So-net無料ブログ作成

早春の南房総(1)<房総の虎児と海岸> [関東6県の旅]

早春の南房総(1)
<房総の古寺と海>
 
七寿会(老人会)の仲間から、南房総へ行こうと誘われ二つ返事で快諾
 
目的は花摘み体験ですが、気ままなドライブ旅行、途中で行き先を変更したり
 
想定外の時間が掛かるなど、多少のハプニングはあったが、これも旅の楽しみ
 
助手席の私はカーナビで・お役御免、後部座席の女性3人は終日賑やかでした
 
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
<撮影日:2月21日>
 
<房総半島へ>
 
中央自動車道
 
早朝6時に立川を出発、国立インターから中央自動車道に入ったが
 
高速道路の前方に朝日が昇り、この日も私は晴れ男でした
 
 A02-21-11 111.jpg
 
首都高速新宿線
 
首都高速から湾岸道路へ、幕張SAでの朝食(卵かけごはん)が中々旨い
 
最初の目的地は「濃溝の滝」でしたが、通り過ぎてから気が付くハプニング
翌日ネットで調べると、洞窟の中を流れる滝と光のコラボが見事、惜しいことをした
 
 A02-21-11 114.jpg
 
<千光山清澄寺>
 
濃溝の滝 ⇒ 清澄寺に変更
 
宝亀2年(771)、旅の僧が虚空蔵菩薩を彫り一寺を建立したのが始まりとされ
  山岳信仰の霊場となったという、僧の名は分からず不思議法師と呼ばれている
 
承和3年(836)、当地を訪れた慈覚大師が再興し天台宗の寺院に、そして
元和4年(1618)、徳川2代将軍秀忠の扱いで真言宗智山派に改宗している
 
 A02-21-21 111.jpg
 
日蓮宗大本山
 
 明治新政府の神仏分離令に起因する廃仏毀釈と、台風の被害により衰退したが
 
昭和24年(1949)日蓮宗に改宗し隆盛を取り戻し現在に至っている
 
廃仏毀釈について
山の辺の道(奈良)を歩いた時、関西の日光と呼ばれていた「内山永久寺」が
廃仏毀釈により、堂塔伽藍(40有余)をことごとく破壊され、
貴重な文化財を失い、廃寺になったことを知り、愕然としたことが有る。
鹿児島県では1,000以上あった寺院をすべて破壊し、約3,000人の僧侶を還俗させた。
また、日本全国の寺院も大きな被害を受けたが、明治新政府の大失態でしょう
 
A02-21-21 117.jpg
 
本尊:虚空蔵菩薩
 
A02-21-21 122.jpg 
 
日蓮上人について
 
清澄寺は、久遠寺、池上本門寺、誕生寺(小湊)とともに日蓮宗4霊場の一つ
 天福元年(1232)、日蓮上人は小湊からこの寺に入り修行、出家得度したという
 
 A02-21-21 124.jpg
 
鐘楼堂
 
 A02-21-21 130.jpg
 
清澄の大杉
 
ご神木と呼ばれている千年杉(国指定天然記念物)、樹高約48m
 
 A02-21-21 134.jpg
 
清澄寺から展望
 
日本の朝日百選に指定されている、鴨川市から太平洋
 
A02-21-21 139.jpg
 
------------------------------------------------------------------------------------------------------ 
 
<海中展望塔>
 
寒流と暖流の接点にあたる勝浦海中公園は、海の生物が多く約90種観察できる
の中央に、東洋一の規模を誇る海中展望塔が有る
 
最下部では24個の窓から海中の様子を、そして最上部では太平洋を一望できる
 
A02-21-31 111.jpg
 
良心的な料金
 
波が荒く透視度が悪い(約1m)のため、1/3に割引でした 
 
A02-21-31 114xxx.jpg
 
橋を渡り展望塔へ
 
展望塔の高さは24m、水深は満潮時で8m
 
 CIMG7048 (538x404).jpg
 
展望塔の西側
 
勝浦海中公園は美しいリアス式海岸、この日は風が強く打ち寄せる波が美しい
 
ダイナミックな海の自然を満喫、前日は風速20mほどで閉鎖していた
 
A02-21-31 121.jpg
 
A02-21-31 117.jpg
 
展望塔の東側
 
安房小湊、鯛の浦、誕生寺(日蓮上人の生誕地)の方向です
 
A02-21-31 127.jpg
 
海中展望室
 
96段の螺旋階段を下りたところが展望室、一周しながら海中の魚を観察
 
A02-21-31 137.jpg
 
魚を観察する二人
 
A02-21-31 157.jpg
 
窓の外の魚
 
想像していたより魚は多いが、透視度は悪くシルエット状です
 
コマセを海中に沈め餌付けをしているようです
 
A02-21-31 140.jpg 
 
A02-21-31 147.jpg
 
海中展望塔で観察できる魚
 
A02-21-31 150.jpg
 
A02-21-31 154.jpg
 
展望塔からの眺め
 
A02-21-31 164.jpg
 
----------------------------------------------------------------------------------------------------
 
