So-net無料ブログ作成
検索選択

東京の里山(1)<花の龍珠院> [東京を歩く]

東京の山里(1)

<花の龍珠院>

東京西多摩の山里に「花の寺」がある事を知り、3年前に見に行ったが

その時の美しさを思い出し、今年の桜の締めに龍珠院を選んだ、そして

花見のあとは、徒歩13分ほどで行ける温泉「瀬音の湯」で疲れを癒しランチタイム

地元立川の知人に龍珠院のことを問うと、殆んどの人たちが知らず驚いた

 -----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:4月14日>

<花の寺>

JR五日市駅から路線バスで約12分、自宅から1時間ほどで龍珠院に行ける

寺号:天照山龍珠院 宗派:臨済宗建長寺派 本尊:観世音菩薩

A04-14-11 111.jpg

 枝垂れ桜は5分咲き(左)

満開まであと4・5日、来るのが少し早かった、来年もう一度チャレンジしたい

A04-14-11 114.jpg

 参道の地蔵尊

長い年月、風雪を耐えてきた石仏、廃仏毀釈の影響を受けたようです

A04-14-11 125.jpg

A04-14-11 127.jpg

本堂前のミツバツツジ

A04-14-11 135.jpg

龍珠寺本堂・参拝

花見をしても参拝する人は少ない、私たちはお礼を兼ねて多目のお賽銭を入れる

  A04-14-11 141.jpg 

 住職と奥さんの作品

美しい花を見せて頂いたお礼に、妻は鷹の爪と芋がらを購入

  A04-14-11 144.jpg

 桜の里親募集

老い先短い年令、あと10歳若ければ応じたいが、妻と別々に募金に協力をする

  A04-14-11 147.jpg

 石垣から本堂

  A04-14-11 151.jpg

住職の奥さん

住職の奥さんですか、と声をかけるとハイと返事、話し好きの方で会話が弾んだ

 A04-14-11 161.jpg

石垣越しの桜

龍珠寺の撮影ポイント、石垣に人の姿がないときに撮ったが、次の写真では ⇓ ⇓

 A04-14-11 164.jpg

 石垣の前で長話

石垣を入れ奥の桜を撮りたかったが諦めた、場所は上の写真の中央付近です

 A04-14-11 168.jpg

参道入口は荷物置き場

荷物の持ち主は別の場所で撮影中、本人の写真を撮ったがアップを控えます

参道入口に三脚を据え撮影中の男性もいたが、他の人の邪魔、撮影も・参道も歩けない

A04-14-11 119xxxxxx.jpg

 参拝駐車料金

整理をしていた人に聞くと、料金箱にお金を入れる人は少なく、高いと言う人もいる

 A04-14-11 121.jpg

枝垂れ桜

A04-14-21 111.jpg

A04-14-21 114.jpg

 ミツマタツツジ

A04-14-21 121.jpg

 A04-14-21 128.jpg

 キブシ(木五倍子)

 A04-14-21 149.jpg

 住職の奥さんと会話

乙津の里を桜の園にしたいと、三春の桜の苗木などを植栽しているが貧乏寺

桜を見に来るのは嬉しいが、参拝をせず写真撮影のみが目的の人が多くなり、家の庭や

畑の中まで入ってくる人もいると言う、撮影マナーの悪さが問われている

北海道美瑛の哲学の木はカメラマンとのトラブルで伐採、福島の花見山も通行禁止がある


体調を崩す、5日前の写真です、風邪は完治していませんが、かなり良くなりました

----------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

nice!(69)  コメント(15) 
共通テーマ:旅行

昭和記念公園(298)<春の山野草> [昭和記念公園]

昭和記念公園(298)
<春の山野草>
 
日本各地から桜の便りが届く4月、春の花木が咲き始めると気持ちも華やぐが
 
一方、野山に春を告げる山野草も見逃せない、この日の目的の一つは
 
こもれびの丘で咲くカタクリの花、そしてニリンソウなど季節の花々です
 
この記事は、撮り集めた可憐な花の羅列ですが、ご覧ください
 
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<撮影日:4月10日>
 
<こもれびの丘>
 
カタクリの花
 
成育環境が難しく、咲かせるまで7~8年の年月が必要というカタクリの花
 
こもれびの丘の北斜面に植栽したが、花の数がかなり増えたようです
 
 A04-10-21 109.jpg
 
 A04-10-21 111.jpg
 
カタクリの花(白)
 
 A04-10-21 117.jpg
 
ニリンソウ(二輪草)
 
