So-net無料ブログ作成

黄葉・紅葉めぐり<昭和記念公園(229)> [昭和記念公園]

黄葉・紅葉めぐり

<昭和記念公園(229)>

落葉樹は日に日に黄葉・紅葉が進み、そして数日遅れると変色し落葉してしまう

束の間の輝きを見逃せないと、秋の日の散策を1日おきに2度実行したが、特に

モミジの色の変化を実感した、私は、黄葉・紅葉する樹木は何でも観察するが

なかでもナンキンハゼに目を奪われることが多い、この記事は木の葉の特集です

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:11月19日・21日>

<南京はぜ(ナンキンハゼ)>

昭和記念公園には、ナンキンハゼが驚くほど多い

私はモミジよりこの木の紅葉を好むが、隣りで撮影していた女性も同じ意見であった

撮影ポイントを知っている積もりでいたが、残堀川の川床などで新発見をした

A11-19-21 117.jpg

濃い赤色もあるが、満足する撮影ができなかった

A11-19-21 119.jpg

A11-19-21 123.jpg

A13.11.19-21 ハゼ18.jpg

この2点は、2年前に撮った写真の蔵出しです

D12.11.10-31 紅葉樹58 (308x410).jpg D12.11.10-31 紅葉樹55 (308x410).jpg

<落葉樹・8点>

メタセコイヤ

今年の黄葉、紅葉は、モミジに限らず不満足な樹木が多い

秋の長雨と高温続きが影響を与えたものと、勝手に推察をしている

A11-19-61 120.jpg

メタセコイヤが黄葉する時期は11月末、まだ綺麗な黄葉が見れない

A11-19-61 114.jpg

トチノキ(栃ノ木)

A11-19-61 124.jpg

イタヤカエデ

緑・黄・茶、カラフルな色の取り合わせの葉、落ち葉も美しい(前記事)

A11-19-61 175 イタヤカエデ.jpg

ヤマボウシ

昨年撮った写真に比べると、赤色が薄く葉の色もぼやけている

A11-19-61 124  ヤマボウシ.jpg

ハナコウバシ

この葉も、ヤマボウシと同様に色が抜けたのであろうか

A11-19-61 127 ハマコウバシ.jpg

カマツカ(鎌柄)

A11-19-61 133 カマツカ.jpg

イイギリ

ぶどうの房のように垂れ下がる赤い実、葉を撮ったのは初めてです

 A11-19-61 135 イイギリ.jpg

ハクモクレン?

A11-19-61 181.jpg

<イチョウの黄葉>

イチョウの絨毯(前記事)の撮影に気をとられ、葉の撮影が疎かになった

A11.13-31 黄葉61.jpg

A11-19-11 197.jpg

<モミジの紅葉>

オオモミジ・2点

日本庭園にはオオモミジが多く、同じ種類の木でも紅葉する時期に差があるようだ

早く紅葉する木ほど美しい赤に染まる、この木は黄葉のまま散るようです

A11-19-31 114.jpg

A11-19-31 158.jpg

イロハモミジ?

A11-21-31 128.jpg

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、晩秋の賑わい<昭和記念公園>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(74)  コメント(15) 
共通テーマ:旅行

落ち葉の絨毯<昭和記念公園(228)> [昭和記念公園]

落ち葉の絨毯

<昭和記念公園(228)>

立川口のカナール、かたらいの道のイチョウ並木は東京の名所として知られている

神奈川県、埼玉県、千葉県などから、イチョウを目的に来園する人も多いと聞く

サンデー毎日の特権と地元の利を活かし、好天気の木曜日(11月19日)に訪れたが

昭和記念公園の年間入場者は400万人を突破、21日は10万人を超えたであろう

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:11月19日>

<立川口カナール>

都心より平均気温が2度ほど低いためで有ろうか、毎年黄葉する時期が早い

写真(右側)のイチョウは、ほとんど散ってしまった木も有る

カナールの並木は、長さ200m、4列 106本のイチョウがある

A11-19-11 171.jpg

黄金色のトンネル(1)

敷き詰められたイチョウの絨毯、平日(11月19日)の午後1時半です

A11-19-11 181.jpg

若い女性カメラマンさんも・・撮影に熱中

 A11-19-11 183.jpg

カップルがポーズを決めて撮影中

A11-19-11 193.jpg

イルミネーション準備のため、11月24日から片側の道を歩行制限される

A11-19-11 188.jpg

黄金の雪が積もったように見える

A11-19-11 199.jpg

<かたらいの道>

黄金色のトンネル(2)

かたらいの並木は、長さ300m、2列 98本のイチョウがある

西日を受け輝くトンネルの散歩道、陽光を浴びたイチョウは美しい

A11-19-11 147.jpg

カナールの並木とは異なった、散歩道らしい落ちつきを感じる

A11-19-11 157.jpg

A11-19-11 149.jpg

<黄金色の絨毯>

みんなの原っぱ・北側

イチョウの絨毯が美しいエリア、園内2ヵ所の並木に比べ訪ねる人が少ないが

イチョウの木の下に黄金色の絨毯が表れる、私の好きなポイントです

A11-19-11 123 .jpg

カメラマンが少ない撮影ポイントです、日本庭園の東門前の斜面を下ると近い

A11-19-11 112.jpg

A11-19-11 114 .jpg

木の枝の映り込みを狙って撮影する

A11-19-11 143.jpg

<けやきの絨毯>

けやき&イチョウ

手前はけやき、奥はイチョウ、2種類の落ち葉を撮ったが分かるでしょうか

A11-19-11 131 .jpg

茶褐色のけやき

 A11-21-31 137.jpg

<南京はぜの落ち葉>

第3サークル近く

昭和記念公園にはナンキンハゼが多く、毎年紅葉を楽しみにしている

今年も紅葉を撮ったが(記事は次回)、落ち葉にも2種の色が有る

A11-19-21 131.jpg

上の写真はオレンジ系、この落ち葉は赤色系です

A11-19-21 141.jpg

葉の色つやも私の好みです

A11-19-21 138.jpg

<イタヤカエデ>

園路 東側の道

くすんだ茶系色が多いカエデ系の中で、明るい黄葉が美しい

A11-19-21 171 イタヤカエデ.jpg

A11-19-21 173 イタヤアエデ.jpg

<鈴懸の木>

水鳥の池端の並木

落ち葉の量もさすがに多い、鈴懸の実も撮影したが次回にアップします

 A11-21-11 113.jpg

公園の無料ゾーン(立川口~立川駅へ)

プラタナスであろうか、木の根元集まっている落ち葉が美しい

A11-21-31 164.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、黄葉・紅葉めぐり<昭和記念公園>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(76)  コメント(18) 
共通テーマ:旅行

東京丸の内<ビル街散策(2)> [東京を歩く]

