So-net無料ブログ作成

東京バスツアー(3)<国立西洋美術館>を紹介します [東京を歩く]

東京バスツアー(3)

<国立西洋美術館>

印象派など19世紀から20世紀前半の絵画・彫刻など、松方コレクションを中心に

昭和34年に設立された西洋美術館、本館が世界遺産に登録決定したことにより

混雑を予想したが雨天が幸いし並ぶことなく入館できた、館内の作品は

日本の美術館では珍しく一部を残し撮影OK,撮った写真で記事をつくった

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:9月13日>

<美術館の作品>

フランス政府が日本を含む7か国とユネスコ世界遺産委員会に共同で推薦をしていた

「ル・コルビュジエの建築作品」が世界文化遺産への登録を決定した

国立西洋美術館を含む7か国17作品で、国境・大陸をまたいだ世界遺産になった

A09-13-41 111.jpg

正式名称は 『ル・コルビュジエの建築作品・近代建築運動への顕著な貢献』

建物の写真(2点)はネットから拝借した

A09-13-41 117.jpg

美術館の館内

世界遺産に登録されたためか、外国人の入館者を多く見かけた

A09-13-41 120.jpg

絵画の前で記念撮影

モネの作品「睡蓮」の前で、女性たちが記念撮影(2組)をしていた

A09-13-41 128.jpg

睡蓮(クロード・モネ)

モネの自宅の庭園、モネは睡蓮の絵を多く描いている

A09-13-41 135.jpg

舟遊び(クロード・モネ)

モネが再婚した相手の娘さんを描いた作品です

A09-13-41 137.jpg

帽子の女(ピエール=オーギュスト・ルノアール)

A09-13-41 139.jpg

アントリエット・ペルトロ・ド・プレヌフ夫人の肖像

(ジャン=マルク・ナティエ)

A09-13-41 141.jpg

自画像(マリー=ガブリエル・カベ)

女性画家が22歳のときに描いた自画像、さすがに魅力的で美しい女性です

A09-13-41 144.jpg

悲しみの聖母(カルロ・ドルチ)

青いマントに身を包んだ聖母マリア、悲しみの表情が美しい

A09-13-41 147.jpg

男と女(パブロ・ピカソ)

ピカソの即品は他にも有ったが、撮影禁止でした

A09-13-41 153.jpg

あひるの子(ジョン・エヴァリット・ミレイ)

ミレイの少女像が愛らしく見入ってしまった、拡大した写真は次です

A09-13-41 156.jpg

A09-13-41 164.jpg

聖家族、トビアスと大天使、聖ドロテアと幼い洗礼者ヨハネ

(ポニファーチョ・デ・ビターティ)

A09-13-41 167.jpg

作品名(作者)を記録せず不明です・2点

A09-13-41 122.jpg

CIMG4560 (538x404).jpg

弓をひくヘラクレス「習作」(エミール=アントワーヌ・ブールデル)

習作の意味を係りの女性に聞くと、本作を作る前に仕上げた作品だと言う

A09-13-41 126.jpg

ヴェールの踊り(エミール=アントワーヌ・ブールデル)

A09-13-41 170.jpg

美術館の中庭

中庭の向こうはレストラン、ゆっくり過ごしたいが断念

A09-13-41 173.jpg

考える人「拡大作」 (オーギュスト・ロダン)

ロダンの良き理解者であるロレンツォ・デ・メディチの手ににより

原型に基づき拡大した作品、美術館の人に聞くと、5.5倍だと言っていた

A09-13-51 111.jpg

ル・コルビュジエが設計した西洋美術館の特徴は、館内の随処にあるようだが

気が付かず通り過ぎ写真を撮れず、もう一度ゆっくり見に行く必要がある

------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、東京バスツアー(番外)<上野れんこん店>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(81)  コメント(19) 
共通テーマ:旅行

東京バスツアー(2)<赤坂迎賓館 参観> [東京を歩く]

東京バスツアー(2)

<赤坂迎賓館 参観>

東京都内をバスツアーで巡るのは久しぶり、目的は赤坂迎賓館の参観でしたが

生憎の天候で撮った写真はどれもこれも悪い、勿論コンデジ任せの私に責任がある

そして豪華な迎賓館の部屋は撮影禁止、どうするか迷った挙句に思いついたのは

迎賓館内外の無料写真の借用でした、借り物の写真記事ですがご容赦下さい

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:9月13日>

<迎賓館赤坂離宮>

迎賓館正門

ベルサイユ宮殿を模して造られた豪華絢爛な洋風の建造物

明治42年(1909年)に、10年の歳月を経て近代国家の東宮御所として完成

工事費用は当時の金額で510万円、今の金額では1,000億円に相当すると言う

A09-13-21 104.jpg

ネットから拝借した写真です

A09-13-31 111.jpg

迎賓館本館

正門(上の写真)、迎賓館本館、主庭噴水池は、明治維新後の建造物として

初めて国宝に指定された、本館の大きさは次の通りです

A09-13-21 139.jpg

ネオ・バロック様式の建造物

幅 125メートル、奥行き 89メートル、高さ 23メートル、建坪 11,700平方メートル です

A09-13-31 117.jpg

本館を西横から撮影

秋晴れの日に撮りたかったが、ツアーは天気を選べず止むを得ない

A09-13-21 131.jpg

ネットから拝借しました

A09-13-31 121.jpg

主庭大噴水

国宝に指定された大噴水池、本館南側の主庭園です

A09-13-21 114.jpg

内閣府の資料から拝借

A09-13-31 125.jpg

西側の通用口

通用口で入館証を示し、迎賓館の本館内へ

A09-13-21 128.jpg

羽衣の間(記念切手を購入)

