So-net無料ブログ作成

ナチュラルガーデン<昭和記念公園(245)> [昭和記念公園]

ナチュラルガーデン

<昭和記念公園 (245)

森の家の前は、早春から4月中旬にかけて可憐な花が次々に咲く花畑になる

前回(3月1日)はクロッカスが咲き始めていたが、それから3週間

ヒヤシンス、スイセンが見頃になり、原種系のチューリップも咲き始めていた

ガーデンを彩る可愛い花々を眺めながら、弁当を広げるのも春の楽しみです

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:3月22日>

<こどもの森>

森の家の前が一年で最も美しく輝く季節は春、気温の上昇と共にガーデンの

あちこちで咲き始める花々は、造られた花畑と違った良さがある、公園のHPでは

ナチュラルガーデンと紹介しているが、その名に相応しいエリアです

A03-22-31 111.jpg

A03-22-31 127.jpg

こどもの森の木道

A03-22-31 124.jpg

スイセン(白色)

小ぶりのラッパスイセンに交じって咲く白色系のスイセン

 A03-22-31 130.jpg

花を愛でながら昼食

食事をしながらベンチで花見、妻の姿が写っていました

A03-22-31 120.jpg 

チオノドクサの群れ

花の名が分からなかったが、調べた結果チオノドクサでしょう

A03-22-31 117.jpg

原種系チューリップ・3点

咲き始めたチューリップ、4月初旬には花の種類も増え一層華やかになる

渓流広場のチューリップ花壇は有名だが、素朴な原種系チューリップも捨てがたい

A03-22-31 143.jpg

A03-22-31 154.jpg

A03-22-31 152.jpg

ヒヤシンス(ピンク系)

ヒヤシンスはまさに見ごろ、チオノドクサ(前の写真)に花の形が似ている

A03-22-31 161.jpg

ヒヤシンス(ブルー系)

A03-22-31 164.jpg

ハナニラ(ピンク)

わが家では、ホワイト系とブルー系のハナニラが咲き始めているが

このピンク系も可愛い、妻はどこかで売っていれば手に入れたいと言う

A03-22-31 175.jpg

A03-22-31 177.jpg

<こもれびの丘>

カタクリ(片栗)

国分寺駅前の殿ヶ谷戸庭園では、カタクリが見ごろを迎えていたようだが

こもれびの丘では咲き始め、離れた場所のカタクリを望遠で撮影した

A03-22-21 119.jpg

A03-22-21 125.jpg

シュンラン(春蘭)

A03-22-21 130.jpg

A03-22-21 133.jpg

ツリフネソウ

A03-22-21 138.jpg

アズマイチゲ

5mほど離れた場所で咲いていた一輪の花、写真が手振れです

A03-22-21 141.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、春の公園さんぽ<昭和記念公園>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(74)  コメント(13) 
共通テーマ:旅行

春の花だより<昭和記念公園(244)> [昭和記念公園]

春の花だより

<昭和記念公園 (244)>

今年は花見に行く機会が限られる、翌日からボランティアで牡鹿半島に出発するが

その前日(3月22日)は、朝から青空が広がりカメラ散歩には申し分が無い

そこで、春の花を見に行こうと、妻を誘い急きょ昭和記念公園へ出かけたが

こもれびの池の周囲はまさに春一色、忙しいさ中でしたが行った甲斐が有った

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:3月22日>

<こもれびの池>

こもれびの池の周辺は、園内で最も春の息吹を感じられるエリアです

コブシ、サンシュユ、ハクモクレン、ユキヤナギが一斉に咲き春の訪れを感じる

丸く刈り込んでいるがユキヤナギです、花の羅列ですがご容赦ください

A03-22-11 111.jpg

ユキヤナギ(雪柳)

こもれびの池の畔にはユキヤナギ多い、背後はサンシュユの木です

A03-22-11 117.jpg

A03-22-11 120.jpg

サンシュユ(山茱萸)

A03-22-11 127.jpg

ハクモクレン(白木蓮)

こもれびの池のハクモクレンは、毎年開花が早く散り始めていた

A03-22-11 130.jpg

ハクモクレンの花

A03-22-11 133.jpg

アオサギ?

まるで置物のように動かない直立不動のサギ、名はアオサギでしょうか?

A03-22-11 137.jpg

トサミズキ(土佐水木)

ミズキ科の花のようですが、調べるとマンサク科でした

A03-22-11 144.jpg

A03-22-11 140.jpg

サクラ(陽光)

残堀川沿いの陽光は咲き初めだが、池の畔では満開でした

A03-22-11 151.jpg

A03-22-11 154.jpg

ハクモクレン(白木蓮)

ハクモクレンノ背後に、サクラ(陽光)の紅色を入れて撮影した

A03-22-11 164.jpg

A03-22-11 169.jpg

アセビ(馬酔木)

日本庭園にはアセビが多いが、この日は行くことができなかった

A03-22-11 179.jpg

シダレザクラ(枝垂れ桜)

開花は5分咲き程度、園内では早咲きの枝垂れ桜です

A03-22-11 181.jpg

A03-22-11 184.jpg

ハナモモ(花桃)