東京丸の内

<ビル街散策(2)>

高層化が進む東京丸の内のビル街、私が上京した55年前の丸の内仲通りには

赤煉瓦造りの低層ビルが並び独特の景観を見せていたが、今は大きく変貌をした

丸ビル・中央郵便局・銀行会館も高層化(前記事)したが、当時の外観を残し再開発

その中でも明治生命館は重要文化財に指定され、この日は館内見学が目的でした

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:11月16日>

<明治生命館など>

行幸通り

天皇陛下の行幸や信任状捧呈式に向かう各国大使の送迎の車馬が通る道

八重洲通り~東京駅~行幸通り~皇居~新宿通り~新宿御苑までを風の道とも言う

東京駅の奥に見える赤い広告塔が都市景観を妨げている、自粛が必要と思うが

A11-16-11 169 CIMG6340 (538x404).jpg

行幸通りのイチョウ

東京都の木はイチョウ、都心は黄葉が遅い(昭和記念公園は黄金色の絨毯です)

A11-16-11 171 CIMG6341 (538x404).jpg

皇居外苑

内堀通りから見る、桔梗濠、巽櫓の眺めは皇居を代表する景観です

 A11-16-11 166 CIMG6338 (538x404).jpg

明治生命館(重要文化財)

古代ギリシャ・ローマ時代を源流とする古典主義様式で造られた明治生命館

なかでも5層分を貫く巨大なクリント式の列柱が立ち並ぶ正面は壮観である

背後の高層ビルは、丸の内MYPURAZA(明治安田生命ビル)です

A11-16-21 111 CIMG6362 (538x404).jpg

A11-16-21 114 CIMG6364 (404x538).jpg 

日比谷通り(明治生命館前)

A11-16-21 117 CIMG6366 (538x403).jpg

1階ラウンジ

この日は月曜日、知らずに入館したが日が悪く見学できたのは1階ラウンジのみ

水木金は2階会議室、応接室、土日には店頭営業室なども見学できる

 A11-16-21 124 CIMG6370 (538x405).jpg

明治生命館ミニチュア

A11-16-21 120 CIMG6367 (538x403).jpg 

ラウンジの展示

タッチパネル式ディスプレイにより、明治生命館の施設などを紹介

この画面の説明によれば、外装は岡山県北木島産の花崗岩が使用されている

 A11-16-21 136 CIMG6374 (538x404).jpg

ラウンジの天井

A11-16-21 127 CIMG6371 (538x404).jpg

A11-16-21 130 CIMG6368 (538x404).jpg

カラータッチパネルを操作する妻

A11-16-21 133 CIMG6375 (538x404).jpg

丸の内MYPLAZA

ビルのロビーには、早くもクリスマスツリーが立っていた

A11-16-21 139 CIMG6380 (538x404).jpg

丸の内仲通り

MYPURAZAを一歩でると、ブランドショップが並ぶ仲通りです

A11-16-21 142 CIMG6382 (538x404).jpg 

三菱1号館

三菱1号館には美術館を併設、高層ビル「丸の内ブリックスクェア」との間には

ビルに囲まれた庭園広場があり、憩いの場所になっている

A11-16-21 148 CIMG6387 (403x538).jpg

1階の入口を入ると・・レトロな喫茶室がある

A11-16-21 144 CIMG6389 (538x405).jpg

街路樹の花

東京国際フォーラムから有楽町までの街路樹「つなごう緑のネットワーク」

樹名「ゴードニア・ラシアンサス(ツバキ科)」のパネルが有った

A11-16-21 152 CIMG6393 (538x404).jpg

せとうち旬彩館(新橋)

有楽町から新橋まで一駅乗車し、徳島県、香川県、愛媛県の特産物を扱うショップへ

妻の目的は・・瀬戸内海のくぎ煮の購入、私も時々代理で立ち寄っている

A11-16-21 155 CIMG6395 (538x404).jpg

--------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、落ち葉の絨毯<昭和記念公園>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(76)  コメント(16) 
共通テーマ:旅行

東京丸の内<ビル街 散策(1)> [東京を歩く]

東京丸の内

<ビル街 散策 (1)>

毎月、定例で通っている麹町の診療所、その行きか帰りに四谷、赤坂の坂道や

皇居の西側を歩くことが多いが、今回は明治生命の旧本館見学を目的にして

東京駅丸の内口からビル街を歩いたが、丸の内は高層ビル化が進み都市景観も一変

そして、もう一つの目的は、昔の建物の外観を残した高層ビルのコラボ撮影でした

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:11月16日>

<丸の内のビル>

東京駅丸の内側

丸ビル、新丸ビル、三菱UFJ信託銀行(矢印)は旧ビルの外観を残し建設、しかし

都市景観を守るため、丸ビル、新丸ビルの高層階はツインビルにして欲しかった

A11-16-11 108 CIMG0434 (538x404)xxx.jpg

中央郵便局・KITTE

中央郵便局(矢印下)の外観を残し、背後に高層ビル(KITTE)を建設

上の写真(丸ビル、新丸ビル)は、KITTE6階の展望庭園から撮影

A11-16-11 115 CIMG6289 (538x404) (2)xxx.jpg

日本工業倶楽部会館

右側の高層ビルは三菱UFJ信託銀行、建物の6階は丸ビルと同じ高さです

A11-16-11 118 CIMG6293 (538x404) (2).jpg

A11-16-11 122 CIMG6298 (538x404).jpg

大手町野村ビル

右隣の新大手町ビルは、私が上京した当時(55年前)は近代的なビルでしたが

今では取り残されたように見える、野村ビルの外観は新大手町と揃えている

A11-16-11 134 CIMG6308 (538x404)xxx.jpg

仲通りのオブジェ

A11-16-11 128 CIMG6301 (538x404) (310x233).jpg A11-16-11 131 CIMG6304 (538x404) (310x233).jpg

銀行会館ビル

銀行会館は、煉瓦造りの洒落たな建物であったが、外観を残し建て替えた

業界の新年賀詞交換会が19階のクラブ関東で行われ、毎年出席をしていた

A11-16-11 141 CIMG6314 (403x538).jpg

パレスホテル東京

箱型で低層階のパレスホテルは建て替えられ、立派な建物になった

和田倉濠に架かる木橋から撮影、橋の名も和田倉橋です

A11-16-11 143 CIMG6316 (538x404).jpg

和田倉門枡形

枡形から、和田倉橋と銀行会館ビルを撮影した

A11-16-11 149 CIMG6320 (538x404).jpg

和田倉噴水公園

平成7年に、皇太子殿下のご成婚を記念して造られた噴水

A11-16-11 155 CIMG6324 (538x404).jpg

綺麗な虹がでた

A11-16-11 158 CIMG6329 (538x404).jpg

昭和36年に、天皇陛下(当時は皇太子)、皇后陛下のご成婚を記念し造られた

A11-16-11 161 CIMG6334 (538x404).jpg

A11-16-11 164 CIMG6336 (538x404).jpg

和田倉濠

日比谷通りのイチョウ並木、濠に映る黄葉を期待したが少し早い

A11-16-11 174 CIMG6344 (538x404).jpg

東屋風の石造りの建物(旧見張り所)を額縁にして撮影

A11-16-11 177 CIMG6345 (538x404).jpg

濠を泳ぐ鴨たち

私たちを追いかけるように、後から泳いできた

A11-16-11 181 CIMG6360 (538x403).jpg

2羽の白鳥

番いでしょうか、仲良く泳いでいるが・・驚いたのは次の写真です⇩

A11-16-11 184 CIMG6356 (538x403).jpg

痛ましい発見!