カタクリの花に似て日陰を好むのか?、この花も増えたようです
 
 A04-10-21 124.jpg
 
A04-10-21 127.jpg
 
タチツボスミレ
 
野に咲く可憐なタチツボスミレ、好きな花の一つです
 
 A04-10-21 130.jpg
 
A04-10-21 133.jpg
 
オオイヌノフグリ
 
 A04-10-21 137.jpg
 
ヒメオドリコソウ
 
 A04-10-21 140.jpg
 
二ホンタンポポ
 
茎が長いので日本タンポポでしょうか?、西洋タンポポに比べ少なくなった
 
 A04-10-21 144.jpg
 
シュンラン(春蘭)
 
 A04-10-21 147.jpg
 
ジロボウエンゴサク
 
花の名は、パネルに書かれていた名の受け売りです
 
 A04-10-21 149.jpg
 
イカリソウ(紫系)
 
 A04-10-21 152.jpg
 
イカリソウ(白系)
 
 A04-10-21 156.jpg
 
花の名は?
 
 A04-10-21 159.jpg
 
ヒトリシズカ(一人静)
 
 A04-10-21 163.jpg
 
花の名は?
 
 A04-10-21 166.jpg
 
ムラサキハナナ(紫花菜)
 
こもれびの丘ではなく渓流広場で植栽、今年は咲き具合が良い
 
A04-10-21 173.jpg
 
 A04-10-21 170.jpg

---------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
お見舞いコメント、有難うございました
風邪は完治するまでには至りませんが、かなり回復しましたので無理をせず活動開始
地元自治会、老人会、諸団体の定期総会も済み、忙しさの峠は越えました
 
次回は、東京の里山<花の龍珠院>を紹介します
------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

nice!(78)  コメント(16) 
共通テーマ:旅行

昭和記念公園(297)<春の花めぐり> [昭和記念公園]

昭和記念公園(297)
<春の花めぐり>
 
毎年、京都・東北など各地でサクラ行脚をしていたが、今は体力も衰え
 
また多忙が続き、東京のサクラもベストの時期に見に行くことができない
 
しかし、地元立川に昭和記念公園があるのは有り難い、この日はサクラの他に
 
こもれびの丘の山野草(次回)や、ナチュラルガーデンだど目的が多い
 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
<撮影日:4月10日>
<こもれびの池>
 
何時ものように砂川口から入園、定番ポイントから見る「こもれびの池」も
 
柳が芽を吹き「春が来た」ことを実感できるが、枝垂れ桜(右)は散り始めていた
 
 A04-10-11 111.jpg
 
池の春景色
 
ユキヤナギ、レンギョウ、サクラが咲き、こもれびの池は春の装いです
 
ユキヤナギの奥に見えるのは・・菜の花畑です
 
 A04-10-11 114.jpg
 
ナノハナ畑
 
花の丘の北斜面、前回(3月11日)はホトケノザと勢力争いをしていたが
 
ひと月の間にナノハナの背が伸び、美しい花畑になった
 
 A04-10-11 117.jpg
 
<ナチュラルガーデン>
 
ムスカリ、ヒヤシンス、原種系チューリップ、スイセンなどが次々に咲く
 
こどもの国のガーデン、早春から陽春までの約1ケ月は一年で最も華やかになる
 
 A04-10-11 121.jpg
 
ハナニラの花畑
 
前回(3月11日)は、ムスカリを眺めながら弁当を食べたが
 
今回は、ハナニラを見ながらランチタイム、春の訪れを実感できるポイントです
 
 A04-10-11 124.jpg
 
色違いのハナニラ・3点
 
 A04-10-11 126.jpg
 
A04-10-11 128.jpg
 
A04-10-11 130.jpg
 
スイセンとハナニラ(1)
 
花の背後にハナニラをボカシて撮影をした
 
 A04-10-11 134.jpg
 
スイセンとハナニラ(2)
 
 A04-10-11 137.jpg
 
原種系チューリップとハナニラ
 
 A04-10-11 140.jpg
 
チューリップ花壇
 
毎年、楽しみにしている渓流広場のチューリップガーデン
 
5分咲き以上になっているかと思ったが、今年は遅くようやく3分咲き程度
 
 A04-10-11 150.jpg
 
早く咲いた花壇
 
4月20日ごろが一番の見ごろと思うが、残念ながら見に行けない
 
 A04-10-11 147.jpg
 
<園内の染井吉野>
 
毎年、昭和記念公園のサクラを見ているが、今まで満足した写真が一つもない
 
この日は、菜の花とのコラボが目的でしたが、菜の花は満開前で曇り空でした
 
 A04-10-11 153.jpg
 
花見を楽しむ人たち
 
花見で弁当を食べる人たちが多い(月曜日)、私たちはナチュラルガーデンでした
 
 A04-10-11 156.jpg
 
残堀川のサクラ
 
川沿いに植栽した2種類のサクラ、紅色が濃い「陽光」は散り始めていた
 
 A04-10-11 159.jpg
 
ユキヤナギ(雪柳)
 