迎賓館内で最も大きい部屋、シャンデリア(3基)が豪華

オーケストラボックスがあり、この部屋で舞踏会が行われたようです

A09-13-31 128.jpg

中央階段

床はイタリア産大理石、壁にはフランス産大理石が使用されている

階段を上がった正面に「朝日の間」があるが、アップする写真は有りません

A09-13-31 131.jpg

彩鸞(さいらん)の間

表敬訪問をした来客が最初に案内される部屋で、晩餐会の招待客が公賓に謁見

条約・協定の調印式、公賓とのテレビインタビューなどに使用される

 img_1[1].jpg

花鳥の間

国、公賓が主催する公式晩餐会が開催される大食堂で130名の席を設けられる

首脳会談などにも使用され、第12回主要国首脳会議(G7)はこの部屋で開催された

A09-13-31 135.jpg

本館前庭

迎賓館の参観を終えた後は急ぎ集合場所へ、バスツアーは時間制限がある

 A09-13-21 148.jpg

前庭の歩道

A09-13-21 141.jpg

本館前の道

今まで正門の外から見ていた迎賓館の本館、正面近くから撮影できた

A09-13-21 144.jpg

迎賓館正門

国宝の指定を受けている正門、最上部は菊の御紋章です

A09-13-21 152.jpg

国立西洋美術館へ

赤坂迎賓館の次は世界遺産に登録された西洋美術館、その記事は次回です

CIMG4552 (538x404).jpg

--------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、東京バスツアー(3)<国立西洋美術館>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(86)  コメント(19) 
共通テーマ:旅行

東京バスツアー(1)<雨の小石川後楽園> [東京を歩く]

東京バスツアー(1)

<雨の小石川後楽園>

新聞を見ていると、赤坂迎賓館を参観するバスツアーの広告が掲載されていた

一度は館内を見たいと思っていたので、その日のうちに申し込んだが

ツアーは当日の天気を選べないのが欠点、赤坂迎賓館に行く前に案内されたのは

土砂降りの中の小石川後楽園、ズボンの裾は濡れ雑巾のようになっていた

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:9月13日>

<小石川後楽園>

小石川後楽園は、初代水戸藩主徳川頼房に始まり、二代藩主光圀の代に

完成した回遊式泉水築山庭園、国の特別史跡、名勝庭園に指定されている

梅、桜、花菖蒲が見ごろの頃に訪れているが、この時期は初めてです

A09-13-11 111.jpg

しだれ桜

土砂降りの雨に打たれている枝垂桜、六義園の桜と共に早咲きです

A09-13-11 116.jpg

一の松

A09-13-11 117.jpg

ハス池にかかる橋

今は花の端境期、彼岸花が咲いていると聞きツアー客は奥に向かいます

A09-13-11 121.jpg

ハスの葉に雨水

A09-13-11 124.jpg

大泉水沿いの臨時橋

築山越えの道は工事中、足元に気を付け雨の中を奥へ向かう

A09-13-11 130.jpg

黄門さんもびしょ濡れ

稲穂を守る案山子の黄門さん、他の二体は助さん格さんでしょうか

水戸黄門は百姓を大事にしたという、日本庭園内の稲田は他に類がないようです

A09-13-11 133.jpg

咲き始めた彼岸花

稲田のまわりの彼岸花は咲き始め、これから多くなるようです

A09-13-11 136.jpg

雨に打たれる彼岸花

A09-13-11 139.jpg

大泉水を一周

A09-13-11 143.jpg

色づいたモミジ

激しさが増す雨に追われるように後楽園を後にする

A09-13-11 147.jpg

<プリンスホテル新高輪>

ランチ・バイキング(写真はロビーです)

私は赤ワインを別注し食べた料理は少しのみ、妻がコーヒーを運んでくれた

ツアーの女性たちは、スイーツ、フルーツは別腹だと何度も取りに通っていた

A09-13-15 111.jpg

A09-13-15 114.jpg

<赤坂迎賓館>

この日一番の目的は赤坂迎賓館の参観、正門は出口専用で私たちは西口まで歩く

土砂降りの雨も峠を越し小雨がぱらつく程度、しかし撮った写真は暗い

A09-13-21 101.jpg

迎賓館の主庭園

初めてみる赤坂迎賓館の主庭園、さすがに綺麗に管理されている

A09-13-21 111.jpg

大噴水で記念撮影

A09-13-21 117.jpg

入館チェック(西入口)

