So-net無料ブログ作成

真冬のカメラ散歩(1)<東京駅~皇居外苑> [東京を歩く]

真冬のカメラ散歩(1)

<東京駅~皇居外苑>

毎月、定期的に通っている麹町の診療所、朝、洗濯物を干し終えた妻が

東京にもこんなに美しい空があると教えれくれた、それではカメラ散歩をしようと

東京駅から、皇居外苑・桜田濠を歩き麹町に向かう計画をしていると、妻も

一緒に行きたいと言う、日中の気温は8度、風もなく穏やかな散歩日和でした

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<<撮影日:1月25日>

<東京駅丸の内>

白銀の富士山

多摩都市モノレール(砂川七番駅辺り)の車窓から撮影

JR立川駅で、タイミングよく特急あずさに乗車でき楽をして東京駅へ

A01-25-01 111.jpg

東京駅丸の内駅舎

丸の内中央口を出て、この日のカメラ散歩をスタートする

A01-25-11 111.jpg

行幸通り(皇居方向)

天皇陛下の行幸、信任状捧呈式に向かう外国大使の送迎の車馬が通行する道

隅田川~八重洲通~行幸通り~皇居~新宿通り~新宿御苑までを風の道とも言う

A01-25-11 117.jpg

東京駅(都市景観)

東京駅の背後の高層ビル、何度見ても景観を悪くしている

A01-25-11 120.jpg

行幸通り(都市景観)

八重洲側の広告塔(矢印)、夜間は赤々と照明され景観を妨げている

丸ビル、新丸ビルを、なぜツインビルにしなかったのか、残念に思っている

A01-25-11 145xxx.jpg

<皇居外苑>

和田倉濠

見張り所に使われていた東屋風の建物から額縁写真、銀行会館の方向です

A01-25-11 124.jpg

同じ建物から見た、パレスホテルと日本生命ビル

A01-25-11 128.jpg

馬場先濠

馬場先濠側の見張り所から明治生命館の方向を撮影

A01-25-11 130.jpg

お濠端で休むユリカモメ

隅田川から飛来するのか、日向ぼっこには良い場所です

A01-25-11 138.jpg

A01-25-11 141.jpg

桔 梗 濠

桔梗濠から見た巽櫓は皇居内堀を代表する景色の一つ、前方は桔梗門です

A01-25-21 111.jpg

蛤 濠

中央奥の建物は宮内庁の庁舎、左の坂下門は皇居参賀のときの出口になる

A01-25-21 114.jpg

外苑の黒松

皇居前広場(外苑)には、約3,000本の黒松があると聞く

大寒入りした寒い時期にも緑色を保ち、冬枯れの景色から解放される

A01-25-21 119.jpg

複雑な形が多い黒松、2本揃って同じ形状は珍しい

A01-25-21 122.jpg

密集した小ぶりの黒松

A01-25-21 126.jpg

影を入れて撮影

A01-25-21 130.jpg

背後に、新丸ビル・丸ビルを入れて撮影

 A01-25-21 134.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、真冬のカメラ散歩(2)<二重橋~麹町>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(72)  コメント(15) 

庭園の雪吊り<昭和記念公園(236)> [昭和記念公園]

庭園の雪吊り

<昭和記念公園 (236)>

毎年1月に昭和記念公園を歩いているが、それは梅が咲き始める1月下旬以降

新年早々の2日にカメラ散歩をしたのは、今回が初めての経験です

暖冬の影響なのか、寒梅などはひと月早く開花し少し観梅を楽しんだが

門松を飾ったこもれびの里や日本庭園も新鮮な思いで楽しむことができた

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

降雪があった1月18日より約2週間前に撮影した、出し遅れ記事です

<撮影日:1月2日>

<新春の日本庭園>

表門にも門松飾り、正月を迎えた日本庭園を散策する

A01-02-51 111.jpg

庭園の雪吊り

庭園の風物詩「雪吊り」、撮影ポイントを変え撮ったが絵になります

降雪が少ない東京、2012年1月の大雪の日に撮影したが、今年は暖冬で難しいか?

A01-02-51 114.jpg

四阿昌陽と黒松

黒松の背後に雪吊りが見え隠れしている

A01-02-51 126.jpg

四阿昌陽と雪吊り

黒松を入れながら撮影した雪吊りを・場所を変えて2点

A01-02-51 117.jpg

A01-02-51 120.jpg

四阿昌陽と雪見船

木の橋など背後の景色を入れて撮影した

 A01-02-51 132.jpg

雪吊りと雪見船

雪吊りをするのはアカマツ、クロマツは枝折れしない

A01-02-51 123.jpg

池に写る雪吊り

A01-02-51 129.jpg

青池軒から雪吊り

A01-02-51 139.jpg

日本庭園から富士山

唯一の撮影ポイントですが、気温が高いのか霞が掛かり見えにくい

A01-02-51 142.jpg

青池軒と歓楓亭

正月2日、ゆっくりと抹茶を味わいたくなり歓楓亭へ(右の建物)

A01-02-51 144.jpg

歓楓亭の入口

私が最初の客かと聞くと、その前に夫婦が二組

そして私と入れ替わるようにまた二組、、正月早々ですが人が続く

A01-02-51 151.jpg

松葉敷を2点

雪吊りと共に、日本庭園の冬の風物詩「松葉敷」です

A01-02-51 156.jpg

A01-02-51 160.jpg

歓楓亭の室内

暖かい日であったので、屋外の床几で抹茶を頂くことにした

A01-02-51 162.jpg

菓子は「赤い椿」です

A01-02-51 163.jpg

抹茶を一服

作法通り抹茶を頂く前に、庭木を入れて茶碗を撮影

A01-02-51 172.jpg

歓楓亭の庭から見た雪吊り

A01-02-51 175.jpg

庭園の赤い椿

A01-02-21 150.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------

新年早々のカメラ散歩もこの記事が終回、歩数は14,,815歩でした

------------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(77)  コメント(19) 

