So-net無料ブログ作成

国宝 姫路城(1)<ダイジェスト画像> [京阪神の旅]

国宝 姫路城(1)

平成21年10月から5年半の年月をかけ、大修理が行われた姫路城の大天守

昨年3月に美しい姿を復活したが、残念ながら見に行く機会を逸していた

元勤務先の創業記念式に招かれたのを機に大阪で2泊し、姫路まで日帰りしたが

この記事ではダイジェスト版を紹介し、後日改めて城内の写真をアップします

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:10月14日>

<ダイジェスト画像>

朝、大阪を出発する時は厚い曇り空、姫路に着くと徐々に晴れ間が拡がり

白鷺城にかかる雲が切れるのを待ち撮影、この日も私は晴れ男でした

A10-16-11 131.jpg

世界遺産 姫路城

平成5年(1993)に、法隆寺と共に日本最初の世界文化遺産に登録された

A10-16-11 127.jpg

三の丸から撮影(1)

二の丸「りの一渡櫓」と「りの二渡櫓」は修復工事中(平成29年2月まで)

A10-16-11 136.jpg

三の丸から撮影(2)

修復工事中の場所を避けて撮影、前方では菊花展を開催中でした

A10-16-11 144.jpg

三の丸から撮影(3)

小天守(左)は平成の大修理の対象外、このため屋根瓦の色は濃い

A10-16-11 142.jpg

菱(ひし)の門

片側のみ石垣の珍しい門、門を通り抜けると前方に三国堀、左側に西の丸が有る

A10-16-31 111.jpg西の丸から撮影(1)

西の丸から見る姫路城が最も美しいと思っているが、来る人は少ない

A10-16-11 174.jpg

西の丸から撮影(2)

染井吉野の枝を入れて撮影、次の写真 ⇓⇓ と比較してください

A10-16-11 184.jpg

姫路城と桜(平成21年4月 撮影)

当時は小天守の屋根瓦の方が白い、半年後の10月から平成の大修理が始まった

A10-16-11 185XX  2009-4-7.jpg

西の丸から化粧櫓

化粧櫓と長局(百閒廊下)、後日アップします

A10-16-21 111.jpg

百閒廊下の出口付近で撮影

乾小天守、西小天守、大天守、そして石垣のコラボが美しい場所です

A10-16-21 127.jpg

三国堀から撮影

扇の勾配と呼ばれている石垣が確認できる(敵に登らせない石組み)

A10-16-11 158.jpg

姫路城と桜(平成21年4月撮影)

上の写真と同じ三国堀ですが、染井吉野が満開でした

A10-16-11 160.jpg

内曲輪の通路(はの門へ)

はの門に近づくと細くなる通路、途中には狭間が並んでいる

A10-16-31 114.jpg

にの門下の石垣

この場所も大天守の撮影ポイントです

A10-16-31 127.jpg

小天守の鯱と鬼瓦

A10-16-31 159.jpg

大天守の東大柱

地階より6階まで1本の樅木で長さ 24.5m、東西に2本大柱がある

A10-16-41 131.jpg

大天守の出口

出口は地下1階のさらに下にあるようですが、通り過ぎてしまった

A10-16-41 136.jpg

本丸(備前丸)

 大天守は5重6階、地下1階、入母屋造りです

A10-16-41 146.jpg

姫路城の記事は、あと2回分の写真が残っていますが

紅葉が進む、昭和記念公園の日本庭園・盆栽苑を先に紹介します

---------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、昭和記念公園(244)<日本庭園の秋だより>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(80)  コメント(19) 

地元の秋祭り<阿豆佐味天神社> [地元にて]

地元の秋祭り

立川市の北部、五日市街道沿いの砂川地区は江戸初期に玉川上水から分水した

砂川上水の新田開発で拓かれた地域、昭和38年(1963)に立川市に編入合併する

阿豆佐味天神社の境内社「八雲神社」をご神体とする自治会の神輿も秋祭りに参加

事前(7月)に撮った、本殿など境内の写真を加え、この記事を綴ります

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:7月30日>

<阿豆佐味天神社>

寛永6年(1626)に、砂川開拓の総鎮守として村山郷殿ヶ谷(現瑞穂町)の

阿豆佐味天神社より勧請された、毎年9月中旬に例大祭が行われる

A07-10 111.jpg

天神社拝殿(初宮参りの家族)

拝殿は文久2年(1839)に造営した、総けやき造りの建造物です

ご神体は医療・健康・知恵の神「少彦名命」、文学・芸術の神「天児屋根命」の二柱

A07-10 117.jpg

天神社本殿

元文3年(1738)に建築された立川市最古の木道建築物です

昭和45年に立川市有形文化財に指定されている

A07-10 127.jpg

立川水天宮

安産、子授けの神としてお参りする人が多い

ご祭神は、天之御中主大神、安徳天皇、建礼門院、二位の局、平家に関わりが多い

A07-10 131.jpg

A09.13-11 144.jpg

唐子手水鉢

手水鉢をかつぐ唐人、正面に刻まれている「漱盤」とは口をすすぐ意という

A07-10 170.jpg

蚕影神社(猫返し神社)

養蚕の神社(蚕の天敵ネズミを猫が守る)、猫返し神社としてお参りする人が多い

八雲神社、八坂神社、御嶽神社などを合祀、自治会の神輿のご神体は八雲神社です

A07-10 151.jpg

お願いした人たちの「絵馬」

A07-10 159.jpg

A07-10 164.jpg

願いがかなった

A07-10 160.jpg

猫の石像(おかえり猫)