ニュース報道で聞いたことはあるが、実際に「矢が刺さった」のを見たのは初めて

誰の仕業なのか強い憤りを感じる、早く取り除いてやってほしい

A11-16-11 187 CIMG6361 (538x403)xxx.jpg

---------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、東京丸の内<ビルが散策(2)>を紹介します

---------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(92)  コメント(21) 
共通テーマ:旅行

わが家の花<2015年10・11月> [花の画像]

わが家の花

<2015年10・11月>

毎日忙しい日が続いたが、朝起きて庭に咲く花を見ると心が癒される

特に太陽の光を浴びた花々は、未熟な技術でも何故か美しく撮れて有り難い

日課のように繰り返し撮り続けた「わが家の花」当然のことだが在庫写真が増え

1回の記事では収まらないので、他の記事の合間に3回に分けてアップします

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<花の羅列です>

きく(菊)

5年ほど前に買ってきた鉢植えの菊、地植えにすると驚くほど背が高くなった

私は大輪の花よりもこのような菊が好み、、楚々とした嵯峨菊も好きです

B-122 CIMG4634 (538x404)UP.jpg

B-115 CIMG4629 (538x404)UP.jpg

アップで見ると、色合いの良い菊です

B-125 CIMG4642 (538x405)UP.jpg

B-140 CIMG4730 (538x405)UP.jpg

茎が長く伸びすぎ、懸崖造りのように垂れ下がった

B-137 CIMG4729 (538x403)UP.jpg

この茎は、どんどん上に伸びている

B-147 CIMG4733 (538x404)UP.jpg

トレニア

こぼれた種が、毎年庭のどこかに花を咲かせます

B-234 CIMG3496 (538x403).jpg

B-230 CIMG3494 (538x404).jpg

センニチコウ(千日紅)

暑い夏が過ぎると元気が戻り、11月になっても咲いている

B-241 CIMG4807 (538x404).jpg

B-244 CIMG4756 (538x405).jpg

チョウマメ(蝶豆)

昨年、薬用植物園で貰った種を蒔くと6月から11月まで咲き続けた

妻は色が好きだと言い大事に育てているが、マメ科で茎が伸び背が高くなった

B-221  IMG4740 (538x404).jpg

B-225 CIMG2591 (538x404) 02.jpg

チロリアンランプ(アブチロン)

花が咲く時期は長いが、見ごろは春と秋の2度でしょうか

CIMG6186 (538x404).jpg

A09.11 L27.jpg

スイフヨウ(酔芙蓉) 撮影日:10月初旬

花の色が、酒に酔ったように白色からピンク系に変化する酔芙蓉

気温が高い日は花の色の変化が早い、世の酔っ払いと同じです

H-119 CIMG2742 (538x404) 02.jpg

真っ白な花も・・やがてほろ酔い色です

H-131 CIMG2658 (538x404) 02.jpg

酔いが進むと・・濃いピンク色に変わって行きます

 H-138 CIMG1937 (538x404) 06.jpg

とうとう、酔いつぶれたようです

001 (538x404).jpg 

(左):前日に咲いた花  (右):この日に咲いた花

気温の低い日が続くと花は一日で終わらず、色違いの花が楽しめます

H-155 CIMG2634 (538x404) 07.jpg

わが家の花、次はオキザリス(6種類)を予定しています

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、東京丸の内<ビル街を歩く>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(77)  コメント(16) 
共通テーマ:旅行

昭和記念公園(227)<秋の休日> [昭和記念公園]

昭和記念公園(227)

<秋の休日>

晴れた空に誘われ、何時ものように砂川口から西立川口までカメラ散歩

みんなの原っぱで、秋の休日(11月1日)を楽しむ家族連れ人たちとは異なり

 久しぶりに昭和記念公園の周回すると、撮った写真は整理に困るほど多い

重い足を引きずり歩いた数も約12,000歩、体力の衰えを感じた一日でも有った

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:11月1日>

<みんなの原っぱ>

ウイークデーは、遠足の幼稚園生や小学生たちの歓声が聞こえる原っぱも

秋晴れの休日はさすがに家族連れが多い、そして高齢者の人たちは秋の散歩です

A11-01-71 107.jpg

イエローコスモス

遅咲きのイエローコスモス、この日(11月1日)も見ごろが続いていた

A11-01-71 111.jpg

A11-01-61 174.jpg

アップで2点

A11-01-71 119.jpg

A11-01-71 122.jpg

<盆栽苑の紅葉樹>

日本庭園の周遊路から盆栽苑

苑内で撮った写真は多いが、紅葉した盆栽のみアップします

A11-01-21 101.jpg

ツワブキ

 A11-01-21 105.jpg

盆栽と紅葉樹

盆栽棚の奥に広葉した樹木が1本、ヤマモミジでしょう

A11-01-21 111.jpg

ナンキンハゼ(推定樹齢約80年)

A11-01-21 118.jpg

ツタ(蔦)推定樹齢約120年

A11-01-21 122.jpg

けやき(推定樹齢約50年)

思いがけず、美しく紅葉した盆栽けやきに出会えた

A11-01-21 149.jpg

大文字草

紅葉したように見えるが、花も茎も真っ赤です

A11-01-21 144.jpg

<水鳥の池へ>

色づたイチョウ

園内2ヵ所のイチョウ並木は、黄葉が始まったばかりで見に行かず

公園の水路を渡りハーブ園を経て水鳥の池の散策路に向かう

公園のHP(11月14日)を見ると、イチョウ並木は落ち葉の絨毯になり見頃です

A11-01-51 144.jpg

画家さんは・・どこかにお出かけ

A11-01-51 169.jpg

ナンキンハゼ&ススキ

水鳥の池の畔、小鳥が運んだのか所々で紅葉したナンキンハゼを見かけた

A11-01-61 151.jpg

ナンキンハゼ

A11-01-61 144.jpg

鈴懸の並木

鈴懸の道は黄葉が進み、やがて園路は落ち葉で覆われる日も近いでしょう

A11-01-61 120.jpg

アップで1点

A11-01-61 126.jpg

鈴懸の木の実

A11-01-61 131.jpg

池の畔にも鈴懸の木

池に落ちた実が流れ着き、木に育ったのであろうか

A11-01-61 141.jpg

一本ケヤキ

私が好む撮影ポイント「水鳥の池の1本けやき」、西日を受けて綺麗に見える

A11-01-61 111.jpg

イチョウ並木には、改めてカメラ散歩(11月20日ごろ)に行く予定です

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、わが家の花<2015年10・11月編>を紹介します

------------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(68)  コメント(13) 
共通テーマ:旅行