 A04-10-11 115.jpg
 
シモクレン(紫木蓮)
 
 A04-10-11 165.jpg
 
シデコブシ(幣辛夷)
 
 A04-10-11 169.jpg
 
ツバキの花
 
 A04-10-11 178.jpg
 
4月20日から風邪ひきでダウン、咳がひどく体力を大きく消耗

妻は溜まった疲れが原因と言うが、この記事もようやく更新する事ができた
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
 
次回は、昭和記念公園(298)<春の山野草>を紹介します
----------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

nice!(74)  コメント(19) 
共通テーマ:旅行

小江戸川越<蔵のまち川越> [関東6県の旅]

小江戸川越
<蔵の街を歩く>
 
明治26年(1893)の大火で町全体の1/3が焼失した川越市、焼け残った建物が
 
蔵造りであったことから、商人たちに防火意識が高まり蔵造り建築が進んだ
 
関東大震災や戦災により、東京の蔵造りの建物が姿を消したなか、江戸の景観を
 
受け継ぐ歴史的な遺産として、重要伝統的建造物群保存地区に指定されている
 
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<撮影日:4月6日>
 
<川越一番街>
 
川越の蔵造りの特徴は倉庫ではなく店蔵、そして「江戸黒」と呼ばれる
 
江戸の街並を模した、黒漆喰仕上げの壁が二つ目の特徴です
 
 A04-06-31 111.jpg
 
街の観光客
 
本丸御殿で出会ったボランティアガイドに聞くと、1年間の観光客数は70万人
 
そのうち外国人(中国系が多い)が、17万に達していると言う
 
 A04-06-31 114.jpg
 
蔵造りの瓦屋根
 
箱棟と呼ばれる瓦屋根、2階の扉は密閉性が高い観音開きになっている
 
 A04-06-31 120.jpg
 
 A04-06-31 123.jpg
 
時の鐘
 
川越のシンボル「時の鐘」は、約400年前の城主であった酒井忠勝が創建
 
 江戸時代初頭から川越の城下に時を告げていたが、火災の焼失などで4代目です
 
 A04-06-31 130.jpg
 
鐘つき時間
 
今は1日4回(午前6時、正午、午後3時、午後6時)機械的に鳴らしている
 
CIMG8246 (538x405).jpg
 
時の鐘の入口
 
石碑の銘は「薬師神社」、奥に行基菩薩の作という薬師如来が祀られている
 
説明パネル(次)を読むと廃仏毀釈の影響、寺名を神社に改め破壊を免れたようです
 
 A04-06-31 134.jpg
 
時の鐘・薬師神社 説明文
 
 A04-06-31 140.jpg
 
薬師堂とハナモモ
 
 A04-06-31 137.jpg
 
埼玉りそな銀行
 
 大正時代に建てられたモダンな建造物、蔵とのコラボが良い
 
CIMG8254 (538x403).jpg 
 
菓子屋横丁
 
 A04-06-31 161.jpg
 
外国人女性
 
着付け、立ち姿、言葉を聞かなくても日本人でないと分かります
 
 A04-06-31 156.jpg
 
お疲れ休み
 
歩き疲れてコーヒータイム、店には「お汁粉」があったので3人揃って甘党です
 
 A04-06-31 164.jpg
 
<新河岸川の桜>
 
江戸と川越を物資や人を運んだ新河岸川の舟運、昭和の初めまで続いたが
 
川越の舟運の活況も昔、今は静かな流れです、撮影場所は氷川神社の後ろ側です
 
 A04-06-61 111.jpg
 
花筏(いかだ)
 
ようやく満開になった東京の桜(4月6日)、川越では盛んに散っていた
 
 A04-06-61 114.jpg
 
 A04-06-61 129.jpg
 
川辺の侵入者
 
柵を乗り越え川辺に下りた外国人(3人)、邪魔になり良い構図で撮れない
 
 A04-06-61 132.jpg
 
連聲寺の桜
 
帰る途中で立ち寄った連聲寺、川越七福神(福禄寿)巡りの時に立ち寄っている
 
 A04-06-61 136.jpg
 
散歩を終えて
 
小江戸川越の散歩を終え西武鉄道で新宿へ、疲れた身体にビールが沁みる
 
 次回は逗子の友人が案内役で秋の鎌倉へ、古寺巡礼の予定です
 
 A04-06-61 151.jpg
 
---------------------------------------------------------------------------------------------------- 
 
自宅に帰り歩数計の数値を見ると24,875歩、友人たちの健脚に合わせ頑張った
 
その疲れは3日過ぎても抜けず、衰えを感じた今回の小江戸川越散歩でした
------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

nice!(56)  コメント(15) 
共通テーマ:旅行

小江戸川越<川越城・五百羅漢> [関東6県の旅]