A07-10 156.jpg

七夕飾りの日(7月3日)

A07-10 182.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:9月13日>

<秋祭り>

五日市街道の砂川一番から十番まで約6km、その中間に阿豆佐味天神社がある

西の砂川一番と東の砂川十番を出発し同時に宮入りする神輿渡御が行われる

地元七番組自治会は奉納舞踊、神輿渡御などで中心的な役割を担っている

A09.13-11 111.jpg

奉納舞踊

朝11時から地元の女性たちが舞踊を奉納、民踊部の皆さんも多数参加したが

私は、神輿渡御を出迎えるため急いで2km先まで移動です

A21-121.jpg

A21-116.jpg

夫婦でお付き合いをしている女性です

A21-118xxx.jpg

神輿渡御

高張提灯、大太鼓、囃子連、そして神輿が続く、立川警察署が警備を担当する

A21-133.jpg

お囃子連

A21-143.jpg

七番組神輿

A21-139.jpg

おんな神輿

A21-149.jpg

拝殿前に勢ぞろい

宮入りを終えた神輿が拝殿前に並ぶ、中央は地元七番組の神輿です

神輿渡御の発起人で総責任者は自治会の顧問、砂川地区の功労者です

A21-151.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、国宝姫路城<ハイライト>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(63)  コメント(10) 

スポーツの秋<地元の運動会> [地元にて]

スポーツの秋

<地元の運動会>

夏祭りに次いで、自治会の役員に負担が掛かるのは町民運動会、しかも

地域内にある小学校の中の一校が、運動会を雨で延期した日と重なり参加できず

対抗競技に出場する選手集めに苦戦をしたが、皆さんの頑張りで上々の成績

参加者全員が一つになり選手に声援、老人会の運動会と合わせて記事を作った

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<町民運動会>

地元の小学校

地区の自治会対抗運動会、好天気に恵まれ絶好の運動会日和です

役員の皆さんは早朝から、テント・椅子・ルテーブルなどの搬送、設営に奮闘

私は監督として参加者の掌握と挨拶、そして年代別リレー出場走者の最終決定など

CIMG4995 (538x404).jpg

入場行進「演奏」

小学校の生徒が行進曲を演奏するなか入場、歩きながらこの写真を撮った

CIMG4996 (538x404).jpg

開会式

立川市自治連会長(同じ自治会の会員)の挨拶、お歴々が後に控えています

CIMG5001 (538x404).jpg

CIMG4999 (538x404).jpg

ラジオ体操

年を重ねても身体が覚えた体操は忘れない、皆さんと共に体操をする

CIMG5005 (538x404).jpg

国旗掲揚(無風です)

朝から雲一つない快晴、しかも30度を超える真夏日の運動会でした

CIMG5006 (538x404).jpg

自治会テント

小学生、幼児、父母、自治会有志、高齢者など総勢70名の皆さんが参加

役員さんは、参加者の受付、競技出場者の割り振り、弁当、世話などに奔走です

CIMG5011 (538x404).jpg

全員に弁当と飲みもの、子供たちには菓子とジュースを用意

CIMG5012 (538x404).jpg

風船割り競争(得点競技)

風船をお尻で割り1升瓶に水が満杯になるまで続ける女性のリレー競技「2着」

CIMG5014 (538x404).jpg

百足競争(得点競技)

男女2組(各10名)が足を揃えて走るリレー競技、中央が自治会のメンバーです

幼児、小学生、親子競技などもあったが撮影できず

CIMG5016 (538x404).jpg

自治会対抗リレー(得点競技)

フィナーレは、小学生3、中学生1、高校・成人3の男女(計14名)のリレー競技

見事1着でゴールイン、自治会員全員が大いに盛り上がった

CIMG5009 (538x404).jpg

閉会式・表彰

競技の結果は総合準優勝(優勝チームと同点)でした

CIMG5024 (538x406).jpg

リレー競技で走った小学生3名です

CIMG5025 (538x411)xxx.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------

<立老連運動会>

泉市民体育館

立川市の9地区対抗の運動会、元気な高齢者が集合です

立老連会長、自治連会長、都議会・市議会議員など挨拶する人が多すぎる

A11 -111.jpg

足の弱い高齢者は待機です

A11-114.jpg

スプーンレース(得点競技)

12名が走るリレー競技、自治会員2名は頑張ったが結果は最下位でした

A11-117.jpg

台風の目(オープン競技)

14・15番が自治会員、旗を回るとき外側の高齢者に負担がかかる

A11-120xx.jpg

お昼の休憩?