新春の和風景<昭和記念公園(235)> [昭和記念公園]

新春の和風景

<昭和記念公園 (235)>

この日の新年カメラ散歩は、真冬に咲く寒梅などの撮影が目的でしたが

新年早々の2日、暖かい日とは言え、昭和記念公園で過ごす人たちの多さに驚いた

現在は、正月であっても平常と変わらない生活が定着している時代ですが、さすがに

こもれびの里を訪れる人は少ない、そんな里の正月風景と盆栽苑を記事にまとめた

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

新年の行事など他の記事を割り込みましたが、昭和記念公園の記事に戻します

<撮影日:1月2日>

<こもれびの里>

里の入口には、門松と紙垂が飾られ訪れる人を迎えてくれる

この日は今年最初の開園日、当番のボランティアの人たちが数人詰めていたが

里の作業など本格的な活動は、定例集合日の1月9日から始まるようです

A01-02-31 111.jpg

こもれびの里の碑

しめ縄に紙垂、正月飾りをした碑を見るのは初めてです

A01-02-31 112.jpg

里のピラカンサ

A01-02-31 138.jpg

里の麦畑

昨年末に、ボランティアの人たちが麦踏みをしていた

A01-02-31 119.jpg

里の古民家

A01-02-31 122.jpg

古民家の長屋門

門前の2本の白梅は蕾が膨らんでいたが、咲き始めるのは1月下旬でしょう

A01-02-31 125.jpg

長屋門の正月飾り

A01-02-31 128.jpg

長屋門に下がる「紙垂」

 A01-02-31 135.jpg

古民家の母屋

母屋の床の間には、正月人形や羽子板を飾っていた

A01-02-31 132.jpg

----------------------------------------------------------------------------------------------------

<盆栽苑>

昭和記念公園を歩くと、日本庭園と盆栽苑を訪ねるのが定例になっている

日本庭園では雪吊りを中心にして撮影したが(その記事は次回)

初めて来たと言う夫婦、そして盆栽を見る外国人の姿のあり驚いた

A01-02-61 111.jpg

ひめしゃら(推定樹齢約80年)

讃樹亭の入口を飾る盆栽、若葉の育つのが待ちどおしい

A01-02-61 114.jpg

仏手柑(推定樹齢約60年)

正月の床の間を飾る盆栽、実が仏様の手に似ていることからこの名が付いた

A01-02-61 119.jpg

梅・大輪緋梅(推定樹齢約80年)

寒桜の盆栽も花が咲いていたが、撮った写真はボツでした

A01-02-61 125.jpg

A01-02-61 128.jpg

五葉松(推定樹齢約130年)

A01-02-61 131.jpg

五葉松(推定樹齢約130年)

A01-02-61 135.jpg

かりん(推定樹齢約80年)

A01-02-61 137.jpg

ミニ盆栽の日受け

A01-02-61 141.jpg

ブーゲンビレア

A01-02-61 150.jpg

盆栽苑の東門

A01-02-61 161.jpg

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、庭園の雪吊り<昭和記念公園>を紹介します

------------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(72)  コメント(13) 

新年行事初め<出初式&新年会> [地元にて]

新年の行事初め

<出初式&新年会>

立川市消防団の出初式、地元団体の合同賀詞交歓会、立川市自治会連合会

そして私が主催する自治会の賀詞交歓会など、数えてみると7回も新年会に参加する

忙しい申年のスタートですが、健康に感謝し任期を終える3月に向けて頑張りたい

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:1月10日>

立川市消防出初式

わが家、わが街は自分たちで守る、災害に強いまちづくりを目指し

市民消防組織と消防関係者が一堂に会し、士気高揚を図ることを目的とした

新春恒例の立川市消防出初式が1月10日午前、サンサンロードで実施された

 A01-10-11 114.jpg

消防団員の徒列行進

檀上で礼を受けるのは清水立川市長、自治連会長、消防署長など関係者が並ぶ

A01-10-11 111.jpg

消防分団ポンプ車の行進

テント内で見るように勧められたが着席せず撮影に専念、 演奏は立川市吹奏楽団

A01-10-11 123 (310x233).jpg A01-10-11 117 (310x233).jpg

 セレモニー

清水市長の訓示、来賓挨拶、各消防分団及び功労者の表彰など

A01-10-11 125.jpg

夫の晴れ姿を撮る女性

表彰を受ける旦那さまの格好良さを・・見直したでことしょう

A01-10-11 137.jpg

一斉放水準備

立川市消防団、市民消火隊が一斉放水に向けて準備完了

A01-10-11 153.jpg

青空に向けて一斉放水

A01-10-11 155.jpg

記念撮影をする母と子

消防団員が子供にサービス、警察の白バイも行進の先導を務め乗車体験をしていた

A01-10-11 148.jpg

消防分団・防災消防隊の 新年会へ

出初式の終了後、地元の消防分団と防災消防隊の新年会二つに続けて参加する

A01-10-11 139.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:1月9日>

合同 賀詞交歓会

地元二つの町の、青少健、体育会、老人会、婦人会、民生委員、文化会、小学校・PTA

そして自治会が合同で行う賀詞交歓会、主催はこぶし会館(公民館)の運営委員会

私も、運営委員の一人として準備に携わり、また自治会長として参加した

A01-09-11 135.jpg

A01-09-11 126 (310x233).jpg A01-09-11 124 (310x233).jpg

開会前に記念撮影

現役引退以来、久しぶりに着たダブルのスーツ

胴回りが太くなり(メタボ)、妻がズボンを広げどうにか納まった

A01-09-11 114.jpg

--------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:1月17日>

七寿会 新年会

老人会(七寿会)恒例の新年会、 自治会の公会堂に元気な人たちが40名集まり

飲食とビンゴゲームなどに興じたが、毎月1回(17日)定例会が有る

新勘亭流の文字『思い切り豊かに一年の夢を花に託す』 書いたのは90歳の男性です

CIMG8421 (538x405).jpg

---------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:1月19日>

自治会連合会 新年会

立川市自治会関係者などが、パレスホテル立川に会し平成28年の新年会

地元のムード歌謡バンド「フォーナイツ」が、宴席を盛り上げてくれた(右奥)

