So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

美濃名所旅行記(1)<岐阜城公園> [中部地方の旅]

美濃名所 旅行記(1)

<岐阜城公園>

妻の4姉妹をガイドする添乗員旅行、平成19年から始め今回で16回目です

振り返ると、妻は胆のうの摘出手術をしたものの、姉妹たちは揃って健康で元気

しかし11年間も続けていると、残された観光地も少なくなり旅行先の選択に困る

今回は取っておきの長良川鵜飼と郡上八幡を計画したが、皆さんの関心は高い

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:6月13日>

<岐阜羽島駅>

東海道山陽新幹線の各駅のなかで、最も乗降客数が少ない岐阜羽島駅

改札内には売店が一つもなく、待合室はホームに1ヵ所有るのみで閑静としている

姉二人が新大阪駅から乗車してきた、ひかり自由席に乗る客数は5人ほどでした

A11-111  .jpg

名鉄岐阜羽島駅

東海道線の大垣駅(約10km)になぜ接続しなかったのか、岐阜羽島は政治決着駅です

名鉄のホーム(右の新幹線と同じ高さ)にはエレベータもなく、高齢者には厳しい

A11-114  .jpg

<岐阜公園>

高齢の姉たちに配慮し、途中の観光を省略し旅館「十八楼」にチェックイン

長良川の鵜飼いが始まるまでの時間を利用し、旅館の近くをぶらり観光へ

行先は、い町並みが残る川原町(旅館に隣接)と岐阜公園の散策です

A11-117xxx  .jpg

晴れ男健在

旅行中(6月13日~15日)の東京は、厚い雲に覆われ不安定な天気が続いたが

岐阜・美濃地方はご覧のような快晴、岐阜城には雲一つない

A11-120  .jpg

織田信長・騎馬像

公園の門前に織田信長の騎馬像、若き日の信長の像です

A11-123  .jpg

A11-125  .jpg

正門から園内

公園の奥に壁のように立ちはだかる金華山(稲葉山)、急峻な山です

山頂に岐阜城が小さく見える、公園一帯には武家屋敷が有ったと言う

A11-134  .jpg

三重塔

大正天皇の御大典を記念し大正6年(1917)に建造、材木はかつての長良橋です

何れかの寺院に所属すると思っていたが単立の塔、登録有形文化財です

A11-136  .jpg

公園の池

新緑に覆われた池に指し込む木漏れ日が、暑さと疲れを癒してくれます

A11-140  .jpg

伴侶の鑑千代を讃える碑

土佐藩の太守になった山之内一豊と千代、婚礼の地は岐阜城内です

千代の出身地は、翌14日に観光する郡上八幡です(後述)

A11-147  .jpg

金華山ロープウエイ

金華山の山頂から長良川を眺めようとロープウエイに乗ったが?

A11-151  .jpg

ロープウエイの中間

A11-153  .jpg

ロープウエイ山頂駅

山頂駅から眺められる景色はこの程度、岐阜城まで歩くことにした

A11-156  .jpg

天下第一の門

2番目の姉(83歳)を山頂駅の休憩所に残し、85歳の姉と共に岐阜城に向かったが

天守閣まで続く石段の坂、7分程度でも高齢者には厳しい坂道でした

A11-158  .jpg

岐阜城

稲葉山城(岐阜城)を攻め落とした恩田信長は、直ちに尾張国から美濃国に

本拠を移し稲葉山の城郭を再建すると共に、城下町の井ノ口を岐阜と改名し

楽市楽座を奨励するなど、美濃国の繁栄を図った(天守閣は後の時代に建造)

A11-163  .jpg

信長は「天下布武」の朱印を用い、岐阜から天下統一に乗り出した

斎藤道三(信長の義父)は「美濃を制する者は天下を制する」と述べている

A11-165  .jpg

織田信長肖像画

登り切ったところが天守閣の入口(山頂)、全体を撮る広場もない

85歳の姉は天守閣の入口から引き返したが、それでも頑張って歩いてくれた

A11-167  .jpg

甲冑を展示

刀剣、弓矢なども展示していたが撮影せず

A11-168  .jpg

岐阜城展望台(1)

眼下に、宿泊する旅館十八楼、そして長良川の鵜飼いの場所を展望

A11-169xxx  .jpg

岐阜城展望台(2)

