So-net無料ブログ作成
検索選択

立川市のコンサート<ごあいさつ> [地元にて]

立川市のコンサート
<ごあいさつ> 
 
地元の自治会長を2期、そして老人会の活動にも積極的に参加していると
立川市の団体や中学校が主催するコンサートなどに招待される
会場は、たましんRISURUホール(立川市市民会館)、今年は4回通っている
後一つは地元のご婦人たちの舞踊会ですが、その記事は来年に繰り越しです
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
<撮影日:12月8日>
<チャリティーコンサート>
 
航空自衛隊中央音楽隊
 
立川ロータリークラブが主催した、チャリティー・クリスマスコンサート
「熊本城災害復旧支援金」の募金を目的にした、航空自衛隊中央音楽隊の演奏会です
招待券を貰ったので、地元の老人会の人たちと妻の7名で聴きに行った
 
CIMG5587 (538x405).jpg 
 
<第1部 シンフォーニーサウンズ(指揮:佐藤義政3等陸佐)
 
東京オリンピック開会式・ファンファーレ
オリンピック・マーチ(開会式の行進曲・古閑裕而作曲)
 
開会式:昭和39年(1964)10月10日
52年前、国立競技場で開催された開会式・入場行進を思い出し感無量でした
 
 CIMG5589 (538x404).jpg
 
2本のトランペットのための協奏曲
 
CIMG5588 (538x404).jpg
 
カルメン組曲
 
前奏曲・アラゴネーズ・アルカラノ竜騎兵・闘牛士の歌・ジプシーの踊りなど 
 
 CIMG5592 (538x404).jpg
 
<第2部 クリスマス・ファンタジー(指揮:五味淵敦1等空尉)
 
クリスマス・ウイッシュ・ザ・スカイ
ジング・ジング・ジングルベル 
 
 CIMG5595 (538x380).jpg
 
<青木エマ(ソプラノ歌手)>
 
 夢で逢えたら  アヴェ・マリア  アンコール曲はオーソレミオ
 
 CIMG5596 (538x404).jpg
 
<クリスマスメロディー> 
 
クリスマスソング  水玉模様と月の光  クリスマス・エヴリデイ
 
 CIMG5597 (538x404).jpg
 
軽快なフルバンド演奏、ソプラノ歌手の美声、楽しいクリスマス音楽
2時間の演奏が短く感じるひと時でした、帰りは皆さんと天麩羅で食事会を楽しんだ
------------------------------------------------------------------------------------------------- 
 <撮影日:9月24日>
<高齢者の集い>
 
民生委員・児童委員の合唱
 
立川市の民生、児童委員が開催した高齢者の集い、昨年に続き招待を受けた
COSMOS・島唄・もしもピアノが弾けたなら・・3曲
 
 A31-114.jpg
 
歌手 日野 美歌
 
氷雨・港が見える丘・里の秋・故郷・知覧の桜などを熱唱
 
 A31-120.jpg
 
歌唱力のある美しい女性でした
 
 A31-123.jpg
 
A31-127.jpg
 
歌手 三田 明
 
美しき十代・夕子の涙・北のなごり雪・おまえに・君恋しなどを披露
 
 A31-131.jpg
 
立川市の隣り昭島市の出身だと自己紹介をしていた
 
 A31-135.jpg
------------------------------------------------------------------------------------------------- 
 <撮影日:10月20日>
<合唱コンクール>
 
立川市立第四中学校
 
近くの男子1年生が親善大使の名刺を持ち、合唱コンクール招待状を持参
1年生の全員合唱と、5クラスの合唱を聞きに行った
 
B10-20-11 114.jpg 
 
各クラスごとに、課題曲と選択した曲を披露した
 
 B10-20-11 120.jpg
----------------------------------------------------------------------------------------------- 
 
ごあいさつ
 
この記事で、2016年のブログを締めさせていただきます
 
 今年1年ご厚誼 有難うございました、来年も佳い年をお迎えください
 
CIMG0737 (538x405).jpg
 
                 小学校の入学式に参列のあと、自宅近くの公園にて(4月6日) 
---------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

nice!(76)  コメント(26) 
共通テーマ:旅行

新井薬師<参道商店街 > [東京を歩く]

新井薬師
<参道商店街>
 
自宅に近い玉川上水駅から、西武拝島線を利用すると新井薬師駅まで約40分
駅前の商店街を歩き、帰りはJR中野駅へ向かうのが定番コースになっている
この日は、新井薬師の縁日でしかも日曜日でしたが人出は少なく
寂しさを感じる年末の商店街でした、そんな様子をウオッチングした
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
<撮影日:12月18日>
<駅前商店街>
  