次回は、早春の南房総(2)<花摘み体験>を紹介します
---------------------------------------------------------------------------------------------------------- 
 

nice!(89)  コメント(15) 
共通テーマ:旅行

記念式典・祝賀会 参列記 [地元にて]

<記念式典・祝賀会 参列記>
 
自治会長を続けていると、地域の団体などから記念行事に招かれることが多い
 
昨年の秋から、小・中学校の開校式典、そして団体の記念行事に参列していたが
 
年が変わった今年も、自治会連合会の50周年、地元公民館の開館30周年行事に列席
 
そして自治会の定期総会の開催準備、地元団体の会議、監査など諸役が続きます
 
-------------------------------------------------------------------------------------------------ー--------
<撮影日:1月28日>
 
<立川市自治会連合会>
創立50周年
  
昭和42年(1937)に、立川地域と砂川地域の自治会組織が合併して50年
自治会連合会には、市内12支部に所属する132の自治会が加盟し組織している
 
記念式典、祝賀会の列席者は281名、会場はパレスホテル立川です
 
 A01-18-11 121.jpg
 
自治会連合会・萬田会長挨拶
 
私が会長をしている自治会の先輩会長、自治連支部長を経て、自治連会長を6期目
 
同じ自治会で防災消防隊を率いておられる、公人のため顔出し写真はOKです
 
A01-18-11 114.jpg
 
立川市・清水市長挨拶
 
地元自治会との関係が深い清水市長、夏祭りには必ず駆けつけて頂いている
 
A01-18-11 117.jpg
 
盛り上がる宴席
 
 A01-18-11 125.jpg
 
自治連柏町支部の皆さん
 
支部の会長さんたちと記念撮影、私は地元自治会の第57・58代の会長
 
砂川地域の中核自治会のため女性会長の引き受け手がいない
 
 A01-18-11 128xxx.jpg
 
祝賀会場にて
 
自治会の歩みを、自治連の記念誌に600文字で紹介(私の写真付き)
 
会長職を引き受け2年、頭髪が寂しくなりました、私も公人?・顔だしOKです
 
 A01-18-11 130.jpg
 
<アトラクション>
 お囃子・羽三囃子連
 
立川市羽衣町の囃子連、連のメンバーは総勢35名です
 
 A01-18-11 133.jpg
 
立川市市議会・佐藤議員
 
立川市市議会第52代議長、清水市長を担ぎ出した人で、公人のため顔出しOK
 
地元自治会の会員、顧問として自治会活動と地域発展のお世話になっています
 
 A01-18-11 136.jpg
 
囃子連の子供たち
 
 A01-18-11 138.jpg
 
A01-18-11 141.jpg
 
ジャズ演奏
 
ニュータイド・ジャズオーケストラの皆さん、グレンミラーの曲も演奏していた
 
 A01-18-11 144.jpg
 
歌謡・大石まどかさん
 
函館市出身の歌手、デビュー曲「恋のしのび雨」で日本歌謡大賞を受賞
 
宴席を回りながら歌謡曲を披露、支部の皆さんと写真を撮ったが省略します
 
A01-18-11 147.jpg
 
ツーショット
 
自治連会長と大石まどかさんがツーショット、会長の顔がゆるんでいる
 
A01-18-11 150.jpg
 
自治会の長老(顧問)
 
砂川地域の発展と歴史編纂に大きな貢献をされた方、地元自治会一番の功労者です
 
市議会議員・議長を歴任し、清水市長の後援会長、旭日双光賞を受勲されている
 
 A01-18-11 157vvvv.jpg
 
少し飲みすぎでした
 
隣り町の自治会長さんとワインで乾杯、酔いが進み年を忘れていたようです
 
 A01-18-11 160vvv.jpg
 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
<撮影日:1月14日>
 
<立川市公民館>
こぶし開館30周年記念
 
 砂川地域の幸町、柏町にある自治会、体育会、青少健、文化会、子供会などが利用する
立川市の公民館、その運営は地元団体の代表者で行われ、私も運営委員の一人です
 
私が自治会長をしている区域内にあり、公民館の建設にも諸先輩が貢献をしている
 
CIMG6188 (538x405).jpg
 
鏡開き
 
清水市長を挟み、左は会館の第2代委員長、右は現在の運営委員長
 
何れも同じ自治会の会員、地域内には有力者が多い
 
CIMG6198 (538x404).jpg
 
祝賀会会場
 
祝賀会の参加者は約100名、自治会の定期総会はこの場所で4月9日に行います
 
CIMG6206 (538x405).jpg
 
自治会の賀詞交歓会を1月22日に実施したが掲載を省略します
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
 