ツアー会社が提出した名簿で氏名確認、そして手荷物検査を受けて館内へ

参観者が多く通過するのに20分以上もかかった

A09-13-21 125.jpg

迎賓館の中へ

天気の悪い日でしたが参観者は続々と入館、次回の記事に続きます

A09-13-21 128.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、東京バスツアー(2)<赤坂迎賓館・参観>を紹介します

---------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(60)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

銀座ぶらり散歩(2)<銀座4丁目~8丁目> [東京を歩く]

銀座ぶらり散歩(2)

<銀座4丁目~8丁目>

この日の目的は、せとうち旬彩館での買い物と、現座8丁目にある天国での昼食

その途中、久しぶりに銀座を少し歩こうと決めたのが、カメラ散歩の発端です

そして銀座4丁目に着いてから、急きょ歌舞伎座を見に立ち寄った(前記事)

今回の記事も撮った写真は建物が中心、6丁目プロジェクトが進んでいた

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:9月5日>

銀座カメラ散歩

<和光本店>

A09-05-11 101.jpg

<銀座6丁目プロジェクト>

東京を代表する国際的な商業・業務・観光拠点を目指し、中央区銀座の「松坂屋銀座店」跡地を含む2つの街区(銀座六丁目10番、11番)を一体的に整備する再開発事業。  ワールドクラスクオリティの商業施設や大規模オフィス、文化・交流施設などから構成される、銀座エリア最大級の大規模複合施設を計画しています。  建物竣工は2017年1月末、商業施設および文化・交流施設「観世能楽堂」の開業は2017年4月を予定している <ネットから拝借>       

A09-05-21 121.jpg

能楽堂の舞台絵でしょうか

A09-05-21 126.jpg

建設中の銀座6丁目プロジェクト

ビルの長さは115m、13階建て、高層化するには制限があるのでしょう

A09-05-21 117.jpg

<ユニクロ銀座店>

窓際のマネキンが一斉にぐるぐる回転、写真を撮っていると・・妻が!

上の階のマネキンも回っていると教えてくれた、私は視力が弱く見落とす事が多い

CIMG4415 (538x404).jpg

ビルは、ショーウインドウを際立たせている造り

左隣りの建物と見比べると、6階ではなく12階建てのようです

A09-05-21 131.jpg

<資生堂ビル>

資生堂の本社ビルは西側の通りにある、このビルはショールーム?

A09-05-21 133.jpg

<小さなビル>

間口の狭い小さなビル、一つ一つが自己主張しているようでユニークです

A09-05-21 136.jpg

<銀座ライオン>

銀座のビヤホール、東京に出てきた若い頃に一度入ったことがある

A09-05-21 139.jpg

<中国語の看板>

マナーの悪い中国人観光客への注意書きでしょうか、間違っていれば・・謝謝!

A09-05-21 143.jpg

何となく意味が分かりますね

A09-05-21 141.jpg

<中国人観光客>

銀座8丁目から高速道路のガード下は中国人観光客の集合場所

時間に合わせてガード下に観光バスが迎えにくる、この写真は銀座8丁目です

A09-05-21 144.jpg

天ぷら天国

銀座8丁目の天ぷら店、毎日100食以上も天丼を出している人気店と聞き

この日のランチは、天国(てんくに)の天丼(1100円)と決めていたが・・・?

 A09-05-31 111.jpg

A09-05-31 117.jpg

天丼と生ビール

人それぞれ好みは違うが、カラッと揚がった天麩羅は塩で食べるのが私の好み

その天麩羅を、どっぷり天つゆに浸けた天丼は馴染めなかった

A09-05-31 121.jpg

せとうち旬彩館

新橋駅にほど近い、香川県と愛媛県のアンテナショップ

瀬戸内海の魚介などの加工品を販売しているので、時々立ち寄っている

A09-05-31 131.jpg

はったい粉

東京では「麦こがし」と言わないと通じないが、「はったい粉」は妻の好みです

A09-05-31 137.jpg

ちりめん・くぎ煮

わが家の食卓には、この「ちりめんくぎ煮」を殆んど欠かすことがない

A09-05-31 134.jpg

芋けんぴ

A09-05-31 147.jpg

---------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、都心のミニ観光バス<雨の小石川後楽園>を紹介します

---------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(69)  コメント(15) 
共通テーマ:旅行

銀座ぶらり散歩(1)<銀座4丁目~歌舞伎座> [東京を歩く]

銀座ぶらり散歩(1)

<銀座4丁目~歌舞伎座>

所用があり妻と二人で都心へ、ついでに瀬戸内のアンテナショップに立ち寄ろうと

久しぶりに銀座から新橋へ、そして思い出したのは新しくなった歌舞伎座

そうだ見に行こう!、と妻に言うと大乗り気、俄かお上りさんの二人連れ

銀座4丁目から東銀座へカメラ散歩をしたが、この辺りは外国人観光客が多い

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:9月5日>

<歌舞伎座へ>

銀座三愛ビル

重厚な和光のビルに比べ、円筒形ガラス造りの洒落たビル

子供たちが幼い頃、上層階からぐるぐる回りながら1階まで下りたことがある

A09-05-11 105.jpg

銀座4丁目

三越銀座店の前から京橋方向を撮影、この日も暑く女性は日傘を使用

A09-05-11 110.jpg

外国人の若者

どこで買ったのか、若者が赤い日傘でさしていた

築地場外からの帰りであろうか、東銀座方向から歩いて来る外国人が多い

A09-05-11 117.jpg

外国人夫婦

この女性も赤い日傘、欧米では日傘を使う女性はいないと聞いている

A09-05-11 120.jpg

外国の街角?

