg

考える人「拡大作」 (オーギュスト・ロダン)

ロダンの良き理解者であるロレンツォ・デ・メディチの手ににより

原型に基づき拡大した作品、美術館の人に聞くと、5.5倍だと言っていた

A09-13-51 111.jpg

ル・コルビュジエが設計した西洋美術館の特徴は、館内の随処にあるようだが

気が付かず通り過ぎ写真を撮れず、もう一度ゆっくり見に行く必要がある

------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、東京バスツアー(番外)<上野れんこん店>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(81)  コメント(19) 
共通テーマ:旅行

東京バスツアー(2)<赤坂迎賓館 参観> [東京を歩く]

東京バスツアー(2)

<赤坂迎賓館 参観>

東京都内をバスツアーで巡るのは久しぶり、目的は赤坂迎賓館の参観でしたが

生憎の天候で撮った写真はどれもこれも悪い、勿論コンデジ任せの私に責任がある

そして豪華な迎賓館の部屋は撮影禁止、どうするか迷った挙句に思いついたのは

迎賓館内外の無料写真の借用でした、借り物の写真記事ですがご容赦下さい

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:9月13日>

<迎賓館赤坂離宮>

迎賓館正門

ベルサイユ宮殿を模して造られた豪華絢爛な洋風の建造物

明治42年(1909年)に、10年の歳月を経て近代国家の東宮御所として完成

工事費用は当時の金額で510万円、今の金額では1,000億円に相当すると言う

A09-13-21 104.jpg

ネットから拝借した写真です

A09-13-31 111.jpg

迎賓館本館

正門(上の写真)、迎賓館本館、主庭噴水池は、明治維新後の建造物として

初めて国宝に指定された、本館の大きさは次の通りです

A09-13-21 139.jpg

ネオ・バロック様式の建造物

幅 125メートル、奥行き 89メートル、高さ 23メートル、建坪 11,700平方メートル です

A09-13-31 117.jpg

本館を西横から撮影

秋晴れの日に撮りたかったが、ツアーは天気を選べず止むを得ない

A09-13-21 131.jpg

ネットから拝借しました

A09-13-31 121.jpg

主庭大噴水

国宝に指定された大噴水池、本館南側の主庭園です

A09-13-21 114.jpg

内閣府の資料から拝借

A09-13-31 125.jpg

西側の通用口

通用口で入館証を示し、迎賓館の本館内へ

A09-13-21 128.jpg

羽衣の間(記念切手を購入)

迎賓館内で最も大きい部屋、シャンデリア(3基)が豪華

オーケストラボックスがあり、この部屋で舞踏会が行われたようです

A09-13-31 128.jpg

中央階段

床はイタリア産大理石、壁にはフランス産大理石が使用されている

階段を上がった正面に「朝日の間」があるが、アップする写真は有りません

A09-13-31 131.jpg

彩鸞(さいらん)の間

表敬訪問をした来客が最初に案内される部屋で、晩餐会の招待客が公賓に謁見

条約・協定の調印式、公賓とのテレビインタビューなどに使用される

 img_1[1].jpg

花鳥の間

国、公賓が主催する公式晩餐会が開催される大食堂で130名の席を設けられる

首脳会談などにも使用され、第12回主要国首脳会議(G7)はこの部屋で開催された

A09-13-31 135.jpg

本館前庭

迎賓館の参観を終えた後は急ぎ集合場所へ、バスツアーは時間制限がある

 A09-13-21 148.jpg

前庭の歩道

A09-13-21 141.jpg

本館前の道

今まで正門の外から見ていた迎賓館の本館、正面近くから撮影できた

A09-13-21 144.jpg

迎賓館正門

国宝の指定を受けている正門、最上部は菊の御紋章です

A09-13-21 152.jpg

国立西洋美術館へ

赤坂迎賓館の次は世界遺産に登録された西洋美術館、その記事は次回です

CIMG4552 (538x404).jpg

--------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、東京バスツアー(3)<国立西洋美術館>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(86)  コメント(19) 
共通テーマ:旅行

東京バスツアー(1)<雨の小石川後楽園> [東京を歩く]

東京バスツアー(1)

<雨の小石川後楽園>

新聞を見ていると、赤坂迎賓館を参観するバスツアーの広告が掲載されていた

一度は館内を見たいと思っていたので、その日のうちに申し込んだが

ツアーは当日の天気を選べないのが欠点、赤坂迎賓館に行く前に案内されたのは

土砂降りの中の小石川後楽園、ズボンの裾は濡れ雑巾のようになっていた

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:9月13日>

<小石川後楽園>

小石川後楽園は、初代水戸藩主徳川頼房に始まり、二代藩主光圀の代に

完成した回遊式泉水築山庭園、国の特別史跡、名勝庭園に指定されている

梅、桜、花菖蒲が見ごろの頃に訪れているが、この時期は初めてです

A09-13-11 111.jpg

しだれ桜

土砂降りの雨に打たれている枝垂桜、六義園の桜と共に早咲きです

A09-13-11 116.jpg

一の松

A09-13-11 117.jpg

ハス池にかかる橋

今は花の端境期、彼岸花が咲いていると聞きツアー客は奥に向かいます

A09-13-11 121.jpg

ハスの葉に雨水

A09-13-11 124.jpg

大泉水沿いの臨時橋

築山越えの道は工事中、足元に気を付け雨の中を奥へ向かう

A09-13-11 130.jpg

黄門さんもびしょ濡れ

稲穂を守る案山子の黄門さん、他の二体は助さん格さんでしょうか

水戸黄門は百姓を大事にしたという、日本庭園内の稲田は他に類がないようです

A09-13-11 133.jpg

咲き始めた彼岸花

稲田のまわりの彼岸花は咲き始め、これから多くなるようです

A09-13-11 136.jpg

雨に打たれる彼岸花

A09-13-11 139.jpg

大泉水を一周

A09-13-11 143.jpg

色づいたモミジ

激しさが増す雨に追われるように後楽園を後にする

A09-13-11 147.jpg

<プリンスホテル新高輪>

ランチ・バイキング(写真はロビーです)

私は赤ワインを別注し食べた料理は少しのみ、妻がコーヒーを運んでくれた

ツアーの女性たちは、スイーツ、フルーツは別腹だと何度も取りに通っていた

A09-13-15 111.jpg

A09-13-15 114.jpg

<赤坂迎賓館>

この日一番の目的は赤坂迎賓館の参観、正門は出口専用で私たちは西口まで歩く

土砂降りの雨も峠を越し小雨がぱらつく程度、しかし撮った写真は暗い

A09-13-21 101.jpg

迎賓館の主庭園

初めてみる赤坂迎賓館の主庭園、さすがに綺麗に管理されている

A09-13-21 111.jpg

大噴水で記念撮影

A09-13-21 117.jpg

入館チェック(西入口)

ツアー会社が提出した名簿で氏名確認、そして手荷物検査を受けて館内へ

参観者が多く通過するのに20分以上もかかった

A09-13-21 125.jpg

迎賓館の中へ

天気の悪い日でしたが参観者は続々と入館、次回の記事に続きます

A09-13-21 128.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、東京バスツアー(2)<赤坂迎賓館・参観>を紹介します

---------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(60)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 東京を歩く ブログトップ