次回は、房総半島日帰り旅行(その1)を紹介します
--------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

nice!(74)  コメント(20) 
共通テーマ:旅行

地元歴史散歩<立川市の富士塚> [地元にて]

地元歴史散歩
<立川市の富士塚>
 
立川市の広報を読んでいた妻が、富士塚を紹介した記事を見つけ教えてくれた
 東京23区内に富士塚が幾つか残っているのは承知していたが
 まさか地元に有るとは、40年以上も立川に住みながら初めて知った
 
歳を重ねても好奇心が旺盛な二人、早速散歩を兼ねて富士塚を見に行った
 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
<撮影日:2月11日>
<富士見町1丁目>
 
富士塚の住所は「立川市富士見町1丁目」、町の中央に奥多摩街道が通り
その南側には多摩川が流れている、富士山の眺望の良さが町名の由来でしょう
 
この日の散歩は、昭和記念公園の最寄り駅「JR西立川駅」からスタートです
 
A02-11-11 111 1.jpg 
 
富士塚の説明文
 
 ここに築かれた小高い塚は富士塚とよばれ頂上に浅間神社がまつられています。
江戸時代、富士山の霊験にあやかって現世利益や病気平愈を願う「富士講」が盛んで成人男子による富士登山が行われた。女性や子供たちのように実際の富士山に登れない人々が富士に似せた塚を築いてこれに登ったといいます。しかし立川(柴崎村)に冨士講の話は残っていません。いずれにしても江戸時代から地名として現れる由緒ある場所です。                        平成9年3月 立川市教育委員会
 
A02-11-11 114 2.jpg
 
浅間神社
 
塚の周囲に植栽した樹木が大きくに成長し、小さな鎮守の森のようです
 
A02-11-11 117 3.jpg
 
富士塚の頂上
 
塚の上から見えた富士山も、今は周囲の建物に遮られている
 
A02-11-11 121 4.jpg
 
富士塚の背後
 
CIMG6934 (538x403).jpg
 
富士塚橋
 
富士塚はこの地域の歴史遺産、橋にも塚の名を付けていた
 
A02-11-21 111 6.jpg
 
残堀川
 
JR青梅線(支線)の鉄橋、その奥は昭和記念公園です
 
A02-11-21 114 7.jpg
 
公園の外周道路
 
通行する人が少ない外周道路、ランニングに適したコースのようです
 
A02-11-21 121 8.jpg
 
<昭和記念公園>
 
昭和記念公園の正面玄関にあたるに立川口
砂川口と共に道路に面した場所に、この大きな看板が設置されている
 
A02-11-21 131 9.jpg
 
公園の立川口
 
この日は昭和記念公園に入園せず無料ゾーンへ
正面にカナールの大噴水が見える、その両側はイチョウ並木です
 
A02-11-21 133 10.jpg
 
南北主要道路
 
大地震により首都機能が麻痺した場合、総理府など日本の中枢機関が移され
広域防災基地となる、映画「シン・ゴジラ」のロケ地になっていた
 
 A02-11-21 141 11.jpg
 
富士山眺望
 
昭和記念公園「花みどり文化センター」の屋上から富士山を撮影したが・・
 
A02-11-31 111 12.jpg
 
富士山をズームアップ
 
A02-11-31 114 13.jpg
 
花みどり文化センター
 
この日の催しは子供たちの絵画など作品を展示、親子連れが見に来ていた
 
A02-11-31 120 15.jpg
 
ゆめ広場(無料ゾーン)
 
花みどり文化センターから広場を撮影、前方は立川駅北口の再開発地域です
 
A02-11-31 117 14.jpg
 
災害医療センター
 
大震災が発生した場合、救急医療に対応するセンターです
昨年11月、83歳の高齢女性が運転する車が駐車場で暴走し男女2人が死亡した
 
A02-11-31 131 16.jpg
 
鈴懸の木(ポプラ)
 
シンボルツリーのように存在感が有るポプラ、その目的は次の写真です
 
A02-11-31 136 17.jpg
 
文字通り「鈴なり」です
 
水鳥の池(昭和記念公園内)にも鈴懸の木はあるが、このように多くはない
 
A02-11-31 139 18.jpg
 
A02-11-31 141 19.jpg
 
鈴懸の実をアップ
 
A02-11-31 145 20.jpg
 
あけぼの口
 
ゆめ広場、花みどり文化センターを後に、JR立川駅の方向へ
 
A02-11-31 149 21.jpg
 
寒い日でしたが、立川の歴史を知る上でよい散歩になった
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
次回は、記念式典・祝賀会 参列記を紹介します
----------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

nice!(70)  コメント(15) 
共通テーマ:旅行

早春の花だより<昭和記念公園(291)> [昭和記念公園]