何処を見ても見本語がないコーヒーショップ、三原橋の近くです

A09-05-11 123.jpg

少しねじれたビル

東京には変わった形のビルが多い、撮り歩くのも面白いかも知れない

A09-05-11 112.jpg

前方に新しい高層ビル

あれが歌舞伎座のタワービルだと、妻に教えるとエエッ~と仰天

29階建て(145m)で銀座で最も高いビル、経営母体は松竹です

A09-05-11 114.jpg

歌舞伎座

平成26年4月に完成した新しい歌舞伎座、晴海通りから撮影した

A09-05-11 127.jpg

秀山祭九月大歌舞伎

10月は芸術祭、11月は恒例顔見世、毎月公演内容が入れ替わるようだ

初めて知ったが4階に一幕見席があり当日でもOK、外国人が入っていった

A09-05-11 130.jpg

歌舞伎稲荷大明神

A09-05-11 133.jpg

お土産処「木挽町広場」

妻に誘われて地下2階に下りると、そこは歌舞伎関連のお土産処

私は知らなかったが、歌舞伎座らしい店が並んでいたのでぐるっと一周する

A09-05-11 134.jpg

A09-05-11 140.jpg

外国人夫婦が買い物

外国にも紹介されているのか、日本人の私たちよりよく知っている

A09-05-11 144.jpg

金平糖を購入

歌舞伎座限定、小粒の金平糖を土産に購入、抹茶味、ほうじ茶味もあった

A09-05-11 150.jpg

喉が渇いたので・・

ソフトクリームの上に煎餅が1枚、勧進帳「弁慶」の顔でしょうか?

A09-05-11 147.jpg

再び銀座4丁目

中国人の家族が交代で記念撮影、和光は観光案内に載っているのでしょう

A09-05-11 104.jpg

着物姿の中国人女性

足元はサンダル履きで、カバンも持っていないので直ぐに分かる

A09-05-21 114.jpg

この後は銀座8丁目へ、昼食とアンテナショップで買い物です

----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、銀座ぶらり散歩<銀座4丁目から8丁目>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(74)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

わが家の花(21)<7月・8月編> [花の画像]

わが家の花(21)

<7月・8月編>

撮りだめをしていたわが家の花、やる事が多くブログ更新も遅れ気味で

在庫写真も増えている一方、暑い暑いと嘆いていた夏も終わり彼岸は近い

季節外れになる前に、7・8月の花の写真を集めてアップすることにした

酔芙蓉、彼岸花、萩、玉すだれも咲き始めているが、次の機会に紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<写真の羅列です>

セイヨウアサガオ(西洋朝顔)

国立市の朝顔祭りで購入した西洋朝顔、地植えにすると蔓がどんどん伸び

緑のカーテンになり出窓を覆っている、花の見ごろは10月からでしょうか

A08-11 141.jpg

アサガオ(1)

江戸時代、市川團十郎が愛したというアサガオ、朝顔祭りで購入した物の一つ

A08-11 111.jpg

アサガオ(2)

A08-11 121.jpg

アサガオ(3)

A08-11 138.jpg

チョウマメ(蝶豆)

深いブルーに魅せられた妻が大事にしている蝶豆、日当たりと日陰では色が違う

マメ科の植物で蔓が伸び放題でアーチ状になったが、そのままにしている

A08-21 114.jpg

日当たりが良いときの蝶豆

A08-21 111.jpg

トレニア

A08-21 121.jpg

A08-21 127.jpg

ルリマツリ

ブルー系の花は妻の好み、どうしても同色の花が多くなる

A08-21 131.jpg

CIMG4480 (538x404).jpg

アメリカンブルー

A08-21 141.jpg

ニオイバンマツリ

花の時期は5月中旬ですが、8月中旬から2度咲きです

CIMG4355 (538x404).jpg

A08-31 111.jpg

メドーセージ

蛇が口を開け威嚇しているように見える、匂いの強い花です

A08-31 121.jpg

チェリーセージ

A08-31 124.jpg

ミソハギ

水辺で育つミソハギ、何時この花を植えたのか覚えがない

A08-31 131.jpg

センニチコウ(千日紅)

大きくなると仏壇に供えられるので、一斉に咲いた写真が撮れない

A08-41 131.jpg

ハンゲショウ(半夏生)