長良川の上流域を遠望、旅行2日目は上流の美濃市、郡上市へ向かう

A11-172  .jpg

<長良川>

岐阜城の天守閣から眺めた長良川、朝の散歩(2日目)で撮影した写真をUPします

この写真は長良橋の歩道で撮影、前方は旅館「十八楼」です

A11-181  .jpg

鵜飼観覧船乗り場

A11-184  .jpg

観覧船を係留する堀

夕刻の出番まで整然と並んでいます

A11-187  .jpg

旅館「十八楼」

十八楼の玄関前通りは古い町並みの川原町、次回に紹介します

駐車場の車は、郡上八幡まで乗車したタクシー会社のワゴン車です(2日目の朝)

A11-190  .jpg

次回は、美濃観光旅行記(2)<鵜飼いの宿>を紹介します

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(39)  コメント(5) 

老人会旅行(3)<ぴんころ地蔵> [北関東の旅]

老人会旅行(3)

<ぴんころ地蔵>

健康で長生き(ぴんぴん)し、迎えが来たときは楽に大往生(ころり)

年を重ねると誰もが願うことですが、私たち夫婦も、そして旅行仲間も同様でしょう

今回の旅行で関心事の一つはぴんころ地蔵、予備知識がないだけ関心も深い

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:6月1日>

<成田山薬師寺>

旅行会社の案内は、佐久ピンコロ地蔵を案内人付きで参拝と紹介しているだけで

寺院の名も説明もない、同室の人から小さな寺院だと聞いていた

私の疑問は不動明王と薬師如来の何れが本尊なのか、その答えは次に続きます

A61-111  .jpg

参 道

石柱の門から仲見世を通り山門へ、この参道は成田山です

A61-114  .jpg

成田山薬師寺の由緒

成田山薬師寺の由緒を調べると、真言宗智山派の名刹、後に成田山新勝寺から

不動明王を勧請したので、山号は成田山、そして寺名は真言宗の薬師寺です

A61-115xxx    .jpg

地蔵尊案内人

ぴんころ地蔵は山門の前(上の矢印)、面白おかしく説明をしていた

A61-117  .jpg

お参りの仕方を説明

手を合わせ、深く頭を下げ、顔を見合わせ、頭をなでる

背後の幕の紋もぴんころ、左手に持っているのは蓮の花の蕾です

A61-120  .jpg

ぴんころ地蔵尊

右手を頬に当て優しい顔をした地蔵尊、皆さんの願いを叶えてくれそうです

A61-125  .jpg

お参りする妻

妻は自分の姉妹たちと、そして私の姉の名を口ずさみながら、お願いしたと言う

A61-127  .jpg

ぴんころ地蔵 由来

地元の高齢女性が発案し、商店街が町おこしのため協力し15年前に造立

参拝者は年間10万人、NHK大河ドラマ真田丸の放映中は2倍の人が来たと言う

「元祖」の名が付いているが、評判を聞きコピーが出現した時の備えでしょうか

A61-129  .jpg

成田山山門

扁額の銘を読めないが、龍岡城五稜郭の通用門を移築したと記されていた

A61-131  .jpg

成田山不動明王堂

皆さんは山門から正面の不動明王堂に向かったが、薬師寺の名を知らず

本尊を安置した本堂(次の写真)に参拝する人は少ない

A61-133  .jpg

本堂(薬師堂)

数年前に建て替えたので新しく見えるが、この建造物が薬師寺の本堂です

扁額の銘は醫王山(医王山)、元の寺号は医王山薬師寺であったようです

南側(城山公園側)に本堂の参道が有るが写真を撮り忘れる

A61-138  .jpg

境内の花

A61-144  .jpg

参道の仲見世

毎月の第2土曜日に、商店街の山門市が行われ賑わうと言う

A61-147  .jpg

妻の買物

買い物はぴんころ地蔵の根付、妻の姉妹と私の姉、そして私たちの分です

A61-150  .jpg

参道入口の商店

ぴんころ地蔵の案内人はこの店の経営者、土産は佐久の鯉の甘露煮などです

A61-141  .jpg

バラの公園

駐車場の奥はバラの公園、前日のバラのトンネル(川島町)は期待外れでしたが

埼玉県より気温が低い佐久市、予期せぬバラに出会い得をした気分になった

A61-155  .jpg

大輪のバラ

A61-165  .jpg

A61-159  .jpg

A61-164  .jpg

上信越自動車道(1)

ぴんころ地蔵の拝観を終え高速道を東京立川へ、前方は浅間山です

私たちはドライバーの後ろの席、移り変わる景色を眺めながら帰路につく

A61-166  .jpg

上信越自動車道(2)

碓氷峠を下り道の駅ららん藤岡へ、前方の山は妙義山です

老人会旅行の全スケジュールを終了、何事もなく無事に立川に帰着した

A61-168  .jpg

次回は、添乗員旅行記<岐阜長良川>を紹介します

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(63)  コメント(17) 