早春の花だより
 
<昭和記念公園(291)>
 
立春が過ぎ、東京では日中(日の出から日没まで)が1時間ほど長くなった
 
2月初めは小春日和が続き春の花が一挙に開花したが、この日は風が強く寒い
 
早春の草花と花木を集めこの記事をまとめたが、春が待ち遠しい年令です
 
地元自治会など活動の合間に、今年も「健康散歩」を続けたいと思っている
 
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
<撮影日:2月7日>
 
<早春の草花>
 
セツブンソウ(節分草)
 
節分の頃に咲く、1cmほどの小さな花
地面に這うように咲くので撮りにくい、暖か日が続いたので花も終わりに近い
 
春の訪れをを伝えてくれる草花、早春の花だよりに役立ってくれた
 
 A02-07-41 111.jpg
 
 A02-07-41 114.jpg
 
皆さんは、寝転ぶような低い姿勢で撮影をしていた
 
A02-07-41 120.jpg
 
スノードローップ
 
可憐な白い花が、花茎の先から折れ曲がり下向きに咲く、その形が好ましい
 
 A02-07-41 144.jpg
 
A02-07-41 147.jpg
 
フクジュソウ(福寿草)
 
鮮やかな黄金色の花、今年は植え付けを増やしたようで花の数が多い
 
A02-07-41 150.jpg 
 
 A02-07-41 154.jpg
 
ヨウズイセン(西洋水仙)
 
地中海地方原産の水仙、4月中旬まで種類の違う花が咲き長く楽しめる
 
 A02-07-41 137.jpg
 
 A02-07-41 140.jpg
 
二ホンズイセン(日本水仙)
 
「雪中四花」の一つに数えられているスイセン、咲き始めが早く満開でした
 
 A02-07-41 161.jpg
 
クリスマスローズ
 
ニゲルと呼ばれる種類、紫色の花はようやく咲き始めでした 
 
 A02-07-41 169.jpg
 
<早春の花木>
 
赤い椿(ツバキ)
 
昭和記念公園の花だよりの受け売りですが、園内では「雪中四花」と呼ばれている
「ウメ・ロウバイ・ツバキ・スイセン」が見ごろを迎えていた
 
ツバキの花の背後に紅梅を入れコラボ撮影、日本庭園南側の芝生斜面です 
 
 CIMG6792 (538x404).jpg
 
A02-07-41 134.jpg
 
ソシンロウバイ(素心蝋梅)
 
こもれびの池にある見上げるようなソシンロウバイ、花の季節も終わりに近い
 
 A02-07-11 261.jpg
 
A02-07-11 269.jpg
 
サンシュユ(山茱萸)
 
ツボミから黄色の花が顔を覗かせている、開花は近いようです
 
A02-07-11 105.jpg
 
シナマンサク(支那万作)
 
花の名の由来は、春になれば先ず咲くことから付いたようです
驚いたが「しな」で変換すると「支那」の漢字が出ない、中国に遠慮しているのか?
 
 A02-07-51 171.jpg
 
水鳥の池のケヤキ
 
いつも定番撮影している水鳥の池の1本ケヤキ、この日は10m以上の風が吹き
水面はこのように波だっている、ケヤキの若葉も後2か月ほど先でしょう
 
 A02-07-61 111.jpg
 
寒い日の写生
 
花木園の梅林でも写生する人たちがいたが、寒い中ご苦労さまです
 
 A02-07-61 114.jpg
 
寒いランチ
 
私も寒いなかランチタイム、渓流レストランの屋外テーブルは私一人
さすがに、生ビールは諦めホットコーヒーにした
 
 A02-07-61 121.jpg
 
紅梅が満開
 
子供の森の木工所、満開の紅梅でこの日の「花だより」を締めとします
 
 A02-07-41 171.jpg
 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
 
次回は、レンギョウ、ユキヤナギ、サンシュユ、モクレンなどの花木や
クロッカス、ハナニラ、原種系チューリップが咲く、3月中旬に行く予定です
---------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

nice!(78)  コメント(15) 
共通テーマ:旅行

早春の梅だより②<昭和記念公園(290)> [昭和記念公園]

早春の梅だより②
 
<昭和記念公園 (289)>
 
こもれびの池で賞梅をした後は、花木園の梅林に向かったが、その途中
 
こもれびの里に立ち寄り、古民家と白梅のコラボレーションを撮影
 
そして、日本庭園前の芝生斜面と、盆栽苑の梅鉢も賞梅の時期を迎えている
 
梅の品種が多い昭和記念公園は、これからも「賞梅」「送梅」が楽しめる
 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
<撮影日:2月7日>
 
<こもれびの里>
 
こもれびの里は、里の中央と長屋門の前などに十余本の梅の木が有る程度ですが
田園風景と古民家を被写体にして白梅を撮影するのも一服の絵画
 
右の白梅は3分咲き程度、花が少なく寂しいが、この構図は好みです
 
 A02-07-21 111.jpg
 
八重野梅?
 