自治会の人に貰ったハンゲショウ、庭の片隅に植えている

A08-41 155.jpg

<落ちた種から咲いた花>

昨年咲いた花が残したプレゼント、こぼれ落ちた種が花を咲かせてくれる

ビオラ

A08-41 111.jpg

ニチニチソウ(日々草)

この写真を撮った後も増え続け、仏壇に供えています

A08-41 114.jpg

A08-41 117.jpg

ホウセンカ(鳳仙花)

A08-41 121.jpg

A08-41 124.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、銀座ぶらり散歩<銀座4丁目から歌舞伎座>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(56)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

日本橋ぶら散歩<細やかな買い物> [東京を歩く]

日本橋ぶらり散歩

毎月通っている麹町の診療所、最寄り駅は東京メトロの半蔵門ですが

その前に三越日本橋店の近くで買い物をするために、メトロの日本橋駅で下車したが

ボケ症状が進んでいるのか、頭の回転が鈍くなったのか、下車駅は三越前が正解

止むを得ず日本橋のカメラ散歩に切り替えたが、最近はこのようなミスが多い

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<中央通り>

メトロの改札を出るとコレド日本橋、その時点で下車駅が違うと分かったが

構わず屋外に出て日本橋へ、西川ビルの前から歩き始めた

中央通りは、日本橋を起点にして国道1号線、4号線、17号線に跨っている

A08-04-11 111.jpg

首都高速道路

昭和39年(1964)の東京オリンピックに合わせ完成させた首都高速道路

ルート変更の計画があったがその後の経過は?、都市景観を著しく損なっている

A08-04-11 114.jpg

親柱の獅子

A08-04-11 117.jpg

中央柱の獅子

A08-04-11 121.jpg

日本橋北詰

A08-04-11 137.jpg

道路元標モニュメント

日本国道路元標(50㎝角)は、日本橋中央の道路に埋め込まれている

A08-04-11 127.jpg

日本橋里程標(東日本方面)

青森方面は国道4号線(奥州街道)、新潟方面は17号線(高崎までは中山道)

A08-04-11 131.jpg

日本橋里程標(西日本方面)

国道1号線(東海道)の起点、1号線は大阪市北区までです

A08-04-11 129.jpg

魚河岸発祥の地

江戸初期から約300年間、昭和10年(1935)に築地市場に移転するまで

日本橋に魚河岸があった、今は豊洲市場への移転問題で揺れている

A08-04-11 124.jpg

中央通りの景観(コレド室町側)

ビルの低層階の高さを100尺(31m)に統一し景観を維持している

 A08-04-11 141XX.jpg

中央通りの景観(三越日本橋側)

手前から、三越日本橋店、三井本館(重要文化財)、日本橋三井タワー

A08-04-11 144XX.jpg

鰹節大和屋

コレド室町には鰹節の老舗「にんべん」があるが、私の目的は

三越の前にある大和屋、地元の親しい人たちへの、お使い物に8袋購入する

A08-04-11 151.jpg

ご飯にかける鰹節

中学生の頃は、ご飯の上に鰹節と醤油をかけただけで、その他には何もない

貧しい弁当でしたが、思い出すと食べたくなる、当時は猫弁(ねこべん)と言っていた

今はネコマンマと言うようだが旨い、この店の鰹節は血合いを使用していない

A08-04-11 154.jpg

日本橋室町(祖父母のルーツ)

明治、大正時代、祖父母が室町で呉服屋をしていたが場所は特定できない

大正12年の関東大震災を機に、祖父母や母の兄弟たちは大阪に移住した

A08-04-11 158.jpg

鰻は・この店で

JR阿佐ヶ谷駅の北口にある鰻屋、この店の味が好みで長く通っている

鰹節大和屋の隣には老舗の鰻屋伊勢定があったが、阿佐ヶ谷駅で途中下車をした

A08-04-11 174.jpg

旨いが高い

極上、特上、上、中、並から「中」を選んだが、違いは鰻の大きさでしょうか

A08-04-11 188.jpg

 鰻の宅急便

静岡県三島へ出張していた長男からの贈り物、早速頂いた

CIMG4304 (538x404).jpg

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、わが家の花<7・8月編>を紹介します

------------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(68)  コメント(16) 
共通テーマ:旅行

昭和記念公園(269)<夏の園内さんぽ> [昭和記念公園]

昭和記念公園(269)