弁当を食べ終えるとダンスタイム、踊りの輪が四重です

立川音頭、東京音頭など盆踊りと一緒の曲でしたが、元気な高齢者に驚いた

A11-128.jpg

ジャンケンゲーム(得点競技)

勝つまでジャンケンを繰り返すリレー、負けると後ろを振り向きお辞儀「2着」

A11-131.jpg

輪投げ(オープン競技)

89歳の女性です、矢印の通り輪一つはピンに入り、もう一つは飛んでいます

しゃがんでいる女性は介添え役、自発的に協力してくれます

A11-133xxx.jpg

ボールと一緒に(得点競技)

14名がグランドゴルフの棒でボールを転がし旗を一周するリレー競技

競技の結果は見事「1着でゴールイン」、矢印は妻です

A11-136xx.jpg

得点競技「成績3位」

「スプーンレースは最下位 (9着)」でしたが、「ジャンケンゲーム (2着)」と

「ボールと一緒 (1着)」で一挙に挽回し、得点競技の「結果は3位」でした

A11-140xxx.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、地元の秋祭り<阿豆佐味天神社>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(75)  コメント(18) 

七寿会旅行(3)<塩屋岬~小名浜> [みちのくの旅]

七寿会旅行(3)

<塩屋岬~小名浜>

老人会(七寿会)の旅行2日目は、福島県の中通りから浜通りへ

津波で町が消えた薄磯地区の視察と、美空ひばりの歌碑がある塩屋岬、そして

いわき市の観光物産センターです、今回の旅行は観光地巡りと言うより

小峰城を含めた福島県の震災被災地と、道の駅など買い物が中心のバス旅でした

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:9月30日>

<母畑温泉 出発>

玄関から伸びる長い屋根、何故?と思っていたが観光バス3台が横づけでき

雨の日も、濡れずにバスに乗り降りができるためでしょう

A09-30-11 111.jpg

若い仲居さんが見送りの挨拶

女将さんを始め従業員の人たちが並んで見送り、道路まで続いていた

A09-30-11 114.jpg

<津波で消えた町>

塩屋﨑薄磯地区(車窓)

薄磯地区は、266所帯(760人)の集落でしたが、町の大半が津波で流され

死亡・行方不明者は130名です、この写真は高台に移転した家屋です

CIMG3841 (538x405).jpg

バスの車窓から被災地

工事は進んでいるが、大震災後5年半が過ぎてもこの程状態です

A09-30-11 117.jpg

津波の状態

津波は数回押し寄せ、2度目の高さは8m以上で約1km先まで駆け上った

A09-30-11 120.jpg

薄磯地区の海岸

薄磯は遠浅の海水浴場、地震発生後は波が引き約1km先の海底が見えたという

A09-30-11 124.jpg

大震災の被災説明 (美空ひばりの歌碑前の売店)

バスが着くと観光土産店の2階に案内され、50枚ほどの写真の前で震災時の説明、そして1階に降りて買い物です(韓国産の海苔も販売)、理解に苦しむのは。写真と祝儀袋をパネルに掲示した部屋の中は、カメラ・スマホ・ビデオ撮影、そして音声録音は一切禁止

大震災の1年半後に岩手県久慈から気仙沼まで被災地を見て回ったが、陸前高田、北山崎の語り部さんたちは写真OK、全国に発信してほしい、忘れないでと、力説していた

A09-30-11 127.jpg

<塩屋岬>

美空ひばり「みだれ髪」

作詞家「星野哲郎」は、塩屋﨑に数日滞在し「みだれ髪の歌詞」を書き上げたと聞く

灯台以外に観光場所が乏しい塩屋﨑、私がこの場所に立つのは2度目です

A09-30-11 130.jpg

みだれ髪・歌碑

A09-30-11 134.jpg

美空ひばり遺影碑

遺影碑に近づくと、美空ひばりが歌うみだれ髪の歌が流れてくる

A09-30-11 137.jpg

私の姿が写り込んでいます

A09-30-11 140.jpg

清酒「みだれ髪」

ご婦人たちはここでも熱心に買い物、私は歌碑近くの売店で清酒を購入した

A09-30-11 145.jpg

<いわき・ら・ら・ミュウ>

今回の旅行で最後に立ち寄ったのは、いわき市の観光物産センター

目的は、海の幸の昼食と、いわき市の物産・新鮮な海産物などの買い物です

A09-30-11 154.jpg

2日の昼食

瓶ビールを飲みながら海鮮料理の昼食、美味しく頂いた

A09-30-11 157.jpg

岸壁にて

買い物をするご婦人たちから離れ、一人岸壁をぶらぶら歩いて時間つぶし

A09-30-11 161.jpg

宇都宮からオートバイで来た男性と立ち話

高速道が拡がったので、横浜・箱根・仙台・青森が近くなったと言う

A09-30-11 165.jpg

利用した観光バス

常磐自動車道、外環道を走り立川へ、僅か500mの間で3か所も停車してくれた

A09-30-11 151.jpg 

------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、地元の運動会)<町民運動会&老人会>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(77)  コメント(14) 

七寿会旅行(2)<南湖公園~母畑温泉> [みちのくの旅]

七寿会旅行(2)

<南湖公園~母畑温泉>

七寿会とは、地元七番組自治会内の高齢者の団体です、毎年秋には1泊旅行

年末は奥多摩温泉へ日帰り忘年会、そして運動会、輪投げ、グランドゴルフなどの

スポーツ大会に積極的に参加しています、高齢者が健康で元気だと、行政

医療費負担も少なくて済み、立川市は高齢者リフレッシュ支援を行っている

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:9月29日>

<南湖公園>

JR白河駅

小峰城から南湖公園に向かう途中に白河駅前を通過、車窓からの撮影です

A09-29-11 181.jpg

南湖の湖畔

12代白河藩主・松平定信が大沼と呼ばれていた湿地帯に堰を作って水を貯め

庭園の要素を取り入れ築造したもの、小峰城の南にあることから南湖と呼ばれた

国の史跡名勝に指定され、桜・松・楓が有り四季を通じて楽しめる公園です

A09-29-21 111.jpg

南湖の想い出

30年ほど前、中学生の野球クラブチームに同行し南湖畔の民宿に2泊

朝食前に1周2kmの南湖を散歩、1日300本以上もノックを打ったが、若かった

A09-29-21 114.jpg

額縁写真(ボート乗り場)