梅の木に品種の表示がないので、八重野梅の一種と判断しているが
昭和記念公園の中で、私が好む白梅の代表です
 
 A02-07-21 114.jpg
 
A02-07-21 117.jpg
 
長屋門と白梅
 
門の左側にも白梅があるが、2本揃って見ごろにはならない
 
A02-07-21 122.jpg

古民家と白梅
 
果樹畑の坂上(炭焼き小屋の前)から、母屋と長屋門を入れて撮影したが
里の春を感じる風景です、毎年この場所から撮影をしている
 
 A02-07-21 125.jpg
 
------------------------------------------------------------------------------------------------- 
 
<日本庭園&盆栽苑>
 
シャクナゲ、シャガ、アセビ、スイレンなど、春の花が咲くのは少し先
訪れる人が最も少ない時期で、出会った人は僅か5・6人のみ
 
しかし、盆栽苑では樹齢約70年の梅鉢、そして寒緋桜が満開でした
 
 A02-07-31 111.jpg
 
清池軒の前庭
 
紅葉の名所も今は静かです、藁ボッチの牡丹も終わっていた
 
 A02-07-31 114.jpg
 
盆栽苑入口
 
真柏、五葉松などは、若葉と入れ替わるる前で色が悪く写真は撮らず
 盆栽苑の白梅は咲いていたが、紅梅は蕾が固く送梅です
 
 A02-07-31 117.jpg
 
讃樹亭と白梅
 
 A02-07-31 151.jpg
 
寒緋桜(推定樹齢約45年)
 
 A02-07-31 121   寒緋梅45.jpg
 
八重唐梅(推定樹齢約70年)
 
A02-07-31 122   八重唐梅70.jpg 
 
大輪緋梅(推定樹齢約70年)
 
 A02-07-31 125   大輪緋梅70.jpg
 
梅・大湊(推定樹齢約70年)
 
 A02-07-31 129  梅大湊.jpg
 
左:梅 八重皆藤 右:梅 故郷の錦(推定樹齢約70年)
 
 A02-07-31 128   八重海棠故郷錦.jpg
 
-------------------------------------------------------------------------------------------------- 
 
<花木園の梅林>
 
この日、最後の観梅は花木園の梅林、足元では福寿草が咲いていた(次回)
見ごろを迎えた白梅や紅梅も有ったが、ようやく咲き始めた梅の木も多い
 
立川口、西立川口に近いので、賞梅を楽しむ人、カメラマン、写生する人もいた
 
 A02-07-51 111.jpg
 
八重野梅(賞梅)
 
三脚を通路の中央に立てたまま、柵の中に入り撮影に熱中するカメラマン
撮った写真のアップは控えるが、マナーの悪い人が多い
 
 A02-07-51 114.jpg
 
大盃(賞梅)
 
 A02-07-51 125   大盃.jpg
 
思いのまま(探梅)
 
咲いていたのは数輪のみ、誰が名付けたのか気になるネーミングです
 
 A02-07-51 131   想いのまま.jpg
 
玉牡丹(探梅~賞梅)
 
こもれびの里の八重野梅と共に好きな白梅の代表、咲き始めでした
 
 A02-07-51 158   玉牡丹.jpg
 
玉牡丹(探梅~賞梅)
 
玉のように膨らんだツボミ(上の写真)、開いた花も牡丹のように美しい
 
A02-07-51 154   玉牡丹.jpg
 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
 
次回は、早春の花だより<昭和記念公園(291)>を紹介します
----------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

nice!(74)  コメント(15) 
共通テーマ:旅行

早春の梅だより<昭和記念公園(289)> [昭和記念公園]

早春の梅だより
 
<昭和記念公園(289)>
 
早咲きの梅を観賞する「探梅」、中咲きの梅が見ごろを迎える「賞梅」
 
そして遅咲きの梅を楽しむ「送梅」、観梅には三つの楽しみ方がある
 
立春が過ぎたこの日は「賞梅」に入ったところ、こもれびの池の周辺には
 
約30種の梅があり、1月中旬から3月中旬まで「探梅~賞梅~送梅」を楽しめる
 
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
<撮影日:2月7日>
 
<こもれびの池>
 
昭和記念公園では花木園にも梅林があるが、ゆったりとした広さと環境の
こもれびの池一帯が私の好み、散策しながら「探梅・賞梅・送梅」ができる
 公園内で最も北に位置するため、立川口、西立川口からは遠いが、お勧めです
 
とった写真の羅列ですがご覧ください、池の畔の梅は「紅冬至」です
 
 A02-07-11 111.jpg
 
南高梅
 
 A02-07-11 113.jpg
 
八重寒梅
 
昭和記念公園で最も早咲きの紅梅です
 
 A02-07-11 116.jpg
 
八重寒梅
 
 A02-07-11 118   八重寒梅.jpg
 
月 影
 
 A02-07-11 190   月影.jpg
 
紅しだれ(名は?)
 