新井薬師前駅
 
西武新宿線の新井薬師前駅から、新井薬師を経てJR中野駅までは約2km
参拝を兼ねて散歩するには、ほどほどの距離で丁度良い
 
 A16-12-18 211.jpg
 
駅前商店街
 
町名は中野区新井、小学校、店舗、マンションに新井の名を付けた所が多く
新井薬師と共に発展をしてきたのが伺えるが、商店街はシャッター通りの様相です
 
 A16-12-18 214.jpg
 
和菓子の店
 
旗のぼりの宣伝は「やくし最中」、ここでも薬師如来の名を頂いている
 
A16-12-18 217.jpg 
 
昔ながらの荒物屋
 
妻は閉店した豆腐屋さんなどを覚えていて、寂しくなったと言う
 
 A16-12-18 220.jpg
 
頑張っている肉屋さん
 
「牛一頭買いの店」とは威勢が良い、この後は住宅街を通り抜け新井薬師へ
 
 A16-12-18 223.jpg
 
<参道商店街>
 
あいロード商店街
 
新井薬師での参拝を終えると、参道商店街を通りJR中野駅へ
店先の旗上りは、薬師如来の縁日「八の日の特売」になっているが
昼時とはいえ、商店街を歩く人の姿は少ない
 
A16-12-18 311.jpg 
 
薬師 但馬屋
 
創業大正14年の老舗店、豆を扱っていて購入したことがある

 A16-12-18 317.jpg
 
気になる泥棒市塲
 
この商店街を10年ほど歩いているが、開店したのは一度も見てない
 
 A16-12-18 314.jpg
 
旗のぼり「新井薬師参道」
 
かつては参道に人があふれ、道を横切るのも大変だったと聞いている
縁日には、浅草の仲見世通りに匹敵するほど多かったのでしょう
 
A16-12-18 320.jpg 
 
雷神堂(煎餅店)
 
他の地域でもこの店を見たことがある、今は歯が悪くお呼びじゃない
 
 A16-12-18 324.jpg
 
超有名人登場
 
声をかけるとピース、マスクを脱ぐとイケメンの若者でした
 
 A16-12-18 327.jpg
 
商店街に銭湯
 
天然温泉の表記、私は銭湯が好きで入りたくなるが開店前です
 
 A16-12-18 330.jpg
 
中華そば「代三元」
 
高校3年になって初めて食べた中華そば(ラーメン)の味
その旨さに感動した覚えがある、今はラーメン店が溢れている
 
 A16-12-18 334.jpg
 
手押し車で歩く老夫婦
 
お二人とも卒寿を過ぎているように見受けたが、私たちも近づいている
 
 A16-12-18 337.jpg
 
JR中野駅側の参道入口
 
早稲田通りを渡った所から、振り返って撮影をした
 
 A16-12-18 341.jpg
 
<ブロードウエイ商店街>
 
早稲田通りからブロードウエイに入ると、驚くほど人出が多い
どこから集まって来るのか、薬師参道商店街との違いが歴然としている
 
 A16-12-18 411.jpg
 
昼食は「梅家」
 
ブロードウエイ商店街の中で、新井薬師を参拝した後は
この店で昼食をすることが多い、妻は最初からぜんざいと決めていた
 
 A16-12-18 414.jpg
 
妻はぜんざい(田舎しるこ)、私はかやくご飯セット
変な取り合わせですが、美味しく頂いた
 
 A16-12-18 417.jpg
 
麻生太郎元首相
 
真夏の衆議院選挙期間中に、この店で「氷あずきミルク」を食べたようです
この選挙で自民党は大敗し、民主党の鳩山由紀夫氏に「国を誤らないでほしい」と
政権を引き渡したが、その結果の記述については敢えて控えます
 
 A16-12-18 420.jpg
 
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
次回は、立川のコンサート<年末のあいさつ>を紹介します
------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(41)  コメント(12) 
共通テーマ:旅行

目の薬師寺<新井薬師 > [東京を歩く]

目の薬師寺
 
現役時代の後半、網膜に出血する黄斑変性症を発症し新聞の見出しは勿論
街の看板も読めない状態になり、会社の業務に支障をきたしていた
心配した妻は新井薬師に通い続け回復を祈願、4年前にも再発したが
レザーを照射し網膜のポリープを焼き切り、今は小康状態を保っている
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
<撮影日:12月18日>
<新井山梅照院>
 
あれから10年過ぎたが、黄斑変性症は加齢からくる目の病気
いつ発症するか分からない、妻は定期的に新井薬師にお参りに通っている
毎月八の日が縁日(12月18日)、今年の締めのお参りに二人で訪れた
 