CIMG8438 (538x404).jpg

歌うのは・自治連会長と副会長

フォーナイツのメンバーは、地元の「新年の交流の集い」にも出演を依頼している

CIMG8436 (538x403).jpg

地元自治会長の皆さんと

CIMG8431 (538x403)xxx.jpg 

公園の残雪

自治連新年会の前日に降った雪が残る公園、グランドゴルフは暫く出来ない

CIMG8428 (538x405).jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------

この記事をアップする1月24日は、自治会と地元協力団体の賀詞交歓会

主催者は自治会長の私、この行事で平成28年の新年会は終了です

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(88)  コメント(21) 

若い日の思い出<銀座追想記> [東京を歩く]

若い日の思い出

<銀座追想記>

オフ会(前記事)の前に夜の銀座を散歩したが、並木通りで見つけた三笠会館

東京に赴任した20歳代半ばの体験を思い出し、この記事を綴ることにした

好奇心が旺盛で物おじしない性格のためなのか、安月給時代の愉快な出来事ですが

今、思い出すと懐かしい、帝国ホテルの体験と合わせて失敗談を紹介します

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:1月14日>

<銀座4丁目>

行き交う人は中国系と思える外国人が多い、彼らの集合場所は銀座8丁目

家電製品の段ボールを下げた二人連れがいたが・・時代は大きく変わった

A01-14-21 141xxx.jpg

銀座和光

子供たち3人が幼いころ、大銀座祭のパレードを見学したが、夕食は

西銀座、東芝ビル最上階の「レストラン四季」、家族で行ける店が少ない時代でした

A01-14-21 144xxx.jpg

三愛ビル

ビル全体が総ガラス化させた円筒型の建物、銀座のランドマークと言われた

子供達と最上階に上がりビル内を回りながら1階に降りたが、今はいないでしょう

A01-14-21 154xxx.jpg

ビル1階の花屋

A01-14-21 158xxx.jpg

<野菜サラダ ライス 注文>

三笠会館 銀座

昭和35年ころ、丸の内・日比谷・内幸町の顧客に営業訪問をした行きか帰りに

若さも手伝い銀座を闊歩していたが、三笠会館で洋食が食べたくなり店内へ

A01-14-21 177xxx.jpg

今の人たちには信じられないが、スパゲッティ―、ハンバーグを初めて食べたのは

東京で生活を始めた20歳代半ば、勿論高級レストランに入ったこともな

A01-14-21 174xxx.jpg

サラダとライスを頼む・・変な客

席に案内されメニューを見ると・・どれも高い!!

ようやく見つけた廉価な料理はサラダ、ライスと一緒にオーダーしたが

A01-14-21 171xxx.jpg

野菜サラダに・・ビックリポン

店員が運んできたのは、ワイングラスのような器にキュウリなど野菜を盛ったもの

私が思っていた野菜サラダとは、ジャガイモをすり潰したポテトサラダの事でした

当時は生野菜が苦手で、ライスに食塩をかけて食べ・野菜サラダはそっくり残した

財布は軽く肉料理などは注文できない・・店員は変な客だと思ったでしょう

 13dscn7582[1] (274x370).jpg 640x640_rect_41291456[1] (320x240).jpg

<日本一のホテルで・カレーライス>

帝国ホテル中央玄関

愛知県犬山市の明治村に移設保存されている、帝国ホテルの中央玄関

大谷石と赤煉瓦造りの重厚な建物に興味が有り、日比谷に行くと度々訪れていた

6abe3ac690bc2b7ddcbd5cc4b27aa71f[1] (538x358).jpg

掲載写真は・・すべて明治村の写真集から拝借

teikoku021[1] (538x358).jpg

昭和35年ごろの体験 (写真は玄関ロビー)

赤い絨毯の上を靴を履いたまま歩くのも初めて、向かった先はレストランです

当時の為替レートは1ドル360円の時代、ホテルの客はほとんどが外国人でした

IMG_0493b[1] (538x359).jpg

大枚をはたいて・・カレーライス

ロビーを通り抜けると、奥に広々としたレストラン(この写真ではない)

外国人が周囲のテーブルで食事中・・私はメニューも見ずにカレーライスを注文

 5-67-03[1] (538x398).jpg

新婚時代に・・再びカレーライス

「江利チエミのマイフェアレディー」を鑑賞に、東京宝塚劇場へ行った時も

妻を帝国ホテルに案内しカレーライスを注文、聞こえてくるの外国人が話す英語

席の近くにはボーイが立ち、妻は緊張のあまり味が分からなかっと言う

imperial_5[1] (480x437).jpg

このような事も(結婚前)

会社の同僚に頼まれ、帝国ホテルに案内した日は・・なんとカレーライスが無い

英語のメニューを見ても分からない、ようやく見つけたのはサーモンのムニエルでした

------------------------------------------------------------------------------------------------------

終戦後僅か15年過ぎたころの体験、貧しい生活であったが夢と希望を持っていた

------------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(85)  コメント(20) 

銀座で鰻で新年会<ソネブロ オフ会> [東京を歩く]