ハナモモの木が少ない昭和記念公園、池から離れた場所で1本満開でした

A03-22-11 187.jpg

コブシ(辛夷)

ハクモクレンとコブシ、一目で見分けることができない

A03-22-11 191  コブシ.jpg

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、ナチュラルガーデン<昭和記念公園>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(69)  コメント(15) 
共通テーマ:旅行

京都の桜(3)<紅枝垂れなど> [京都の桜]

京都の桜(Part3)

<紅枝垂桜など>

桜が好きな日本人、私も東北、関東、長野、中部、関西などを桜行脚したが

その中でも、現役時代に勤務した会社の工場が大阪に有った関係で

京都の桜を見に行く機会が多かった、しかし昨年に続き今年も多忙が続きで

早々と京都旅行を断念、撮りためた写真の中から抜粋し京都の桜を記事にした

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<京都の桜巡り>

金戒光明寺 三門

くろ谷さんの名で親しまれている、浄土宗の大本山

三門と桜のコラボレーションが良い、石段に観光客の姿がないのも珍しい

005-111  (550x413).jpg

勸修寺 観音堂

京都の写真家「水野克比古」さんと出会い、桜の話をしたことがある

005-114 (550x413).jpg

東本願寺 渉成園

JR京都駅に近い庭園、京都に着いた日か帰りに立ち寄っている

005-119  (550x413).jpg

屋敷町の枝垂れ桜

南禅寺から永観堂に向かう途中に野村美術館がある、その裏側の

屋敷の紅枝垂れ桜は実に美しい、今はツアー観光のコースになっている

011-19  (550x413).jpg 

桜のシャワー 原谷苑

原谷苑は個人が所有する桜の庭園、園内では約400本の枝垂桜などが咲き誇り

まさに百花繚乱の世界、桜の開花状態により入園料が異なります

005-141  (550x413).jpg

ベニシダレ、ハナモモ、レンギョウ、ユキヤナギ、北山杉は引き立て役です

005-149  原谷苑 (550x414).jpg

桜のシャワーを浴びながら記念撮影

005-151  (550x413).jpg

上賀茂神社 斎王桜

見事な紅枝垂桜の大木、隣には薄い色の御所桜があるが早咲きで散っていた

005-131  (550x414).jpg 

勝持寺 桜ヶ丘

西行法師が愛した花の名所、2度見に行ったがその年によって違う

005-165  (550x413).jpg

大原野神社

桜の名は「千眼桜」、隣の春日茶屋で休息しながら花見をした

005-167 (550x413).jpg

正法寺 庭園

勝持寺、大原野神社に近く、枝垂桜の本数は少ないが庭園とのコラボが良い

005-171 正法寺.jpg

城南宮 桃山の庭

華麗な「枝垂れ梅」で有名な城南宮、桃山の庭の枝垂れ桜もまた美しい

005-129  城南宮(550x413).jpg

円山公園

桜守の佐野藤右衛門さんが育てた2代目の桜、一重白彼岸枝垂桜です

 001-154  円山公園(550x413).jpg

平安神宮 神苑

神苑の紅枝垂れ桜、何気なく撮った写真ですが我ながら気に行っている

001-119 (550x413).jpg

京都御苑の糸桜

近衛邸跡の枝垂れ桜、京都でも早咲きで知られ梅と入れ替わるように咲く

咲き始めで開花していた枝先のみを撮影したが、かえって良かったようです

 001-117 (550x413).jpg

本法寺の多宝塔

本阿弥光悦の菩提寺、近くには表千家、裏千家、茶道記念館がある

005-225 本法寺 (390x520).jpg

光明寺(長岡京市)

宗祖法然上人が、初めて念仏の教えを説いた寺院

もみじ参道の紅葉は有名ですが、阿弥陀堂前のサクラも捨てがたい

005-178 光明寺 (550x413).jpg

境内の桜の絨毯が美しい

005-182 (390x520).jpg

伏見濠川の花筏

花筏を見つめる母子3代の後ろ姿に惹かれ、お願いをして撮影した

坂本龍馬で知られる「寺田屋」は、この場所から近い

007-200  伏見 (550x413).jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------

3回続けた「京都の桜」も、この記事(予約投稿)で締めます

宮城県牡鹿半島「わかめ収穫ボランティア」に参加しています(3月23日~25日)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(74)  コメント(15) 
共通テーマ:旅行

立川消防フェア2016<宮城県女川> [地元にて]

立川消防フェア 2016

内閣府、国土交通省、陸上自衛隊、東京都防災部、警視庁多摩庁舎などが集まる

立川広域基地内に、東京消防庁の第八消防方面本部がある、この日は

消防救助機動部隊(ハイパーレスキュー)を中心にした消防演技を披露する

応援参加する地元自治会の防災消防隊から誘いを受け、妻と二人で見学に向かった

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:3月5日>

 <展示・消防演技>

立川防災館

地震体験室、消火・救護・通報・避難訓練など様々な体験ができる防災館

消防フェアの会場は防災館の背後、陸上自衛隊立川基地の東側にある

A03-05-11 111.jpg

消防フェアの会場へ

A03-05-11 114.jpg

消防ヘリ(ゆりかもめ)