 A16-12-18 111.jpg
 
宗派は真言宗豊山派
 
本山は奈良初瀬の長谷寺、本尊の十一面観音菩薩です
花の寺としても知られ度々参ったが、今は奈良を遠く感じるようになった
 
 A16-12-18 114.jpg
 
新井薬師山門
 
徳川2代将軍秀忠の息女和子が、薬師如来に眼病の平癒を祈願したところ
たちまち回復したとされ、江戸庶民の信仰を集めるようになった
 
 A16-12-18 116.jpg
 
新井薬師境内
 
西新井大師(真言宗豊山派)、高尾山薬王院、日向薬師、峰の薬師と共に
武相四大薬師の一つにに数えられている 
 
 A16-12-18 119.jpg
 
香炉から本堂
 
 A16-12-18 121.jpg
 
新井薬師本堂
 
新井の名は新たに井戸を掘ったことに由来し、新井薬師と親しまれている
 
 A16-12-18 123.jpg
 
 A16-12-18 125.jpg
 
本尊に参拝
 
本尊は、表が薬師如来、裏が如意輪観音の二仏一体の仏像とされ
秘仏であるが、12年に1度、寅の年に開帳される
 
 A16-12-18 126.jpg
 
今年は幸い黄斑変性症を発症せず、来年の無事を願う
 
 A16-12-18 128.jpg
 
新年を迎える仕度
 
本殿前の階段には板が敷き詰められ、すでに新年の仕度が整っている
 
 A16-12-18 130.jpg
 
お炊き上げ仕度
 
 A16-12-18 132.jpg
 
手水舎
 
 A16-12-18 141.jpg
 
新井薬師不動堂
 
薬師霊堂(写真なし)、不動堂の順に参拝、右側にねがい地蔵がある
 
 A16-12-18 135.jpg
 
ねがい地蔵尊
 
妻は願い事を込めて地蔵菩薩を丹念に洗いお参りです
 
 A16-12-18 137.jpg
 
幼い女の子も見まねで水かけです
 
 A16-12-18 139.jpg
 
白龍権現水
 
古くから名水と知られ、井戸水をくみに来る人が多い
 
 CIMG5612 (538x405).jpg
 
 A16-12-18 147.jpg
 
縁日の売店
 
年末の為であろうか、いつもより縁日売店の数が少ない
 
 A16-12-18 151.jpg
 
----------------------------------------------------------------------------------------------------
 
あ次回は、新井薬師<参道商店街>を紹介します
----------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

nice!(69)  コメント(11) 
共通テーマ:旅行

横須賀軍港巡り <横須賀市自治会研修> [神奈川の旅]

横須賀軍港巡り
<横須賀市自治会研修>
 
自治会長をしていると、立川市自治会連合会が主催する講演会やゴミ処理場などの
研修会に参加する機会が多い、この日は横須賀市連合町内会の活動について
横須賀市の皆さんと意見交換が行われ、同時に横須賀軍港巡りに参加したが
緊迫する東シナ海、日本海の実情によるものか、軍港内の艦船は空状態でした
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
<撮影日:11月8日>
<軍港の現状>
 
乗船を待つ自治会関係者
 
横須賀軍港巡りは今回で3回目、この先、乗船する機会はないと思っていたが
今回の研修会で思いがけず、自治会関係者の 90人と共に再々乗船をした
驚いたのは、皆さんの関心が高いイージス艦や原子力空母が基地内にない事でした
 
 A16-11-18 111.jpg
 
軍港巡りの船
 
この後の写真で紹介しますが、基地内には艦船が空っぽ状態のため
昨年、一昨年に撮った2回の写真を割り込ませ、この記事を進めます
 
 A16-11-18 114.jpg
 
潜水艦(海上自衛隊) 
 
潜水艦のみ米軍の基地内にある、その事情は不詳です
隊員が手を振ってくれたが、カメラを向けたときは姿が見えなかった
 
 A16-11-18 117.jpg
 
米軍基地・イージス艦1隻のみ
 
米軍の基地内は、ミサイル駆逐艦(イージス艦)8艦、ミサイル巡洋艦3艦と
原子力航空母艦などで組織されているが、この日に確認できたのは
世界最強と言われているイージス艦が1艦のみ、どの海域に出航したのか?
 
 A16-11-18 120.jpg
 
イージス艦・・昨年(9月16日)
 
昨年は、別の場所を含め米国の基地内に計5艦が停泊していた
 
 B15-09-16 144.jpg
 
艦上でくつろでいた米兵たちは、何処へ向かったのか?
 
B15-09-16 145.jpg 
 
海洋観測艦(海上自衛隊)
 
5105「にちなん」、5104「わかさ」、護衛艦のような戦闘能力はないでしょう
  
 A16-11-18 128.jpg
 
艦上でラッパの練習、中央は女性の自衛官です
 
A16-11-18 130.jpg 
 
掃海艇(木造)
 
掃海中に機雷の接触から護るため木造艦ですが、その役目を終え廃艦になる
今は技術者も少なくなり後継艦が建造できない、艦体番号も消してある
 
 A16-11-18 135.jpg
 
横須賀基地司令部
 
停泊している艦船463は、掃海母艦「うらが」です
 
A16-11-18 139.jpg 
 
海上保安庁 小型巡視船「あしたか」 
 
大型化する隣国の船体には、小型の巡視船では対抗できないと思える
 
 A16-11-18 141.jpg
 
船上の乗客
 
寒い日でしたが、乗船した大多数の人たちは艦上からの見学でした
 
 A16-11-18 148.jpg
 
日本の守りは・海上自衛隊の護衛艦は??
 
何処に出航して行ったのか、護衛艦を停泊させる桟橋には・・1艦もない
昨年9月は、8艦が停泊していた(一つ下の写真)
 
A16-11-18 150.jpg 
 
護衛艦群・・昨年(9月16日)
 
昨年9月に撮った写真です、イージス艦(2艦)を含め護衛艦が8艦も停泊
 
B15-09-16 151.jpg 
 
ヘリ搭載護衛艦「いずも」・・昨年(9月16日)
 
護衛艦隊司令部がある、佐世保・舞鶴・呉基地に移動したのであろうか
 
 B15-09-16 119.jpg
 
ヘリ搭載護衛艦「いずも」・・一昨年(1月19日)
 
 B14-01-19 111 軍港巡り45.jpg
 
原子力空母「ジョージワシントン」・・一昨年(1月19日)
 
昨年8月に「ドナルドレーガン」と交代している、何処へ出航したのか?
 