銀座で鰻で・新年会

<ソネブロ オフ会>

昨年は、自治会の仕事に追われオフ会に参加する機会をつくれなかった

今年1月も地元団体の新年会に8回参加するが、それは土曜・日曜が多い

駅員3さんから誘いを受けた14日は幸いOK、グランドゴルフを午後3時半に終え

鰻「銀座ときとう」へ向かったが、その味に大満足の今年最初のオフ会でした

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:1月14日>

<銀座ときとう>

ソネブロ・新年オフ会

A01-14-11 113xxx.jpg

店の紹介

『銀座ときとう』さんのオーナーシェフは30代の新進気鋭の方で、15歳で赤坂の老舗鰻屋に弟子入りし、20代でフランスに渡りフレンチを極めて、一昨年銀座にお店を開かれた方です。巷ではミシュラン入りも間近ではないかとささやかれており、ミシュラン入りする前に味わっておこうと言う企画です。 駅員3の記事から拝借した

A01-14-11 117xxx.jpg

生ビールで乾杯

ソネブロ恒例の乾杯、そのあと皆さんは好み酒類を注文、私は冷酒を2合ほど頂いた

参加者6人が差し向かいで会食、一つの事が話題にできる格好の人数です

駅員3さん、YUTAじいさん、Suzuran6さん、NO14Ruggerさん、ちょいのりさ

A01-14-11 120xxx.jpg

鰻の会食コース

係りの女性から料理の説明を受けたが、覚えきれないので写真の羅列です

皆さんの記事を代表して、主催者の「駅員3さん⇒◆新年会のお礼」をご覧ください

(左):フランスパンの上に蒲焼き (右):骨せんべい、煮凝りなど

A01-14-11 123xxx (310x233).jpg A01-14-11 127xxx (310x233).jpg

刺身は、マグロと白身(魚は??)

A01-14-11 130xxx (310x233).jpg A01-14-11 134xxx (310x233).jpg

鰻の白焼き

焼きあがった白焼きを山葵(わさび)で味わう・・旨い!

A01-14-11 138xxx.jpg

(左):雲丹、海老芋、赤蒟蒻など (右)鰻と団子のスープ(すっぽん入り)

A01-14-11 141xxx (310x233).jpg A01-14-11 144xxx (310x233).jpg

極めつけ「うな重」

皆さん揃って、ご飯を少量にして貰ったが、完食して気が付けば満腹でした!

A01-14-11 146xxx.jpg

会食の仕上げは・・

(左):アイスクリームとチーズケーキ  (右):抹茶と金平糖

A01-14-11 149xxx (310x233).jpg A01-14-11 151xxx (310x233).jpg

旨い料理を腹いっぱい頂き「満腹感」と「満足感」が・・120%

そして日本酒の酔いも手伝い、自宅に帰るのが面倒になる思いで帰路についた

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

<夜の銀座>

並木通り

集合時間より1時間ほど早く着いたので、夜の銀座をぶらり散歩

オフ会の前に「銀座ときとう」の場所を確認し、銀座4丁目辺りまで往復した

A01-14-21 111xxx.jpg

歩道の灯り

街路灯のポールに付けられたLEDの灯りで歩道をデザイン

並木通りの各所に設けられていたが、派手なイルミに比べセンスが良い

A01-14-21 114xxx.jpg

A01-14-21 119xxx.jpg A01-14-21 122xxx.jpg

和服姿の女性

銀座のクラブを利用する、社用族、官官接待、芸能人などは昔に比べ減少?

A01-14-21 183xxx.jpg

スタイルの良い銀座の女性??

A01-14-21 123xxx.jpg

A01-14-21 126xxx.jpg

ユニクロ銀座

高級感とセンスの銀座中央通り、中国人らしい爆買いの人たちが出入りしていた

A01-14-21 129xxx.jpg

外国の街角??

東銀座の三原橋辺り、歌舞伎座の建物を見に行く途中で撮影した

A01-14-21 160  三原橋xxx.jpg

----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、若い日の思い出<銀座追想記>を紹介します

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(79)  コメント(17) 

越前加賀旅行記(9)<永平寺その2> [北陸の旅]

越前加賀旅行記(9)

<永平寺 その2>

8回に分け綴った「越前加賀旅行記」もこの記事が終回です、何よりも良かったのは

快晴の日が3日間も続く幸運に恵まれ、充実した旅を続けられた事でしょう

何処かへ連れて行ってと頼まれ、能登半島一周を考えたが高齢の姉妹には道中が長く

急きょ越前加賀旅行に変更、姉から良い旅でしたと感謝され、添乗員も満足です

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<添乗員旅行:11月6日>

<永平寺拝観>

法 堂

天保14年(1843)に改築された法堂、七堂伽藍の中で最も高い場所に建つ

道元禅師の説法道場で、朝のお勤めなどや各種法要が行われる

A11-06-71 160.jpg

法堂内部

中央に本尊の聖観音菩薩を祀る、階段下の左右には阿吽の白獅子が置かれている

 A11-06-71 180.jpg

法堂からの眺め

堂の前庭を飾る美しいモミジ、訪れた時期も良く好天気に感謝です

A11-06-71 197.jpg

A11-06-71 195.jpg

法堂の前から山門など伽藍を展望する

A11-06-71 200.jpg

法堂の前を歩くのは欧米系の観光客、永平寺は外国人も多い

 A11-06-71 188.jpg

ひと休みをする姉妹

姉妹たちは、法堂の前に置かれた長椅子に座り、景色を愛でながら休憩です

 A11-06-71 166xxx.jpg

仏 殿

二層屋根の重厚な建物、七堂伽藍の中心に位置し永平寺の本尊釈迦牟尼仏を祀っている

右隅に座っているカメラマンの声が大きい、前記事の僧堂と同じ人物です

a11-06-71 208.jpg

仏殿内部

須弥壇の中央に永平寺の本尊釈迦牟尼仏を安置、両側に脇侍を祀る

三体の仏像は、左から過去・現在・未来になっている

A11-06-71 204.jpg

山 門

寛延2年(1749)に再建された、永平寺の最古の建造物

三解脱門とも呼ばれ仏の世界に入る門と言う、両脇に四天王像を安置している

A11-06-71 225.jpg

仏教の守護神四天王

(左)増長天  (右)広目天

A11-06-71 212.jpg

(左)多聞天  (右)持国天

A11-06-71 215.jpg

浴室(風呂)

