So-net無料ブログ作成
検索選択

びわ湖 湖畔旅行記(6)<近江八幡 町並み散歩> [近畿地区]

びわ湖 湖畔旅行記(6)

<近江八幡 町並み散歩>

近江八幡は、近江商人(八幡地域)の商業活動で栄えた町、その理念である

三方よし「買い手よし・売り手よし・世間よし」は、現在に通じる商売の鉄則です

近江商人の流れを汲む、主な企業は、高島屋・大丸・西武・伊藤忠・丸紅・東レ

日清紡・東洋紡・日本生命・ワコール・西川産業・武田薬品、まだまだ有る

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<添乗員旅行:6月9日>

<近江八幡 新町通り>

江戸・明治期の建物が残る新町通り、他にも永原町通りや商家もあるが           高齢の姉妹たちを連れて歩くには限界が有る、そのため新町通りだけを選択した

この一帯は八幡堀を含めて、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている

A06-09-31 111.jpg

街角の石柱

左:「京街道」  右:「まちなみ(新町通り)」

近江商人とは、高島商人・八幡商人・日野商人・湖東商人など近江全域の総称です

A06-09-31 114.jpg

新町通りを歩く

前方の山は豊臣秀次の居城があった八幡山、歴史を感じる風情のある通りです                姉妹たちは、店先で立ち止まり何かを物色

A06-09-31 120.jpg

姉妹たちが立ち止まった店(上の写真)

妻と妹は、安いからと大豆など豆ものを購入、東京でも買えるのに?

A06-09-31 128.jpg

うだつが上がる家

A06-09-31 123.jpg

旧西川家住宅

西川利右エ門邸、屋号を十文字屋と称し、蚊帳、畳表を商い、江戸、大阪、京都にも出店       現在は市立資料館の一部として開館されている

A06-09-31 131.jpg

A06-09-31 133.jpg

おねがい地蔵(受嘱救世尊)

姉妹たちは神妙にお参り、町内の人たちが管理をしているようです

A06-09-31 136.jpg

A06-09-31 138.jpg

通りを歩く4姉妹

姉妹たちも買い物が好きですが、この店(下の写真)は横目で見て素通りです

A06-09-31 141.jpg

麩の岩井

A06-09-31 143.jpg

旧伴家住宅

伴伝右衛門邸、大地震にも耐える強固な建物として建造され、明治維新後、伴家の没落後は      小学校・女学校・役場・図書館として使用され、現在は資料館の一部になっている

A06-09-31 117.jpg

郷土資料館

A06-09-31 148.jpg

白 雲 館

明治10年に八幡小学校として建築された白雲館、近江商人が子どもの教育充実を図るため    その費用の殆んどを寄付で賄われた、現在は観光案内所として運営されている

A06-09-31 146.jpg

でっち羊羹「和た与」

丁稚奉公をしている少年たちが、正月休みで実家に帰るときに土産に買ったことから      でっち羊羹の名が付いた、文久3年(1863年)江戸末期の創業の老舗です

A06-09-31 153.jpg

ういろ餅・でっち羊羹

A06-09-31 155.jpg

お土産に購入

20年ほど前、別の店で購入した丁稚羊羹の印象は悪かったが、この店は中々美味しい         皆さんは味見をし、お気に召したので土産に購入していた

A06-09-31 159.jpg

A06-09-31 157.jpg

八幡堀の家並み

新町通りの後は八幡堀の遊歩道を散策、その記事は次回に続きます

CIMG9269 (538x404).jpg

次回は、びわ湖 湖畔旅行記(7)<近江八幡 八幡堀>を紹介します

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(77)  コメント(16) 
共通テーマ:旅行