 B14-01-19 115 軍港巡り75.jpg
--------------------------------------------------------------------------------------------------- 
 
横須賀市役所
 
横須賀市連合町内会の要な役員さんたちと、立川市自治会連合会のメンバーが
自治会加入についてビデオ紹介のあと、意見交換を行った
 
A16-11-18 171.jpg
 
横須賀市では住宅建設(集合住宅を含む)の際に、自治会加入促進を不動産業者を
含め対応を実施、市の女性職員も回答でき、立川市より対策が進んでいる
 
A16-11-18 175.jpg
 
------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
次回は、目の薬師参拝<新井薬師>を紹介します
---------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

nice!(68)  コメント(13) 
共通テーマ:旅行

立川市防災訓練 [地元にて]

立川市防災訓練
 
今後30年以内に、震度7クラスの首都圏直下型地震が発生する確率は70%以上
その日に備え、地元の防災訓練実行委員会では立川市と自治会連合会の
協力を得て、立川消防署の指導の下に毎年防災訓練を実施している
そして、消防フェス2016立川の開催と合わせてこの記事を綴ります
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
<撮影日:10月23日>
<町民防災訓練>
 
訓練開始式
 
自治会の公会堂に訓練参加者が集合し、自治会の旗を先頭に訓練会場へ移動
防災訓練は避難行動を兼ね、公会堂を出発した時点で始まっている
訓練場所は地元の柏小学校、この日参加した自治会の会員は総勢30人です
 
 A10-23-11 114.jpg
 
青木市長と担当職員
 
市長挨拶の後、震災発生時に避難場所(小学校)で待機する職員2名を紹介

 A10-23-11 120.jpg
 
起震車体験訓練
 
参加自治会が4グループに分かれ訓練場所へ、まずは起震車体験から
立川市防災課の職員が対応、自治会の参加者も体験する
 
 A10-23-11 131.jpg
 
体験する震度は6(中級)、参加者が多く全員の体験はできなかった 
昨年は上級体験(震度7)をしたが、震度6とは明らかに違う
 
 A10-23-11 134.jpg
 
初期消火訓練
 
参加者は消火器の取り扱い指導を受け、順番に放水訓練を実施する
消火剤の代わりに水道水を使用している
 
 A10-23-11 139.jpg
  
応急救護訓練(AED)
 
肋骨が折れるほどの強い力で押すが、人命救助には体力もいる
 
 A10-23-11 141.jpg
 
スタンドパイプ消火訓練
 
消火栓のスタンドパイプ操作と放水訓練、校舎外の路上で行う
 
 A10-23-11 144.jpg
 
放水の実演は自治会の消防隊員です
 
 A10-23-11 146.jpg
 
土嚢設置訓練
 
 A10-23-11 152.jpg
 
煙体験訓練
 
 A10-23-11 155.jpg
 
一斉放水
 
一斉放水を行い防災訓練を終了、自治会の防災消防隊も放水に参加する
 
 A10-23-11 171.jpg
 
炊き出し訓練
 
赤十字立川支部の女性たちに加え、各自治会からも女性が炊き出し訓練に参加
アルファー米(炊き込みご飯)を300食分準備する
 
 A10-23-11 161.jpg
 
アルファー米は、1箱に50食分入っている
参加者全員に記念品を共に配布、パック、割りばし、輪ゴムもセットで付いている
 
 A10-23-11 165xxx.jpg
 
公会堂で理事会
 
防災訓練の後は公会堂に戻り、炊き込みご飯を食べながら理事会を実施した
 
 A10-23-11 181.jpg
---------------------------------------------------------------------------------------------- 
 <撮影日:11月9日>
<消防フェス2016>
 
1日消防署長任命 武田修宏氏
 
秋の火災予防運動(11月9日から1週間)に合わせて行われた消防フェス2016
今年は、元サッカー選手の武田修宏さんを1日消防署長に迎えて
ららぽーと立川立飛店の建物の内外で実施されたので見に行った
 
 C16-11-09 201.jpg
 
火災発生報告の伝達
 
消防隊員より火災発生と出動報告を受ける1日署長
 
C16-11-09 204.jpg 
 
指揮を執る消防車
 
母親に連れられた幼い男の子は、サイレンを鳴らし侵入する消防車に興奮状態でした
 
 C16-11-09 207.jpg
 
多摩モノレールの車両
 
ららぽーとは多摩モノレールの立飛駅前、消防車に車両を入れて撮影
 
C16-11-09 210.jpg 
 
ヘリによる救助訓練
 
東京消防庁のヘリ基地は、こノ場所から近い立川防災基地内にある
 
 C16-11-09 215.jpg
 
一斉放水開始
 
1日署長の武田修宏さんの指揮により消防車4台が一斉放水を開始
この日は、風が強く身にこたえる寒い一日でした
 
 C16-11-09 220.jpg
 
ららぽーとの1・2階では、親子で地震体験できるコーナーや
東京消防庁音楽隊の生演奏を行っていたが、所用が有り引き上げた
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
次回は、横須賀軍港巡りを紹介します
---------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

nice!(67)  コメント(13) 
共通テーマ:旅行

国宝 姫路城(3)<大天守~二の丸> [京阪神の旅]