ヘリコプターの機内見学に、親子連れが行列を作り搭乗の順番待ちです

A03-05-11 124.jpg

未来の消防士(1)

ママの合図に合わせて敬礼、消防服も仕種も可愛いです

A03-05-11 127.jpg

未来の消防士(2)

パパは消防士でしょうか中々かっこいい、お祖母ちゃんも隣りで見つめている

A03-05-11 130.jpg

風船を貰って喜ぶ子供たち

子供達がはしゃぐ様子を見ると、ついカメラを向けてしまいます

A03-05-11 133.jpg

地震体験車

震度7クラスの体験も出来るが、子供連れのためか体験する震度は低い

A03-05-11 136.jpg

手押ポンプ車(竜吐水)

江戸から明治期にかけて使用された手動式放水車「竜吐水」に似た構造です

自治会にこのような装置が保管されているのを知らなかった

A03-05-11 117.jpg

防災消防隊の出番

消防隊員が二手に分かれハンドルを押し放水準備を行う

A03-05-21 111.jpg

お歴々の挨拶

挨拶するのは立川市市議会議長(清水立川市長は欠席)

消防演技を待つ子供たち、来賓の中には話の長い人がいるが・・如何なものか!

A03-05-21 120.jpg

ハイパーレスキュー隊(1)

ロープを伝い登る隊員、20秒もかからない時間で到着、さすがに早い

A03-05-21 127xx ハイパーレスキュー隊.jpg

ハイパーレスキュー隊(2)

3人のレスキュー隊員が同時に降下演技を披露、時間は5秒ほどでした

A03-05-21 143.jpg

ハシゴ車で救助

救助演技の前に子供たちがハシゴ車に搭乗体験、妻も乗りたいという

A03-05-21 132.jpg

ヘリの救助訓練

建物の屋上に取り残された人の救助演技を披露する

A03-05-21 137.jpg

一斉放水

一斉放水に時間を合わせたように、曇り空が晴れわたる

七番組の消防隊(左から2つ目)も放水に参加、手押しポンプも威力があります

A03-05-21 146.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

牡鹿半島・わかめ収穫ボランティア

地元立川市と日野市の有志が、東日本大震災の翌年から続けているボランティア

昨年、会長を拝命した日に知り、直ぐに申し込んだが定員いっぱいで断念

今年初めて参加する事にした、自治会の仕事も総会前で多忙ですが強行です

期日は3月23日~25日、行先は宮城県女川町、毎年2回(3月・4月)実施している

CIMG9745 (538x404).jpg

この写真は、自宅のハナニラです(3月16日撮影)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(53)  コメント(8) 

南極・北極科学館 [地元にて]

南極・北極科学館

立川広域防災基地の東側、自治大学校、国立国語研究所、国立極地研究所などが

集まる一画に「南極・北極科学館」がある、南極観測隊が持ち帰った資料を中心に

南極の地質や隕石を展示、南極・北極で撮影したオーロラを観賞する事もできる

私は2度目だが妻は初めて、立川消防フェア(記事は次回)の帰りに立ち寄った

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:3月5日>

<国立極地研究所>

国立極地研究所「南極・北極科学館」が正式な名称

写真右の建物は国立極地研究所、南極・北極科学館は南側に有る

A14.03.04-11 南極北極11.jpg

南極・北極科学館

開設は 2010年、立川市民でも知らない人が多い

国立の建物らしいと言うべきか、目立った看板がどこにも無い

A14.03.04-11 南極北極18.jpg

A14.03.04-11 南極北極21.jpg

展示室の入口

館内に入ると、女性職員が親切に応対してくれる

A03-05-51 127.jpg

南極大陸

 科学館を入った正面に設置された南極大陸のパネル

南北約3,000kmの日本列島が、そっくり納まる37倍の面積が有る

A03-05-51 133xxx.jpg

日本の観測基地

昭和基地(1958年)、みずほ基地(1970年)、あすか基地(1985年)

ドームふじ基地(1995年)を開設、世界30ヵ国 60基地がある(夏場のみを含む)

A03-05-51 135xxx.jpg

展示室内

A03-05-51 138.jpg

雪上車を展示

南極基地の運営主体は・・「国立極地研究所」です

A03-05-51 141.jpg

A14.03.04-11 南極北極45.jpg

雪上車の内部

A14.03.04-11 南極北極48.jpg

南極観測船「しらせ」

日本の造船技術を結集して建造した新観測船の展示模型

 A03-05-51 150.jpg

南極観測グライダー模型

胴体部に、国立極地研究所の名がある、エンジン付きでしょうか?