<夏の園内さんぽ>

前の記事にも書いたが、撮影前日の20日は台風11号の影響で土砂降りの雨

翌23日は台風9号が千葉に上陸し豪雨と強風、その間の日曜日に散歩をしたが

この日に昭和記念公園で夏の日を楽しんだ人たちは、私を含めて運が良い

8月最後の土日(27日・28日)も、東京は雨が降り台風10号も近づいていた

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:8月21日>

<夏を楽しむ人たち>

砂川口の混雑

開門前に砂川口に着くと、小学生を中心にした家族連れが大集合

大型観光バス4台、そして多数の自家用車が駐車、普段は開門前に駐車できない

A08-21-71 104.jpg

みんなの原っぱへ

聞くと、みんなの原っぱで小学生のサッカー大会がある、この子供たちは

埼玉県本庄市から来たと言う、晴れた日曜日でよかった

A08-21-71 108.jpg

バーベキューガーデン

家族連れもいたが、大多数は若者のグループ、夏の休日を楽しんでいる

A08-21-71 114.jpg

レンボープール

子供たちのはしゃぐ声が聞こえてくる、プールサイドにはミニテントが多く並ぶが

この日は、二つの台風の影響を受けたのか、日曜だが出足は悪いようです

A08-21-71 117.jpg

A08-21-71 120.jpg

水鳥の池のボート乗り場

ランチタイム、パラソルの下で休憩をする人たちが多い

両側の高木はメタセコイヤ、緑が濃く夏景色です

A08-21-71 131.jpg

A08-21-71 135.jpg

ボート乗り場

A08-21-71 138.jpg

カシワバアジサイ

ドライフラワーのように見えたので撮影した

A08-21-71 141.jpg

プラタナスの木陰

前方は自転車乗り場、暑い日もサイクルロードを走っている人がいる

A08-21-71 144.jpg

渓流広場のレストラン

メタセコイヤの木陰で昼食、選んだ食事は次の写真です

A08-21-71 155.jpg

生ビールとカレーライス

汗をかき乾いた喉には冷たいビールが最高、カレーライスは食べやすい

A08-21-71 158.jpg

森の中のスポーツ

輪のような物をゲートに投げ入れる、何のスポーツなのかは??

A08-21-71 151.jpg

<夏の花と実>

サルスベリ(百日紅)

昭島口の周辺で撮影、噴水とカーナルの北斜面にも多いが見に行けず

A08-21-51 141.jpg

A08-21-51 144.jpg

ホオノキの実

コブシの実(次の写真)と共に赤系色が実が特徴、この後は黒くなる

A08-21-71 171.jpg

こぶしの実

A08-21-71 174.jpg

イョウ並木

バーベキューガーデン西隣りのイチョウ並木は、まだ真夏の青葉

11月上旬には、黄色の絨毯を敷き詰めたトンネルになる

A08-21-71 111.jpg

--------------------------------------------------------------------------------------------------

ブログの更新が進まず、約ひと月遅れになった

8月の撮影した在庫写真がまだ残り、夏の記事は後3回続きます

--------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(70)  コメント(15) 
共通テーマ:旅行

昭和記念公園(268<サギソウ・ヒマワリ> [昭和記念公園]

昭和記念公園(268)

<サギソウ&ヒマワリ>

昭和記念公園では、毎年8月に「サギソウまつり」を実施しているが

昨年は見に行く機会を逸したので2年ぶり、そしてヒマワリも目的の一つです

前回の記事で盆栽苑のサギソウを、また花の丘のヒマワリもアップしたので

この記事を含め真夏に咲く二つの花を満喫、目的を果たすことができた

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:8月21日>

<サギソウまつり>

可憐で純白の花を咲かせるサギソウ、保護育成と栽培技術の普及を目的に

ボランティアの皆さんが管理し、活動当初の約7000球から現在は約60000球まで

増殖しているという(公園のHPより)、テントの中には相談窓口がある

A08-21-61 111.jpg

鉢植えのサギソウ展示

ボランティアの皆さんが自宅で育てたサギソウを持ち寄っている

A08-21-61 114.jpg

サギソウ花壇

ここでも、ボランティアの人たちが花摘みや植え替えを行っている

時間は正午過ぎ、べカメラマンが少ない時間帯です

A08-21-61 125.jpg

純白のサギソウ

A08-21-61 128.jpg

A08-21-61 131XX.jpg

写真撮影用のサギソウ貸し出し

疲れが溜まったので、手抜きをし2年前の写真(3点)で省略します

A08-21-61 120XXX.jpg

貸し出し鉢のサギソウ

A08-21-61 135XX.jpg

A08-21-61 137XX.jpg

濃紺ボードを使い撮影

サギが空を飛んでいるように見えます、ボードは鉢と一緒に借りられる

A13.08.20-11 サギソウ50.jpg

サギソウの筏(いかだ)

池に浮かべた筏(二つ)にサギソウを植栽、まさに夏の風物詩です

サギソウは湿地性植物、この環境が適しているようです

A08.24-11  景色45.jpg

サギソウ筏(3点)

A08-21-61 154.jpg

A08-21-61 158.jpg

A08-21-61 166.jpg

トンボの湿地にもサギソウを植栽していたが、前日の大雨で流されていた

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

<背の低いヒマワリ畑>

4月下旬から5月中旬にかけて、ネモフィラ・リナリア・アイスランドポピーの

花畑になっていた残堀川沿いの小さな丘、西立川口からみんなの原っぱ

こどもの森、日本庭園などに向かう途中に有り利便性が良く訪れる人が多い

A08-21-51 111.jpg

幼い子供も上から見える高さです

A08-21-51 114.jpg

手撮り棒を使い撮影

中国系の夫婦でしたが、中国人はこの手撮り棒をよく使う

A08-21-51 123.jpg

横顔を撮影中(日本人女性)