国宝 姫路城(2

前回は平成の大修理が始まる前の2009年4月、それから7年半の歳月が過ぎ

今回が見納めになると思い、大きな期待を持って姫路城に訪れたが、幸い

晴れ間が拡がり、装いを一新した白鷺城が歓迎してくれたと、都合よく解釈

何時ものように撮った写真が多く、長い記事になりましたが、ご容赦ください

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:10月14日>

<内曲輪~大天守~二の丸>

菱(ひし)の門

姫路城の表玄関にふさわしい格式の高い楼門

左側は石垣、右は白壁で作られた珍しい構造で、菱門を通ると城内です

A10-16-31 111.jpg

内曲輪の坂道(はの門へ)

はの門に近づくと狭くなる細い道、途中には狭間が並んでいる

A10-16-31 117.jpg

狭間の向こうに狭間

両側の狭間から挟み撃ちができる、下にコオロギ?のような置物がある

CIMG3966 (538x405)xxx.jpg

二の門下の石垣

石垣越しに天守が見えるこの場所は 姫路城の撮影ポイントの一つです

A10-16-31 123.jpg

石垣の階段

コの字に回る石垣の道、左手に行くと、にの門が有る

 CIMG3973 (538x404).jpg

にの門(1)

階段を上がり切ると再び狭い道、狭間も有り堅い守りになっている

A10-16-31 130.jpg

にの門(2)

侵入する敵を、上から槍で攻撃できる仕組みになっている

A10-16-31 138.jpg

十月桜でしょうか?

A10-16-31 142.jpg

油壁(城内唯一の築地塀)

右の門からカギ型に回り左の門へ、侵入する敵は真っすぐに進めない

 CIMG3987 (538x404).jpg

門から門へ

前方に見える門を出て左手に上がると、大天守の入口です

A10-16-31 150.jpg

大天守入口から

前方の中央左側は西の丸、百閒廊下と化粧櫓が確認できる

A10-16-31 155.jpg

4階の東大柱

CIMG3993 (538x404).jpg 

5階の東大柱

地階から地上6階の床下まで1本の大柱(24.5m)、西大柱は3階床上で2本継ぎ

A10-16-41 111.jpg

刑部神社(天守6階)

天守の中央に神社、扁額の銘を確認すると刑部神社ですが、その謂れは不詳です

A10-16-41 117.jpg

天守から展望(1)

小天守の鯱と姫路駅の方向を撮影、右に見える広場は三の丸です

A10-16-41 121.jpg

天守から展望(2)

天守から南南西の方向、瀬戸内海と小豆島が展望できる

A10-16-41 125XXX.jpg

大天守の出口(地下1階)

階段を下りた左手は姫路城の本丸広場、そして二の丸へと続く

A10-16-41 133.jpg

本丸(備前丸)から大天守

5重6階の大天守、前回(2009年)はこの本丸を通れなかったように思うが?

A10-16-41 141.jpg

二の丸のお菊井戸

播州皿屋敷の怪談で知られる「お菊井戸」、説明文が長いので省略します

A10-16-41 151.jpg

修復中の渡櫓

修復工事はすべて終わったものと思っていたが、渡櫓は未完了でした

A10-16-41 153.jpg

鯱三代の展示

明治、昭和、平成3時代の鯱のレプリカ、実物大でしょう

A10-16-41 157.jpg

ぬの門と石垣

ぬの門の右側は渡櫓、まだ修復工事が続いていた

 CIMG4027 (538x404).jpg

駅前通りから姫路城

帰りに撮影(午後1時過ぎ)したが、雲一つない快晴になっていた

A10-16-41 161.jpg

------------------------------------------------------------------------------------

次回は、地元の音楽祭<チャリティーコンサートほか>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(72)  コメント(15) 
共通テーマ:旅行

国宝 姫路城(2)<大手門~西の丸> [京阪神の旅]