小江戸川越
<川越城・五百羅漢>
 
喜多院、成田山川越別院を拝観したあとは、大正浪漫通りでランチタイム
 
元気を取り戻した勢いで、川越城の本丸御殿から氷川神社を目指し、歩け・歩け
 
70代半ばの友人たちは健脚ですが、八十路に入ると道中はきつい
 
私のとりえは老いても盛んな好奇心、そのお陰で遅れず歩くことが出来た
 
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
<撮影日:4月6日>
<川越城 本丸御殿>
 
嘉永元年(1848)に造営された、武家屋敷らしい川越城唯一の遺構
 
徳川幕府の有力な譜代大名が代々川越を治めたが、明治維新の際に官軍に
忠誠を尽くすため進んで建造物を解体したと聞いた、無駄なことをしたものだ
 
 A04-06-41 121.jpg
 
川越城の全体図
 
中の門跡、氷川神社は次に紹介します
 
A04-06-41 124xxx.jpg
 
家老詰め所
 
A04-06-41 127.jpg
 
観光客の皆さん
 
縁側に座り何を眺めているのか、それは次の写真です
 
A04-06-41 130.jpg
 
満開のサクラ
 
 A04-06-41 134.jpg
 
<中の門堀>
 
取り壊された多くの施設、建物の中で、唯一残っている川越城の堀跡です
 
敵の攻撃から守るための堀も、戦いに使われることなく埋め戻された
 
A04-06-41 111.jpg
 
中の門堀の構造
 
侵入側(右)の勾配は30度、本丸側は60度、深さは7m、切り立った壁です
 
A04-06-41 114xxx.jpg 
 
<川越氷川神社>
 
氷川神社は川越の総鎮守府、参道はに高さ15mの神明鳥居がそびえ立っている
 
縁結びの神として信仰され、氷川神社で結婚式を挙げるカップルが多い
 
A04-06-51 111.jpg 
 
「一年安鯛」を釣り上げる
 
 A04-06-51 114.jpg
 
 A04-06-51 117.jpg
 
絵馬奉納の通路
 
A04-06-51 122.jpg
 
ひと月前の挙式です
 
A04-06-51 126.jpg 
 
<喜多院 五百羅漢>
 
経典「南無阿弥陀仏」を持つ像
 
日本三大羅漢の一つに数えられる喜多院の五百羅漢、540体の石像がある
 
人間の喜怒哀楽を現わしている羅漢像の中には、自分に似た石像が有ると言う
 
 A04-06-21 114.jpg
 
ひそひそ話
 
 A04-06-21 120.jpg
 
にこにこ談笑
 
A04-06-21 117.jpg
 
まずは一献
 
 A04-06-21 127.jpg
 
自分に似た羅漢さんだと・友人に言うと  友人は ⇓⇓
 
A04-06-21 133.jpg
 
友人はこの羅漢さんだと言う・・失礼なと思ったが福耳です!
 
A04-06-21 135.jpg
 
十二支の羅漢像もあるそうだ
 
 A04-06-21 139.jpg
 
ガイドさんの説明が聞こえて来たが、明治の廃仏毀釈騒動の時に
 
羅漢さんの頭がすべて切り落とされたと言う、憤りを覚える所業です
 
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
次回は、小江戸川越<蔵の街川越>を紹介します
---------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

nice!(74)  コメント(18) 
共通テーマ:旅行

小江戸川越<喜多院の桜> [関東6県の旅]

小江戸川越
<喜多院の桜>
 
毎年、春と秋に2回続けている友人たちとの散歩、今回は浦和の友人が担当で
 
小江戸川越の見どころ巡るロング散歩、友人は下見をするほど熱のいれ方で
 
西武鉄道の本川越駅で午前11時に待ち合わせ、最初に向かった所は
 
徳川将軍家ゆかりの仙波東照宮、そして天台宗の古刹喜多院です
 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
<撮影日:4月6日>
<仙波東照宮へ>
 