 A03-05-51 177.jpg

オーロラシアター

上映時間12分(1時間に4回)、この日は2012年9月に昭和基地で撮影した映像

南極と北極のオーロラを月替わりで上映、前回は北極のオーロラでした

A03-05-51 154.jpg

撮った写真が悪く、展示パネルを撮影しました

A03-05-51 156.jpg

南極のペンギンなど

A14.03.04-11 南極北極61.jpg

隕石の展示観察

日本は世界最大の隕石保有国のひとつ、16,200個保有している

A14.03.04-11 南極北極55.jpg

大きな隕石は、2013年にロシアに落下した隕石と同種と言う

A14.03.04-11 南極北極58.jpg

南極の氷を展示

南極大陸に降った雪が押し固められ氷になり、海に押し流されて氷山になる

その氷の中には、数万年前の空気が閉じ込められていると言う

 A03-05-51 171.jpg

小学生の女の子が音がするよ、と教えてくれた

氷の中に閉じ込められた空気が、氷が溶けた時に放出する音でしょう

A03-05-51 174.jpg 

樺太犬(15匹)

第1次越冬隊がやむを得ず置き去りにした15匹の樺太犬

1年後に越冬隊が上陸知ると、奇跡的にタロ、ジロの2匹が生存していた

A03-05-51 120.jpg

映画「南極物語」

高倉健の主演で、1983年に公開したヒューマンドラマ

妻は、当時小学生であった次男を連れ「南極物語」を見に行ったという

A14.03.04-11 南極北極75.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、立川消防フェア2016を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(80)  コメント(17) 
共通テーマ:旅行

京都の桜(2)<水辺の景色> [京都の桜]

京都の桜(Part2)

自治会の仕事もいよいよ年度末、そして定期総会を4月早々に控え資料の準備

また地元3団体の役員を兼ねているので、何かと忙しくカメラ散歩に行けない

そこで、前回(3月7日)にアップした「京都の桜」の続編を作成しました

今年の桜前線は北上が早く東京の見頃は3月下旬、チャンスを逃さず見に行きたい

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<水辺の景色>

嵐山 保津川(大堰川)

嵐山の山裾に点在するサクラは、ヤマザクラ・ソメイヨシノでしょうか

春の訪れを告げるように点々と咲くサクラ、絵になる眺めです

001-111 (550x413).jpg

宇治川

宇治橋の東詰めから宇治川の上流を撮影、宇治川の流れは早い

紫式部の源氏物語にも登場する宇治、近くに源氏物語ミュージアムがある

001-113  宇治(550x412).jpg

平等院 鳳凰堂

阿弥陀如来を本尊とする阿弥陀堂、国宝、世界遺産に登録されている

鳳凰堂は10円硬貨の裏、伽藍上の鳳凰像は1万円札の裏面に使われている

001-115 平等院 (550x414).jpg

平安神宮 神苑

東神苑の栖鳳池にせり出した尚美館、その両側の紅枝垂れ桜が美しい

栖鳳池に架かる泰平閣(橋殿)の中間からから撮影をした

001-121 (550x413).jpg

001-123 (550x414)xxx.jpg

オカリナ奏者「宗次郎」の演奏

心に響く音色でした(上の写真とは撮影した年が違います)

001-125  (550x414)xxx.jpg

神泉苑の夜景

法成就池に浮かぶ龍王船、春らしい華やかな景色です

001-130  (550x413)xxx.jpg

祇園白川の桜

白川の流れと料亭、そして美しいサクラ、京都らしさを感じるスポットです

20年ほど前は、料理屋の床几に腰を掛けゆっくり眺めていたが・・今は難しい!

001-133 平安神苑 xxx.jpg

巽橋の上から撮影(この桜は樹勢が弱ったようです)

001-137  (550x414).jpg

哲学の道

疎水に流されるサクラ、紅枝垂れ桜はソメイヨシノより1週間ほど遅い

001-140 哲学の道 (550x413).jpg

嵯峨野 大沢の池

サクラ(染井吉野)が満開の大沢の池を1周、前方中央は大覚寺の心経宝搭です

対岸では時代劇の撮影を行われるが、撮影現場に出会ったことがない

005-193 大沢の池(550x414).jpg

旧佐賀御所 大覚寺

勅使門と宸殿前の紅枝垂れ桜を、大覚寺の屏の外側から撮影

境内(宸殿)からも撮影したが逆光でボツでした

 005-195 大沢の池(550x413).jpg

大覚寺の外塀と堀

005-197 大覚寺 (550x413).jpg

半木(なからぎ)の道

賀茂川の左岸を北山大橋から北大路橋まで.約 0.8km(京都植物園に隣接)

川沿いに約70本の八重紅枝垂れ桜を植栽し、桜のトンネルになる

001-147   (550x413).jpg

賀茂川の流れと紅枝垂れ桜

001-150 (550x413).jpg

岡崎疎水

琵琶湖疎水(岡崎疎水)を巡り船内からサクラを楽しむ十国舟

10年ほど前、1時間半ほど待ち乗船の順番になると突然の雷雨で中止になった

001-155  岡崎疎水(550x424).jpg

インクライン

琵琶湖疎水を船運ルートの途中に設けられた傾斜鉄道跡、今は観光スポットです

001-157  (550x413).jpg

高瀬川一乃船入

鴨川の水を分流し人や物資を運んだ高瀬舟、今は観光用に係留されている

001-165 一乃船入(550x413).jpg

白川の柳

紅枝垂れを撮影した日と同じ4月上旬、ヤナギの新緑が実に鮮やかです

テレビドラマによく使われている、華頂道(知恩院)の石橋上で撮影

001-171 (550x413).jpg

----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、南極・北極科学館を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(81)  コメント(19) 
共通テーマ:旅行