昭和記念公園(226)<深まる秋色> [昭和記念公園]

昭和記念公園(226)

<深まる秋色>

この記事の写真を撮った日から早や2週間が過ぎ、季節はすでに晩秋です

昭和記念公園では更に秋色が深まり、また散り急ぐ木々の葉も多いであろう

日本庭園の「紅葉だより」のみ、ひと足先にアップ(11月3日)したが

久しぶりにカメラ散歩をすると写真の数が増え、記事の更新も遅れ気味です

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:11月1日>

<園内カメラ散歩>

砂川口ゲート前

ゲート前の大ケヤキ、毎年定点観測をし色づきの様子を観察しているが

今年は茶系色が強く紅葉は優れない、園内の多くのケヤキも同様であった

A11-01-41 111.jpg

秋の園路

砂川口から公園の中心に向かう園路、パークトレインも走る道です

A11-01-41 117.jpg

カツラ(桂)

いち早く黄葉するカツラ、散り遅れた葉を見つけ撮影した

A11-01-41 125.jpg

ナンキンハゼ(南京はぜ)

ナンキンハゼの紅葉は逆光で撮ると美しい、まだ紅葉が進まない11月1日

色づきいた木を探し撮影したが、次回の散歩(11月20日)では遅いかも知れない

A11-01-41 151.jpg

A11-01-41 161.jpg

青葉の中で、紅葉したモミジ葉

A11-01-41 146.jpg

紅葉した桜が一葉

A11-01-41 149.jpg

サンシュユ(山茱萸)

A11-01-41 131.jpg

コブシ(辛夷)

A11-01-41 140.jpg

樹木の名は??

A11-01-41 137.jpg

イイギリ(飯桐)

葡萄のように垂れ下がるイイギリの実、ヒコバエのようで珍しい

A11-01-41 180.jpg

ゴンズイ(権髄)

A11-01-51 156.jpg

ヒマラヤスギ

松ぼっくりのように個体のままで落ちず、ばらばらに崩れて落下する

A11-01-51 135.jpg

トキノキ(栃ノ木)

A11-01-51 114.jpg

ケヤキ(欅)

A11-01-61 158.jpg

アメリカガシワ(英名ピンオーク)

A11-01-51 149.jpg

美しい紅葉

樹名が分からなかったが、木の幹を見て判明・・したの写真です⇩⇩

A11-01-51 162.jpg

サルスベリ(百日紅)でした

A11-01-51 165.jpg

渓流広場のレストラン

生ビールにカレーライスで昼食、いつもと変わらないメニューです

A11-01-51 128.jpg

次回に続きます~

------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、昭和記念公園(227)<秋の休日>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(63)  コメント(16) 
共通テーマ:旅行

昭和記念公園(225)<こもれびの里> [昭和記念公園]

昭和記念公園(225)

<こもれびの里>

11月9日に公開した「サツマイモ・落花生掘り体験」、その日は生憎の曇天で

美しい秋景色が撮れず、翌日再び昭和記念公園へ、一夜明けたこの日は朝から快晴

カメラ散歩には最適の一日でしたが、園内の紅葉ポイントに向かう前に

こもれびの里に立ち寄ったが、前日とは異なり静かな「里の秋」であった

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:11月1日>

<里の秋景色>

秋晴の空に向かって上る幟旗、里の秋らしい眺めです

江戸時代後半に作られた幟旗(大のぼり)は、地元砂川五番組に保管されてされた

A11-01-31 111.jpg

大のぼり「祭礼幟」

『臺和平之神聴村村胡適』・・神はひたすら和平の村々から鼓笛の調べを聴く

『宣□楽千民志戸戸歌謳』・・民は豊年を祝いあまねく家々では盛んに歌を謳う

A11-01-31 114.jpg

古民家 長屋門

右は、大のぼりの竿の保管小屋、麦わらが置かれていた

A11-01-31 117.jpg

水車小屋とススキ

A11-01-31 120.jpg

<里の古民家>

長屋門から母屋

A11-01-31 123.jpg

母屋の縁側

干し柿を吊るした縁側で作業をする人、秋らしい眺めです

A11-01-31 128.jpg

母屋の囲炉裏端

A11-01-31 130.jpg

縁側の干し柿

A11-01-31 132.jpg

おかまの団子

火の神「荒神さま」は、かまどの上に祀られることから「おかまさま」と呼ばれている

「おかまさま」は、36人の子供がいると言われるため、団子を36個お供えする

A11-01-31 138.jpg

神棚「おかまさま」

A11-01-31 141.jpg

養蚕の棚

江戸末期から明治後半にかけて、地元砂川地区では養蚕が盛んに行われていた

A11-01-31 144.jpg

<里の農家 外蔵>

展示作品

ボランティアが作成した、竹炭・お花炭・麦わら細工・収穫物などを展示

A11-01-31 161.jpg

麦わら細工(1)

A11-01-31 164.jpg

麦わら細工(2)

A11-01-31 167.jpg

 お花炭焼き品

A11-01-31 172.jpg

里の収穫物

A11-01-31 169.jpg

水彩画展示

里の風景や活動を描いた水彩画スケッチを約20点展示

A11-01-31 181.jpg

里の収穫祭

11月20日~22日まで行われるイベント、蕎麦打ち体験、お花炭焼き体験もある

img006 (351x510).jpg

里の風景

こもれびの里を後に、園内の秋色を求めカメラ散歩に向かう

A11-01-31 190.jpg

----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、昭和記念公園(226)<深まる秋色>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(61)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

自治会連合会<柏支部 防災訓練> [地元にて]