A09-29-21 117.jpg

ゴジラ現る(望遠撮影)

仲間のご婦人がゴジラのようだと、指をさし教えてくれたが確かに似ています

A09-29-21 120.jpg 

南湖名物だんご店

添乗員が旅行費用に余裕がありますと、だんご店に案内してくれた

A09-29-21 124.jpg

名物のだんご(2人1皿)

A09-29-21 130.jpg

旅行1日目に撮った花

A09-29-21 138.jpg

CIMG3756 (538x404).jpg

A09-29-21 140.jpg

「は」の位置が気になり撮影(トイレにて)

A09-29-21 144.jpg

実りの秋(車窓撮影)

A09-29-21 153.jpg

<母畑温泉 八幡屋>

山里の一軒宿、と言うよりは設備の整った大きな温泉ホテルです

母畑(おばた)温泉の名も知らなかったが、宿泊したことが有る人の評判は上々

このような、不便な場所に何故このホテルと思ったが、宿泊客は多かった

A09-29-21 161.jpg

建物は和倉温泉の加賀屋を設計した人と同じ、従業員のサービスも良い

前方の中央は、1階から8階まで吹き抜けが見えるエレベータです

但し、宿泊客が閲覧できるインターネット環境がなく残念でした

A09-29-21 164.jpg

部屋の窓から

私は、自称「晴れ男」、小雨が降るなか立川を出発したが天気は回復

夏祭り、町民運動会、妻の4姉妹との添乗員旅行など、すべて晴天でした

A09-29-21 170.jpg

午後6時から宴会

女将が挨拶にみえ母畑温泉八幡屋の由来を説明

料理の味はまずまず、バスの車内、宴席、2次会、久しぶりに飲みすぎました

A09-29-21 174.jpg

盛り上がった「カラオケ」

私は、三橋美智也の「哀愁列車」、年上の女性と「銀座の恋の物語」をデュエット

そして、五木ひろしの「細雪」を熱唱・・自慢ののど??、を披露した

A09-29-21 177xxx.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、七寿会旅行(3)<塩屋岬~小名浜>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(82)  コメント(18) 

七寿会旅行(1)<那須高原~白河> [みちのくの旅]

七寿会旅行(1)

<那須高原~白河>

地元の老人会に妻と共に入会して早や1年、初めて会の旅行に参加した

行先は、福島県白河市の小峰城、南湖公園、塩屋岬と大震災の被災地視察など

参加者は総勢27名(女性が3分の2)、小雨が降るなか午前8時に出発した

自治会は砂川地区の中核ですが、新興住宅は少なく高齢者の比率がが高い

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:9月29日>

<那須高原>

道の駅「友愛の森」

那須ICで東北自動車道から一般道へ、那須御用邸はこの道の駅から近いと

添乗員が言っていたが、私は車の運転ができないので那須高原は殆んど知らない

A09-29-11 111.jpg

ご婦人たちは・早速買い物

A09-29-11 114.jpg

バスの車内で

立川を出発するとご婦人たちから差し入れが続々、これは序の口です

A09-29-11 117.jpg

囲炉裏「与一焼き」

旅行1日目の昼食は、とちぎ和牛のステーキ丼です

A09-29-11 123.jpg

与一焼きの由来「那須与一」

義経と与一の由来を書いてあるが、義経は奥州藤原氏を頼り2度平泉に落ちている

屋島(扇の的)の戦いでは義経は源氏の武将、この挿話は1度目でしょうか

A09-29-11 126.jpg

ステーキ丼

囲炉裏の焼き肉ではなくステーキ丼、吉野家の牛丼のような料理を想像したが

出てきたのは、味付けした和牛をご飯に乗せたもの、これが中々旨い

A09-29-11 129.jpg

A09-29-11 132.jpg

シュウカイドウ(秋海棠)・店の前で撮影

A09-29-21 135.jpg

<白河小峰城>

国指定史跡 小峰城跡

盛岡城、若松城と共に「東北三名城」の一つと言われていた白河小峰城

東日本大震災により石垣、曲輪などが倒壊したため、立入禁止になっていたが

修復工事が進み、昨年4月から入城、三重櫓にも入れるようになった

A09-29-11 151.jpg

三重櫓と大手門

小峰城の創建は古く南北朝時代の暦応3年(1340)に結城氏が築城

戊辰戦争の白河口の戦いで落城したが、約130年の時を経て、平成3年に三重櫓

平成6年に前御門が江戸時代の絵図に基づき復元し、市のシンボルになっていた

A09-29-11 154.jpg

小峰城の城主は、安政の改革知られる松平定信(8代将軍吉宗の孫)など

明治維新まで7家21代の大名の居城になっていたと言う

A09-29-11 157.jpg

三重櫓から白河の市内

三重櫓は無料公開、復旧支援募金箱が有ったので皆さんと共に協力する

A09-29-11 161.jpg

鉄砲狭間

A09-29-11 164.jpg

修復工事中の石垣(奥の石垣を修復)

A09-29-11 167.jpg

修復した石組み

A09-29-11 169.jpg

石垣の構造

A09-29-11 172.jpg

石垣復旧の流れ

 A09-29-11 175.jpg

崩壊した石垣

復旧工事は、これからも続くようです

A09-29-11 178.jpg

10月14日に姫路城を見てきましたが、その記事は後日アップします

------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、七寿会旅行(2)<南湖公園~母畑温泉>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(71)  コメント(15) 