西武鉄道本川越駅
 
浦和市、逗子市から来た友人2人は、JR川越駅から歩いて約8分
 
私は玉川上水駅から西武電車を乗り継ぎ、余裕をもって待ち合せ場所に到着した
 
A04-06-01 114.jpg
 
消火栓の蓋
 
さすがに小江戸と言われる川越市、消火栓も江戸町町火消しの纏です
 
CIMG8123 (470x352).jpg 
 
仙波東照宮
 
日光東照宮は有名ですが、ほかにも徳川家康を祀る東照宮は多い
 
家康の遺骸を日光に移す途中、喜多院で4日間法要が行われ仙波東照宮が建立された
 
A04-06-11 111.jpg
 
石鳥居から本殿
 
隋身門、石鳥居、拝殿、本殿など、建造物は重要文化財に指定されている
 
A04-06-11 114.jpg
 
東照宮拝殿
 
拝殿の奥に唐門、本殿があるが、この日は閉門され拝観できなかった
 
A04-06-11 117.jpg
 
<喜多院>
 
慈覚大師が天長7年(830年)に創建した天台宗の古刹
 
寺号は星野山無量寿寺喜多院、天海大僧正が住職をととめた寺として知られている
 
CIMG8128 (538x404).jpg 
 
CIMG8129 (538x404).jpg 
 
慈恵堂から多宝塔
 
 A04-06-11 121.jpg
 
境内の桜
 
東京の桜より開花が早かったのか、散り始めていた
 
A04-06-11 127.jpg
 
喜多院客殿
 
徳川家康の信任を得ていた天海大僧正が住職をつとめたことから
 
三代将軍家光の「誕生の間」や、春日局の「化粧の間を」江戸城から移築された
 
 A04-06-11 130.jpg
 
A04-06-11 140.jpg
 
客殿から枝垂れ桜
 
 A04-06-11 133.jpg
 
庭園の枝垂れ桜
 
 A04-06-11 139.jpg
 
うなぎ「林屋」
 
大正浪漫夢通りに多い鰻の店、この店でランチです
 
入るまで気が付かなかったが、入口にレールが2本、その答えは後に続きます
 
A04-06-31 143.jpg
 
うな重にビールを注文
 
 A04-06-31 155.jpg
 
店の奥に続くレール
 
何故店の中に2本のレール?、聞くと昔は米問屋で、その名残りでした
 
 A04-06-31 148.jpg
 
レールは内蔵へ
 
 疑問が生じると知りたくなる性格、ここにも川越の歴史が残っていた
 
 A04-06-31 150.jpg
 
自治会の総会、老人会々長の引継ぎ、地元団体の会議と会計監査が三つ、など
 所用が重なり、記事の更新が進まず、また皆さんのブログ拝見が遅れています
 
また、17日は夜行バスで石巻へ、春わかめの収穫ボランティアに出発します
忙しい合間にも好きなサクラを撮影、後日ゆっくりアップする予定です
 
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
次回は、小江戸川越<川越城本丸御殿など>を紹介します
----------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

nice!(42)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行

井之頭公園の桜 [東京の公園]

井之頭公園の桜
 
都心で所用を済ませ、浜離宮で花散歩をした後は、千代田区のさくら祭りを
 
見に行く選択肢もあったが、見ごろにはまだ早いと帰宅することにした
 
しかし、中央線快速電車の車中で気が変わり、吉祥寺駅から近い井之頭公園へ
 
七井橋から眺める桜は東京の名所の一つですが、予想通り4分咲き程度でした
 
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<撮影日:4月2日>
<井之頭公園の桜>
 
咲き始めた公園の桜、学校は春休みとは言え桜に誘われた人たちが多い
 
ボートはすべて貸し出され、ご覧のように池の中も混雑状態です 
 
 A04-03-21 117.jpg
 
ボート乗り場
 
家族連れや若いカップルが長い行列をつくり、順番待ちをしています
 
 A04-03-21 114.jpg
 
<満開の桜(3年前)>
 
満開の時に撮った、在庫写真の中から蔵出しです
 
撮影は2014年4月1日(朝10時過ぎ)、時間が早いのでボートに乗る人は少ない
 
 P4010982 (538x403)  2014. 4. 1.jpg
 
花見会の人たち
 
咲いた桜を愛でるより、解放感を満足させるのが目的でしょうか
 
この日の夕方は都心で雷雲が発生、井之頭公園でも影響があったでしょう
 
 A04-03-21 119.jpg
 
新入社員の歓迎会?(午後3時)
 
この日は企業の入社式、新入社員(スーツ姿の若者)の歓迎会のようです
 
 A04-03-21 121.jpg
 
外国の人たち
 
日本式のお花見会は、外国人にも定着しているようです
 
 A04-03-21 123.jpg
 
満開の桜
 
この日の開花状況は4分咲き、木によって咲き具合が違うようです
 
A04-03-21 125.jpg
 
池を囲む桜
 
日当たりが良く、遮るが物がない池に向かって枝を伸ばしています
 
 A04-03-21 128.jpg
 
枝が水没した桜
 
桜の枝が池につかり、そして再び上に、その枝先には花が咲いていない
 
A04-03-21 130.jpg
 
太い幹を腹巻で保護
 
桜の根元の土が浸蝕された影響で、桜の幹が傾いたのでしょうか?
 