国宝 姫路城(2

姫路城「ダイジェスト版」を10月31日にアップしましたが、その後に

紅葉やコスモスなど季節の便りを割り込み、公開が2か月遅れになりました

平成の大修理を終えた姫路城は眩い白さですが、雲が掛かると引き立たないため

大天守に上る時間を遅らせ、晴れ間が広がるのを待ちながら撮影を続けた

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:10月14日>

<大手門~西の丸>

JR姫路駅から北へ真っすぐ約1km、その途中で国道2号線を渡ったが

それは中堀を埋め立て造成した国道、この日歩いたのはすべて元姫路城内でした

A10-16-11 114.jpg

姫路城内堀

姫路城の内堀を一周したかったが、時間不足と疲れで断念した

A10-16-11 117.jpg

姫路城大手門

内堀に架かる桜門橋を渡り大手門へ、大天守の規模に比べ質素に感じた

A10-16-11 120.jpg

CIMG4045 (538x405).jpg

三の丸から大天守

5重6階の大天守、その左側は西小天守、奥に乾小天守が建っている

A10-16-11 139.jpg

大天守に向かう人たち

うしろ姿は外国人、欧米から世界遺産姫路城を見に来る人が多い

 A10-16-11 150.jpg

西の丸外側の石垣

少し離れた場所で修復工事外なのか、石垣に根を下ろした樹木が多い

A10-16-21 114.jpg

西の丸から姫路城

姫路城が最も美しく見える場所、黒松と石塀が城郭を引き立てている

A10-16-11 171.jpg

 ベンチで小休止

この場所は姫路城の撮影ポイント、天守を眺めながら30分ほど時間を過ごす

A10-16-11 187.jpg

西の丸から百閒廊下

西の丸に並ぶ長局の百閒廊下、百閒の長さは180mです

A10-16-21 115.jpg

百閒廊下の内部

廊下の西側(左)は敵を寄せ付けない険しい崖、東側に西の丸がある

A10-16-21 121.jpg

姫路城の解説パネル

姫路城大天守の大柱と石垣の説明、他に鯱・鬼瓦のパネルも有った

CIMG3931 (538x405).jpg

CIMG3933 (538x403).jpg

化粧櫓の内部(千姫)

豊臣秀頼に嫁いだ千姫は大阪落城時に助け出され、その後再婚し姫路城に住んでいた

A10-16-21 125.jpg

百閒廊下から大天守

A10-16-21 117.jpg

西の丸から化粧櫓

化粧櫓(百閒廊下)を出ると再び西の丸、この後は大天守に向かいます

A10-16-21 112.jpg

西の丸から三国堀へ

中央の石段を下りと三国堀、そして大天守に行く事ができる

CIMG3957 (538x404).jpg

A10-16-11 168.jpg

三国堀から大天守

三国堀から見る、大天守、小天守も撮影ポイントの一つです

A10-16-11 163.jpg

天守と石垣

中央の石垣は扇の勾配と呼ばれ、上にいくほど反り返り敵を寄せ付けない

A10-16-11 165.jpg

------------------------------------------------------------------------------------

次回は、姫路城(2)<大天守~本丸~二の丸>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(74)  コメント(15) 
共通テーマ:旅行

大阪夏の陣<天王寺口を巡る> [京阪神の旅]

大阪夏の陣
<天王寺口を巡る>
 
大阪夏の陣で真田幸村が本陣を置き、徳川家康の大軍と対峙した茶臼山
そして幸村の終焉の地となった神社、この一帯は馴染みが深く何度も訪れている
この記事はNHKの大河ドラマ「真田丸」の放送終了に合わせ、大坂夏の陣で
激戦地になった、四天王寺、一心寺、安居神社の紹介を在庫写真で作成した
------------------------------------------------------------------------------------------------------

<四天王寺>
 
四天王寺は、法隆寺などと共に聖徳太子が建立した七大寺の一つ
今から1400年以上も前、推古天皇元年(593)の建立で日本最初の寺です
 
鳥居前の石柱には「大日本仏法最初四天王寺」と刻まれている
 
 A11-111.jpg
 
四天王寺伽藍(ネットから借用
 
中門、五重塔、金堂、講堂が一直線に並ぶ四天王寺式
 
大坂夏の陣では豊臣方の最前線、毛利勝永の軍は四天王寺の南門に陣を置き
天王寺口の激戦を展開し、徳川方の武将を討ち取り戦果を挙げた
 
A11-116.jpg
 
六時堂(本堂)
 
法隆寺より早く建立した四天王寺が、世界文化遺産に登録されないのは
戦国の戦火、室戸台風、大阪大空襲などで度々焼失倒壊したのが原因でしょうか?
 
六時堂で、亡母の33回法要を行ったことが有る
 
A11-121.jpg
 
石鳥居と彼岸
 
弘法大師は、四天王寺で海に沈む夕日を拝する「日想観」を修したという
 
彼岸の中日には夕日が石鳥居の中央に沈み、今も参拝する人が多い
 
A11-123.jpg
-------------------------------------------------------------------------------------------------
 
<逢坂(国道25号線)
 
四天王寺の前から西に下る坂道、左は真田幸村が陣を敷いた一心寺
そして右側は安居神社、聖徳太子・菅原道真の時代の坂下は海(入江)でした
 
A21-114xxx.jpg
 
逢坂の下から撮影
 
天王寺口の戦いの激戦跡地、通天閣、天王寺動物園はこの場所から近い
 
A21-118ZZZ.jpg
-------------------------------------------------------------------------------------------------
 
<一心寺(骨仏寺)>
 
仁王門(山門)ネットから拝借
 
 一心寺(茶臼山に隣接)は、大坂冬の陣で徳川家康が、そして大坂夏の陣では
真田幸村が本陣を置いた戦略上の拠点、幸村は全軍を率い徳川家康の本陣を攻撃
家康は命からがら逃げ伸びるなど、激しい戦いが繰り広げられた地域である 
 
 A41-103.jpg
 
一心寺(大本堂) ネットから拝借
 
当時、一心寺の住職であった存牟上人は、大阪夏の陣が終結したあと
夥しい数の戦死者の霊を慰めるため、境内に塚をつくり手厚く供養したという
 
寺号:坂松山高岳院一心寺  開基:法然上人  開山:文治元年(1185)
 