わが家の花(22)<8月・9月編> [花の画像]

わが家の花(22)

<8月・9月編>

撮りだめをしていたわが家の花、公開する記事が多く後回しになっていた

今年の夏は梅雨明けが遅れ、また9月~10月には秋の長雨が何日も続いたが

狭い庭や鉢植えの花は季節を知らせるように、今年も美しく咲いてくれた

天気の良い日の朝に撮った花を中心に、わが家の花22回目の記事を作った

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<写真の羅列です>

チョウマメ(蝶豆)

直径5センチほどの小さな花ですが、濃いブルー系の花弁が実に美しい

地元の人たちに嫁入りさせたが、皆さんは花を楽しみながら育てているようです

A01-11 111.jpg

日陰と日当たりでは、花の色が違います

A01-11 117.jpg

タマスダレ

A01-12 111.jpg

A01-12 117.jpg

ニオイバンマツリ

ジャスミン寺と呼ばれている下田の了仙寺で購入、5月に続き2度咲きです

A01-13 113.jpg

ハギ(萩)

春(5月ごろ)にも咲くが、やはり萩は秋の花です

A01-14 111.jpg

A01-14-117.jpg

ヒガンバナ(曼殊沙華)

6年前の10月、鹿児島旅行のときに長崎鼻(指宿温泉の先)で球根を2個買い

鉢植えにしているが、今年は花の数が増え10本も咲いてくれた

A01-16 111.jpg

A01-16 117.jpg

ヒガンバナ(黄色)

この彼岸花も上と同じ場所で購入したが、花の形が違います

A01-16 121.jpg

シュウカイドウ

花が終わると根っこごと抜き取るが、毎年同じ場所で咲いてくれる

A09.11 D15.jpg

妻が、寝室の明り取り窓に飾っていた

A01-18 111.jpg

キンモクセイ(金木犀)

漂う香りで花が咲いたことを知らせてくれる、今年も花の数が多い

A01-20 111.jpg

A01-20 114.jpg

オキザリス

鉢植え、地植え(こぼれた種)にしているが、小さな幼虫に花のツボミを食べられ

今年は咲き具合が悪い、白色、黄色など小さなオキザリスはこれからです

A01-19-114.jpg純白で

A-111  CIMG2885 (538x404) 11.jpg

スイフヨウ(酔芙蓉)

純白で大輪(約20センチ)の美しい花、8月末から10月中旬まで毎日咲き続け

その数は150個以上、毎朝花の数を数えながら楽しんでいる

A01-17 111.jpg

A01-17 114.jpg

かなり酔ったようです

花の色は時間と共に紅色に変化する(暑い日ほど早い)、酔芙蓉の名の由来です

A01-17 121.jpg

涼しくなると酔うのが遅く、当日(左)、前日(右)の花を同時に楽しめます

A09.11 T31.jpg

ルリマツリ

6月から咲き始めたルリマツリ、咲き終わった枝を選定すると長く咲いてくれる

A01-15 111.jpg

A01-15 114.jpg

----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、老人会旅行<那須高原~白河>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(79)  コメント(16) 

がんこ立川屋敷<牡鹿半島を支援する会> [地元にて]

牡鹿半島を支援する会

<がんこ立川屋敷>

東日本大震災が発生した翌年から始めた「三陸わかめの収穫ボランティア」

立川市の有志を中心に支援する会の人たちが、牡鹿半島の小淵浜で手伝いを始め

 今年で5年目、この日は中心になって活動した人たちが集まり会食です

その会場は新しく出来た「がんこ立川屋敷」、私は一度の体験しかないが招かれた

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

<屋敷で会食>

昭和初期に建てられた、貴重な建築様式を今に伝える名主の邸宅をそのまま使用

庭園を眺めながら食事ができる「がんこ武蔵野立川屋敷」に生まれ変わった

A07-26-11 112.jpg

がんこの店舗

大阪十三の小さな寿司屋から始まった「がんこ」

時価で商う寿司屋のやり方を改め、日本で最初に売値を設定する方法で商売を始めた

A07-26-11 114.jpg

現役時代の想い出

50年以上も前、現役時代の工場の近くにがんご寿司が有り何度も通っていた

A07-26-11 117.jpg

立川屋敷の玄関

今では大阪を中心に全国に50店舗以上を展開、東京に9店舗有るが

立川には駅前ビル内の店を含め2店舗、客層も増えいつも賑わっている

A07-26-11 121.jpg

庭園に面した部屋で会食

平野郷屋敷、岸和田五風荘など、旧家の屋敷を食事処にした店舗が7か所

中でも高瀬川二条苑は屋敷の庭に高瀬川が流れ、京都風の豆腐料理はお勧めです

A07-26-11 124.jpg

牡鹿半島を支援する会

わかめ収穫のボランティア活動を実施するときのゼッケン

A03-24-11 136.jpg

会食の料理(お通し)

A07-26-11 127.jpg

刺身(4人分)

A07-26-11 129.jpg

A07-26-11 131.jpg

天麩羅(塩で頂く)

A07-26-11 133.jpg

料理の名は?