入浴は静寂の中で厳粛に行われる、水を大切に使い身も心も清める修行です

A11-06-71 227.jpg

鐘楼堂

大梵鐘は1日に朝・昼・夕・夜の4回修行僧によって撞かれる、除夜の鐘で有名

A11-06-71 231.jpg

報恩搭(納経搭)

A11-06-71 244.jpg

参道に出て

境内の報恩搭、舎利殿を撮影し、永平寺の拝観は終了です

A11-06-71 248.jpg

門前蕎麦「一休」

永平寺の門前でドライバーさんの出迎えを受け、推奨された門前蕎麦店で昼食

ソースカツが旨い店だとの宣伝文句につられ迷わず注文

A11-06-71 301.jpg

(左)姉妹たち (右)私とドライバーはソースカツ定食(いい味でした)

CIMG5952 (314x236).jpg CIMG5953 (314x236).jpg

福井城のお濠端

ドライバーさんの好意で福井城を半周、桜の紅葉が美しく下車をし撮影した

A11-06-71 321.jpg

福井駅の駅舎は恐竜の絵、駅前には動く恐竜を数体を展示し恐竜博物館の状態です

私たち全員は事情があって、東京に戻らず揃って大阪に向かった

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

越前加賀旅行記、長い記事になりましたが、ご覧頂き有り難うございました

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(72)  コメント(16) 

越前加賀旅行記(8)<永平寺・その1> [北陸の旅]

越前加賀旅行記(8)

<永平寺 その1>

北陸本線武生駅からスタートした今回の旅行、越前加賀の観光名所を順に巡ったが

旅の締めに選んだのは「永平寺参拝」、姉妹も私たちも一度訪れているが

それは20年ほど前のこと、当時は永平寺の参道商店街まで電車が走っていた

昔と変わらないとは言え、年を重ねた私には永平寺のすべてが新鮮に見えた

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<添乗員旅行:11月6日>

<曹洞宗大本山 永平寺>

永平寺は、寛元2年(1244)に道元禅師によって開かれた座禅修行の道場です

境内を三方を山に囲まれた深山幽谷の地に堂塔が立ち並んでいる

現在は曹洞宗の大本山として、僧侶の育成と壇信徒などの信仰の場である

A11-06-71 111.jpg

晩秋の参道

木漏れ日が美しい参道、前方を歩く3人は姉妹です

A11-06-71 117.jpg

吉祥閣

通用門で拝観受付けを済ませ永平寺の境内へ、吉祥閣の広間で

若い修行僧から永平寺の説明と注意事項などを聞き、順路に従い拝観に向かう

A11-06-71 122.jpg

傘松閣

絵天井の大広間と呼ばれている156畳敷きの部屋

1階の部屋と共に、参拝者の研修・宿泊などに使用される

A11-06-71 125.jpg

天井絵

昭和5年当時の著名な画家が描いた、花や鳥を中心にした230枚の色彩画です

A11-06-71 128.jpg

山 門

永平寺の回廊を時計回りに巡回、山門は次回の記事で紹介します

A11-06-71 137.jpg

山門から仏殿へ

A11-06-71 131.jpg

仏 殿(右)

A11-06-71 140.jpg

法 堂(奥の建物)

A11-06-71 143.jpg

僧 堂

座禅・食事・就寝に至るまでの根本道場、修行僧の撮影は禁止

静かに拝観の注意を受けが、カメラマン男女が大声で話していた・・喝!

A11-06-71 147.jpg

仏殿の前庭

A11-06-71 150.jpg

廻廊の階段

姉妹たちが前方の階段を上がって行く

A11-06-71 154.jpg

承陽殿

永平寺の開山道元禅師の霊廟(墓)、曹洞宗の発祥の聖地と呼ばれる場所

廻廊の階段の途中から撮影、次に続きます

A11-06-71 158.jpg

承陽殿の前

上の写真と同じ門を承陽殿の前から撮影、霊廟内の撮影は控えた

A11-06-71 171.jpg

A11-06-71 175.jpg

承陽殿の前庭

A11-06-71 177.jpg

法堂前の紅葉(1)

永平寺で最も高い場所に建つ法堂、見事な紅葉です

A11-06-71 164.jpg

A11-06-71 168.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、越前加賀旅行記(9)<永平寺その2>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(84)  コメント(27) 

越前加賀旅行記(7)<越前竹人形の里> [北陸の旅]

越前加賀旅行記(7)

<越前竹人形の里>

旅の3日目(最終日)は、加賀温泉郷の山中温泉から山を越えて越前福井県へ

目的は永平寺ですが、その途中にある越前竹人形の里に立ち寄った

日本人は、竹籠・竹ほうき・行灯・団扇など、昔から竹を細工し上手に利用した

「越前竹人形の里」の創作品は、まさに手先が器用な日本人の芸術作品です

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

昨年11月初めの添乗員旅行記、足掛け2年の記事になりました

<添乗員旅行:11月6日>

<創作竹人形館>

豊かな竹林に囲まれた「竹人形の里」、晩秋とは思えない美しい眺めです

10年前に訪れた時の印象が良かったので、姉妹たちを案内した

A11-06-31 111.jpg

竹人形工房入口

姉妹たちをこの門の前で記念撮影、これも添乗員の仕事です

A11-06-31 114.jpg

竹人形工房

翌年の干支「申」の竹人形を作っていた

A11-06-31 131.jpg

工房の欄間

欄間の細工も、竹をあしらっている

A11-06-31 149.jpg

竹の種類

竹の上下に付いた模様(矢印)は、雷が落ちた時にできたと説明を受けた

A11-06-31 121xxx.jpg

竹の花

ほとんど見る事ができない竹の花、作業をしている人に教えられた

A11-06-31 127.jpg

竹細工の作業(1)