自治会連合会

<柏支部 防災訓練>

今後30年以内にM7クラスの首都圏直下地震が発生する確率は70%と聞く

明日起こるかも知れない巨大地震、自治会連合会では立川市防災課、立川消防署

立川警察署、赤十字などの協力を受け、共助、自助に向けた防災訓練を実施している

今年は地元で、地域の10自治会と小学校の生徒が参加し総勢約500人で実施された

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:10月24日>

<立川市第十小学校>

防災訓練 開会式

自治会の公会堂に、訓練参加者20名が集合し七番組自治会の旗を先頭に

揃って訓練が行われる小学校へ、防災訓練は公会堂に集合した時点で始まっている

A10-24-11 107.jpg

立川市 清水市長挨拶

この時期は小中学校の運動会、各団体のイベントなどに招待され市長は超多忙

七番組自治会の夏祭りにも来て頂いたが、自治会とは密接な関係がある

A10-24-11 119.jpg

自治会連合会 萬田会長挨拶

七番組自治会の会員で防災消防隊の大隊長を兼ねている、消防隊の服装で参加

 CIMG4562 (538x404).jpg

A10-24-11 114.jpg

七番組自治会 消防隊

柏支部唯一のパトロールカー、放水ポンプ車は、七番組自治会の所有です

A10-24-11 125.jpg

防災訓練開始

参加自治会を4グループに分かれ訓練場所へ、先ずは消火器の取扱い

A10-24-11 130.jpg

初期消火訓練

自治会の人たち(私は最初に操作)、消火剤の代わりに水道水を使用

A10-24-11 133.jpg

スタンドパイプ

消火栓のスタンドパイプ操作と消火放水訓練、校舎外の道路で行う

A10-24-11 158.jpg

応急救護訓練(AED)

小学生が見守るなか、各自治会から3名が訓練に参加する

A10-24-11 148.jpg

肋骨が折れるほどの強い力で押すが、人命が優先でしょう

A10-24-11 145.jpg

ロープワーク

立川警察署が担当、初期消火・応急訓練などは立川消防署

A10-24-11 160.jpg

説明を聞きながら結んだが、繰り返さないと忘れそうです

A10-24-11 164.jpg

起震車体験

立川市防災課の課長、職員が対応、七番組自治会からの参加者は全員体験する

A10-24-11 136.jpg

震度6でも悲鳴を上げこんな状態です

A10-24-11 139.jpg

最大震度7を体験

上級体験(震度7)、中級体験(震度6) 女性は中級体験をする人が多いが

震度6、震度7では衝撃が明らかに違い、椅子に座っていても身体が飛び上がる

A10-24-11 142.jpg

炊き出し訓練(アルファー米)

赤十字立川支部の女性に加え各自治会からも応援・・妻(矢印)も参加した

A10-24-11 153xxx.jpg

アルファー米

「山菜おこわ」「焚きこみごはん」を、計500食分準備した

A10-24-11 155xx.jpg

一斉放水

一斉放水で防災訓練を終了、七番組自治会のポンプ車も放水に参加した

A10-24-11 169.jpg

煙体験・通報訓練は撮影せず

----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、昭和記念公園(225)<こもれびの里>を紹介します

---------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(77)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

自治会連合会<ごみ対策研修会> [地元にて]

自治会連合会

<ごみ対策研修会>

地元の自治会長を引き受け、各種団体の行事や会議に参加する機会が増加した

なかでも、立川市自治会連合会の支部役員になり会合に出席することが多い

立川市では清掃工場の老朽化と移転問題が最重要課題になり計画が進んでいるが

この日は自治連の約90名が、市民の立場で秦野クリーンセンターを視察した

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:10月22日>

<はだのクリーンセンター>

秦野市伊勢原市環境衛生組合

自治連が用意したバス2台に分乗し、立川市から神奈川県の秦野市へ

観光地の温泉ホテルを思わせる、デザインの良い地上6階、地下2階の建物です

落ち着いた茶系色も洒落ているが、煙突の構造は角形です(内部は円形2本)

A10-22-11 121xxx.jpg

説明会場

この日の参加者は約90名、ビデオ放映のあと職員より説明を受ける

見学終了後は質疑応答、自治会員から活発な質問が続いた

A10-22-11 125.jpg

プラットホーム

ごみ収集車の積載重量を計測し受け入れした数値を管理している

容量 8,140立方メートル(深さ 17メートル)、1日の処理能力の7日分以上を貯蔵可能

CIMG4509 (538x405).jpg

ごみピット

 ごみ焼却能力は、1日200トンです

ピットのごみはクレーンの上下で攪拌し、ホッパーシュートから焼却炉に送り込む

A10-22-11 131.jpg

蒸気タービン発電機

焼却炉の余熱を利用した蒸気タービン発電機(発電能力 3,820KW、場内給湯)

発電量は一般家庭5,000所帯分に相当、東京電力に売電し年 2.6億円の収入を得ている

A10-22-11 134.jpg

中央制御室

焼却炉の運転、ごみクレーン操作、公害対策機器の監視・制御を行っている

現役時代、製造工場の自動制御システムを扱っていたのを思い出す

A10-22-11 137.jpg

説明を受ける自治会員

A10-22-11 140.jpg

説明パネル・2点

排ガス濃度(ばいじん、塩化水素、窒素酸化物、ダイオキシンなど)は

法令規制値をより厳しい基準値を設け自主管理を行っていた

A10-22-11 144.jpg

A10-22-11 147.jpg

インターロッキング

私の関心事は、焼却灰、ダストのリサイクル用途でしたが

舗装用のインターロッキング・ブロックに使用されていた(約70%)

A10-22-11 149.jpg

ペットボトル

押し固めリサイクル工場へ運び、洋服やボールペンなどにリサイクルされる

この1塊で、ペットボトルが約300本、重量は約20kgです

A10-22-11 158.jpg

アルミ缶

アルミ缶をこのように押し固め、リサイクル工場に運び再びアルミ製品にする

この1塊で、アルミ缶が約600本、重量は約20kgです

A10-22-11 153.jpg

スチール缶リサイクル・ルート

「ペットボトル再商品化の流れ」も、詳しく掲示されていたが掲載は省略

A10-22-11 160.jpg

金属混入物

このような、鉄鍋、シャベル、タイヤホイルなども紛れ込んで来るそうだ

A10-22-11 150xxx.jpg

会場で昼食

自治連が用意した質素な弁当、残さず頂いた

A10-22-11 167.jpg

食事が済んで

自治連の役員さんたちは手際が良い、弁当箱とお茶パックを折りたたみ片付けた

A10-22-11 180 (310x233).jpg A10-22-11 183 (310x233).jpg

施設職員の心づくし

見学コースの窓側に「折り紙作品」が、ずらっと並んでいた

職員さんたちの心づくし作品、自治連の女性たちと共に遠慮なく頂戴した

A10-22-11 177.jpg

可愛い傘と小物入れ

A10-22-11 170 (310x233).jpg A10-22-11 173 (310x233).jpg

わが家の出窓

遊びに来た次男の嫁が、喜んで一つ持って帰った

A10-22-11 199.jpg

ごみ研修を終えて

研修を終えて立川へ、外環道が貫通し神奈川県秦野市が近くなった

A10-22-11 123.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、自治会連合会<柏支部防災訓練>を紹介します