A07-26-11 135.jpg

豚肉のしゃぶしゃぶ

A07-26-11 137.jpg

A07-26-11 139.jpg

寿司と吸い物

他にもう一品有ったが撮り忘れ(価格はリーズナブルです)

A07-26-11 141.jpg

宴席の様子

この日集まったのは会員は32名、会長は地元自治会の顧問です

被災地の牡鹿半島から1名、そして兵庫県西宮市からも駆け付けた人もいる

A07-26-11 148.jpg

宴も進み記念撮影

A07-26-11 144.jpg

内蔵も食事の部屋でした

A07-26-11 151.jpg

トイレの案内

A07-26-11 156.jpg A07-26-11 154.jpg

会合を終え解散

小雨が降り続くなか皆さんは自宅へ

A07-26-11 159.jpg

水揚げされた三陸わかめ

ボランティアの皆さんの出番はこの後の作業でした(撮影日:3月24日)

A03-25-11 111.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、わが家の花<8月・9月編>を紹介します

---------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(63)  コメント(12) 

昭和記念公園(273)<日本庭園&盆栽苑> [昭和記念公園]

昭和記念公園(273

<日本庭園&盆栽苑>

昭和記念公園を歩くと写真の数が多くなり、この日も4回の記事になった

日本庭園と盆栽苑は私の定番コース、何度見ても新しい発見に出会います

秋の長雨の影響でしょうか、或いは紅葉に移り変わる前の一時的なものなのか

園内の景色は今一つでしたが、いつものように時計回りで見て歩きをした

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:9月25日>

<日本庭園>

庭園の表門

A09-25-21 111.jpg

清池軒の前庭

清池軒の周囲は紅葉の名所、2か月後には多くの人たちが訪れるが

秋の長雨の影響で、石畳の道の所々には苔が生えている

A09-25-21 116.jpg

日本庭園の周遊路

左の塀の中は盆栽苑です、この道にも苔が生えているようです

 A09-25-21 121.jpg

四阿昌陽と池

こもれびの丘を借景にした日本庭園、秋が深まると池に映る紅葉が美しい

A09-25-21 171.jpg

A09-25-21 174.jpg

赤とんぼ

A09-25-21 177.jpg

<盆栽苑>

五葉松、真柏など、全国から寄贈された国風盆栽も素晴らしいが

季節の花の寄せ植えも楽しみです、この日はミニ盆栽を撮り集め記事にした

A09-25-21 126.jpg

棚の盆栽を見る人たち

盆栽苑で時々外国人に出会うが、手前の女性は一人で見に来ていた

A09-25-21 134.jpg

もみじ清玄(推定樹齢約100年)

1年に3度(赤ー緑ー赤)色の変化を楽しめる盆栽、秋が深まると真っ赤になる

A09-25-21 137.jpg

くちなし(推定樹齢約80年)

仲秋を迎えても陽春のように瑞々しい緑の葉、思わずカメラを向けた

A09-25-21 140.jpg

讃樹亭の床の間

この日の盆栽はハゼ、早やくも紅葉が始まっています

A09-25-21 143.jpg

ミニ盆栽「アカメロ」

A09-25-21 148.jpg

島ラッキョ

A09-25-21 150.jpg

ミニ盆栽「シンパク」

A09-25-21 152.jpg

ケイトウ (百円玉で大きさを比較)

A09-25-21 154.jpg

ミニ盆栽「ヤマモミジ」

A09-25-21 157.jpg

ミニ盆栽「ハゼ」

A09-25-21 159.jpg

ツリバナの実

春は小さな白い花がぶら下がって咲き、秋には赤い実、春と秋の2度観賞できる

A09-25-21 161.jpg

A09-25-21 163.jpg

10月下旬は、花の丘のコスモス(400万本)と原っぱのコスモス(80万本)を

11月中旬には友人2人と、イチョウ並木、日本庭園などの紅葉巡りをする予定です

------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、がんこ立川屋敷<牡鹿半島を支援する会>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(59)  コメント(17) 

昭和記念公園(272)<賑わう公園> [昭和記念公園]

昭和記念公園(272)

<賑わう公園>

観測史上初、50年に1度の記録的豪雨、北海道に台風が相次いで三つ上陸

そして東北の太平洋側に初めて台風が上陸するなど、今年も異常気象が続き

東京の日照時間(9月)は例年の3分の2だという、この日は久しぶりの好天気

しかも日曜日、青空を待ちかねた人たちが秋の一日を楽しんでいた

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:9月25日>

<秋を楽しむ人たち>

渓流広場のレストラン前

チューリップが咲くころはテーブルに座れないことは多いが、この時期に

これほど混むのは珍しい、悪天候から解放されたためでしょう

A09-25-41 111.jpg

芝生の広場

A09-25-41 114.jpg

バーベキューガーデン

日曜日の正午過ぎ、どこから集まって来たのか人が多い

若者のグループ、家族連れが、鉄板で焼く食材の煙が立ち登っていた

A09-25-41 119.jpg

この日にバーベキューと前もって決めていたはず・・皆さんは運が良い!