 A02-07-11 120.jpg
 
武蔵野
 
A02-07-11 126   武蔵野.jpg
 
南高梅
 
 A02-07-11 132   南高梅.jpg
 
八重冬至
 
 A02-07-11 142   八重冬至.jpg
 
紅千鳥
 
 A02-07-11 151   紅千鳥.jpg
 
寒 衣
 
 A02-07-11 169   寒衣.jpg
 
八重寒梅
 
 A02-07-11 204   八重寒梅.jpg
 
未開紅
 
 A02-07-11 209   未開紅.jpg
 
鹿児島紅
 
 A02-07-11 165   鹿児島紅.jpg
 
道しるべ
 
A02-07-51 128   道しるべ.jpg 
 
冬 至
 
 A02-07-11 186   冬至.jpg
 
満月枝垂
 
 A02-07-11 135      南高梅X.jpg
 
藤牡丹枝垂
 
A02-07-11 174  藤牡丹枝垂.jpg
 
錦 光
 
 A02-07-11 215   錦光.jpg
 
錦 光
 
A02-07-11 221   錦光.jpg
 
探梅・賞梅を終え・・次へ
 
こもれびの里へ、途中「セツブンソウ」を撮影したが、その記事は次々回です
 
 A02-07-11 244.jpg
 
----------------------------------------------------------------------------------------------------
 
次回は、早春の梅だより②<昭和記念公園(290)>を紹介します
---------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

nice!(84)  コメント(19) 
共通テーマ:旅行

人形町散歩<甘酒横丁~水天宮> [東京下町散歩]

人形町散歩
<甘酒横丁~水天宮>
 
明治座の由紀さおり特別公演を観賞した後は、地元自治会の人たちと水天宮へ
 
私のブログテーマの一つは東京下町散歩、見どころを紹介しながら案内したが
 
皆さんは甘酒を飲み、そして買い物をしながら下町散歩を楽しんでいた

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
<撮影日:1月26日>
<人形町を歩く>
 
明治座(日本橋浜町)を後にして、人形町の甘酒通りを歩き水天宮へ
 
僅か800mほどの短い距離ですが、約20分以上かけた観光のんびり散歩でした
 
 A01-26-11 171.jpg
 
甘酒横丁
 
浜町公園から人形町に続く通りは甘酒横丁
 
尾張屋と言う店が甘酒の販売を始めたことに由来するようだが・・詳しくは??
 
 A01-26-21 114.jpg
 
勧進帳の弁慶像
 
地元自治会の仲間を記念撮影、東京下町散歩で歩いているので私が案内役です
 
約350年前、江戸三座の芝居小屋のうち市村座と中村座の二座がこの辺りで
歌舞伎を上演しており芝居街と呼ばれていたと言う、勧進帳は歌舞伎十八番です
 
 A01-26-21 111xxx.jpg
 
甘酒屋さん
 
甘酒1杯(百円)、話の種に皆さんと飲むことにした
 
 A01-26-21 117.jpg
 
中央の女性が持つ紙コップ、一つは私の甘酒です
 
 A01-26-21 121vvv.jpg
 
私たちが客寄せをしたのか、続いて三人の女性が注文
 
 A01-26-21 124.jpg
 
志のだ寿司
 
妻が稲荷寿司を買うと言い店内に入ると皆さんも、夕飯の用意ができた
 
 a01-26-21 127.jpg
 
人形町のからくり時計
 
人形を作る職人、人形を操る芸人が集まっていたのが人形町の由来
 
毎正時になると、からくり人形が動き始めるが待たずに水天宮へ
 
 a01-26-21 134.jpg
 
人形町通りを挟み、からくり時計が2基ある
 
 A01-26-21 141.jpg
---------------------------------------------------------------------------------------------------- 
 
<水天宮>
 
福岡県久留米市にある、総本宮久留米水天宮の分社
 
久留米の水天宮は、久留米藩の歴代藩主(有馬家)により崇拝されていたが
分霊を江戸三田にあった江戸上屋敷に勧請したのが始まりと言う
毎月5の日に江戸庶民にも開放され「情け有馬の水天宮」と呼び親しまれていた
 
 A01-26-31 111.jpg
 
水天宮本殿
 
江戸鎮座200年記念事業として社殿の建て替えを行い平成28年4月に完成
 
主祭神は天御中主神、安徳天皇、建礼門院、二位の尼を祀る
壇ノ浦の戦いに敗れた安徳天皇は祖母の二位に尼(建礼門院の母)に抱かれて入水
建礼門院(平清盛の息女)は高倉天皇の中宮となり安徳天皇を授かった
 
 A01-26-31 114.jpg
 
阿吽の狛犬
 
左は口を開けて前足で玉を護り、右は口を閉じて子犬を守る阿吽の狛犬像
 
A01-26-31 131 (310x232).jpg A01-26-31 128 (310x232).jpg
 
狛犬の寄進者
 
久留米市出身の石橋正二郎氏(ブリジストン創立者)の寄進・・納得です!!
  