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(65)  コメント(13) 
共通テーマ:旅行

昭和記念公園(224)<サツマイモ掘り体験> [昭和記念公園]

昭和記念公園(224)

<里のイベント体験>

昭和30年代の武蔵野の農村の心象風景を再現した「こもれびの里」

農業や年中行事を通じて、里クラブの人たちが運営する様々な行事に参加できるが

何度も、里を訪ねながらイベントに参加した経験はなかった、今回初めて

サツマイモ掘り、落花生掘り体験に参加し、年齢を忘れて楽しむことができた

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:10月31日>

<こもれびの里>

サツマイモ・落花生掘り体験

 体験できる定員は先着150名、砂川口から開門と同時に入園しこもれびの里へ

里の小屋の受付に着くと 12番と13番目、体験料は500円(1人2株ずつ)

里クラブのボランティアの人たちは、早くも準備を始めていた

A10-31-11 111.jpg

サツマイモ、落花生畑

A10-31-11 118xxx.jpg

受付を待つ人たち

里の小屋に並ぶ人たち、時間と共にどんどん増える一方です

A10-31-11 122.jpg

列の最後尾、最終的には定員をオーバーした

後ろ姿の女性は受付担当、私が会長をしている自治会の役員さんです

A10-31-11 128.jpg

ミーティングをする・ボランティアの人たち

A10-31-11 130.jpg

サツマイモ掘り

竹べら、ビニール袋、ケースを支給され、早速サツマイモ掘りの開始です

里の責任者(自治会の最高顧問)から直々に指導をして頂いた

A10-31-11 133.jpg

A10-31-11 136.jpg

今年のサツマイモは、生育が良いそうです

A10-31-11 139.jpg

後ろの列でサツマイモを掘る人たち

A10-31-11 141.jpg

落花生掘り

落花生の株を引き抜きながら持ち上げる、妻の隣りは里の責任者です

A10-31-11 143.jpg

土に残った落花生を掘り出す

手伝いをしてくれたのも里の責任者(左端)、まるでビップ扱いです

A10-31-11 146.jpg

 根に残った落花生を取り出し作業は終了です

私たちを、受付係りの自治会女性がスマホで撮影してくれた・・有り難い!!

A10-31-11 147.jpg

収穫したサツマイモと落花生

A10-31-11 151.jpg

体験をする人たち

A10-31-11 154xxx.jpg

米を脱穀するボランティアの人たち

A10-31-11 160.jpg

収穫の後は、里の古民家へ

A10-31-21 111.jpg

干し柿つくり

A10-31-21 115.jpg

古民家母屋の囲炉裏

A10-31-21 125.jpg

外蔵で、麦わら作品などを展示

A10-31-21 134.jpg

にぎわう畑(古民家の長屋門前から)

若い家族3人が、収穫したサツマイモと落花生を袋に下げ帰って行きます

 A10-31-21 143xxx.jpg

妻が、落花生を塩ゆでにしたが、採れたてだからこそ食べれる美味しい味

ご近所に、早速サツマイモと一緒にお裾分けをした

サツマイモ堀り体験は平日にも実施、11月20日~23日まで「里の収穫祭」がある

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、自治会連合会<ごみ対策研修会>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(75)  コメント(15) 
共通テーマ:旅行

秋の行事あれこれ<参加記録集> [地元にて]

秋の行事 あれこれ

<参加記録集>

秋本番の10月は、地域の活動も活発に実施され、防災訓練、町民運動会など

自治会単位で行われる行事には、自治会のメンバーを率いて積極的に参加した

また自治会連合会の研修会、小学校の運動会、中学校の合唱コンクールからも招待

日々多忙続きでしたが、立川拘置所「あすなろフェスタ」からも招待を受けた

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

三つの行事をひとまとめにし長い記事になりましたが、ご容赦ください

<合唱コンクリート>

市民ホール「立川第四中学校」(2015.10.29)

わが家に初々しい訪問客、差し出した名刺を見ると「地域親善大使 〇〇太陽君」

目的は「合唱コンクールの招待」でした、なぜ私の家にと聞くと・・??

自治会長だから選ばれたのでしょうと教えると、そぅ~かと納得していた

CIMG4857 (538x404)xxx.jpgてい

秋野校長とは何度も面識が有り、体育祭にも招待を受けた

妻と一緒に朝9時に市民ホールへ、わが家の子供3人も立川四中の卒業です

EPSON001 (355x510).jpg

1年生全員

1年生は5クラスで多いなと思ったが、クラスの生徒数は33名ほど

午後は所用があるので、午前中の1年生のコンクールのみを拝聴した

CIMG4771 (538x404).jpg

1年2組・・〇〇太陽君もこの中??

1年生の課題曲は「Tomorrow」、そしてクラスごとに「自由曲」1曲でした

CIMG4776 (538x405).jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

<町民運動会>

幸小学校 校庭 (2015.10.18)

前日まで降っていた雨も上がり、自治会の役員を朝8時に小学校に召集し

テント、テーブル・椅子、備品などの搬入と設営、競技参加者は総勢約60人

他の6自治会より少子高齢化が進み、子供会の人数も少なく、選手集めに一苦労

A10-18-11 117.jpg

国旗・大会旗掲揚

A10-18-11 164.jpg

七番組自治会・テントと旗

参加者全員に弁当、子供には菓子とジュースを用意、役員さんは選手兼任で忙しいが

私は何もしない監督、町内の人の応対と挨拶、そしてカメラマンでした

A10-18-11 144.jpg

幼稚園以下の幼児競争

自治会副会長の息子さんたちが出場、景品に向かって駆けだした

競技に参加した全選手には景品が渡される、私は不参加で当然景品はなし

A10-18-11 126.jpg

男子綱引き

最初は負けたが、選手の間隔を離すようにアドバイスした結果・・逆転勝利!