A09-25-41 121.jpg

子供の森のガーデン

私は、空いたベンチを探し缶ビールと焼きそばの昼食でした

A09-25-31 149.jpg

新しい乗り物・セグウエイ

ランニングをしている夫婦を、新しい乗り物(セグウエイ)が追い越していった

先頭はインストラクター、時速15kmぐらいでしょうか

A09-25-31 133.jpg

フランス旅行で・・

女性警察官がパトロールに使用していたが、これは良いなと眺めていた

A09-25-31 137.jpg

みんなの原っぱ

広い原っぱで子供たちを遊ばせる、好天気の贈り物でしょう

CIMG4975 (538x404).jpg

原っぱのシンボルツリー

原っぱの大きなケヤキ、木陰で陽を避ける人たちが多い

A09-25-41 136.jpg

遊具で遊ぶ子供たち

みんなの原っぱ南側の遊具施設、子供たちの遊ぶ姿は見ていても楽しい

A09-25-41 130.jpg

疲れを知らない子供たち、遊具はタンポリンでしょうか

A09-25-41 133.jpg

サイクリングロード

親子、カップルで広い園内を一周、利用して初めて知ったが高低差が有る

A09-25-41 140.jpg

水鳥の池

暑さが和らぐとボートに乗る人たちが増えてくる、私も2・3度乗っている

A09-25-41 144.jpg

日本庭園の周遊路

聞こえてきた言葉は日本語ではなく中国語、家族連れのようでした

A09-25-21 124.jpg

盆栽苑の賑わい

盆栽苑に初めて入った人が多い、100年、80年の盆栽を見て驚いていた

A09-25-21 132.jpg

西立川口ゲート

西立川駅に電車が着くと続々と人が来る、時間は午後2時過ぎです

A09-25-41 154.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、昭和記念公園(272)<日本庭園&盆栽苑>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(68)  コメント(11) 

昭和記念公園(271)<秋の花だより> [昭和記念公園]

昭和記念公園(271)

<秋の花だより>

この日は、こもれびの里(前記事)とこもれびの丘の彼岸花が目的でしたが

幸い見ごろを迎えていた、また11月3日までコスモス祭りが開催され

花の丘の斜面と、みんなの原っぱ(東と西)は花の絨毯になる、そして

秋が深まり紅葉・黄葉の季節へと移り変わってゆく、一年が過ぎるのは早い

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:9月25日>

<秋の花さんぽ>

花の丘のコスモス

丘の斜面を埋め尽くす400万本のコスモス、品種はセンセーションミックス

今年は生育状態も良く期待できそうです、見ごろは10月中旬から下旬でしょう

A09-25-11 166.jpg

咲き始めたコスモス

開花状況を調べ、そして天気の良い日を選び見に行く予定です

A09-25-11 169.jpg

丘の家のコスモス

見ごろはピーク、倒れかかった花もある

カメラマン4人が低い姿勢で撮影していたが、私はこの写真を撮り次へ移動

A09-25-31 111.jpg

丘を越える坂道

日本庭園の西側一帯はこもれびの丘、その雑木林の坂道には

ボランティアの人たちが植えた彼岸花が増え、今年も沢山咲いてくれた

A09-25-31 119.jpg

A09-25-31 114.jpg

森の中の彼岸花

彼岸花は、日当たりの良い場所より、なぜか日陰の方が早く咲くようです

A09-25-31 121.jpg

彼岸花とカメラマン

彼岸花だけではなく、失礼をしてカメラマンを一緒に写すとそれらしく見えます

A09-25-31 127xxx.jpg

親子と彼岸花

こどもの森へ向かう親子4人、このアングルもいいなと自画自賛

A09-25-31 140.jpg

彼岸花(黄色)

A09-25-21 179.jpg

オミナエシ(女郎花)

 A09-25-31 130.jpg

シュウメイギク(秋明菊)

 A09-25-21 188.jpg

ムラサキシキブ

A09-25-21 180.jpg

シロシキブ

A09-25-21 183.jpg

落ちた銀杏

昭和記念公園にはイチョウ並木が二つあるが、その見ごろは11月中旬

毎年散歩を続けている友人2人を、紅葉・黄葉の時期に案内することになっている

A09-25-31 144.jpg

黄葉した栃ノ木

他の木の実と共に観測をしていた栃ノ木、実を探したが見つからない

A09-25-31 155.jpg

栃ノ木の実

足元を見ると実の殻が散乱、芯の実は誰が拾ったのか見つからない

A09-25-31 157.jpg

ナツメ(棗)の実

観賞用だけではなく、ドライフルーツにすると聞いたが食べた事はない

A09-25-11 172.jpg

芝生にキノコ

秋雨が続く日本列島、公園の芝生にもキノコ(2種類)が生えていた

A09-25-21 193.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、昭和記念公園(273)<賑わう公園>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(73)  コメント(15) 

昭和記念公園(270)<こもれびの里> [昭和記念公園]

昭和記念公園(270)

<こもれびの里>

今年も彼岸花を撮りに行く予定でいたが、秋の長雨が続き中々実現できない

3日連続で不安定な天気が続いた翌25日は、幸い天気が回復したので

この日を逃すと花の見ごろも終わると、急きょ昭和記念公園に向かったが

翌日からは、また雨・雨・雨、今年の秋は台風も多くまさに異常続きです

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:9月25日>

<里の秋だより>

公園の砂川口

開園30分過ぎの砂川口は、団体さんが通り抜けたのか人影は少ない

快晴には至らないが久しぶりの青空、カメラ散歩のスタートです

A09-25-11 111.jpg

里の稲田(1)

昭和30年代の武蔵野の農村風景を再現したこもれびの里

前方には彼岸花を撮影する人たちが集まっている、赤い色が確認できます

A09-25-11 116.jpg

里の稲田(2)