真竹(まだけ)を使用し、竹筒を0.2mm以下まで割き続けて髪のように細くする

真竹の見分け方は節の線が二重、孟宗竹は一重だと聞いた

A11-06-31 137.jpg

竹細工の作業(2)

女の命といわれる髪(矢印)、美しい人形が出来上がります

A11-06-31 133xxx.jpg

天眼鏡で拡大

1体の人形に、約5,000本から7,000本ほど植えつけると言う

A11-06-31 140xxx.jpg

竹細工のカブトムシ

A11-06-31 146.jpg

よさこい踊りの竹人形

A11-06-51 154.jpg

創作竹人形館

竹人形の創作美術館、見事な作品を少し撮影させて貰った

解説を書く知識がないため、撮った写真を羅列します

A11-06-51 168.jpg

作品「花 魁」

A11-06-31 143.jpg

作品「笹鳴り」

竹人形の里の代表作、襟元は竹筒を三重に重ね着物に竹模様を描いています

A11-06-51 164.jpg

 アングルが悪いので(上の写真)、福井県観光課の写真を借用した

picture1sel_6encbm8suod24lhmt6n0sufue3_20120926100859[1] (538x426).jpg

作品「経 政」

A11-06-51 157.jpg

作品「しだれ桜」

A11-06-51 169.jpg

作品「遊 里」

A11-06-51 174 (315x419).jpg A11-06-51 171 (312x419).jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、越前加賀旅行記(7)<永平寺・その1>を紹介します

------------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(84)  コメント(21) 

新春の花々<昭和記念公園(234)> [昭和記念公園]

新春の花々

<昭和記念公園 (234)>

この冬は暖冬だと聞いているが、草木はその暖かさのためであろうか

花の咲き始める時期が異常と思えるほど早い、昭和記念公園のHPを見ると

例年より一か月も早く寒梅が咲き始めている、1月下旬まで忙しい日が続くので

季節を先取りした花々を見て歩いたが、早春と見間違えるような眺めでした

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:1月2日>

<真冬に咲く花々>

花の写真の羅列になりますが、どうぞご欄ください

八重の野梅

花木園の梅林で咲いていた白梅、他の梅も蕾が大きく膨らんでいた

A01-02-21 190.jpg

A01-02-21 193.jpg

寒紅梅

砂川口に近いこもれびの池、毎年他の梅に先がけて咲き始めます

A01-02-21 114.jpg

A01-02-21 117.jpg

野 梅

日本庭園の表門入口の白梅です

A01-02-21 166.jpg

ソシンロウバイ

こもれびの池の周囲に多いソシンロウバイ、早やくもピークでした

A01-02-21 119.jpg

A01-02-21 121.jpg

セツブンソウ(節分草)

ロープで囲った中で咲き始めているが、花の数が少なく小ぶりで見えにくい

A01-02-21 136.jpg

A01-02-21 131.jpg

ユキヤナギでしょうか?

A01-02-21 125.jpg

サンシュユ

赤い実を撮ったが、枝先には新しい花芽が育っていた

A01-02-21 128.jpg

ヨウズイセン

桜が咲き始めるころに咲き、チューリップと入れ替わるように咲き終わる花

今年の咲き初めは早すぎる、花壇には遅咲きのスイセンもあるが新芽は見えない

A01-02-21 169.jpg

A01-02-21 174.jpg

スノードロップ

12月初めに咲いていたので、花の時期は間もなく終わりでしょう

A01-02-21 179.jpg

クリスマスローズ

花壇の中で咲き始めていたが、紫系の花は少し先になりそうです

A01-02-21 188.jpg

A01-02-21 186.jpg

ニホンズイセン

ナツズイセン、ヒガンバナが咲く斜面で撮影、花の時期は終わりに近い

A01-02-21 196.jpg

A01-02-21 202.jpg

花木園で咲いていた二重のスイセン

A01-02-21 198.jpg

新春の昭和記念公園を中断し、昨年秋の越前加賀旅行記に戻します

----------------------------------------------------------------------------------------------------

11日~12日は伊豆半島旅行です、新名所の三島スカイウオークが楽しみです

------------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(68)  コメント(16) 

新年カメラ散歩<昭和記念公園(233)> [昭和記念公園]