A04-03-21 132xxx.jpg
 
ヒコバエを写す人
 
太い幹を切り落とした桜、その根元からヒコバエが成長し花が咲いています
 
A04-03-21 134xxx.jpg
 
こぐ手を休めて
 
鴨(カルガモ?)のカップルを撮影、エサをねだっている鴨もいた
 
 A04-03-21 137.jpg
 
和風姿のご婦人たち
 
桜が咲く公園に和服の女性たち、カメラを向けたくなります
 
A04-03-21 144.jpg
 
コブシの花
 
太陽に向かって咲いている花の裏側を撮影したが、これも良いと自画自賛
 
 A04-03-21 139.jpg
 
タチツボスミレ
 
桜の根元でひっそり咲いている野の花スミレ、しかし目を向ける人は少ない
 
 A04-03-21 151.jpg
 
イチリンソウ(一輪草)
 
A04-03-21 154.jpg
 
開花宣言後に低温が続き満開になるのが遅れた東京の桜、ようやく見ごろを迎えると
一転して20度を超える日の連続で、そして菜種梅雨のような不安定な天気

4月9日は自治会の総会、地元諸団体の会合、新たに就任する老人会々長の準備などで
花見に行ける日が限られるが、可能な限りチャレンジをする予定です

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
次回は、小江戸川越<見どころ散歩>を紹介します
------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

nice!(53)  コメント(11) 
共通テーマ:旅行

浜離宮恩賜庭園 [東京の公園]

浜離宮恩賜庭園
 
開花宣言のあと足踏みをしていた東京の桜、テレビでは満開と報道していたが
 
それは条件の良い靖国神社の標準木、満開なら千鳥ヶ淵、芝公園、国立劇場へ行くが
 
あえて桜の本数が少ない浜離宮を選んだのは、都心での所用と桜が見ごろ前のため
 
妻は満開と信じていたが、私の説明に納得、東京の桜は3~5分咲きでした
 
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<撮影日:4月3日>
<春の浜離宮>
 
菜の花畑
 
観梅の時期に、菜の花と高層ビルのコラボ写真を撮っているが
 
それは3月初旬のこと、1か月後の4月3日でも菜の花は見ごろでした
 
 A04-03-11 111.jpg
 
菜の花を引き寄せて・2点
 
A04-03-11 114.jpg
 
A04-03-11 117.jpg
 
お花畑のサクラ
 
A04-03-11 120.jpg
 
水上バス
 
汽笛を鳴らしながら水上バスが発着所へ、混まずに浅草へ行ける穴場です
 
A04-03-11 128.jpg
 
横堀水門
 
浜離宮の池は潮入りの池、海水の干満に合わせて水位を調整している
 
 A04-03-11 131.jpg
 
花見の女性たち
 
眺めているのは対岸のサクラ、少し肌寒いが良い季節になった
 
A04-03-11 135.jpg
 
池の畔のサクラ
 
対岸から池に映る桜を撮りたかったが、この程度(3分咲き)では難しい
 
 A04-03-11 137.jpg
 
モミジの若葉と花
 
皆さんの目的は隣りのサクラ(上の写真)、モミジには関心がないようです
 
 A04-03-11 144.jpg
 
A04-03-11 146.jpg
 
中島の御茶屋
 
欧米系の観光客が、御茶屋でお点前を頂くため長い行列
 
その写真を撮ったがウッカリミスで消去(この写真は2015年3月の撮影です)
 
 A04-03-11 149.jpg
 
花木園の花
 
ハナモモ(花桃)が咲き始めると一挙に華やかになる
 
A04-03-11 161.jpg
 
 A04-03-11 164.jpg
 
ハナモモ(7分咲き)
 
 A04-03-11 165.jpg
 
売店で買い物
 
浜離宮の中には売店がこの1カ所のみ、昼前ですが休憩タイムです
 
 A04-03-11 174.jpg
 
春の和菓子
 
ハナモモ、サクラ、ユキヤナギなどを眺めながら・・花より団子?
 
 A04-03-11 177.jpg
 
欧米系の観光客
 
この日は欧米系の観光客が多い、今まで浜離宮に訪れたなかで最高の人出です
 
 A04-03-11 207.jpg
 
欧米系の親子連れ
 
A04-03-11 204.jpg 
 
日の当たる丘でひと休み
 
 A04-03-11 201.jpg
 
オオシマサクラ(大島桜)
 
 A04-03-11 183.jpg
 
足元で咲く野の花
 
ヒメオドリコソウ、オオイヌノフヅリ、タンポポのコラボです
 
 A04-03-11 211.jpg
 
ヒメオドリコソウ
 
A04-03-11 214.jpg
 
ホトケノザ
 
 A04-03-11 217.jpg
 
タンポポ
 
 A04-03-11 226.jpg
 
------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
次回は、井之頭公園<ミニ散歩>を紹介します
------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(69)  コメント(18) 
共通テーマ:旅行