B41-104 (538x404).jpg 
 
インドボダイジュ(菩提樹)
  
境内は豊臣秀吉の正室・高台院の寄進、戦没者を供養した存牟上人は三河出身
豊臣・徳川に対し因縁の深い一心寺とその一帯です
  
A41-143.jpg
 
A41-146.jpg 
 
お骨納めの寺(骨仏堂)
 
一心寺の納骨堂には、親族が納めた祖父母・両親・兄弟の遺骨(分骨)を使用し
10年ごとに1体の骨仏(阿弥陀如来坐像・座高約2m)を造立し奉安
 
大阪大空襲により6体の骨仏は焼失したが、戦後造立の7体を安置している
 
 A41-125.jpg
 
絶えない参拝者
 
納骨をした人々がお参りに訪れ、一年中線香の煙とローソクの灯が絶えない
 
A41-111.jpg
 
右端の3人(後ろ姿)は、妻と姉妹です
 
A41-117.jpg
 
鉄製阿弥陀如来坐像(ネットから借用)
 
仏像の顔が似ているので借用、骨仏の写真も撮ったが掲載を控えました
骨仏は、セメント、セラミックを混ぜて固めています 
 
c101074_02[1] (356x510).jpg

第7期~第10期
 
妻の父は第8期(昭和24年没)、私の母は第9期(昭和32年没)に納まっている
 
A41-128.jpg
 
第11期~13期
 
妻の母親は第13期の骨仏に納まり、そして義姉、義兄の遺骨も納骨し
来年(平成28年)、第14期として新たに造立されます
 
A41-130.jpg 
 
三千仏堂
 
一心寺の存牟堂には、災害時の支援拠点としてペットボトル(500ml)を保管
また救援物資の集積倉庫として活用できる備えをしている
 
A41-164.jpg
 
A41-166.jpg
-------------------------------------------------------------------------------------------------
 
<安居神社(安居天満宮)>
 
真田幸村 戦死の地
 
都を追われ大宰府に流された菅原道真が船待ちをしたと伝わっている
逢坂(国道25号線)を挟んで一心寺の向かいにある
 
A31-111.jpg
 
石の鳥居
 
菅原道真に因み梅の紋様が刻まれている、天神坂側にも鳥居があった
 
A31-114.jpg
 
安居神社本殿
 
主祭神は少彦名神、創建年は不明、天慶5年(942)に菅原道真を祭ったことから
安居神社のほかに、安居天満宮、安居天神とも呼ばれている
 
A31-126.jpg
 
真田幸村戦死跡之碑
 
家康を討ち果たせず休んでいた幸村は、越前松平家の西尾宗次に発見され
「儂の首を取り手柄にされよ」、と言い残し首を与えた、亮年49歳
 
その後西尾宗次は加増され、福井市の孝顕寺に地蔵を建立し幸村を供養したと言う
  
 A31-133.jpg A31-141.jpg
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
<天王寺七坂>
 
天神坂(安居神社
 
境内に癇しずめの井戸、天神坂にも湧水が有ったが枯渇(流れを再現している)
 
真田幸村の軍勢も、湧水で喉の渇きと疲れを癒したことでしょう
 
A31-123.jpg
 
清 水 坂
 
清水寺(四天王寺の支院)北側の坂道、上町台地には寺院が多い
 
A31-157.jpg
 
京都清水寺を模して建立
 
左:玉出の滝(大阪市内唯一の滝)  右:舞台(夕日の名所です)
 
A31-159 清水坂 (314x236).jpg A31-162 清水坂 (314x236).jpg
 
源聖寺坂
 
 坂の下にある源聖寺の名が由来、風情のある石畳の坂道です
 
A31-155  源聖坂.jpg 
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------
 
長い記事になりましたが、最後までご覧いただき有難うございました、
--------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(85)  コメント(17) 
共通テーマ:旅行

黄葉・紅葉まつり3<洋式庭園のイチョウ> [昭和記念公園]

黄葉・紅葉まつり 3
<洋式庭園のイチョウ>
 
今年1月2日に新年カメラ散歩をしてから、昭和記念公園を歩いた回数は計12回
作成した記事も一年で51回になる、自宅と同じ立川市にあるのは有りがたい
この日が今年最後に散歩になると思うが、園内を熟知したつもりでいても
季節が違えば同じ場所でも景色は違う、撮った写真が多く記事が5回になりました
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<撮影日:11月19日>
昭和記念公園(284)
 
カナールとは、ベルサイユ宮殿などで見られるフランス式の遊水路のある庭園
昭和記念公園のイチョウ並木は人気のスポットになり、この時期は入園者が特に多い
この写真は、2014年11月13日の午後3時20分に撮影した在庫です
 