A08-21-51 126.jpg

翌日は台風9号が上陸

被害を受けたが花の丘に比べ少なく、手入れをしたようです

A08-21-51 131.jpg

A08-21-51 133.jpg

パンパスグラス

ヒマワリの近くでは、パンパスグラスが早くも穂をなびかせていた

A08-21-51 136.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、昭和記念公園(269)<真夏の公園さんぽ>を紹介します

---------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(72)  コメント(15) 
共通テーマ:旅行

昭和記念公園(267)<盆栽苑のサギソウ> [昭和記念公園]

昭和記念公園(267)

<盆栽苑のサギソウ>

五葉松、真柏など樹齢100年を超える国風盆栽も見ごたえがあるが、しかし

季節の花の鉢植えを見るのも楽しみの一つ、いつ訪れても何か花が有る

この日は、ハコネギク、オトメギボウシなどと、観葉の小鉢を観賞したが

目的は、純白のサギソウでした、撮った写真の羅列ですがご覧ください

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:8月21日>

<真夏の盆栽苑>

盆栽苑表門

A08-21-41 111.jpg

五葉松(推定樹齢約100年)

私が好きな国風盆栽の一つ、何度もブログにアップしています

A08-21-41 114.jpg

サギソウの鉢(1)

撮った写真の羅列で、解説は省略します

A08-21-41 117.jpg

A08-21-41 120.jpg

A08-21-41 124.jpg

サギソウの鉢(2)

A08-21-41 126.jpg

A08-21-41 128.jpg

盆栽苑の展示棚

A08-21-41 131.jpg

ベニチガヤ

A08-21-41 133.jpg

オミナエシ

A08-21-41 139.jpg

オトメギボウシ

A08-21-41 151.jpg

ハコネギク

A08-21-41 144.jpg

A08-21-41 146.jpg

ハツユキカズラ

A08-21-41 155.jpg

スナゴケ

A08-21-41 158.jpg

ヤブラン(藪蘭)

盆栽苑の入り口付近で撮影する

A08-21-31 194.jpg

タカサゴユリ

A08-21-41 31 191.jpg

--------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、昭和記念公園(268)<サギソウ&ヒマワリ>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(64)  コメント(13) 
共通テーマ:旅行

昭和記念公園(266)<真夏の日本庭園> [昭和記念公園]

昭和記念公園(266)

<真夏の日本庭園>

この日のカメラ散歩は砂川口から西立川口への定番コース、何時ものように

日本庭園を周遊したが、驚いたのは赤く染まったモミジやカエデの葉が多いこと

本来は、気温が低下し朝晩の温度差が大きくなる時期に光合成し紅葉する

夏の暑さで焼けたのか原因は不詳ですが、紅葉の時期には散っているでしょう

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:8月21日>

<庭園を周遊>

庭園の表門

日本庭園は東京の紅葉の名所、11月になると来園者も多くなるが

季節は晩夏でまだ暑く、見かけた人はトンボ撮影のカメラマンなど数人でした

A08-21-31 111.jpg

本日の催し物

歓楓亭でお茶会を開催、お点前を頂きたいが和室の正座は難しい

A08-21-31 128.jpg

清池軒から前庭

モミジ、カエデが多い前庭ですが、少し色づいたモミジが見えます

A08-21-31 125.jpg

池の流れの近くにも色づいたモミジ

A08-21-31 114.jpg

近づくとオオモミジが紅葉していた

A08-21-31 117.jpg

前庭の紅葉樹

モミジの高木も樹葉の半分ほどが紅葉、何が原因なのか早すぎる

A08-21-31 130.jpg

四阿昌陽と黒松

私が好きな撮影ポイント、ここは一年を通じて緑色が続きます

A08-21-31 144.jpg

亀島と四阿昌陽

A08-21-31 138.jpg

カメラマンが4人

昌陽の中に集まっているのはカメラマン、皆さんはトンボの撮影です

A08-21-31 174.jpg

ハスの花

この花にトンボが止まるのを待っているが、思い通りにならないようです

A08-21-31 179.jpg

池の石に実生(杉でしょうか)

A08-21-31 171.jpg

ハスの花(2点)

A08-21-31 160.jpg

A08-21-31 166.jpg

スイレンの花(2点)

A08-21-31 164.jpg

A08-21-31 168.jpg

富士山が見えるポイント

富士山がよく見えるように、詠めを遮っていた樹木を移動させた

A08-21-31 154xxx.jpg

オオモミジの紅葉(2点)

足元に落ちた葉を見て、木を見上げると紅葉していた

A08-21-31 182.jpg

A08-21-31 185.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、昭和記念公園(267)<盆栽苑のサギソウ>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(71)  コメント(12) 
共通テーマ:旅行

昭和記念公園(265)<近づく里の秋> [昭和記念公園]

昭和記念公園(265)

<近づく里の秋>

八丈島の南海で発生した台風10号は、過去に例がないコースを辿り沖縄近海へ

そしてブーメランのように再び発生地点に戻り、観測史上初めて東北の太平洋側に上陸

東北、北海道に甚大な被害を与え、尊い人命も奪った、9月1日は防災の日だが

昔から二百十日と言われ農家の厄日でもある、異常気象は過去の数値を超えている

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:8月21日>

<こもれびの里>

里の古民家

台風9号(千葉県)・10号(岩手県)に上陸する前の、8月21日に撮影

その後の、こもれびに里を見ていないが被害は部分的と想像している

A08-21-21 111.jpg

瓢箪の棚

大・中・小、様々な形のヒョウタンが棚にぶら下がっている

今年は細長いヒョウタンを見かけないが、大きさに差が有るのどうしたことか?