春の花さんぽ<昭和記念公園(243)> [昭和記念公園]

春の花さんぽ

<昭和記念公園 (243)>

暖冬だと予報していた今年の冬、2月に入ると一変し厳しい寒さが続いたが

季節は移り弥生3月、梅は賞梅から送梅になり、早春の草花は咲き始めた

今年も3月・4月は自治会の仕事で、忙しい日が続くのは避けられない

とは言え、美しい花、優しい花の鑑賞には、可能な限り時間を割き出かけたい

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:3月1日>

<日本庭園>

この写真の右側に白梅が2本ある、表門に白梅を入れて撮影する予定でしたが

今年は咲き具合が悪く断念した、梅の開花は毎年差が有るようです

A03-01-31 111.jpg

表門の額縁写真

表門を額縁にして、その中に正面の紅梅を入れるのを定番にしているが~~

A03-01-31 114.jpg

正面の紅梅

その年によって何故か花の多さが違う、今年は期待外れでした

A03-01-31 168.jpg

同じ紅梅(昨年の撮影)

昨年(上の写真)とは、明らかに花の多さが違い華やかに見えます

 A14.03.24-31 日本庭園19.jpg

牡丹園のわらぼっち

A03-01-31 127.jpg

サンシュユ(山茱萸)

A03-01-31 124.jpg

庭園の雪吊り

冬の風物詩アカマツの雪吊り、今年の積雪は2度ほどでした

 A03-01-31 140.jpg

盆栽園の寒桜(推定樹齢約80年)

讃樹亭など室内に置いた時間が長いのか、早くも若葉を出していた

A03-01-31 130.jpg

盆栽園のシュンラン

A03-01-31 137.jpg

マンネンクサ

初めて見たミニ盆栽の寄せ植え、名札にはマンネンクサと記していた

A03-01-31 134.jpg

咲き始めたクロッカス

こどもの森のガーデンでは、クロッカスに続き原種系チューリップ、そして

ミニアイリス、スイセンなどが次々に咲き、華やかな時期を迎える

A03-01-41 111.jpg

クロッカス(黄色)

黄色の帯状(前方)に見えるは、クロッカスです

A03-01-41 127.jpg

団子3兄弟ですね

A03-01-41 114.jpg

色違いのクロッカス

A03-01-41 124.jpg

ホトケノザ

 A03-01-41 141.jpg

ヨウズイセン

気温の上昇と共に増えて来た・ヨウズイセン(ラッパスイセン)

背後はチューリップ花壇、スイセンと入れ替わり4月初旬には見ごろになる

A03-01-41 151.jpg

A03-01-41 154.jpg

出番を待つ・チューリップ花壇

チューリップの新芽は出始めている、ここではムスカリも美しい

A03-01-41 171.jpg

クリスマスローズ

 A03-01-51 132.jpg

水鳥の池のケヤキ

鈴懸の木の枝を入れて撮影、暖かい日が続くと芽吹きの日も近いでしょう

A03-01-51 151.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------

妻と巡った早春の園内、歩く距離を制限したが 13,470歩でした

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(83)  コメント(17) 
共通テーマ:旅行

春の里だより<昭和記念公園(242)> [昭和記念公園]

春の里だより

<昭和記念公園 (242)>

日ごとに春らしさを実感できるようになった3月1日、どうしたことか

この日は入園者が少なくパークトレインも開店休業状態、その中で多いのは

幼稚園や小学生たちの遠足、甲高い声が聞こえてくるが、私たちは子供好き

ニコニコしながら眺めていた、こもれびの里も人の姿がなく静かな午前でした

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:3月1日>

<こもれびの里>

里の中央を南北に通る道、その中間に有る白梅は毎年撮っている

田んぼの代掻きなど、ボランティアの人たちが活躍する季節も近い

A03-01-21 111.jpg

勢いのある美しい白梅です

A03-01-21 114.jpg

長屋門の白梅

長屋門の左右に白梅が2本、右の木と入れ替わりこの白梅が見頃でした

A03-01-21 123.jpg

A03-01-21 126.jpg

長屋門を額縁撮影

振り返っても人の姿が見えない、額縁の中は前の写真の白梅です

A03-01-21 132xxx.jpg

A03-01-21 129.jpg

ひな人形飾り

外蔵の中は、季節の作品や農作業の道具などを展示している

A03-01-21 142.jpg

ひな飾り

童子顔のひな人形が可愛い、リアルな顔の人形より良い

A03-01-21 151.jpg

A03-01-21 145.jpg

雛より・あられ?