老人会旅行(2)<八ッ場ダム> [北関東の旅]

老人会旅行(2)

<八ッ場ダム>

老人会旅行2日目は、群馬県長野原町に建設中の八ッ場ダム見学研修と

長寿地蔵(ぴんころ地蔵)拝観、この二つの見学・拝観は私の大きな目的です

先ずは八ッ場ダムの記事から綴りますが、案内人がバスに乗り込み説明です

この日は朝から上々の好天気、晴れ男の私に軍配が上がったようです

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:6月1日>

<八ッ場ダム研修>

平成21年(2009年)に民主党政権が誕生し、当時の前原国交大臣はマニフェストを

理由に八ッ場ダムの工事を中止したが、すでに建設工事は大きく進捗していた

前原誠司議員は民主党の中でも骨のある人物と期待していたが残念な思いをした

A41-120  .jpg

やんば見放台(みほうだい)へ

その数年後、草津温泉に向かうバスの車窓から、完成していた湖面橋を見上げたが

長い年月をかけ受け入れた地元の人たちの心情を思うと、強い憤りを感じた

A41-122  .jpg

A41-124  .jpg

ダム本体建設現場

昭和22年のカスリーン台風では、利根川などの決壊により関東平野は大洪水に見舞われ

溢れた水は東京都内まで押し寄せ、江戸川区、葛飾区、足立区が甚大な被害を受けた

八ッ場ダムは利根川水系の八木沢ダムなどと共に、治水と利水(渇水)の役割も果たす

A41-126  .jpg

ダム本体

ダムの高さ116m、完成すると白線の位置になる

案内人の説明では、昼夜交代で工事を実施していると言う

A41-129 xxx .jpg

生コンクリート製造プラント

砂利・砂は吾妻川の川原で採集しコンベア(上の写真)搬送しているようです

A41-130xxx   .jpg

見放台から展望(1)

ダム湖の水面は白線の位置になる、2年後に貯水を始め1年間様子を見ると言う

A41-133xxx    .jpg

見放台から展望(2)

数年前、バスの車窓から見上げた湖面橋は八ッ場大橋であったのか?

集落を通過しながら橋を見たのは覚えている、JR吾妻線の鉄橋は撤去か?、放置か?

湖面より下の樹木を放置すると木の根がダムの取水口に絡むため、すべて伐採する

A41-136xxx   .jpg

見放台から展望(3)

川原湯が有った集落は、高台に造成された場所に移転していた

A41-139xxx    .jpg

八ッ場ダムの概要

気がとがめたのか、前原議員は2年前にダムの工事現場をお忍びで見に来たが

住民たちから冷たい視線を受けたと言う

A41-141  .jpg

皆さんは記念撮影

八ッ場の周囲に、サクラを1万本植樹すると言う

見ごろは東京よりひと月遅い4月末、草津温泉とセットで観光名所になるでしょう

A41-144  .jpg

見放台からバスへ

全ての完成は5年後、見に行きたいが果たしてどうなるか?

A41-147  .jpg

湖面橋(不動大橋)からの眺め

貯水量は東京ドーム87個分(1億750万㎥)、バスの車窓から撮影

A41-157  .jpg

浅間酒造観光センター

清酒など買物をしたが、八ッ場に観光客を呼び込む拠点の一つでしょう

A41-161  .jpg

私の土産

A41-165   .jpg

<嬬恋ハイウェイ>

私は旅行責任者のため座席は最前列、妻は隣りの席で大喜びです

これも責任者の特権ですが、車内では朝夕の挨拶など気が抜けません

A51-107  .jpg

新緑が眩しい

A51-111  .jpg

<鬼押し出し>

浅間山の大爆発で押し出された溶岩流、その規模の大きさは実感できるが

今回は、景色を眺めそして休憩のみ、浅間山の全景は見えないが略満足です

A51-114  .jpg

溶岩と観音堂

鬼押し出しに入らず望遠で撮影、今まで3度ほど入園したことがある

A51-117  .jpg

鬼押し出しのゲート

A51-120  .jpg

レンゲツツジ

A51-123  .jpg

A51-127  .jpg

浅間山を望み・次へ

軽井沢から佐久市へ、次の目的は長寿地蔵(ぴんころ地蔵)です

A51-135  .jpg

添乗員旅行から帰ってきました、お陰さまで晴れ男健在でした

次回は、老人会旅行(3)<ぴんころ地蔵>を紹介します

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(75)  コメント(20) 
前の3件 | -