A01-26-31 123.jpg
 
宝生弁財天
 
江戸時代、有馬家の上屋敷に祀られていた弁財天を移築する
 
 A01-26-31 117.jpg
 
子宝いぬ
 
可愛い子犬を見守る母犬、水天宮に相応しい母子犬の像です
 
 A01-26-31 121.jpg
 
本殿前で記念撮影
 
私は右端、妻は女性たちの後ろ、参拝を済ませて記念撮影をした
 
 A01-26-31 135xxx.jpg
 
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
次回は、
----------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

nice!(69)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

明治座特別公演<由紀さおり> [東京下町散歩]

明治座観劇会
<副・美瑛の雪景色>
 
地元の自治会長を2年続けていると、交際範囲が広くなり知人も増えた
この日は「由紀さおり特別公演」のチケットを頂き、初めて明治座へ
観劇は、江利チエミのマイフェアレディーを観賞して以来54年ぶりでした
 
今年は降雪の話題が多い、そこで6年前に撮った美瑛の雪景色を追加した
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
<撮影日:1月26日>
<由紀さおり公演>
 
出演者の旗のぼり
 
 A01-26-11 111.jpg
 
明治座(浜町)
 
江戸名物は「伊勢屋 稲荷に馬の〇〇」と呼ばれていたが
さすがに、明治座の前にも稲荷社があると感心しながら、この写真を撮った
 
 A01-26-11 114.jpg
 
謝恩観劇会
 
立川・国立・昭島など北多摩5市で構成される「JA東京みどり農業協同組合」
この日は、北多摩の人たちを招待した謝恩観劇会です
 
 A01-26-11 117.jpg
 
開館前の行列
 
地元自治会の協力団体など、約20人ほどの人たちと出会った
 
A01-26-11 131.jpg
 
公演ポスター(明治座前)
 
A01-26-11 137.jpg
 
開園前の客席
 
客席数 1,400席(2階席を含む)は満席、前列の左端で見にくい場所でした
 
 A01-26-11 161.jpg
 
明治座の売店
 
開園前と第一部の終了後に賑わう売店、劇場内に売店が有るとは初めて知った
 
 A01-26-11 151.jpg
 
お昼の食事
 
開園前の11時と第一部が終了後の休憩時間の2回に分け、観劇者全員が昼食
知人夫妻と一緒に会食したが、幕内弁当の味は申し分なく満足でした
 
 A01-26-11 164.jpg
 
観劇は二部構成
 
左:歌謡ショー「由紀さおりの歌たちよ」 右:芝居「あなたがいれば」
 
芝居の舞台になった柳橋には料亭が多かったが、今は1軒も残っていない
昭和初期の話でしょうか?、マイクの音量が低く聞き取れないので少し居眠りをした
 
 A01-26-11 141.jpg  A01-26-11 144.jpg
 
第1部の開演まで浜町公園を散策したが、公園内に加藤清正の「清正公寺」が有った
観劇を終えたあと、有志を甘酒横丁から水天宮まで案内をした(次回)
 
------------------------------------------------------------------------------------------------------- 
 
<撮影日:2011年2月9日>
<美瑛の雪景色>
 
現役時代は200回以上も北海道へ出張しながら、雪祭りを見たことがない
そこで、妻を誘い「さっぽろ雪まつり」、雪の「小樽運河と坂道」を観光したが
目的の一番は「美瑛の丘」、陽が暮れるまで「丘の雪景色」を楽しんだ
 
kuwachanさんの「美瑛 写真ツアー」を拝見し回想写真をアップしました 
 
マイルドセブンの丘
 
 A01-11 美瑛25.jpg
 
哲学の木
 
心無い観光客とのトラブルで地主さんが伐採、美瑛の名所を一つ失った
 
 A01-11 美瑛55.jpg
 
親子の木
 
 A01-11 美瑛19.jpg
 
クリスマスツリーの木
 
 A01-11 美瑛31.jpg
 
白樺の道(拓真館)
 
写真家前田真三さんの記念館「拓真館」の森の道、モデルは妻です
 
 A01-11 美瑛51.jpg
 
美馬牛小学校
 
美瑛の丘を有名にした前田真三さんは、美馬牛小学校の校舎を入れた写真が多い
 
A01-11 美瑛43.jpg
 
共同利用模範牧場
 
十勝連峰の展望スポット、この日は真冬には珍しい快晴でした
 
 A01-11 美瑛67.jpg
 
赤い屋根の家
 
雪の少ない美瑛でしたが、2日後に80cmを越えるドカ雪が降ったと言う
 
 A01-11 美瑛71.jpg
 
美瑛の夕景(1)
 
箒で履いたような雪の紋様が美しい、氷点下のなか良い写真が撮れた
 
 A01-11 美瑛75.jpg
 
美瑛の夕景(2)
 