A03-01-21 154.jpg

母屋のひな飾り

 A03-01-21 157.jpg

里の麦畑

冬を越し青々と生育を続ける麦畑、麦の穂はまだ出ていない

A03-01-21 161.jpg

A03-01-21 164.jpg

里の坂道

季節の花を植えている小さな畑、菜の花は盛りを過ぎたようです

A03-01-21 174.jpg

<河津桜>

こもれびの池

園内の多くの桜に先がけて咲き始める河津桜

こもれびの池の他に、残堀川沿いでも見れるが、その本数は多くない

A03-01-15 160.jpg

メジロが多く飛来

 A03-01-15 168.jpg

A03-01-15 163.jpg

こどもの森の椿

伊豆小室山の椿園でも見たが、蝦夷錦の名札が付いていた

A03-01-41 161.jpg

ヒコバエのような枝先に咲く花が可愛い

A03-01-41 164.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、春の花さんぽ<昭和記念公園>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(86)  コメント(15) 
共通テーマ:旅行

観梅(賞梅・送梅)<昭和記念公園(241)> [昭和記念公園]

 観梅・賞梅 送梅

<昭和記念公園 (241)>

隔年ごとに訪れていた青梅吉野梅郷の梅の公園、120種 1,500本の梅の木が

ウイルス感染によりすべて伐採された、復活に10年以上の歳月が必要と思うと

年を重ねた私たち夫婦には、梅郷の梅を見に行く機会は残されていない

梅を見たいと言う妻の願いを聞き、晴天の日を選び昭和記念公園に向かった

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:3月1日>

<観梅さんぽ>

梅の花を観賞できるのは約2か月半、「探梅・賞梅・送梅」長く楽しめる

正月早々(1月2日)に、真冬の公園を歩いた時も八重寒梅が咲いていた

八重紅枝垂れ(砂川口)

砂川口のゲートを通ると、この枝垂れ梅が迎えてくれる

A03-01-11 111.jpg

A03-01-11 114.jpg

白梅(砂川口)

砂川口からこもれびの池へ、道の両側には野梅と思える白梅が多い

A03-01-11 117.jpg

空に向かって伸びる枝、勢いのある白梅です

A03-01-11 120.jpg

武蔵野(こもれびの池)

八重寒梅(左端)と入れ替わるように、この紅梅が見ごろを迎えた

A03-01-11 124.jpg

紅色が美しい

A03-01-11 127.jpg

A03-01-11 130.jpg

紅千鳥(こもれびの池)

A03-01-11 133.jpg

緑萼梅(こもれびの池)

八重の花弁が素晴らしい、妻は名の通り少し緑色が有ると言う

A03-01-11 139 緑萼梅.jpg

月影枝垂れ

A03-01-11 136  月影枝垂れ.jpg

梅ガイド(こもれびの池)

池の周辺の梅には名札が付けられ、更に梅ガイドも有りサービスが良い

A03-01-11 141.jpg

見鵟(けんきょう)(花木園梅林)

遅咲きの梅でまだ蕾が多い、梅の蕾はポップコーンのように見える

A03-01-11 144.jpg

A03-01-11 155 見る.jpg

玉牡丹(花木園梅林)

近づいて見ると品が有って美しい、私が好む白梅です

A03-01-11 150.jpg

A03-01-11 147 玉牡丹.jpg

親子の梅(日本庭園前の南斜面

大きな白梅の間に小さな紅梅、女の子を囲む親子のように見える

A03-01-31 151.jpg

サンシュユ(山茱萸)

砂川口の園外、ここにはサンシュユ、マンサクなど早春の花が多い

A03-01-15 181.jpg

A03-01-15 184.jpg

シナマンサク(花木園梅林)

A03-01-15 187.jpg

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、春の里だより<昭和記念公園(242)>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(77)  コメント(15) 
共通テーマ:旅行

京都の桜<懐かしい思い出> [京都の桜]

京都の桜

京都が遠くなった、長年続けていた古都観光、昨年は一度も行けなかった

冬は秘仏拝観や花灯路、春は桜の名所、秋の紅葉巡り、初夏は枯山水など庭園

そして古寺巡礼と仏像拝観、四季を通じて自分流の愉しみ方を持っていた

今年も京都の桜を見に行けそうになく、蔵出し写真でひと足早い桜を綴ります

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<京都の春を先取り>

在庫写真の中から、観光客が少ない穴場的な桜の名所を抜粋しました

東寺の桜と五重塔

桜守の「佐野藤右衛門」さんが、移植に携わった八重紅枝垂れ桜

移植した翌年の撮影です、今は素晴らしい桜に成長した事であろう

011-25 470  xxxx (550x413).jpg

善峯寺(京都西山)

紅葉の名所ですが、桜も多く10年ほど前に行った時は更に桜を植樹をしていた

011-15 100A (550x413).jpg

養源院(三十三間堂東隣)

本堂正面の枝垂れ桜、伏見城の血天井でも知られている

豊臣秀吉の側室「淀殿」、徳川秀忠の正室「お江」に所縁の寺院

011-11 A01-021 (550x413).jpg

南禅寺境内

白い塀となだらか坂、このコラボが好きで季節を問わず写真を撮っている

今は外国人観光客が増え、この写真のように人の姿がない撮影は無理でしょう

11.04.11-41  南禅寺06 A (550x412).jpg

南禅寺門前屋敷街

平安神宮の神苑、半木の道、原谷苑などと共に紅枝垂れ桜の名所

私の好きなスポットでしたが、今では隠れた名所と言えず年々人が増えている

011-18 A01-012 (550x413).jpg

勸修寺参道(小野)