新年カメラ散歩

<昭和記念公園 (233)>

暖かい日が続いた今年の正月、昭和記念公園のHPを見ると一か月も早く

ソシンロウバイは満開になり、寒梅やヨウズイセンが咲き始めている

1月5日が過ぎると下旬まで何かと所用が続くので、新年早々昭和記念公園の

真冬の花を撮りに行ったが、正月2日であるが入園者の多さに驚いた

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:1月2日>

<新春の公園>

A01-02-11 111.jpg

砂 川 口

地元の神社「阿豆佐味天神社」で初詣(前記事)を済ませた後は昭和記念公園へ

新年カメラ散歩は、何時ものように砂川口からスタートです

A01-02-11 114.jpg

砂川口の正月飾り

こもれびの里から日本庭園、みんなの原っぱに向かう

A01-02-11 115.jpg

正月2日の園内

正月を昭和記念公園で過ごす家族が、白梅を撮っていた私の前を通り過ぎて行く

この日の目的は「真冬に咲く花」でしたが、正月を楽しむ人たちの様子を綴る事にした

A01-02-11 141.jpg

みんなの原っぱ

家族連れでしょうか、この人たちは弁当を食べています

この日の気温は12度ほどで暖かく、吹く風も弱い穏やかなお正月です

A01-02-11 118.jpg

子供の遊具広場

子供たちの元気な歓声が聞こえてくるので、立ち止まり少し眺めていた

A01-02-11 125.jpg

元気で遊ぶ子供たち

A01-02-11 128.jpg

原っぱで凧揚げ

数えてみると10ほど揚がっていた、凧の形は違うが子供の頃を思い出す

A01-02-11 132.jpg

A01-02-11 135.jpg

サイクリングを楽しむ親子

A01-02-11 138.jpg

渓流広場のレストラン

暖かい日差しの下でランチタイム、高齢者の夫婦も多い

A01-02-11 142.jpg

こどもの森の広場

ここでも昼時間を過ごす人たち、私も焼きそばを買い細やかなランチです

A01-02-11 144.jpg

ワンちゃんも、2日から園内散歩です

A01-02-11 152.jpg

水鳥の池

女の子に手漕ぎボートを教えるお父さん、真冬の春景色です

A01-02-11 161.jpg

池の1本ケヤキ

定点観測をしている池のケヤキ、手前の枝に鈴懸の実が下がっている

A01-02-31 149.jpg

鈴懸の木の実

A01-02-31 151.jpg

池の鴨もひと休み

1本ケヤキの島の南側、鴨たちも島で暖を取っているのでしょうか

A01-02-31 157.jpg

こちらは・・水に浮かび休む鴨

A01-02-31 160.jpg

もみじ葉鈴懸の木

すっかり葉を落とした鈴懸の木、幹や枝は真っ白になっているが寒さを感じない

枝先の所々に、ボール状の実が残っています

A01-02-31 144.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、新春の花々<昭和記念公園>を紹介します

------------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(72)  コメント(15) 

2016年 初詣 [東京を歩く]

2016年 初詣

地球温暖化の影響であろうか、小春日和のような暖かい日が続いた正月三が日

元日は子供たちが集まり、新しい年を賑やかに遅くまで過ごしたが

2日から始動開始し、地元の阿須豆佐味天神社に地域の繁栄を願い参拝

そして3日は、山王日枝神社と高幡不動尊に参拝し国の安穏と家族の安全を祈願した

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<参拝日:1月2日>

<砂川の総鎮守>

阿豆佐味天神社

立川市砂川地区の総鎮守として、地元の人たちに崇敬されている阿豆佐味天神社

今年も、地元の自治会や団体など地域全体の発展を願い参拝をした

運転できない私には、徒歩1時間の距離は遠く感じるが今年も訪れる機会が多い

B01-02-11 111.jpg

B01-02-11 115.jpg

天神社拝殿

拝殿は、文久3年(1839)に造営した、立川市最古の総けやき造りの建造物

大晦日の夜から初詣の人の列が続くが、1月2日の朝9時半は参拝者はまだ少ない

B01-02-11 119.jpg

火にあたる参拝者

かがり火にあたると、1年間健康で無事に過ごせるという

境内社に、八雲神社、御嶽神社、八坂神社、立川水天宮がある

B01-02-11 122.jpg

参拝を終えた後は、昭和記念公園に向かい新春カメラ散歩です

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

<参拝日:1月3日>

<国家安穏 祈願>

山王日枝神社

日枝神社は、比叡山延暦寺の守護神として栄えた日吉大社の末社

山王とは神の別名、近江国日枝山(後に比叡山)の神を言う、国家安泰を願い参拝した

山王鳥居は笠木に破風を乗せた独特の形状、神仏習合を表し合掌鳥居と呼ばれている

A01-03-11 111.jpg

山王男坂

日枝神社の正門になる山王鳥居、石段を上ると日枝神社の神門がある

 A01-03-11 139.jpg

神門から拝殿

 大山咋神を主祭神とし、相殿に国常立神の二神を祀っている

混雑を予想し早い時間(10時半)に訪れたのが幸いし、神門まで順調に到着

A01-03-11 117.jpg

皇城鎮護の額

明治遷都の際に準勅裁の指定を受け、皇城鎮護、国家安穏の神社となる

A01-03-11 121.jpg

天下泰平・国家安穏の幕

日枝神社一帯は日本政治の中心地、出世運、成功運のパワースポットです

A01-03-11 125.jpg

夫婦猿の狛犬

日吉大社の神の使いは猿、今年は申年(さるどし)です

猿は親子の情が厚い動物、縁結び、安産、子宝にご利益があると言う

A01-03-11 128.jpg A01-03-11 130.jpg

夫婦猿にお参り

何かと思ったら、夫婦猿の前に長い行列

さすがに申年、賽銭箱も用意され、家内は「ビックリポン」だと驚いていた

A01-03-11 133.jpg

日枝神社の大看板

大看板の主役の座は、やはり「夫婦猿」でした

A01-03-11 147.jpg

階段の途中まで長い行列

日枝神社に着いた時はまだ空いていたが、参拝を済ませた僅か30後には長蛇の列

参拝者の多さに、早く来てよかったと、妻は再び「ビックリポン」

A01-03-11 142.jpg

フユザクラ(冬桜)