A10-18-11 123.jpg

選手を迎えるお母さん

二人三脚で2番にゴール、迎えるは子供会のお母さんたちです

A10-18-11 140.jpg

縄跳びチャンピオン

制限時間5分で飛び続け、残った子供を表彰

 A10-18-11 148.jpg

年代別男子リレー

一番手は小学校1・2年生、わが家の近くの1年生がスタート(右端)

三番目はお兄ちゃん(3年生)、お父さんは成人男子で出場

A10-18-11 154.jpg

頑張った・親子3人、お母さんも女子リレーに出場した

CIMG4419 (538x404)xxx.jpg

紅白玉入れ

さすがに町民運動会・・老若男女が混合です(紅組の圧倒的な勝利でした)

A10-18-11 138.jpg

---------------------------------------------------------------------------------------------------

<あすなろフェスタ>

主催 立川拘置所(2015.10.24)

地域の人たちとの絆を深めるために始まった、立川拘置所の「あすなろフェスタ」

拘置所長から招待状が届き、自治会の理事3人と防災訓練(次回)の後に訪ねた

フェスタの場所は立川市役所の広域広場、拘置所と広場は隣り合わせている

A10-24-21 111.jpg

刑務所作業製品展示即売会

自治会連合会、立川観光協会、立川警察署、立川駐屯地も協力している

A10-24-21 115.jpg

展示製品は実に多彩、箪笥、テーブル、ソファーも販売していた

A10-24-21 119.jpg

国立音楽大学の生徒

管楽器4重奏、立川女子高校のブラスバンド演奏も有った

A10-24-21 126.jpg

バリ食堂(アジア料理)

焼きそば風の料理を注文、カレー風味だが味はまずまず

立川市役所(隣)のコンビニへ、自治会の女性がビールを買いに行ってくれた

A10-24-21 129.jpg

立川拘置所 見学

拘置所は、裁判によって刑が確定するまでの未決囚を収容する施設

被告人の刑が決まると、受刑者として刑務所に収監させる

立川拘置所の収容力は 1,000人だが、今は約 500人を拘置していると言う

 A10-24-21 135.jpg

見学ツアー

この日は拘置所内の施設を見学できるので、約30分並び所内へ

約20名ごとに係官が2名付き、屋上から順に下の階へ案内、撮影は禁止です

 A10-24-21 131.jpg

独房、屋上体操場、食堂、浴室、診療所、歯科などを順次見学

最後に2階フのロアーで抹茶(200円)を頂き、土産にコッペパンを購入した

 A10-24-21 138.jpg

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

昭和記念公園<サツマイモ掘り体験> 

次回は、立川自治会連合会<ごみ対策研修会>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(78)  コメント(13) 
共通テーマ:旅行

地元の散歩道<玉川上水など> [地元にて]

地元の散歩道

<玉川上水など>

春から夏、夏から秋、自治会の行事や関連団体のイベントを一つ一つ終わらせ

背負った荷物も軽くなってきた、まだ少し行事が残っているが余裕はできた

天気のよい日は散歩をと決めていたので、薬用植物園へ向かったが思わぬ誤算

記事をまとめる都合で、自宅近くの小学校などで撮った紅葉と花の写真を追加した

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

<薬用植物園へ>

玉川上水を歩く

薬用植物園は、西武新宿線で一つ先の大和市駅の駅前に有る

電車に乗れば早いが、いつも散歩を兼ねて約 2.5kmを歩いて行く事にしている

A10-26-11 111.jpg

A10-26-11 115.jpg

遊歩道のドングリ

遊歩道を歩いた距離は1kmほどだが、無数のドングリが落ちている

その数は数万個~数十万個もあろうか、都心とは違い拾う子供もいない

A10-26-11 137.jpg

A10-26-11 139.jpg

タバコの吸殻が

捨てた人物は心が痛まないであろうか、嘆かわしいものを見た

A10-26-11 141.jpg

ヤクシソウ(キク科)

玉川上水の遊歩道に咲いていたキク科の花、花が少ないこの時期には目立つ

薬用植物園の門前に貼ってあった写真で名を知った、カンニングです

A10-26-11 131.jpg

A10-26-11 134.jpg

橋を渡ると小平市

途中でランチを済ませ、小平市に有る目的の都立薬用植物園へ

A10-26-11 125.jpg

ナント・・休園日!!

忘れていたが、東京都の公園はすべて月曜日が休園・・ボケが進んだか

A10-26-11 157.jpg

玉川上水駅北口

ひと駅乗車をして玉川上水駅前のロータリーへ、大和基地が有った場所も

20年もど前に再開発され、マンションや大きな公園が有る街に生まれ変わった

CIMG5337 (538x403).jpg

ハナミズキの実

赤い実が空の青さに映えて美しい、秋は木の実も楽しめます

A10-26-11 151.jpg

A10-26-11 154.jpg

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

<小学校の紅葉・桜>

ハナミズキ(花水木)

自宅から僅か1分、外出するたびに色の変化を楽しみにしているが

今年も見事に色づいてくれた、紅葉はモミジだけではなく桜など多くの木々も美しい

A10-26-21 111.jpg

紅葉は逆光で撮ると、美しさが際立って見える

A10-26-21 115.jpg

A10-26-21 118.jpg

ジュウガツザクラ(十月桜)

校庭の十月桜、染井吉野が多い小学校では珍しい(町民運動会のときに撮影)

CIMG4389 (538x404).jpg

CIMG4385 (538x405).jpg

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

<近くの公園>

立川に転居した40年以上前からある桜の古木、春は公園を覆うように花が咲き

秋には木の葉の紅葉が美しい、散り急ぐ木を見ると寂しい思いがする

 A10-26-21 131.jpg

ソメイヨシノの紅葉

今年の紅葉は色づきが今一つ冴えない、また散るのも早い

A10-26-21 139.jpg

A10-26-21 134.jpg

----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、秋の行事あれこれ<参加記録集>を紹介します

---------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(58)  コメント(10) 
共通テーマ:旅行

昭和記念公園(224)<紅葉だより> [昭和記念公園]

昭和記念公園(224)

<紅葉だより>

前回まで、昭和記念公園の秋景色を6回続けたが、それは10月14日の撮影

その日から半月以上も過ぎた、11月1日の日本庭園は紅葉の見ごろを迎えていた

オオモミジ、ヤマモミジ、イロハモミジの、紅葉リレーを長く楽しめるが

今年の紅葉は特に早い、撮った写真の中から「紅葉だより」を優先し記事にした

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:11月1日>

<日本庭園>

緑色のイロハモミジ、朱色に染まり始めたのはヤマモミジでしょうか?

日本庭園の門前はイロハモミジが多く、毎年紅葉するのが遅いが

色づいた木を見ると庭園内の紅葉に期待が膨らむ、この続きをご覧ください

A11-01-11 111.jpg

清池軒の周囲

庭園の西の流れの周辺は早くも見ごろ、はやり紅葉が早い

この日は日曜日、最盛期には大勢の人がやってくるが、人出はまだ少ない

A11-01-11 114.jpg

この辺りは、紅葉が早いオオモミジが中心です

A11-01-11 117.jpg

A11-01-11 120.jpg

朱色が濃いモミジ

アップで撮ったオオモミジは・・次の写真3点です!