参道の紅枝垂れ桜、白塀には染井吉野、二つのコラボが良い

有名な醍醐寺は南東2kmに有るが混雑が激しく、私は静かな勸修寺が好きです

011-41 A01-015 (550x413).jpg

上品蓮台寺(千本通)

境内に紅しだれ桜が4~5本、この日も誰にも出会わず花見をした

アクセスは少し不便だが、東京近辺にこの寺院が有れば連日大混雑でしょう

011-31 A01-028 (550x413).jpg

神泉苑(二条御池通)

平安時代に造園された日本最初の庭園、春の苑内は華やかです

境内には「恵方を司る歳徳神」が祀られ、毎年大晦日に社を恵方に向け移動させる

011-41 A01-025 (550x413).jpg

長岡天満宮(長岡京)

天満宮の八条ヶ池、前方の建物は時代劇の撮影でお馴染です

011-51 12.04.15 長岡天神.jpg

高瀬川一之船入

鴨川から分流した高瀬川、浅く埋めた川に昔の高瀬舟を置いている

011-28 030A (550x413).jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------

<京都の思い出>

ウエスティン都ホテル京都(この写真は2014年12月撮影)

都ホテル京都で開催された業界の全国総会(10年前)に、妻を伴い参加した

その時のことが強く印象に残っている妻は、今も思い出話をする

CIMG9977 (550x413).jpg

祇園芸妓の踊り

総会が終了し宴席へ、参加者は全国から集まった約200人(婦人同伴10組)

宴会が始まると照明が点灯し芸妓の踊り、宴席は一挙に華やかになる

011-61 A07-022 (550x413).jpg

祇園小唄を踊る(芸妓、舞妓さん)

「祇園恋しいや~だらりの帯よ」の歌に合わせ、16人が一斉に後ろ姿を見せる

011-65 A07-023 (550x413).jpg

舞妓さんが・お酌

コンパニオンも呼ばれていたが、芸妓・舞妓さんがお酌に回ると後方の席へ

背後は会長、副会長夫妻などの主賓席、10年前は若い、妻は〇〇夫人です

011-68 A07-025 (550x413).jpg

副会長夫人(北海道)と妻

全国総会の懇親会で、毎年顔を合わせているのでお互いが知り合いです

総会を開催中、女性たちは清水寺、二年坂、三年坂、高台寺などを観光していた

011-74 170D (550x413)xxx.jpg

祇園の置屋で二次会

宴会がが終ると約25名が祇園花見小路の置屋へ(一力亭の少し先)

業界の会長夫人、副会長夫人と妻、このあと親しい人たちを祇園白川へ案内した

011-70 170E (550x414)xxx.jpg

妻が見たテレビでは、中国人観光客が舞妓さんたちを追い回し、身体も触ると言う

祇園の人たちは、来ないでほしいと悲鳴を上げていると言う

----------------------------------------------------------------------------------------------------

京都の桜、写真が多く残っていますので次の機会にアップします

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(88)  コメント(18) 
共通テーマ:旅行

菜の花と高層ビル<浜離宮恩賜庭園> [東京の公園]

菜の花と高層ビル

<浜離宮庭園>

この日の天気予報は終日快晴、ソネブロのオフ会が上野で行われるのに合わせ

年ぶりに浜離宮庭園へ、目的は菜の花畑と高層ビルのコラボ撮影です

大都会の公園ならではの春景色、今年の菜の花は生育状態が極めて良い

美しいコラボレーションに満足したあとは、東京メトロで上野へ向かった

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:3月3日>

<浜離宮恩賜庭園>

菜の花畑

庭園の正門を入ると、正面に黄色の絨毯が見えてくる

先ずは内堀の対岸から撮影、ウイークデーの午後のためか入園者は少ない

A03-03-11 111.jpg

高層ビルとコラボレーション

昨年は約1/5ほどの面積で花の咲き具合が悪かったが、今年は上々です

A03-03-11 117.jpg

A03-03-11 120.jpg

新婚さんのカップル

同行したスタッフが次の準備中に、花嫁さんがコンデジで撮影です

A03-03-11 124.jpg

白梅と菜の花畑

A03-03-11 126.jpg

ホトケノザ

菜の花の下で沢山咲いていた

A03-03-11 129.jpg

水 門

浜離宮は潮入の池(水門で池の水門を調整)、ボラなど海の魚が生息している

A03-03-21 107.jpg

高層ビルと潮入の池

この場所から見る眺めも好きで、花離宮を訪れると何時もカメラを向ける

A03-03-21 111.jpg

中島の御茶屋

お伝い橋を渡り中島へ、ここから撮るポイントも私の好みです

A03-03-21 114.jpg

御茶屋からの眺め

隣り合わせた男性は、この眺めが好きで年間パスポート持っていると言う

A03-03-21 127.jpg

抹茶と和菓子

和菓子は、菜の花をあしらっている

A03-03-21 129.jpg

白梅「谷の雪」

A03-03-21 132.jpg

寒緋桜

A03-03-21 135.jpg

鴨場、三百年の松などクロマツを撮ったが省略します

----------------------------------------------------------------------------------------------------