A08-21-21 114.jpg

大きなヒョウタン

座布団のような敷物で重量を支えていた、翌日の台風9号でどうなったか?

A08-21-21 117.jpg

里の果樹畑

斜面の果樹畑(右)では秋の味覚が実っていた(次の写真2点)

 A08-21-21 128.jpg

栗(くり)

A08-21-21 121.jpg

柿(かき)

A08-21-21 124.jpg

サツマイモ畑

昨年は「落花生とサツマイモ掘り」体験をしたが、今年は落花生が見当たらない

A08-21-21 133.jpg

実る五穀

五穀とは、米・麦・粟・豆・黍(きび)または稗(ひえ)を言うが

ここでは「あわ・ひえ・きび・もろこし」が育っていた

A08-21-21 139.jpg

陸稲(おかぼ)

A08-21-21 136.jpg

水稲(実る稲)

A08-21-21 141.jpg

里の小川

ハス池に流れる小川、せせらぎの音は心が和む

A08-21-21 144.jpg

ハスの池

2か月前に見ごろでしたが、まだ咲いている花もある

A08-21-21 154.jpg

白いハスは10輪ほど咲いていた

A08-21-21 157.jpg

赤いハスはわずか数輪、実が花を囲んでいる

A08-21-21 159.jpg

ミソハギ

トンボが止まるのを待ったが、途中で諦めた

A08-21-21 164.jpg

里の家の小道

里の小道の花畑、ヒャクニチソウが見ごろでした

A08-21-21 146.jpg

里の家の井戸

花の水やり、農作業道具の洗いに使用しているようです

A08-21-21 151.jpg

ケイトウ(鶏頭)

A08-21-21 152.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、昭和記念公園(266)<真夏の日本庭園>を紹介します

---------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(70)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

昭和記念公園(264)<丘のヒマワリ畑> [昭和記念公園]

昭和記念公園(264)

<丘のヒマワリ畑>

今年は、昭和記念公園のヒマワリとサギソウを見に行く予定でいたが

自治会の仕事や天候に左右され時期を外すと見逃してしまう、そこで

台風11号の影響で強い雨が降った翌21日に、この日しかないと強行したが

次の日は、また台風9号が千葉に上陸、振り返るとラストチャンスでした

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:8月21日>

<こもれびの池>

砂川口(公園の北側)

A08-21-11 111.jpg

こもれびの池

昭和記念公園の散策は6月27日以来2か月ぶり、夏草も伸び木々の緑も濃い

何時ものように、何時もの場所で、こもれびの池を定番撮影した

A08-21-11 127.jpg

池の途中でもう一度

A08-21-11 130.jpg

池の南側から振り返って

2か月の間に、水辺のガマノホが大きく成長していた

A08-21-11 140.jpg

A08-21-11 144.jpg

<ヒマワリ畑>

花の丘の北斜面

今年は園内の2か所に、高さが異なるヒマワリ畑をつくっているが

花の丘の北斜面では、大人の背丈ほどの高い品種(4万本)が見ごろでした

A08-21-11 151.jpg

満開のヒマワリ

公園のHPには、後4・5日が見ごろと記載していたが・・・

A08-21-11 156.jpg

台風の被害(翌22日)

翌日は、台風9号の強風で多くのヒマワリが倒伏、その前日に見れラッキーでした

倒れなかったヒマワリは、急きょ「花摘み体験」を実施した(8月25日~28日)

A08-21-11 154.jpg

カメラマンの皆さん

この人たちも、ラッキーでした

A08-21-11 164.jpg

迷路も作られていた

A08-21-11 159.jpg

太陽と青空

ヒマワリの撮影は太陽と青空が必須、この日しかない晴天でした

A08-21-11 171.jpg

ヒマワリを前から撮影

A08-21-11 177.jpg

同じヒマワリを背後から撮影

A08-21-11 178.jpg

小ぶりのヒマワリ

A08-21-11 175.jpg

ヒャクニチソウ(百日草)

ヒマワリ畑の隅に、色とりどりのヒャクニチソウを植栽していた

A08-21-11 182.jpg

A08-21-11 186.jpg

A08-21-11 188.jpg

花の丘のコスモス畑

遠くから見ると順調に育っているようだが、その多くは雑草です

手入れをすると思うが広いので大変、コスモスの見ごろは10月中旬でしょうか

A08-21-11 195.jpg

----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、昭和記念公園(265)<こもれびの里>を紹介します

---------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(70)  コメント(17) 
共通テーマ:旅行