A11-01-11 126.jpg

オオモミジの紅葉

A11-01-11 131.jpg

A11-01-11 134.jpg

A11-01-11 129.jpg

清池軒の前庭

真っ赤に染まるイロハモミジもあるが、見ごろは11月中旬からでしょう

A11-01-11 140.jpg

清池軒の中から

清池軒の窓を額縁にして、オオモミジの紅葉を撮影した

A11-01-11 137.jpg

清池軒を囲む紅葉

庭園の小路から清池軒を撮影、上に被さるイロハモミジはまだ青葉です

A11-01-11 150.jpg

小路の紅葉

A11-01-11 144.jpg

滝からの流れ

前方の四阿昌陽が、池に浮かぶように見える

A11-01-11 155.jpg

木橋から四阿昌陽

A11-01-11 158.jpg

ドウダンツツジも紅葉

A11-01-11 160.jpg

四阿昌陽とクロマツ

青葉の季節に見えるこのアングルも、オオモミジの紅葉でようやく秋景色です

A11-01-11 164.jpg

四阿昌陽とクロマツ

池に映り込む紅葉が美しいが、見ごろは少し先でしょう

A11-01-11 168.jpg

サザンカ(山茶花)

オオモミジの紅葉で綴ったが、お色直しに山茶花の赤色を一つ添えます

A11-01-11 171.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

11月4日から7日まで、妻の姉妹と添乗員旅行(福井県)です

皆さんの記事には帰り次第訪問させて頂きます、途中予約登録をしています

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(63)  コメント(10) 
共通テーマ:旅行

昭和記念公園(223)<木の実と花> [昭和記念公園]

昭和記念公園(223)

<木の実と花>

今年は自治会の仕事など多忙続きで、カメラ散歩に行けない日が3ヶ月続いた

その反動と言う訳ではないが、この日はコスモス、日本庭園などの紅葉樹を

撮った写真が多く、僅か1日の園内巡りで6回分の記事を綴った

ここでは、散歩途中で見かけた木の実とダリアの園芸品種で記事を綴ります

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:10月14日>

<木の実>

イイギリ(飯桐)

ブドウの房のように垂れ下がる赤い実、高木のため望遠撮影です

毎年観測していて気が付いたが、2年続けて実を多く付けることが少ない

昨年実を付けていた木には極端に少ない、この木も来年はどうであろうか

A10-14-51 111.jpg

A10-14-51 119.jpg

ゴンズイ(権翠)

初夏に白い花が咲くが、赤い袋果の中から黒い実が出てきます

A10-14-51 122.jpg

A10-14-51 126.jpg

メタセコイヤ

形も色も葉に似ているので、視力が弱い私には見つけ難い

紅葉するには少し早いが、逆光で撮ると美しい

A10-14-51 129.jpg

サンシュユ(山茱萸)

細いくだ状の花から想像できないが美しい実です、ヤマグミとも言う

A10-14-51 135.jpg

A10-14-51 139.jpg

カマツカ(鎌柄)

可愛い実でが別名はウシコロシ、その意味は不明です

A10-14-51 142.jpg

コブシ(辛夷)

最初は薄い袋に包まれ朱色で美しいが、成長すると大変身する

A10-14-51 132.jpg

コウテイダリア

公園のHPを見ると、皇帝ダリアのハイブリッド系のダリア

市場販売前の品種で、昭和記念公園でしか見れないと記載している

A10-14-61 111.jpg

A10-14-61 115.jpg

一般の皇帝ダリアより低木で、花の種類が多い

A10-14-61 119.jpg

A10-14-61 122.jpg

A10-14-61 125.jpg

A10-14-61 128.jpg

シュウメイギク?

八重咲きの・・シュウメイギクでしょうか?

A10-14-61 141.jpg

ボケ(木瓜)

春先に咲くボケの花、時々見かけるが狂い咲きでしょうか

A10-14-61 144.jpg

ホトトギス

妻が近寄らない花、斑点が自分のソバカスに見えるのが・・その理由らしい

A10-14-31 184.jpg

----------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、昭和記念公園<紅葉だより>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(63)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行

昭和記念公園(222)<深まる秋色> [昭和記念公園]

昭和記念公園(222)

<深まる秋色>

彼岸を過ぎると秋風が吹き始め、そして10月に入ると落葉樹の紅葉・黄葉は徐々に

色づき始めると思っていたが、今年は9月に入ると気温の低い日が続き

秋色に染まる樹木が例年より早いように感じている、モミジ、イチョウ以外にも

ナンキンハゼ、メタセコイヤ、サクラなど、楽しみにしているが、果たしてどうか

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:10月14日>

<園内カメラ散歩>

この日は、妻が同伴のカメラ散歩のため、園内2ヵ所のイチョウ並木などは避けたが

それでも園内を歩いていると、色づいた樹木が多く撮影場所に事欠かない

A10-14-41 115.jpg

ベニカエデ

こもれびの池の畔にあるベニカエデ1本、その名の通り紅色が鮮やかです

毎年、モミジより一足早く紅葉します、別名はアメリカハナノキ

A10-14-41 119.jpg

ベニカエデ2点、いずれも妻の撮影です

A10-14-41 125.jpg

A10-14-41 122.jpg

カツラ(桂)

毎年、黄葉の始まるのが早く、10月14日で散り始めています

A10-14-41 127.jpg

トチノキ(栃ノ木)

まだ青色が濃いが、葉の先端から色づき始め全体に広がるようです

A10-14-41 144.jpg

ニシキギ(錦木)

A10-14-41 139.jpg

オオモミジ

A10-14-31 150.jpg

サクラ(桜)

その年によって異なるが、桜の紅葉の特に美しい年も有る

今年はどうなのか待ち遠しいが、近くの公園では盛んに散っている

CIMG3420 (538x404).jpg

ニシキギ?

CIMG3393 (538x404).jpg

セイタカアワダチソウ

北アメリカ原産の帰化植物、一時期は猛威を振るったが鈍化したのであろうか

ススキとの勢力争いも激しいが、最近はススキが優勢のように感じている

A10-14-41 130.jpg

ガマノホ(蒲の穂)

穂が開き始めたガマノホも有った

A10-14-41 134.jpg

黄葉樹(3点)

黄葉樹はイチョウが代表だが、秋が深まりと共に色づく落葉樹も捨てがたい

ひとめ見て樹名が分かれば良いが、知らない木が多すぎます

A10-14-41 141.jpg

A10-14-41 166.jpg

CIMG3427 (538x404).jpg

パンパスグラス

アルゼンチン、チリなど南米大陸の草原(パンパス)に自生するイネ科の植物

正式名(学術名)は「シロガネヨシ」、3点とも異なる株です

A10-14-41 172.jpg

A10-14-41 157.jpg

A10-14-41 165.jpg

記事の作成が遅れている間に・・早や晩秋の11月

10月31日に、サツマイモ・落花生掘り体験をしてきたが、秋色は更に進んでいた

--------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は、昭和記念公園(223)<秋の実>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(65)  コメント(12) 
共通テーマ:旅行