<ソネブロ・オフ会>

不忍池弁天堂

オフ会が始まる約2時間前の到着、余った時間を喫茶店(読書)で過ごす

CIMG9461 (538x404).jpg

アメ横を通る

オフ会の会場に行く前に、アメ横を少し散歩

CIMG9466 (538x404).jpg

中国人相手の店

アメ横も様変わりし、このような食事処が数軒できていた

CIMG9467 (538x402).jpg

オフ会「れんこん」

金沢から上京した、くまらさんに会わせて開催したオフ会

駅員3さんの呼びかけに女性5人を含む17名が参加、メンバー名は割愛します

CIMG9471 (538x403).jpg

ソネブロ恒例・ビールで乾杯

れんこん料理に飲み放題(料理の撮影はせず)、賑やかで楽しい2時間半でした

CIMG9473 (538x404).jpg

オフ会を終えて

午後9時半に解散、2次会に行ったグループも有るようだが、私は直帰する

CIMG9478 (538x404).jpg

-------------------------------------------------------------------------------------------------

自治会の仕事など多忙のため、皆さんのブログへの訪問が遅れています

急いでこの記事を作成しましたので、まとまりが有りませんがご容赦ください

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(86)  コメント(24) 
共通テーマ:旅行

防災セミナー<副・映画音楽> [日々の記憶]

防災セミナー開催

<副・映画音楽>

今後30年以内に、M7クラスの首都圏直下型地震が発生する確率は70%と言う

立川市では自治会員を対象に防災訓練を実施しているが、それは共助活動

私たちが要救助者になると助け合う事も出来ない、自分の命は自分自身で守る

そこで、駅員3さんに講師をお願いし、防災力を高めるセミナーを開催した

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<開催日:3月28日>

<防災力アップセミナー>

東日本大震災が発生した時は、東京に帰る新幹線の車内で遭遇し帰宅できず

関東大震災の時は、祖父母、母親たちが東京で被災、福井大地震では叔母

阪神淡路大震災でも、神戸の姉と西宮の叔母たちが被災、大震災と関わりが多い

P2280053 (538x405).jpg

セミナー会場(講演前)

開催前の会場を背後から、後列の女性4人は妻(左)と近所の人たちです

妻は私の頼みでコンデジで撮影中、この写真は副会長の撮影です

P2280061 (538x404).jpg

主催者挨拶

冒頭に主催者として挨拶、そしてセミナー開催目的などの説明を行う(約2分)

私の親族・親戚は、前述の通り各地で大地震に遭遇、他人ごとではない

CIMG9030 (538x404).jpg

来賓挨拶

(左):自治会顧問・市議会議員 (右):立川市自治会連合会会長

お二人には、それぞれ2分にして欲しいとお願いしたが、少し時間オーバーでした

CIMG9033 (315x240).jpg CIMG9035 (315x240).jpg

講師「駅員3さん」

私が紹介した後、いよいよ講師「駅員3さん」の出番です

CIMG9036 (538x404)xxx.jpg

熱弁をふるう講師

決して飽きさせないと言っていた駅員3さん

聴講者との応答も交え巧みに説明を続けられ、皆さんの反応も上々でした

CIMG9042 (538x404).jpg

再び背後から(妻の撮影)

時間通りに終了(約1時間50分)、皆さんは最後まで熱心に聞いていた

自治会員や理事さんの反応を聞くと、セミナーを聴講して良かったと評価が高い

 CIMG9039 (538x405).jpg

講演途中・副会長が撮影

IMG_1555[2] (538x404).jpg

聴講者数

セミナーチラシ(左)、開催のお知らせ(右)を全会員に配布

そして個別PRなどを実施した結果、105名の人たちが聴講、成功でしょう

img003 (304x430)xx.jpg img002 (304x430)xx.jpg

セミナー会場

公民館「こぶし会館」、会館の建設には自治会の諸先輩が深く関わり完成させた

CIMG9355 (538x404).jpg

火災予防運動「横断幕」

自治会の長老(91歳)が新勘亭流文字で作成、自治会で自発的に製作した

CIMG9046 (538x404).jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

<JET STREAM(第二集)>

懐かしい「映画音楽」

映画音楽が全盛の時代は、私たちの青年時代と重なり思い出が多い、テレビもなく

貧しい時代、映画を見た帰りに音楽喫茶に立ち寄るのが精一杯の贅沢でした

JET STREAM 第二集が発売されたので注文、CD7巻に、112曲を収録している

XX02 img002 (377x538).jpg

城達也の名調子とテーマ曲「ミスターロンリー」

遠い地平線が消えて、ふかぶかとした夜の闇に心を休めるとき

はるか雲海の上を音もなく流れ去る気流は、たゆみない宇宙の営みを告げています

満点の星をいただく果てしない光の海を・・きらめく星座の物語も聞こえてくる~

XX03 img001 (294x410).jpg XX03 img003 (320x281).jpg

疲れた身体を休める・・映画音楽の数々

枕元にラジを置き、流れてくる映画音楽を聴いていた若いころ

今は、自治会の仕事、ブログの作成をしながらジェットストリームを聞いている

img001 (306x480).jpg img002 (305x480).jpg

エンディング曲「夢幻飛行」も心に残る曲です

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(73)  コメント(26) 
共通テーマ:旅行