京都の桜「追想編Ⅱ」 [京都の桜]

京都の桜「追想版Ⅱ」
 
日本人は桜好き、私も東北、関東、長野、中部、関西などを桜行脚したが
 
現役時代工場が大阪に有った関係で、その行き帰りに京都の桜は毎年見に行っていた
 
前回に続き保存写真を抜粋し記事を作ったが、振り返ると、観光客で混雑する
 
清水寺、金閣寺、二条城、そして醍醐寺などは避けていたので、在庫写真がない
 
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
<京都さくら巡り>
 
嵐山 保津川(大堰川)
 
嵐山の山裾に点在するサクラは、ヤマザクラ・ソメイヨシノでしょうか
 
春を告げるように咲くサクラは、絵になる眺めです
 
 001-111 (550x413).jpg
 
宇治川の桜
 
宇治橋の東詰めから宇治川の上流を撮影、宇治川の流れは速い
 
紫式部の源氏物語にも登場する宇治、近くに源氏物語ミュージアムがある
 
 001-113  宇治(550x412).jpg
 
平安神宮 神苑
 
東神苑の栖鳳池にせり出した尚美館、その両側の紅枝垂れ桜が美しい
 
栖鳳池に架かる泰平閣(橋殿)の中間付近から撮影した
 
001-121 (550x413).jpg
 
嵯峨野大沢の池
 
サクラ(染井吉野)が満開の大沢の池を一周、前方中央は大覚寺の心経宝塔です
 
対岸では時代劇の撮影を行われるが、撮影現場に出会ったことがない
 
 005-193 大沢の池(550x414).jpg
 
岡崎疎水
 
琵琶湖疎水(岡崎疎水)を巡り船内からサクラを楽しむ十国舟
 
10年ほど前、1時間半ほど待ち乗船の順番がくると突然の雷雨で中止になった
 
001-155  岡崎疎水(550x424).jpg
 
インクライン
 
琵琶湖疎水の船運ルート途中に設けられた傾斜鉄道跡、今は観光スポットです
 
 001-157  (550x413).jpg
 
半木(なからぎ)の道
 
賀茂川の左岸を北山大橋から北大路端まで約0.8km(京都植物園に隣接)
 
川沿いに約70本の八重紅枝垂れ桜が並び、桜のトンネルになる
 
 001-145 (550x413).jpg
 
城南宮 桃山の庭
 
平安時代の装束に身を包んだ男女が、琴の音が響くなか和歌を詠んで短冊に記し
 
そして白拍子の舞も披露される「曲水の宴」、京の雅が毎年春と秋に再現される
 
 005-129  城南宮(550x413).jpg
 
花の寺 勝持寺
 
西行法師が愛した花の名所、2度見に行ったがその年によって違う
 
005-165  (550x413).jpg
 
上品蓮台寺(千本通り)
 
境内に紅枝垂れ桜が4~5本、誰にも出会わず妻と二人で花見をしたが
 
東京近辺に、このような寺が有れば連日大混雑でしょう
 
011-31  (550x413).jpg 
 
上賀茂神社 斎王桜
 
見事な紅枝垂れ桜の大木、隣には薄い色の御所桜があるが早咲きで散っていた
 
 005-131  (550x414).jpg
 
桜のシャワー原谷苑
 
原谷苑は個人が所有する桜の庭園、苑内には約400本の枝垂れ桜が咲き誇り
 
まさに百花繚乱の世界、桜の開花状態により入苑料金が異なります
 
005-141  (550x413).jpg
 
神泉苑(二条御池通り)
 
平安時代に造園された日本最初の庭園、春の苑内は華やかです
 
境内には「恵方を司る歳徳神」が祀られ、毎年大晦日に社を恵方に向けて移動させる
 
011-36  (550x413).jpg
 
平安神宮神苑の夜景
 
目的はオカリナ奏者「宗次郎」の演奏、心に響く音色でした
 
 001-125  (550x414)xxx.jpg
 
夜の祇園白川
 
20年ほど前、料理屋の前の床几に腰を掛け30分ほど眺めていたが
 
観光客(外国人)が多くなりすぎ、今年は治安のため「ライトアップ」を中止した
 
001-133 平安神苑 xxx.jpg
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
NHK、民放の4月2日のニュースでは、東京の桜は全国で最も早く満開になったと報道
それを聞いた人たちは、上野公園も千鳥ヶ淵の桜も満開になったと信じるでしょう
 