 PB130189 (538x403).jpg
 
カナールのイチョウ
 
遊水路の両側は、4列、106本、300mのイチョウ並木になっている
黄葉・紅葉祭りが終わると、12月5日から25日までイルミネーションが行われる
 
A11-18-09 111.jpg
 
イチョウの高さを統一
 
A11-18-09 113.jpg
 
大小の噴水が6本
 
A11-18-09 114.jpg
 
黄金の絨毯
 
黄金色に輝くイチョウの絨毯、まさに太陽の贈り物です
 
A11-18-09 122.jpg
 
黄金のトンネル
 
A11-18-09 124.jpg
 
若い女性
 
交代で撮影していたので撮らせてもらったが・・微笑ましい
 
 A11-18-09 126.jpg
 
このようなカップルが
 
新婚旅行(中国人の旅行者)でしょう、各地でよく見かけます
 
A11-18-09 133.jpg
 
イチョウの枝を撮影・2点
 
 A11-18-09 128.jpg
 
A11-18-09 130.jpg
 
立川口の外側から撮影
 
2日前(11月17日)曇り空での撮影です、上の写真に比べ輝きが少ない
 
A11-18-09 144.jpg
 
ポプラの紅葉
 
イチョウに負けない見事な黄葉です
 
A11-18-09 141.jpg
 
みどり橋から南北道路
 
昭和記念公園と花みどり文化ゾーンを結ぶ橋、昭和天皇記念館は右側にある
 
A11-18-09 148.jpg
--------------------------------------------------------------------------------------------------- 
 
<昭和天皇記念館>
 
11月17日、昭和記念公園に行く前に、友人二人を昭和天皇記念館に案内した
 
A11-18-09 181.jpg
 
昭和天皇謹製の歌(カナールのイチョウ)
 
『秋ふかきカナールのほとりに色づける 公孫樹並木の黄なるしずけさ』 
昭和記念公園のイチョウ並木を詠まれた歌です、公孫樹とはイチョウです
 
CIMG4890 (538x404).jpg
 
昭和天皇謹製の代表的は歌
 
『わが国のたちなおり来し年々に あけぼのすぎの木はのびにけり』
戦後の日本の復興を詠まれた歌です、あけぼのすぎはメタセコイヤの事です
 
A11-18-09 187.jpg
 
メタセコイヤの化石
 
東京都の浅川で発見された、45億年前の化石です
 
 A11-18-09 189.jpg
 
公園のメタセコイヤ
 
2015年11月1日の撮影です、園内にはメタセコイヤが多い
 
 A11-18-09 192.jpg
----------------------------------------------------------------------------------------------------
 
今年の昭和記念公園はこの記事で終りです、来年もカメラ散歩を続けたい
 
----------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

nice!(80)  コメント(17) 
共通テーマ:旅行

黄葉・紅葉まつり2<秋色に染まる> [昭和記念公園]

黄葉・紅葉まつり 2
<秋色に染まる>
 
この日の昭和記念公園はリベンジ散歩です、2日前に友人を案内したが
前日発表した天気予報は大外れで終日曇り、残念すぎるので妻を誘い再び公園へ
この記事では、カナールのイチョウ並木へ行く途中で撮った写真が中心です
モミジ以外の紅葉も美しいが、今年はサクラ、メタセコイヤが撮れず残念でした
---------------------------------------------------------------------------------------------------------
<撮影日:11月19日>
昭和記念公園(283)
 
みんなの原っぱ
 
原っぱのシンボルツリー1本ケヤキも、濃い秋色です
さすがに晩秋になると木陰で休む人たちの姿はない、背後はサクラの園です
 
 A11-18-07 111.jpg
 
サイクリングロードのモミジ
 
イチョウの落ち葉とコラボ写真を撮りたかったが、陽が射すには時間が早い
 
 A11-18-07 114.jpg
 
モミジ・2点(上と同じ木です)

A11-18-07 117.jpg
 
 A11-18-07 120.jpg
 
ヤマボウシ
 
 A11-18-07 124.jpg
 
ナンキンハズ・2点
 
A11-18-07 127.jpg
 
A11-18-07 128.jpg
 
トウカエデ・2点
 
 A11-18-07 177.jpg
 
 A11-18-07 180.jpg
 
水鳥の池
 
池の東側一帯にはモミジ、ナンキンハゼなど紅葉する樹木が多い
 
A11-18-07 133.jpg
 
池の1本ケヤキ
 
西日を受けた紅葉が美しい、やがて茶褐色になり落葉する日も近い
 
 A11-18-07 137.jpg
 
鈴懸けの並木
 
池の南側の鈴懸けの木(ポプラ)、黄葉は次の写真です
 
A11-18-07 140.jpg
 
鈴懸けの木・2点

A11-18-07 150.jpg
 
 A11-18-07 153.jpg
 
鈴懸の木の実

 A11-18-07 160.jpg
 
ヒマラヤスギの実
 
マツボックリのように個体ではなく、ばらばらに崩れて落下する
 
 A11-18-07 170.jpg
 
ヒマラヤスギ
 
花芽なのか?、成長すれば上の写真のような実になるのか・・不詳です 
 
 A11-18-07 174.jpg
 
ふれあい広場のケヤキ
 
この先はカナールのイチョウ並木(わずかに見えます)、その記事は次回です
 
 A11-18-07 184.jpg
 
---------------------------------------------------------------------------------------------------
 
次回は、黄葉・紅葉まつり3<洋式庭園のイチョウ>を紹介します
---------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(75)  コメント(13) 
共通テーマ:旅行