キタキツネの足跡が左と右へ、左はマイルドセブンの丘です
 
 A01-11 美瑛79.jpg
 
------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
次回は、東京下町散歩<甘酒横丁~水天宮>を紹介します
----------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

nice!(79)  コメント(17) 
共通テーマ:旅行

2017年 初詣<山王日枝神社> [東京を歩く]

<2017年 初詣>
 
現役時代は神田明神へ、引退後は山王日枝神社に、毎年「初詣」を続けていたが
 寒いなか長い時間並び参拝するのは、年を重ねると難しくなってくる
 
正月2日に地元の神社でお参りを済ませていたが、この日は定例の診療所通い
その帰りに日枝神社に向かったが、さすがに松の内を過ぎると参拝者は少ない
 
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
<撮影日:1月16日>
山王日枝神社
 
日枝神社は、比叡山延暦寺の守護神として栄えた日吉大社(滋賀県坂本)の末社
山王とは近江国日枝山(ひえやま)の神を言う、日枝山は後に比叡山になった
 
日吉大社の山王権現鳥居は、笠木の上に破風を乗せた独特の形状で
神仏習合を表した合掌鳥居、末社の山王日枝神社も同形です
 
 A01-16-21 111.jpg
 
<山王男坂>

赤坂溜池側の大鳥居(アクセスが良い)が、今では正面のようだが
 日枝神社の正面はこの男坂、石段(50段)を上ると神門がある
 
 A01-16-21 114.jpg
 
<男坂の上から>
 
振り返ると急な石段、安全のため中央にも手すりが欲しい
 
 A01-16-21 117.jpg
 
<山王女坂>
 
A01-16-21 119.jpg 
 
<神 門>
 
正月三が日は、拝殿から神門を経て赤坂溜池側(左方向)の大鳥居辺りまで
参拝者の列が延々と続き、参拝に30分から1時間ほどかかることが有る
 
 A01-16-21 123.jpg
 
 A01-16-21 126.jpg
 
<神門から拝殿>
 
神門前で脱帽拝礼し拝殿に向かう
 
 A01-16-21 130.jpg
 
<皇城鎮護の額>
 
明治遷都の際に準勅裁の指定を受けた、皇城鎮護、国家安泰の神社
 
日本政治の中心地にある日枝神社は、出生運・成功運のパワースポットです
 
 A01-16-21 135 (538x405).jpg
 
<日枝神社 拝殿>
 
日枝神社の主祭神は、大山咋神(オハヤマクイノカミ)、相殿に国常立神(クニノトコタチノカミ)
伊弉冉神(イザナミノカミ)、足仲彦神(タラシナカツヒコノミコト)を祀っている
 
大山咋神は、伊弉冉、伊弉諾の子で天照大神とは兄妹、木花咲耶姫の父神になる
 
 A01-16-21 147.jpg
 
<拝殿にて参拝>
 
正月松の内は、石段の前に拝礼所が設けられ5列に並び参拝するが
 半月が過ぎると参拝者は少ない、破魔矢の臨時授与所(右手)は片づけられて無い
 
 A01-16-21 150.jpg
 
<拝殿前の紅梅>
 
初詣に来て満開の紅梅を見たの初めて、今年は早く咲き始めたようです?
 
 A01-16-21 153.jpg
 
<夫婦猿像>
 
日吉大社の神の使いは猿、このため拝殿の両側に夫婦猿像が置かれている
猿は親子の情が厚い動物、縁結び、安産、子宝にご利益があると言う
 
CIMG6332 (314x236).jpg CIMG6337 (314x236).jpg
 
<夫婦猿像にお参り>
 
家族の安産祈願でしょうか、女猿像・男猿像の順に熱心にお参りをしていた
昨年の初詣(正月3日)では、夫婦像の前に長い行列が出来ていた、賽銭箱も有る
 
A01-16-21 163.jpg
 
<神門の夫婦猿像>
 
A01-16-21 139 (305x420).jpg A01-16-21 142 (300x420).jpg
 
<山王大鳥居>
 
江戸時代には、赤坂見附から虎ノ門辺りまで大きな溜池(江戸城外堀)が有ったが
今は埋め立てられその面影はない、当然この大鳥居もなかった
 
 A01-16-21 173.jpg
 
<フユザクラ>
 
赤坂見附に近い山王鳥居の両脇の冬桜、散り始めた花も有った
 
 A01-16-21 175.jpg
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------- 
 
わが家の珍客
 
小鳥たちにとってエサになる食べ物が少ない真冬、妻は可哀そうだと言い
 
毎日、出窓の外のバラの枝に「リンゴやミカン」を刺していると、それを見つけた 
メジロなどが食べにやってくる、パソコンに向かいながら探鳥です
 
 CIMG6171 (538x404).jpg
 
 CIMG6214 (538x404).jpg
 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
 
次回は、由紀さおり<明治座特別公園>を紹介します
---------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

nice!(71)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行