しかし、満開になったのは条件に恵まれた「靖国神社の標準木」、この時点で
東京の桜の名所は5分咲き程度です、テレビ局各社は正確な報道を心掛けて貰いたい
 
---------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

nice!(77)  コメント(16) 
共通テーマ:旅行

京都の桜「追想版Ⅰ」 [京都の桜]

京都の桜「追想版 Ⅰ」
 
自治会の仕事もいよいよ年度末、4月9日に開催する定期総会の準備に追われ
 
また地元3団体の役員を兼ねているので、今年も京都の桜を見に行けそうにない
 
そこで、ひと足お先に私が選んだ桜の名所を2回に分けて紹介する事にしたが
 
撮影した8年ほど前は外国人観光客も少なく、静かな環境で京都の桜を楽しめた
 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<京都さくら巡り>
 
東寺の桜と五重塔
 
桜守の「佐野藤右衛門」さんが、移植に携わった八重紅枝垂れ桜
 
移植した翌年(2011年)の撮影です、今は素晴らしい桜に成長した事でしょう
 
011-22 (550x413).jpg 
 
善峯寺(京都西山)
 
紅葉の名所ですが、桜も多く10年ほど前に行ったときは更に植樹をしていた
 
阪神大震災で倒壊した高速道路に善峯寺行のバスが残り、落ちない寺として受験生に人気
 
 011-13  (550x413).jpg
 
養源院(三十三間堂東隣り)
 
本堂正面の紅枝垂れ桜、伏見城の血天井で知られている
 
豊臣秀吉の側室「淀君」、徳川秀忠の正室「お江」、姉妹に所縁の寺院です
 
 011-11  (550x413).jpg
 
平等院 鳳凰堂
 
阿弥陀如来を本尊とする阿弥陀堂、国宝・世界遺産に登録されている
 
鳳凰堂は10円硬貨の裏、伽藍上の鳳凰像は1万円札の裏側に使われている
 
 001-115 平等院 (550x414).jpg
 
金戒光明寺 三門
 
くろ谷さんの名で親しまれている、浄土宗の大本山
 
三門と桜のコラボレーションが良い、石段に観光客の姿がないのも珍しい
 
005-111  (550x413).jpg 
 
南禅寺境内
 
白い塀となだらかな坂、このコラボが好きで季節を問わず写真を撮っている
 
今は外国人観光客が増え、この写真のように人の姿のない撮影は無理でしょう
 
 011-17 (550x413).jpg
 
勧修寺参道(小野)
 
参道の紅枝垂れ桜、白塀には染井吉野、二つのコラボが良い
 
有名な「醍醐の桜」は近いが混雑が激しい、私は静かな勧修寺の桜が好きです
 
 011-41  (550x413).jpg
 
屋敷町の枝垂れ桜
 
南禅寺近くの屋敷町の紅枝垂れ桜、琵琶湖疎水から分流した水が流れ
 
静かで隠れたポイントでしたが、今は外国人観光客のコースになっている
 
 011-18  (550x413).jpg
 
平安神宮 神苑
 
神苑の紅枝垂れ桜、何気なく撮った写真ですが我ながら気に入っている
 
 001-119 (550x413).jpg
 
京都御苑の糸桜
 
近衛邸跡の枝垂れ、京都でも早咲きで梅と入れ替わるように咲く
 
咲き始めで開花していた枝先のみを撮影したが、かえって良かったようです
 
 001-117 (550x413).jpg
 
祇園白川の桜
 
白川の流れと料亭、そして美しい枝垂れ桜を、巽橋の上から撮影
 
京都らしさを感じるスポットですが、今年も内外の観光客で溢れかえる事でしょう
 
 001-137  (550x414).jpg
 
東本願寺 渉成園
 
京都駅に近い庭園、京都に着いた日か帰りに立ち寄っている
 
005-119  (550x413).jpg
 
半木(なからぎ)の道
 
賀茂川の流れと八重咲きの紅枝垂れ桜、川沿いに約70本植栽されている
 
 001-150 (550x413).jpg 
 
長岡天満宮(長岡京)
 
天満宮の八条ヶ池、前方の建物は時代劇の撮影でお馴染みです
 
 011-51 長岡天神.jpg
 
伏見濠川の花筏(はないかだ)
 
花筏を見つめる母子3代の後ろ姿に惹かれ、お願いをして撮影した
 
坂本龍馬で知られる「寺田屋」は、この場所から近い
 
007-200  伏見 (550x413).jpg
 
4月5日は所用で都心へ、そして6日は友人たちと小江戸川越を散歩
 
京都の桜は断念したが、可能な限り桜を追いかけたと思っている
----------------------------------------------------------------------------------------------------
 
次回は、京都の桜「追想版Ⅱ」を紹介します
----------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

nice!(72)  コメント(16) 
共通テーマ:旅行