 地元砂川地区の皆さんを中心に、ボランティア活動で運営をしている

左の稲田は刈り取り前、10月1日に稲刈り体験が行われた

A09-25-11 120.jpg

里の茶畑

古民家の長屋門、母屋を茶畑越しに撮影した、コスモスは咲き始めです

A09-25-11 158.jpg

古民家の母屋

2013年4月にオープンした古民家園、早いもので3年半が過ぎた

A09-25-11 161.jpg

古民家の囲炉裏

囲炉裏の火に暖かさを感じる、寒い季節も近いでしょう

A09-25-11 163.jpg

栗の実

今にも栗の実が弾けて飛び出しそうです

A09-25-11 134.jpg

柿の実

A09-25-11 136.jpg

水車小屋と花

水車の奥にシオンの花、里の秋景色の一つです

A09-25-11 123.jpg

シオン(紫苑)

喋々が蜜を求めて飛んでいる、花言葉は「追憶」「君を忘れない」だという

A09-25-11 124.jpg

ヒガンバナ(彼岸花)

畑の斜面に咲く彼岸花が里の秋に彩を添える、花の数を増えているようです

A09-25-11 126.jpg

密集して咲く彼岸花より、このようにポツンと咲く方が好みです

A09-25-11 129.jpg

彼岸花(白)

A09-25-11 131.jpg

シュウメイギク(秋明菊)

秋明菊の名の通り、彼岸花、紫苑と共に、秋を告げる花でしょう

A09-25-11 155.jpg

ススキ(薄、芒)

仲秋の名月(9月15日)から10日、温暖化の影響か穂の成長が遅いようだ

矢印の下にナンバンギセルが密集、昨年まではこの場所には咲いていなかった

A09-25-11 141.jpg

ナンバンギセル

単独で光合成することが出来ず、イネ科の植物に寄生する横着物です

A09-25-11 144.jpg

ハス池のガマノホ

ハスの葉と実を刈り取った池、傍らに小ぶりのガマノホが育っていた

A09-25-11 149.jpg

今年も、サツマイモ・落花生掘り体験が行われるが、行けるかどうか?

------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、昭和記念公園(271)<秋の花だより>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(69)  コメント(16) 

東京バスツアー(番外)<上野れんこん> [東京を歩く]

東京バスツアー(番外編)

<れんこんの店>

国立西洋美術館の後は、東京駅八重洲口まで移動しバスツアーは解散ですが

ツアー客の半数以上は美術館から単独行動、私たちもバスに戻らず上野で夕食です

行先はブログ仲間とのオフ会で2度行ったことが有る、上野の「れんこんの店」

妻から一度連れて行ってほしいと頼まれていたので、美術館から直行した

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:9月13日>

<上野の西郷さん>

国立西洋美術館からアメ横に近いれんこん店へ、その途中久しぶりに

西郷隆盛像に立ち寄ったが、ひと昔前までは東京に訪れた人たちの観光スポット

平成の時代こそ、私利私欲がなく器の大きい西郷さんのような人物が必要でしょう

A09-13-61 111.jpg

A09-13-61 113.jpg

<れんこん>

午後5時過ぎに着いたのが幸いし、何時もは満席の店内にも空席が有る

オフ会では2階、3階の席でしたが、仲間のちょいのりさんの名を出すと

時間が早いためか1階奥の予約席に案内され、ラッキーでした

A09-13-61 120.jpg

れんこん料理

ちょいのりさんも顔を見せ、初対面の妻と挨拶を交わし少し会話

メニューの種類は多いが折角の機会、れんこんを中心にした料理を注文した

A09-13-61 122.jpg

お通し(ごま豆腐)

A09-13-61 124.jpg

だしまき玉子

玉子焼きに薄味の出汁をかけたもの、ビールのつまみに注文した

料理の皿の絵柄も・・レンコン模様でした

A09-13-61 126.jpg

サンマの刺身

れんこん料理ではないが、ビールのつまみに旬のサンマを追加

A09-13-61 129.jpg

2杯目の生ビール

喉が渇いていたので、1杯目の生ビールを半分ほど飲んで

写真を撮っていないのに気が付き2杯目を注文、テーブルには次の料理が出ています

A09-13-61 134.jpg

蓮根と海老のはさみ揚げ(塩で食べる)

美味しい、美味しいと妻は大喜び、私より多く食べてしまった

A09-13-61 131.jpg

蓮根とホタテの蒸ししんじょう

この蒸ししんじょうも、この店でしか味わえない味でしょう

A09-13-61 139.jpg

蓮根のきんぴら

きんぴらは細く短冊に切ったものと想像していたが違いました、でも旨い

A09-13-61 142.jpg

蓮根とおこげの蟹あんかけ

写真を撮り忘れたのが残念、妻もこの料理に大満足でした

れんこん麺

れんこんの味はあまりしなかったが、食べ終えると満腹でした

A09-13-61 146.jpg

<夜のアメ横>

上野駅に向かう途中、夜のアメ横をぶらり散歩

魚屋、干物屋が軒を連ねていた頃に比べると、大きく様変わりしている

A09-13-61 151.jpg

新しいスタイルの店

中国人観光客相手の店でしょうか、東南アジアの屋台の店と似ています

A09-13-61 157.jpg

A09-13-61 162.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------

土砂降りの小石川後楽園、豪華絢爛な赤坂迎賓館、国立西洋美術館では

有名な絵画と彫刻、そして締めは上野のれんこん料理店、中身の濃い一日でした

---------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(80)  コメント(19)