赤坂見附に近い山王鳥居の両脇の冬桜、今年は早くも散り始めていた

A01-03-11 149.jpg

サンマルクカフェ

赤坂東急ホテルの前で、サンドウィッチとコーヒーで早めのランチタイム

A01-03-11 152.jpg

次は、都営地下鉄と京王電鉄を乗り継いで高幡不動に向かう

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

<参拝日:1月3日>

<家内安全 祈願>

高幡不動尊金剛寺

京王線高幡不動駅から続く参拝者の行列、約200mの参道は・・人・人・人

正月3日の初詣は初めてですが、高幡不動尊は参拝者が多い

A01-03-21 111.jpg

仁王門(重文)

昨年は板囲いし修復工事をしていたが、吹き替えられた屋根は美しい

参道の国道を渡ると仁王門、そして高幡不動尊の境内、人の流れは思ったより早い

A01-03-21 114.jpg

不動堂(重文)

高幡不動尊は、清和天皇の勅により慈覚大師円仁が不動堂を建立

人の流れに従い不動堂の前へ、想定した時間より早く参拝することが出来た

A01-03-21 121.jpg

山 門

不動堂の周辺は、数多くの屋台が軒を連ね歩くのも困難なほど混雑していが

僅か20段ほどの石段を登り、大日堂の山門を入ると途端に参拝者が少なくなる

A01-03-21 123.jpg

大日堂

高幡山の総本堂「大日堂」に参拝、堂内に鳴り龍天井がある

A01-03-21 125.jpg

不動堂(左)・宝輪閣

混雑する境内、五重塔の周囲は野外食堂の様相でした

A01-03-21 133.jpg

参道の商店街を高幡不動駅に歩いたが、駅前まで参拝者が続いていた

----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、新年カメラ散歩<昭和記念公園>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(82)  コメント(18) 

わが家の正月<窓辺の花> [花の画像]

わが家の正月

<窓辺の花>

 わが家の元日は、家族が集まり妻が用意したおせち料理と雑煮で祝い、そして

夜は賑やかに杯を重ね、すき焼き鍋を囲むのが恒例行事、何よりも健康に感謝です

出窓や庭に咲かせていた季節の花々、撮った写真の整理が遅れ年を越してしまったが

新年のブログ始めを飾るため、シャコバサボテンを第一弾としてアップします

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<正月元旦>

穏やかな元日(2016年1月1日 10時45分)

初詣、2日は地元の阿豆佐味天神社、3日は日枝神社、高幡不動尊に参拝しました

CIMG7530 (538x404).jpg

年賀の日本酒

元日は、加賀鳶、貴仙寿(奈良)で杯を重ねたが、実にうまい清酒でした

私は日本酒党ですが酒豪ではないので、黒松剣菱は自治会の新年会に寄贈します

CIMG7533 (538x404).jpg

今日1月5日は私の誕生日、また一つ年を重ねました

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

シャコバサボテン

<オレンジ系>

シャコバサボテンは、日中の長さが短くなると花芽を付ける「短日植物」

冬至が近づくと花が咲き始める、オレンジ系の色が気に入り昨年秋に一鉢購入した

 A1-111 CIMG2712 (538x403) 03.jpg

<出窓に置き観察>

花芽が大きくなるのを観察したが、明るい場所が良いのか分からない

A1-115  CIMG2680 (538x404) 01.jpg

A1-120 CIMG2704 (538x404) 05.jpg

A1-147 CIMG2737 (538x403) 13.jpg

<ホワイト系>

昨年も、綺麗に咲いてくれた

B1 11 CIMG5041 (538x404).jpg

B1 13 CIMG6276 (538x404) (2).jpg

白を強調するためテレビ画面の前で撮影

B1 15  CIMG6167 (538x404).jpg

<ピンク系>

株が弱ってきたが、何とか咲いてくれた

B2 11 CIMG6279 (538x403).jpg

B2 17 CIMG6283 (538x404).jpg

自宅の内外

<オリズルラン>

親の株から新しい芽が伸び、そして新芽の下に根が出ると鉢植えにしている

親から子、子から孫へ、株が増え続ける目出度い植物です

CIMG7162 (538x404).jpg

CIMG7155 (538x404).jpg

<チロリアンランプ>

妻の妹が持ってきた鉢植えの木、大きくなり年中花が咲く

CIMG6404 (538x404).jpg

CIMG7024 (538x404).jpg

<サザンカ(山茶花)>

地元の農業祭で貰った小さな株、今では大きく育ち手入れに手間がかかっている

CIMG6403 (538x404).jpg

<渋 柿>

老人会の旅行のときに買った渋柿、甘さが増し美味しく頂いた

CIMG7151 (538x403).jpg

<柚子(ユズ)>

次男の嫁の実家、自治会の理事さんたちから有り余るほど頂いた

CIMG7238 (538x404).jpg

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

新年カメラ散歩(1月2日)

今年の正月は小春日和のように暖かい、早速2日に昭和記念公園で新年初散歩をしたが

ソシンロウバイが満開、例年よりひと月早くウメとヨウズイセンが開花していた

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(81)  コメント(26) 

新年のご挨拶 [ごあいさつ]

あけまして

おめでとうございます

皆さまには、お健やかに新年を迎えられたと存じます

本年も素晴らしい年でありますよう 心からお祈り申し上げます

平成28年元旦

3794576[1] (416x450).jpg

 日残リテ 昏ルルニ イマダ遠シ

------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

人生・まだまだ先がある!!

日々重ねて近づく傘寿、老いるにはまだ早い

今年も若さを失わず「旅と散歩」のブログを続けます。

箱根芦ノ湖(平成27年2月2日)

A02.02-41 121.jpg

熱海梅園(平成27年2月3日)

A02.03-21 111.jpg

芝増上寺(平成27年3月31日)

A03.31-11 170.jpg

わが家のサクラソウ

例年より1ヶ月早く咲き始めました(平成27年12月31日)

CIMG7496 (538x404).jpg

本年も宜しくお願い致します

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(87)  コメント(48)